« ゼルダの伝説大地の汽笛冒険日記(7) | トップページ | ゼルダの伝説大地の汽笛冒険日記(9) »

ゼルダの伝説大地の汽笛冒険日記(8)

今日は追加の年賀状を出し終えた後、早く寝ようと思ったのだが、ちょっと気になったので前回の続き。

前回は火の神殿をクリアし、塔が全部繫がった所まで行き、塔の18階から入ったものの、進めなかったので神殿の入り口で止めてしまったのだった。
というわけで塔の18階から再開である。

まずは3つの雫探しなのだが、いきなり1つしかない。
最初のはファントムに見つからないように爆弾花を抱えて少しずつブロックを壊していけば取れた。
その後は鍵を取って19階へ。
台の上に乗った敵は高い所かファントムに乗らないと倒せないのでとりあえず無視。
でも、2つめの雫の所まで行けないよ?
と思ったが、矢の発射台を持っていってから自分は扉を開くスイッチの上で矢を射ると橋が現れた。
よっしゃ、雫を取りに行くぞ!と思ったら、背後にファントム出現。しかも丸く転がってブロックを壊しながらこっちに向かってくる!
が、上手く避けて安全地帯の手前のブロックまで壊してもらい、雫を取りつつ上の階に進むことが出来た。
20階に上がると3つめの雫があった。ブロックの上に乗っかった発射台を使えばクリアできそうだが…
実はここ、昨日は自前の爆弾でブロックを崩し、発射台を手に入れたのだ。
しかし今回は19階でうまくファントムを誘導すればブロックを壊してもらえることを学習したのでやってみた。結果、発射台は取れたがハートを半分失った。どうも逃げ場のない部屋の隅に向かってファントムを誘導するのは難しいようだ。爆弾があるなら使った方が確実かも。
そうしてやっと3つめの雫を入手し、ファントムを動かせるようになった。

19階に戻り、ファントムにトゲの付いた台を壊してもらうと中央部の部屋に入ることが出来た。ここから18階へ。

18階の中央の部屋は踏むスイッチと押したり引いたり出来るブロックだらけ。大きいブロックはファントムしか動かせないので手分けして動かしてブロックをスイッチの上に置き、残った一つは自分で踏むと鍵が手に入った。この鍵を使って20階へ進んだ。

今度は転がる岩がひっきりなしに転がってくる。無理すれば進めなくはないが、ここはファントムに任せて一気に前進し(一気に行かないと戻されてしまう)、スイッチを入れると岩が出なくなった。
その先は溶岩の池。ファントムは進めるが、転がるために上に乗って進めない。仕方なく別のルートに進み、21階に行った。

21階は中央のスイッチをファントムと共に踏むと敵が出現。途中出てくるネズミに気をつけながら(ファントム=ゼルダ姫が動けなくなる。ドラえもんかっ)敵を倒していくと、最後に別の種類のファントム出現。背中を切りつけると新しく出てきたファントムを動かせるようになった。これで溶岩も進めるぞ。というわけで20階へ。

実は昨日はここで詰まっていたのだが、矢の発射台をファントムに持たせる方法がわからなかったのだ。だけど答えは簡単だった。ファントムに渡すのではなく、ファントムが取れば良かったのだ。
今日はこれが試したくて再開したのだった。案の定うまくいった。これで先に進める。

ふとここで思った。19階にも似たような仕掛けがあったぞ?
行ってみた。宝箱が取れた。が、ここで問題発生。
今のファントムだと20階の転がる岩を壊して先に進めないのだ。
仕方なく18階で転がるファントムに乗り換えて20階を通過し、再び21階で乗り換えてから溶岩を通り、22階へ。

22階に行くとボスの鍵が。
砂地と火があって、どうやらファントムでないと鍵は取れないようだ。でも、ボスの部屋の扉は砂地の先。入れ替わる床があるのでそこまでファントムを連れて行かないといけないようだ。
ただ、そっちには火があるのでリンクはついて護衛に回れない。ははーん、それで弓矢を使うわけね。
何回かやり直したけど、無事ファントムを入れ替わりの床まで連れて行くことが出来、ボスの部屋への扉を開くことが出来た。

23階の扉を開けるとそこにいたのは…ディーゴ。
うーん、やたらすばしっこい。しかも攻撃方法がわからん。
ファントムの陰に隠れていれば攻撃は当たらないのだが…
時々ガントレット(鎖付きかぎ爪)を飛ばしてきて、ファントムが今だ!と言ってくるのだが、どうしたものやら。
どうもこれ、ファントムに掴ませると引き寄せることが出来るようだ。
そこを斬りつけると。
しかし2回目はうまくいかず、ファントムが動けなくなる攻撃をしてくる。
ここでダメージを食らいまくった。
しかしどうにかファントムがガントレットを掴むことが出来、斬りつけることが出来た。
ここで敵の攻撃方法が変わった。ダッシュして突っ込んでくるのだ。
一応ダッシュしていないときに斬りつけることは出来るのだが、全く効果なし。どうする?
と、ここでもファントムにダッシュを受け止めさせると、また今だ!と言ってくれた。
ここで斬りつけることが出来た。
しかし後ハートは一個。厳しい。
そこでいやしの唄を吹いた。全快である。
もう一度さっきと同じように斬りつけてやっと倒すことが出来た。

しばらく会話が続く。どうやら魔王が復活したようだ。
で、今度は砂の神殿とやらに行かないといけないようだ。
長そうなのでここで終わる。次で終わることが出来るかな?

つづく。

|

« ゼルダの伝説大地の汽笛冒険日記(7) | トップページ | ゼルダの伝説大地の汽笛冒険日記(9) »

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13616/47216755

この記事へのトラックバック一覧です: ゼルダの伝説大地の汽笛冒険日記(8):

« ゼルダの伝説大地の汽笛冒険日記(7) | トップページ | ゼルダの伝説大地の汽笛冒険日記(9) »