« 実家のWiiをネットに繋いでみた | トップページ | 今更なドラゴンクエストV冒険日記 »

WALL・E/ウォーリー(吹替版)

今年最初の映画は、実は昨年最後の作品と同じである。
ただし、吹替え版。ていうか字幕版はなかった。
まー、字幕版でも良かったような気がするけど。
冒頭のショートムービーでも子供たちは笑ってたから。

それに、本作は「手をつなぐこと」に焦点が当てられている。
言葉はなんだっていいのだ。

ていうか、連れて行った子供らが騒ぎ出さないかが心配だった。
幸い、割と静かにしてくれたようだ。
なんせ何日も前からウォーリーの口真似をしていたくらい見たがっていたのだ。
ただ、終盤になっていつ終わるの?何時?とか聞かれた。
後半ダレダレで退屈になったのではなく、ジュースの飲みすぎでトイレに行きたかったから、だと思いたい。
ポニョの時も思ったが、あまり飲ませすぎると途中でトイレに行きたくなるみたいね。
とは言え、塩辛いポップコーンとの組み合わせだと加減が難しいんだけど。

ところで今回、吹替え版ということで、アクシオム号のオートパイロットの声ってどうなってるんだと思ったら、普通に声優さんがあてられてましたね。Macの日本語ボイスが出たら面白かったのに。
あと意表をついてPC-6001mkIIとか。

しかしファーストディで1000円とは言え、面白かったから良かったとは言え、2回も観にいくとは。
メジャーとかどう?とか言ってみたけど結局ウォーリーになった。
やっぱり年末は別の映画にしておいたほうがよかったのかなぁ。K-20とか。

|

« 実家のWiiをネットに繋いでみた | トップページ | 今更なドラゴンクエストV冒険日記 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13616/43606761

この記事へのトラックバック一覧です: WALL・E/ウォーリー(吹替版):

« 実家のWiiをネットに繋いでみた | トップページ | 今更なドラゴンクエストV冒険日記 »