« 花見に出かけた | トップページ | 診断書 »

労働力調査がとりあえず終わった

以前、労働力調査をされることになった事を書いたが、その後の一区切りが着いたのでメモしておくことにする。

まず、2月の最終週の1週間の調査があった。
1日の勤務時間を毎日メモしておき、1週間の合計のみ(1時間未満は30分以上で切り上げ、30分未満で切り捨て)がデータとなる。
後は勤務先のデータ。

1週間のデータ採取期間が終わると、担当調査員が取りに来た。
で、このとき、前回の記事で封筒に封をしようと思ってたのだが、どうも調査員も調査用紙に書き込む蘭があるようで、封をしてはいけなかったようだ。

…尚更郵便受けに入れておくわけにいかんやないか。

とりあえずこれで1回終わった。でもコレで終わりではなかった。
え、3月にもあるの?

というわけでまた3月の最終週に調査する事になった。
それが先々週の話である。
やる事は同じなのでまた1週間メモしておいて調査書に書き込んだ。

これをまた調査員に渡して一区切り着いた。
これで終わりかー。

…と思ったら。

更にまた1年後にあるらしいのだ。
まぁデータを取るなら当然か。
最初の調査から1か月後、1年後、変わらず仕事をしているか?
それを調べるためには確かに必要ではある。
今回の記事は1年後思い出すためのメモである。

ところで。
2月の調査の際、なぜか粗品をもらった。
総務省の調査なんだけど、なぜか粗品の提供は香川県から。

おいおいおいおいおいおいおいおい。

意味が分からない。こんな所で無駄遣いしてどうすんのよ。
まさか誰かがタダではやらんとごねたから香川県だけ出してるのか?
正直無駄。なんだかなー。

|

« 花見に出かけた | トップページ | 診断書 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13616/48001181

この記事へのトラックバック一覧です: 労働力調査がとりあえず終わった:

« 花見に出かけた | トップページ | 診断書 »