« 映画:GANTZ | トップページ | アイダホバーガー »

映画;グリーンホーネット(IMAX3D版)

公式サイト

土曜日の映画は実はこっちを観に行ったのだった。なんせ、IMAX3Dなんである。
この前慌ててトロン:レガシーを観に行ったのも、これが始まるからなんであった。

これがIMAX3Dでやることを知ったのはいつだったか…まぁ観たい映画でIMAX3Dでやるものは観に行っているので、どれかの上映前の予告編になるのだが…まぁその時は喜んだものだ。

というのも、オリジナルを知っていたから。
オリジナルとは40年以上前にやってたTVドラマのこと。
これにブルース・リーが出ていて、劇場公開版のDVDも持っているのだ。
オープニングテーマはキル・ビルでも使われてたし、グリーンホーネットのマスクも出てきてたっけ。

というのでえらく期待して観に行ったのだが…
なんていうか、えらく軽いノリ。
設定こそ同じだけど、派手な演出がバンバン出てきて(3D対応だから仕方ないのかな)どうやら別物と考えた方がいいなと思った。

Wikipediaによると、オリジナルでブルース・リーが演じていたカトー役は最初、チャウ・シンチーがやるはずだったのに、降りちゃったらしい。降りた理由はたぶん自分が感じたことと同じなんだろうな。ギャラとかじゃないんだと思う。

で、代わりに演じたのがジェイ・チョウ。実写版頭文字Dで藤原拓海役やってた人だ。
あの映画で運転が上手くなったのか?本作でも運転が超上手かった。
カンフーシーンはまぁ、ハリウッド映画でよくあるマーシャルアーツの演出というか。
ここは最初から期待してなかったからいいんだけど。

あと、オリジナルのオープニングテーマがどっかで流れるだろうなと思ったら、やっぱり流れた。
エンディング直前だった。スパイダーマンでもそうだったけど、昔の曲が使われると嬉しいよね。
そこは評価したい。

それから本作はIMAX3Dだったわけだが、あえて3Dにする必要あったのかな?
特に3Dを実感できるシーンもそんなになかった気がするし。
もしかしてそれだけIMAX3Dで見ると自然に見えたってことなんだろうか。

さぁ、次のIMAX3Dは何かな?予告編バリバリやってるパイレーツ・オブ・カリビアンかな?

|

« 映画:GANTZ | トップページ | アイダホバーガー »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13616/50734583

この記事へのトラックバック一覧です: 映画;グリーンホーネット(IMAX3D版):

» 映画「グリーン・ホーネット 」3D飛び出したのはエンドロールだけ [soramove]
「グリーン・ホーネット 」★★★☆ セス・ローゲン、ジェイ・チョウ、キャメロン・ディアス、クリストフ・ヴァルツ出演 ミシェル・ゴンドリー監督、119分、2011年1月22日公開、 アメリカ,SPE (原作:原題:THE GREEN HORNET)                     →  ★映画のブログ★                      どんなブログが人気なのか知りたい← 3Dのあの思いメガネなんとかならないんだろうか。 「かつてブルース・リーがTVドラマとしての... [続きを読む]

受信: 2011.02.07 10:39

« 映画:GANTZ | トップページ | アイダホバーガー »