« ゼルダの伝説大地の汽笛冒険日記(12) | トップページ | Happyプッチンプリンいちご »

ゼルダの伝説大地の汽笛冒険日記(13・完結)

というわけでこのゲームもあとちょっとのはず。前回の続きである。

前回は神の神殿の最上階から入り込み、光の羅針盤を手に入れ、一旦モヨリ村まで戻った所だった。
地名というのは古くからの言い伝えとかが由来になっているものが多いが、モヨリ(最寄り)ってそういう意味だったのか!というくらい、モヨリ村は闇の世界の入り口のすぐ近くだった。

で、一応全階の段階でセーブした後、試しに闇の世界に入ってみたのだった。
入るといきなりお邪魔汽車がいっぱい。所々光の雫っぽいものも落ちている。
どうやら雫を取った後、汽笛を鳴らすとスピードが上がるのでそのまま相手に突っ込んで破壊しろ、ということらしい。最初の汽車は普通に破壊できた。
でも、次からが難しい。追いかけようとするとやたら逃げ足が速くて雫の効果が切れてしまうし、なぜか効果が切れた頃には追いつかれるか挟み撃ちにされている。
実は前回はここであきらめてやめてしまったのだった。

で、今回は逆転の発想。追いつかれるなら雫を取ってから逆走すればいいじゃないか。
大成功。うはwww

全て破壊すると今度はなんか線路のないところを走ってるんですが…
と思っていたら何かいかつい感じの汽車が登場。
何とか前に出ろって言われるのだが、複線ドリフト(C)○急電鉄)でもしろってか!w

とにかく前に出ようと全開バリバリで突っ込んでみたが…相手は決してスピードを出しているわけではなく、明らかにこちらの邪魔をしてくる。頻繁に幅寄せしたり、急ブレーキかけたり。
最後には仕方なく線路が途切れたところに入ってしまい、あえなくゲームオーバー。
やはり複線ドリフトしか…(だからできないって)

再スタートしたら…え、また入り口?またダッシュで破壊しないと行けないの?
と思ったけどさっきの続きからだった。
今度は前に出ることをあきらめ、ひたすら幅寄せと急ブレーキを食らわないようにバック(急ブレーキ)も使いまくった。ハートが少なくなったら線路脇のドクロを撃ち、回復させていった。
そうこうして横に並んで貨車?から出てくる樽を壊していたら、インターミッション。
恐らくこれまでのボスと同じく攻撃方法が変わるんだろうが…ここでセーブ!

第二弾はレーザーを撃ってきた。
これも避けまくっていたら、最後には線路が切れて落ちてしまった。
なるほど、これは一定時間内に倒さないといけないらしいな。

セーブしたところから始めたら…また樽からだった。
ドクロで金稼ぎはできるけど、セーブ不可と一緒では…
今度はレーザー砲台を確実に撃ち、またインターミッション。

次はまたレーザーなのだが、一度にいくつも撃ってくる。
全て壊すと、今度は前に出て顔を撃てという。
うーん、いまいち当たってないようだ。
2回チャンスがあったが、あえなく線路切れ。

再挑戦して、今度は顔の攻撃の時に連打連打。
これでやっと相手の攻撃が止まった。
と、セーブしますか?とのメッセージ。

いよいよラスボスか!てか、さっきのじゃなかったのね。
ここで戦いが終わったらどうするかの質問が。あ、もしかしてマルチエンディング?
とりあえず機関士を選択。

さて、ラスボスマラドーは当然ゼルダの形をしている。そして横にはキマロキ。
キマロキは何やらファントム(ゼルダ)に対して頻繁に撃ってくる。そしてそれが触れるとキマロキに捉えられてしまい、自分を狙ってくる。
近づくとファントムに斬られてしまうのだ。
かといって、ファントムより前に出ようとすると、マラドーが確実にレーザーを撃ってくる。
つまり、ファントムがキマロキに捕まらないように、マラドーの所まで守ってやらないといけないのだ。
キマロキの撃ってくるものを斬ると色々アイテムが出てくるが、矢が多い。
もしかして、キマロキを矢で撃つの?
と考えたが、とても矢で撃てる状態じゃない。なんせ確実にファントムの後ろにいるからだ。
ならばブーメランで…これでキマロキからファントムが逃れられた。
とにかくキマロキの攻撃を斬りながらファントムを前へ前へ歩かせていった。
ようやくファントムがマラドーの所まで着くと…
ファントムもろとも空中(上画面)に行ってしまった!
で、これを光の矢で狙え?
ちょww全然当たらないんですけどww
しかもファントムに当てても無効。ファントムもろとも串刺し…てなわけにはいかないのだ。
結局倒せず、また汽車の上に戻ってきてしまった。

