« 給油記録(2010年2月1回目) | トップページ | 労働力調査されることになった »

地デジTVを買ってみた

話は正月に遡る。
実家に帰ったら店にあったTVがなくなっていた。諸事情で狭くなったので置けなくなったんだそうだ。
うちの親は無趣味でTVを観ることぐらいが楽しみなのに、それは酷な話だ。
それで、とりあえずDSが1台余っていたのでDSテレビを買ってみたのだ。
ところがこれが全く映らない。正確には上に上がれば入るのだが、観たい場所で観られない。
しかもだ、画面が小さすぎると兄からも指摘。確かに目が見えにくいのに初代DSの画面は狭すぎる。

そこで考えたのが、なるべく小さいフルセグTVを買ったらどうなのかということだ。
あと、安いのも大切。映らなかったら悲しいしね。
で、探してみたら東芝から2月に12インチワイドの液晶TV付きポータブルDVDプレイヤー「ポータロウ」の新型が出るという情報を得た。実売も4万ちょっとらしい。
普通、TVを買うときは一度画面を見たりしてから買うものなんだが、今回は観られればいいということで通販で予約購入。で、土曜日に届いたのだった。型番はSD-P12DTK。

まずは大きさ。DVDソフトのパッケージと比較。
Img_3780
次、横。向かって右側は上からディスクスロット、イジェクトボタン、主電源、SDスロット。
Img_3783
次は左。上からB-CASスロット、F型端子、3.5mmの映像音声入力、出力、ヘッドホン端子、電源ケーブル端子。
Img_3782
なお、本体の厚さ自体は7.3cmで割と薄め。ただ、自立するには後ろのスタンドを立てないといけないので20cm位奥行きが必要。

さて、B-CASカードを挿し、ケーブルを繋いで早速主電源ON。ほとんどパソコンだよね、これ。
Img_3775
続いてチャンネル設定。終わるまで4分くらい。
Img_3776Img_3777Img_3778
で、終わったのでメニューボタンを押せと書いてあるのだが…
Img_3779

どれだよメニューボタンって!(答え:一番下の右から2番目)

この手のに慣れた自分でさえ探すのに時間がかかった。
こんなの親世代にはパニックモンだろう。

さて肝心の画質だが、ハイビジョンTVではないのでまぁこんなもんでしょ。でもそこそこきれい。

で、次は使い勝手。
一応番組表機能は付いているので使ってみたのだが…
この画面でしか裏番組のタイトルを見ながらチャンネルを変えられないのだ。
Img_3784
この一覧表画面で番組を選び、決定ボタンを押しても出てくるのは右の詳細情報のみ。
Img_3785Img_3786

予約録画が出来るわけではないので仕方ないのだがそれでも使いづらい。
あくまでおまけだな。基本はチャンネルボタンを直接押してザッピングしろと。

まぁ基本的にはDVDプレイヤーなのでTVはあくまでオマケなんだろうけど、まぁこんなモノなのかな。
値段相応ってとこだろうか。

とりあえず来年7月以降も安心ということだけ考えれば今回の買い物はそれなりだったと思われる。
4時間使えるバッテリーも付いてるのでDVD観る分には場所は選ばないし。

それと、もう一つ、今住んでいるところもTVさえ買えば地デジが映ることを確認した。
さぁ、これでいつでも買い換えできるな。


|

« 給油記録(2010年2月1回目) | トップページ | 労働力調査されることになった »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

地デジ化おめでとうございます。
うちは春になったら屋根に上がってUHFのアンテナを増設するつもり。(今は寒いし)
「ポータロウ」の旧型は持っていますが1セグの小型画面なのでなかなか活躍の場がありません。(旅行用かなと思って買ったのですが、この頃、ノートPC持って行くのでそっちの方が画面大きいのですよね)
室内アンテナだと県域放送で出力の小さいTV愛知が入らないし。

投稿: ぼてねこ | 2010.02.15 01:47

今回のはあくまで親にTVを買ってあげるというのが主目的です。いよいよって時にリビングにも買おうと思ってますけど。
室内アンテナで映ればいいんですが、実家ではワンセグが絶望的だったので無理だろうと思ってます。
自分用はまだまだ先ですね。どうせ買うならハイビジョンにしたいし。今回のはSD画質だし。

投稿: KDP | 2010.02.16 02:05

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13616/47571567

この記事へのトラックバック一覧です: 地デジTVを買ってみた:

« 給油記録(2010年2月1回目) | トップページ | 労働力調査されることになった »