« ポメラ(pomera)までもリコール? | トップページ | 今更なドラゴンクエストV冒険日記(10) »

K-20 怪人二十面相・伝

公式サイト

年末に見ようかどうか迷ってたら体調崩して結局ほぼ1か月ぶりになってしまった。
実は怪人二十面相の出てくる小説は読んだことがなくって、特撮TV番組の少年探偵団しか知らないのだが、
(これね)

別にオリジナルの小説をベースにしているのではなく、同名のタイトルの小説を映画化したものらしい。
らしいっていうくらいで当然読んだことはなく、エンドロールで知ったくらいだ。

さてこの話、基本的には怪人二十面相に間違われて誤認逮捕され、仕事も追われたサーカス団員の男が無実を証明するために二十面相を追う…というわかりやすいものであった。
まぁ、貧困層と富裕層との溝、みたいなものもテーマのひとつで、ラストにもからんでくるんだけど、そんなもんはあまり印象に残らない感じがした。というのも。

主演は金城武。明智探偵に仲村トオル。長身でイケメンの俳優が大活躍…と思ったら。

結局美味しいところは全部松たか子が持って行ってないか?
いろんな意味で。

松たか子っていわゆる熟女の年齢なのにこの色気のなさはどうなのか。と思わせる演技がすばらしい。わざとやってるよね、きっと。
緊迫したサスペンスアクションを期待してたけど、コメディ要素たっぷりだしね。
そのコメディ要素のほとんどが松たか子なんだけど。

それにしても二十面相は変装の名人ということでいろんな人が演じてたんだけど、Gメン'75に出てた頃ならともかく、今はあのアクションは無理だろ、あの人は。ていうか怪人というより鉄人

まぁ違った意味で楽しめましたわ。

|

« ポメラ(pomera)までもリコール? | トップページ | 今更なドラゴンクエストV冒険日記(10) »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13616/43836959

この記事へのトラックバック一覧です: K-20 怪人二十面相・伝:

« ポメラ(pomera)までもリコール? | トップページ | 今更なドラゴンクエストV冒険日記(10) »