« 純生大福きなころ 〜その場で食べるよりお持ち帰りが美味しいお菓子〜 | トップページ | 風来のシレンDS2冒険日記(1) »

DSi Ware:リフレクトミサイル

公式サイト

久々にDSiウェアを買ってみた。
実はまだいくつか買ってあるのだが、これが一番琴線に触れたので記事にしておく。
このゲーム、ミサイルという言葉からシューティングゲームあるいは戦略シミュレーションゲーム辺りを連想しそうだが、実はパズルゲームである。

何種類かの移動性能を持ったミサイルを使って、フィールド上にあるブロックに囲まれたターゲットを全て破壊するのが目的。ミサイルはタッチペンで飛ばす方向を指定し、ペンを画面から放すと飛ぶようになっている。
このミサイルの方向指示の方法がビリヤードゲームそっくり。
要するに、ビリヤードのやり方でボールの方向を指定して、ブロック崩しをやるゲームなのだ。

ミサイルの種類は壁に当たると跳ね返り、ブロックに当たると一定個数壊れるもの、直進して一定個数のブロックを壊すものなどがあり、これらの飛ぶ順番があらかじめ決められている。
だから、頭の中でどの順番でどの辺のブロックを崩すかを計画を立てておく必要がある。
思い通りにブロックが崩れて、ターゲットを全て破壊できた時は割と爽快である。
少ない手数でクリアできればメダルがもらえるのでやり込み要素も多少はある。

またステージ(問題)数は1コース30問あって、このコースが5つあったので、各コース同じだけあるとすれば150問は遊べることになる。まぁ500円のパズルとしては長持ちする方だろう。

まぁ小さい子供向けとは違うかなとは思う。画面も相当地味だし。
大人向けのパズルと言ってもいいかも知れない。
ただ一つ難点が。自分は気にならないけど、壊すべきブロックが結構小さいのだ。
人によってはDSi LLで遊ばないときついかもしれない。
はっ、もしやこれはDSi LLを普及させるためのソフトなのか?

|

« 純生大福きなころ 〜その場で食べるよりお持ち帰りが美味しいお菓子〜 | トップページ | 風来のシレンDS2冒険日記(1) »

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13616/47365709

この記事へのトラックバック一覧です: DSi Ware:リフレクトミサイル:

« 純生大福きなころ 〜その場で食べるよりお持ち帰りが美味しいお菓子〜 | トップページ | 風来のシレンDS2冒険日記(1) »