« 給油記録(2009年10月1回目) | トップページ | Magic Mouse »

生ミルキーを食べてみたらやっぱりミルキーだったでござる の巻

というわけで一昨日ミルキークリームロールと一緒に買ってきたのが生ミルキーである。

生ミルキーとは?
やたら口どけのよいミルキーである。
名前から想像するに、生キャラメルからインスパイヤされて作られたものであろう。
すぐ溶けるのであまり食べ応えがないのが特徴である。

ところで生ミルキーは普通のミルキーと決定的に違う所がある。
乱暴に言うと、通常のミルキーは水あめに加糖練乳を混ぜたものであるが、生ミルキーは生クリームに加糖練乳を混ぜたものである。
つまり、材料が決定的に違うので本来はこの二つは別の食べ物である。

にもかかわらず、とりあえず職場では不評であった。
なぜか?

「やっぱりミルキーだなぁ」

コレに尽きる。繰り返すが、原料が違うのである。
にも関わらず同じ味。

これは「ミルキーの味は加糖練乳の味」というイメージが強く、何作っても練乳の味しか感じないからだろう。そしてその味は、それだけで安っぽく感じられてしまうと思うのである。

う〜ん、残念。
多分次はないかなぁ。

|

« 給油記録(2009年10月1回目) | トップページ | Magic Mouse »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13616/46541030

この記事へのトラックバック一覧です: 生ミルキーを食べてみたらやっぱりミルキーだったでござる の巻:

« 給油記録(2009年10月1回目) | トップページ | Magic Mouse »