今度はキマロキの攻撃が今まで一つずつだったのに、4つ同時に撃ってきた。
何とかまたファントムをマラドーの所までやり、再挑戦。
当たった!

で、これで終わり?
なわけはなかった。
今度はゼルダをひたすら火の玉から守らないといけない。
最初、対処の仕方が分からず、薬も使ったもののあえなくゲームオーバー。

再挑戦は汽車の上から。勘弁してくれよぅ。
でも、今度はほぼノーダメージかつ光の矢も2発目くらいで仕留めた。
さて、火の玉だが…
ここは無闇に斬りに行かず、落ち着いてロックオン斬りが有効だった。
要するにポンポン叩いていけば良かったのだ。たまーに4つ同時に撃ってくるのでこれは回転斬り。
しかも時々ハートを落とすことに気付いた。
また、ダメージは自分がやられたらハート一個減るが、ゼルダが食らうと半分。
途中、ハートを取ったらわざと見送ってゼルダに食らわせ、攻撃の緩い序盤に戻ってハートを取る作戦に出た。勝ちゃいいんだよ!(本性発覚w)

さて今度はゼルダとのセッション。
今度はぶっつけ本番だ。当然リズムも合わせないといけないだろうな。
特に失敗もなく成功。
しかしこのシーン、どっかで見たような…あ、この前の「レイトン教授と永遠の歌姫」か!

次はいよいよ最終決戦らしい。
ゼルダが光の矢を射るから引きつけろと言う。
ひきつけろつったって、どうすんだ?
ゼルダは勝手に撃ってくれるのか?
なすすべもなく双方が攻撃を食らい、やられていく…
ふと、上画面を見ると…って今まで見てなかったのかよ!(その通り)
ゼルダの視点の映像がでてるではないの!
なるほど、これを見ながら下画面の真ん中下にあるスイッチで矢を射るわけね。
なかなか当たらない…
3回当てるとマラドーは倒れ、ピヨりだした。ん?どこか斬るのか?
と、モタモタしてるうちに復活。
また3回当てた。あ、頭を斬るのか。
バシバシ斬りつけると角が折れた。
今度は火の玉を吐いてきた。
それでも頑張ってもう片方の角も折った。まだ倒れないよ…
ついにやられてしまった。ゲームオーバー。

とほほ…ここまで来たのにーっ。
リセットして再挑戦。

おまえの攻撃は見切った!というわけで今度はほぼミスなしで最終決戦までやってきた。
光の矢はリンクがゼルダと反対の方向を向くような位置に立ち、リンクを攻撃しようとむくっと起き上がった瞬間に撃つと狙いやすかった。
また、一度光の矢を当てると必ずゼルダの方を向くので後ろ足を斬りつけて反対の方向を向かせてやった。後はこの繰り返し。
そして最後は…まさかのひたすらスクラッチ。
なんか結婚披露宴のウェディングケーキの入刀式みたいだったぞ。
そして全て終わった。

やっと終わった。
スタンプ集めやウサギ探しとか全部終わってないけど、また気が向いたらやろう。
いやー、面白かった。
前作よりパズル要素が多く、また全般にわたって2人分の操作を受け持たないといけなかったのだがすっごく楽しめたと思う。

気になるのは、正月にこれを買ったゲオに行ったら新品が大幅に値下げされてたことなんだが…予約特典がなくなったら急に売れなくなったのかな?まぁいいや。

|

« ゼルダの伝説大地の汽笛冒険日記(12) | トップページ | Happyプッチンプリンいちご »

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13616/47263613

この記事へのトラックバック一覧です: ゼルダの伝説大地の汽笛冒険日記(13・完結):

« ゼルダの伝説大地の汽笛冒険日記(12) | トップページ | Happyプッチンプリンいちご »