« 今更なドラゴンクエストV冒険日記(4) | トップページ | 今更なドラゴンクエストV冒険日記(5) »

ヘルボーイ/ゴールデン・アーミー

公式サイト

2004年公開のヘルボーイの続編である。
前作のDVDは買ってあるはずなんだけど行方不明なので直前に見ないで行ってきた。
しかも公開2日目だというのに朝イチと夕方しかない。夕方でも良かったけどなるべく早く帰ってきたかったのと、そもそも帰りのバスを逃すと帰れなくなる時間だったので朝イチを選択。
で、始発のバスに乗った。家を出たときにはまだ月が明るく見えてたよ。

そんなつらい思いをしてわざわざ神戸に見に行った本作。
悪魔っ子ヘルボーイ(と言っても見た目はどうみてもオッサン)と半魚人エイブ、そして見た目は普通の人間だけど念力で体から火が出せる(昔で言う炎の少女チャーリー?)リズがモンスターと闘う話は前作と変わらないのだが(今回この設定に関する説明がなかった)、絶対害悪のモンスターでも普通の人間でもないために、誰の味方をすべきか?で悩む姿が描かれていた。人間を助けても礼を言われるどころか敵視されてしまうのだ。ザンボット3の神ファミリーみたいだな。

しかも今回、敵に当たるエルフのヌアダ王子の妹ヌアラに恋をしてしまうエイブ。
正直、ヨハネ・クラウザーII世さんにしか見えないのだが(特に王子)、まぁこの作品の世界で容姿は全く無視していいからな。
んで酔っぱらって歌まで歌い出した。
Can't Smile Without You」(iTunesが開きます)
バリー・マニロウの70年代の歌だそうな。日本では「涙色の微笑」というらしい。
うーん、聴いたことあるようなないような。でもいい歌だよね。
もともと半魚人であるために笑うことも泣くこともできないことにちなんで歌い出したのに、恋人リズの女心がわからず、一緒に怒ったり笑ったりできないヘルボーイも歌い出した。
全体にギャグが散りばめられてるような作品だけど、ほのぼのするシーンだった。

さて、副題のゴールデン・アーミー、相当強くってしかも倒しても倒してもきりがない。
どうやって決着つけるのかなと思ったら…あ、そう来ますか。だったらオチが読めてしまった。

まぁアクションシーンも見応えあるし、ギャグも笑える。
ヘルボーイの所属機関は秘密にされてるはずなのに、なぜかYouTubeに動画がうpされてて、YouTubeを恨むシーンがあったけど、しっかり特設ページあるやんか。
ただ、多少グロシーンがあるから(レギオンもどきが襲うシーンとか)万人にはお勧めできないけど、お勧め。

|

« 今更なドラゴンクエストV冒険日記(4) | トップページ | 今更なドラゴンクエストV冒険日記(5) »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13616/43709291

この記事へのトラックバック一覧です: ヘルボーイ/ゴールデン・アーミー:

« 今更なドラゴンクエストV冒険日記(4) | トップページ | 今更なドラゴンクエストV冒険日記(5) »