« ゼルダの伝説大地の汽笛冒険日記(9) | トップページ | ゼルダの伝説大地の汽笛冒険日記(11) »

ゼルダの伝説大地の汽笛冒険日記(10)

帰りが遅かったのに前回の続きである。もはや仕事より気になっているとしか思えないな。

さて、今回は砂の神殿から。
まず入ると砂地と大きな岩が目に入るが、今のところどうしようもなさそうだ。
右手の方にしか行けなさそうなのでとにかく進む。大きな岩がどんどん転がってくるのを避けながら遡り、とりあえず目玉を撃って先に進み、2階に上がった。ここもどうやら上がるしかなさそう。3階に上がった。

ここで第五のアイテム、サンドロッドを手に入れた。正確にはメニュー画面通りに数えると第五のアイテムは爆弾なのだが、テリーの店で爆弾袋を買わないと手に入らないし、たぶん地面に生えてる爆弾花だけでクリアは可能だと思うので、サンドロッドが5番目でいいだろう。
さてこのサンドロッド、砂地をタッチすると地面が盛り上がる不思議な杖である。回転斬りの要領で自分が立っているところを含めて9ブロック分が盛り上がり、1段高いところに移動することが出来る。
その他、動いている物体を砂でせき止めて動けなくすることも出来る。
また、大きな物体のすぐ横の地面を盛り上げることで物体を転がすことも可能。
そして、砂で出来たようなモンスターを連打することでカッチカチに固めることが出来る。固めた後は持ち上げては投げるを繰り返すことで倒すことも出来る。

と、大体の使い方は理解したのだが、どうにも2階から1階に下りられない。1階への階段は1段高いところにあるのだが、そのすぐ横は砂地ではない。サンドロッドで自分を持ち上げて階段の所まで行くことができないのだ。ここは相当悩んだ。
ふと、階段近くでごろごろ転がっているトゲ付きローラーをよーく見ると、トゲとトゲの間は平面であることに気付いた。もしかして…
正解だった。一旦階段の真横でトゲ付きローラーが止まるように周りを砂で固めつつ、自分も1段高いところに上がると階段まで行くことが出来た。ていうか、最初に2階に来たときにはこいつが止まってたので気付かなかっただけで、最初と同じ状況を作れば良かっただけなのねん。

1階に戻るととりあえず入り口に入ってすぐの岩を動かしたくなる。
で、この岩を何かの装置のような所まで持って行って、スイッチを入れると…案の定、投石機だった。
その先には階段があり、地下に潜ることが出来るようになった。が、1階の左手の方を全く攻めていない。ここは後で下りることにした。

次、左手の大きな角張ったローラーをロッドで動かし、ムチで移動した後三つの目玉の所まで辿り着いた。ここは時間制限が厳しいが、最初に真ん中の目玉を撃った後、すかさずロッドに切り替え、その場で一段上がってから再び弓矢に切り替え、両脇の目玉を撃てば楽に出来ると思う。

その後はモンスターを倒しつつ奥に進んでいくと謎のメッセージ。
一つ目と三つ目の狭間がどうとか。
一つ目と三つ目の中間地点というのはマップで大体分かる。
だけど、そこに行って例によって発掘の唄を吹いてみたけど何も起こらない。
試しにそこでロッドを振り回してみると…正解だった。
うーん、やはり発掘の唄って海の神殿までのアイテムで、もう使うことないのかな?

これでたぶん1階はもういいでしょ。地下1階に向かった。
いきなり砂地があるが、何かが違う。入ってみると…沈んでいくうぅ。
…ここはかならずロッドで固めないと進めないようだ。

さっき取った鍵で先に進むと、砂のモンスターが2匹いるのだが、いくら倒しても先に進めない。
ただ、踏むスイッチが2つあった。これはもしかして…
砂のモンスターをカッチカチに固めた後、それぞれスイッチの上に乗せてやれば良かったのだ。

さっきの沈む砂地を固めながら進むとそこには青い突起のついた立方体。どうやら真ん中の穴に合わせるみたいね。うーむ、やっぱりこれレイトンやってるみたいだわ。解けたけど。

今度はまた岩と投石機。
ただ、今度は投石機で投げるときに床のスイッチを踏んで橋を出しておかなくちゃいけなかった。
岩は一個ずつしか動かせないので、投石機に載せた後、自分でスイッチを踏み、ブーメランで投石機のスイッチを入れて扉を破壊。その後、踏んでいたスイッチの所に次の岩を載せて橋を出し、先に進んだ。

その先はまた赤と青の突起のついた立方体。扉も赤と青があった。
「せっかくだから、俺はこの赤い扉を選ぶぜ!」(by コンバット越前。もぉええって)
と思ったけど、マップを見るとそこはボスの部屋の扉。先に鍵を取らないといけないのは目に見えている。
で、先に青い突起を埋めて青い扉を開けた。

トゲ付きローラーを避け、骸骨モンスターを倒した後、高いところにあるスイッチを踏まないといけないようなのだが、これがちょっと面倒。砂地はスイッチのある床に接していないので、必ずトゲ付きローラーの上を通っていかないといけないのだ。でも、ローラーは2つあるので自分の足場を作りつつローラーを固定してスイッチの所まで行かないといけなかった。

後は先に進んできらきら光る所をロッドで叩き、ボスの部屋の鍵を発見。
慎重に運んで、今度は赤い扉を開き、ロッドで沈む砂地を固めてから鍵を担いでボスの扉を開いた。
地下2階に進み、いよいよボス。
と思ったが、今日はここまでにしよう。眠い。

つづく。

|

« ゼルダの伝説大地の汽笛冒険日記(9) | トップページ | ゼルダの伝説大地の汽笛冒険日記(11) »

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13616/47233485

この記事へのトラックバック一覧です: ゼルダの伝説大地の汽笛冒険日記(10):

« ゼルダの伝説大地の汽笛冒険日記(9) | トップページ | ゼルダの伝説大地の汽笛冒険日記(11) »