« Perfume:ねぇ | トップページ | 第2回ドイツオフ »

付いてるはずの添付ファイルがない?

実際にあった話。調べてみたら良くある話だったのだけど、メモ。

職場ではメーラーにThunderbirdを使っているのだが、先日他社から来たメールに添付ファイルが付いているはずなのに、ない。
代わりに、「winmail.dat」というファイルが付いていた。

何だこれ?
調べてみると、どうもOutlookでリッチテキスト形式(正確にはTNEFというOutlook独自形式)で文書を作成すると、Outlook以外で受信したときに添付ファイルがwinmail.datになるか、消えるらしい。

Outlook 2007 でメールを送信すると、受信者側に Winmail.dat というファイルが添付される

Outlook で送信したメールの添付ファイルが消える: WINMAIL.DAT が添付される現象の回避方法

Outlookは使ったら便利らしいけど、独自規格使うの止めようよ。
しかも同じ会社のOutlook Expressはこのwinmail.datをわざと無視するから添付ファイルが消えて見えるそうじゃねーか。添付ファイルを付けた付けないは会社間じゃトラブルの元だぞ。

まぁこっちも揉めたくなかったので、このwinmail.datからファイルを取り出す方法を探した。
そう、このwinmail.datってメール本文も添付ファイルもまとめて1個にしたものらしい。
で、ここからダウンロードしたファイルにwinmail.datをドラッグ&ドロップすると、ウインドウが開くので、保存先を選んで保存してやると取り出すことができた。

とりあえず自分は上手くいったので、送信者にやんわり伝えてやったらどうもというかやっぱり非難囂々だったらしい。本人に悪気はないけど使ったアプリが悪かった。
原因は特定できていたので他のメーラーを使うように提案して(再送したって同じだからな)今回は解決した。ちなみにOutlookでもテキスト形式かHTML形式で送ればこの現象は起こらんようだ。

しかし人騒がせだよね。
もうみんなThunderbirdでええやん。

|

« Perfume:ねぇ | トップページ | 第2回ドイツオフ »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13616/50002600

この記事へのトラックバック一覧です: 付いてるはずの添付ファイルがない?:

« Perfume:ねぇ | トップページ | 第2回ドイツオフ »