« 初めての大雪 | トップページ | 思い出は美化されるもの…か? »

Wordで作った文書が保存できないよ?

今朝もかなり雪が残っていて、交差点を曲がるときに少し滑りそうになったが日中は天気も良く、帰る頃にはかなり融けてくれた。でもまだ日陰はしばらくかかりそうだな。まぁ明日は金曜だから月曜には完全復活してるでしょ。更に降らなければの話だけど。

さて久々のパソコンネタである。
ちょっと前からなぜか文書の修正をしても保存が出来ないので、なんとかしてよドラえも〜んと相談を受けた。WinodwsXp上のWord2003での話。
…ドラえもんは余計だが。

確かに、普通に保存をしようとしても、名前を付けて保存しようとしても、保存ダイアログが出ない。
エラーが出るわけではないので対処のしようがない、というわけだ。

ファイルの一部が壊れているときに、書類のテキストをコピーして新規文書にペーストし、保存し直せば有効な場合がある。しかし今回はそういうわけでもない。状況は変わらないのだ。

もちろん、読み取り専用になっていたわけでもない。
…なんで?

ここでふと、ファイルの置かれているウインドウのファイルパスを見てみた。
…ん?なんかえっらい長いなぁ。
これ、どこに置いてるんですか?と聞いてみると、自分の共有フォルダの中の、8階層目にあるそうだ。

ここでこの前NASにバックアップを取ったが不要になったシステムファイルを手動でで消そうとしたらファイルパスが長すぎて消すに消せなかったことを思い出した。

もしかして、ファイルパスが長すぎると保存できないんじゃないの?よく知らないけど。

試しにそのファイルをデスクトップにコピーしてもらい、そこで適当に修正をかけて保存してみた。
できた。

なるほど、こういうこともあるんだねぇ。
偶然とはいえ一つ勉強になったわ。

後で調べると、どうもWindowsXpの仕様みたい。ファイルパスを含めて256文字を超えるファイル名は付けられないらしい。
長いフォルダー名を含む Office ファイルを開くとエラー メッセージ
(保存については触れられてないけど、恐らく保存も出来ないはず)

ちなみにWord2007でも同様の不具合があるんだが(仕様らしいけど)、2007にはこれを回避する専用のパッチがあるらしい。
「長い名前のフォルダなどパスの長い場所に保存した Word 2007 ファイルを開いた場合、保存ダイアログ ボックスが表示されず、保存できない」
でも、Xp使ってる以上一緒だよね?

まぁなるべく深い階層作らないようにお願いしておいたけど、個人的にはあんまり深い階層だと今度は探すのがしんどいような。
もし、同じファイル名が重なるのが嫌でフォルダに分けてるんだとしたら、それは中身を開けるまで判別できないことになるし、ちょっと管理の仕方としては危険なような気がする。
名前は8文字までの時代ではないんだから、ファイル名を検索したら一発で出てくるような名前を付けるのが今時のファイル管理の方法ではないかと思ったりした。

|

« 初めての大雪 | トップページ | 思い出は美化されるもの…か? »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

へぇ、そうなんだ。
個人的にはこんなファイル名の付け方をしています(会社でも)。
"yyyymmdd-部署-案件-個別.拡張子"
例えば、本日作成の私の借金の返済関連のエクセルファイルだと、
"20100116-boteneko-loan-repayment.xls"
てな具合です。
で、入れておくフォルダもできるだけ検索しやすいように考えています。
会社ではできるだけファイル名などは英文で入れています。(必ずしも日本人だけじゃないし)
あと、編集するときは必ず自分のハードディスクに一旦入れております。(ネット経由だとどうしても少し処理が遅いから)

投稿: ぼてねこ | 2010.01.16 01:08

おはようございます。
私も似たような書類を幾つも作る時は取り敢えず日付は入れますね。ただルールを作ってないので前だったり後ろだったりします。ぼてねこさんの管理の仕方を見ると前に揃えるのがベストでしょうか。
メールに添付してやりとりする時にバージョン管理に使えていいと思うのですが、他の人はなかなか採用しないのが実情です。

投稿: KDP | 2010.01.16 08:46

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13616/47296213

この記事へのトラックバック一覧です: Wordで作った文書が保存できないよ?:

« 初めての大雪 | トップページ | 思い出は美化されるもの…か? »