« ドラゴンクエストIX冒険日記(43) | トップページ | 労働力調査ってなんなんだ? »

MacOS10.6.2にしてみた

先週アップデータが出たらしいのだが、何かあったときのリカバリのために週末までとってあったので、ようやくアップデート。
今回はSafariも同時にアップデートしたのだが、変更点は以下の通り…らしい。

Safari4.0.4
・JavaScript のパフォーマンスが改善されます
・履歴に記録されている項目数が多いユーザが、すべての履歴を対象に検索を実行する場合のパフォーマンスが改善されます
・他社製プラグイン、検索フィールド、および Yahoo! メールの安定性が改善されます

うーん、最近Safari使ってないんだよねぇ。もちろんiPhoneは別だけど。
なので、関係ないけどまぁ安定するようになったってことか。

10.6.2 アップデート
このアップデートでは、お使いの Mac の安定性、互換性、および安全性を向上するオペレーティングシステムの全般的な修正が行われており、以下の問題の修正も含まれています:
・システムからの予期せぬログアウトを起こす原因となる問題
・Safari Top Sites で画像に歪みが生じる問題
・Spotlight の検索結果に Exchange の連絡先が表示されない問題
・管理者ユーザとして認証されなくなる原因となる問題
・NTFS および WebDAV ファイルサーバ使用時に起きる問題
・Menu Extra の信頼性
・4 本指でのスワイプジェスチャで起きる問題
・Exchange サーバの設定中に Mail が予期せず終了する原因となる問題
・アドレスブックが編集中に応答しなくなる問題
・アドレスブックの連絡先にイメージを追加する際に起きる問題
・インターネットからダウンロードしたファイルが開けなくなる原因となる問題
・Safari プラグインの信頼性
・iWork、iLife、Aperture、および Final Cut Studio、MobileMe、および iDisk との全般的な互換性の向上
・ゲストアカウント使用時にデータが削除される原因となる問題

このうち、関係ありそうなのは
・4 本指でのスワイプジェスチャで起きる問題
・アドレスブックが編集中に応答しなくなる問題
・アドレスブックの連絡先にイメージを追加する際に起きる問題
・インターネットからダウンロードしたファイルが開けなくなる原因となる問題

ぐらいだけど、Snow Leopardにしてからアドレスブック更新してないし、4本指スワイプは使うけど不具合を感じたことがない。ダウンロードファイルが開けなかった事ってのも特にないしなぁ。

なので、特に改善点を感じられない今回のアップデートであった。
ちなみにSnow Leopardインストール直後以後に気付いた不具合というか仕様として気になったのが、

PICTファイルが標準で開けなくなったこと

かな。漢字Talk7の頃から親しんだファイル形式なので、Apple自ら切り捨てたことになんだかなぁと思った。基本的にApple製のアプリケーションでPICT形式で吐き出すことはないんだけど、愛用してるPixe VRF Browser EXで静止画キャプチャするとPICTになるんだよね。これが普通には開けない。
まぁこんな時に役に立つのがGraphic Converterなので個人的には全く問題ないんだけども。

今のところ他にはLeopardから移行してヘンだと感じたことはないけど…
正直、やること決まってきてるしねぇ。ゲームとか、新しく突っ込む事ってあんまりないし。
この前みたいに急に起動しなくなることがなければ、いいか。

|

« ドラゴンクエストIX冒険日記(43) | トップページ | 労働力調査ってなんなんだ? »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13616/46774688

この記事へのトラックバック一覧です: MacOS10.6.2にしてみた:

« ドラゴンクエストIX冒険日記(43) | トップページ | 労働力調査ってなんなんだ? »