« ゼルダの伝説大地の汽笛冒険日記(4) | トップページ | ゼルダの伝説大地の汽笛冒険日記(5) »

おもちゃ屋でタイムスリップ

2009年最後の記事はゲームのリプレイ日記にしようかとも思ったのだが、普通の日記にしようと思う。

今日は甥っ子らを連れて商店街のおもちゃ屋に行ってきた。
というのも、商店街のお買い物券が当たったのでそれを使うのにおもちゃ屋を選んだからである。

実はこの店で買い物をしたことはなかったと思う。たぶん。
まず入って最初に目に付くのが色褪せたゲキレンジャー、マジレンジャーグッズ。よく見るとデカレンジャーまである。さらに奥の方にシンケンジャーもあったのだが、何なんだ、このラインナップは。ボウケンジャーとゴーオンジャーはどうした?(いや、突っ込むのはそこじゃなくて)
まぁこの辺からして怪しいのはまだかわいいほう。

実はこの店、少し前にも来たことがあるのだが、そのときはゲームソフトを買おうとしていて、ざっと見て売ってないなーと思っていたのだ。
ところが、カウンターのショーケースの中をよーく見ると、ファミコン、スーパーファミコン、PCエンジン等のソフトが並んでいるではないですか!しかも定価!ラインナップはよく覚えてないが、定番でも、一部でクソゲーとして評価の高いものでもない、微妙なソフトばかりだったと思う。
何なんだこの古さは!一番新しいのがゲームボーイカラー(たぶん)だったなんて!
ていうか、誰が買うんだよこんなの!

それだけで驚いてはいけなかった。
これも偶然見つけたのだが、電動式の動物のぬいぐるみコーナーをよく見ていると、その下には…

スーパー…コブラ?

いやいやいやいやいや!コブラも動物だけどさ!
そりゃコナミのゲームだよ!
当然、おもちゃ屋に売っているのは蛍光表示管を使ったポータブル機(学研)。
当時はLSIゲームって言ってたっけ。
それが、当時の価格でそのまま売っているわけですよ!
他にもケイブマンとか同様のFL管を使ったゲームがいくつかあったなぁ。
なんでこんなものまだ売ってるんだ?

すげぇ。
リアルに四半世紀以上前にタイムスリップしたようだ。

ちなみに今回買ったのはエポック社の「ドームサッカーJr.」という昔ながらのレバーを動かして遊ぶサッカーゲーム。
外箱がうす汚れていて、かなり不安だったのだが…
遊んで30分とたたないうちに、ドーム内のプレイヤーがこけて(壊れて)しまった。
簡単にドライバーでバラせるところも古さを感じさせるのだが(すぐにドライバーでバラそうとする自分も)実際バラしてみると、プレイヤーを固定する中のプラスチック部品に亀裂が入っていて、激しく動かすと抜け落ちてしまうことが判明した。
不良品の可能性もあるけど、恐らくはプラスチックの経年劣化じゃなかろうか。

それにしてもこのおもちゃ屋、恐るべし。
まだまだ昭和の空間が残っているんですなぁ。

|

« ゼルダの伝説大地の汽笛冒険日記(4) | トップページ | ゼルダの伝説大地の汽笛冒険日記(5) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

旦那、買い占めてネットオークションに出せば儲かるかもしれませんぜ。

投稿: ぼてねこ | 2010.01.01 12:38

あけましておめでとうございます。

当然オークションのことは考えましたよ。
本当に儲かる話なら人に話すなとはよく言いますが、ちょっと売れるかどうか微妙なラインナップのような気がして、買い占めはしなかったし、記事にもしたわけです。

ま、あえて店名は伏せてはありますがねw

投稿: KDP | 2010.01.01 14:06

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13616/47171571

この記事へのトラックバック一覧です: おもちゃ屋でタイムスリップ:

« ゼルダの伝説大地の汽笛冒険日記(4) | トップページ | ゼルダの伝説大地の汽笛冒険日記(5) »