« 突然共有フォルダが見えなくなった | トップページ | やっとこさ光インターネットの話 »

白い恋人はありふれたお菓子か?

北海道の有名なお菓子に「白い恋人」がある。
ホワイトチョコレートをラングドシャクッキーで挟んだお菓子なのだが、これを普通のクッキーじゃないかと言う人がいる。だが、北海道土産で今も人気というか超定番のお菓子だ。普通であるはずがない。

というわけで、先日北海道物産展に行ってきたときに少し買っておいた白い恋人と、似たようなお菓子をスーパーで探してきて手に入れ、食べ比べる事にしたのだ。

食べ比べるのはブルボンブランチュール

これが個包装。
Img_4390
左が白い恋人、右がブランチュール。
ブランチュールの方が若干小さい。

開けてみた。
Img_4392
後から出たブランチュールは小振りで食べやすそうな感じはする。
一方、白い恋人は意外とチョコレートが厚い。しかもクッキーからはみ出している。

さてさて、食べてみると白い恋人はチョコレート自体が美味しい。そこに比較的ふんわりとしたクッキーがほろっと崩れる感じ。一見クッキーのような形をしているが、実は主役はホワイトチョコレートなのだと思わせる。

それではブランチュールはどうかというと、同じようにホワイトチョコレートをラングドシャクッキーで挟んではあるのだが、香料のせいか何となくだが安っぽい感じがしてしまう。食べてみると美味しいんだけど、チープ。また、チョコとクッキーが同化していて、全体でブランチュール、という感じがする。

というわけで、食べ比べた結果、白い恋人はクッキー付きホワイトチョコレート、ブランチュールはホワイトチョコレート入りクッキーという感じがする。正直なところ、多分好みの問題なんだろうと思う。
ただ言えるのは、似たようなお菓子はあるけど白い恋人はコンセプトが別、違うお菓子なんだなと気付いた。決してありふれたお菓子ではないように思った。やっぱり売れている理由はそれなりにあるのだなぁ。

ま、白い恋人の売れている理由が「他のお土産に比べて圧倒的に日持ちするから」っていうのもあるかもしれないけど、少なくともその辺でいつでも買えるお菓子ではないなとは思った。

|

« 突然共有フォルダが見えなくなった | トップページ | やっとこさ光インターネットの話 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13616/47839588

この記事へのトラックバック一覧です: 白い恋人はありふれたお菓子か?:

« 突然共有フォルダが見えなくなった | トップページ | やっとこさ光インターネットの話 »