« センター・オブ・ジ・アース3D | トップページ | これでいいのだ!!赤塚不二夫 伝説 »

ねんきん特別便

今年3月には既に届いていたこの「ねんきん特別便」。
第一弾の青い封筒のやつである。
すなわち、なにかしら記入漏れのある可能性の高いものである。

で、最初届いたときに見て、ああ、就職前に払っていた国民年金の分が抜けてるなぁということは気付いていた。
なので、国民年金の手帳を調べて、記号と番号、加入開始日までは突き止めていた。後は終了日だけだ。
だけど、当時のTVなどの話では、電話で問い合わせてもヘンなクイズ出されたりして、本人確認のためなのか、なるべく払いたくないのかよくわからない対応をしていると聞いて、躊躇していたのだ。
電話もフリーダイヤルじゃなくてナビダイヤルだしね。なんで社保庁のミスのためにこっちから電話代払わんといかんのだ。むしろ期間限定にしてでもフリーダイヤルにすべきではなかったのか。

そして過ぎること数か月。
先々月末、再度回答を促すはがきが来た。
職場でも、特に問題がない人にも全員答えるようになっていたので、その流れで先に送った人への再確認なんだろう。
はがきには本人確認のための具体的な情報を教えるから、とりあえず電話しろとあった。
でも、受付期間は月〜金の9時から20時と、第2土曜日の9時から17時。
平日はまずこの時間に家にいないのでかけられない。こんなんで会社の電話使うわけにいかないし。
とすると第2土曜日しかないわけだが…先月はついうっかりスルーしてしまった。
そこで今月の第2土曜日にようやく実行したわけである。
(これ書いてて思ったんだけど…月〜金って祝日でも良かったわけ?)

まず昼過ぎにかけてみたんだけど、繋がらない。やっぱり月に1回しかない日を狙ってる人、多いんだろうか。しばらく待つとするか…
………
……
…気付いたら16時40分。待ちすぎだっつーの。
慌てて電話してみたら今度はすぐに繋がった。

まず、国民年金が抜けてる事がわかってるので、こちらから伝え、足りない情報があることを伝えた。
そしたら、基礎年金番号と照会番号、名前と生年月日、住所と電話番号、そして国民年金の記号と番号、加入日を聞かれ、答えたらあっさりと教えてくれた。
しかもこちらのことを「お客様」と呼びやがる。
うーん、客になった覚えはないんだが…行政のサービスを受けようとしてるから客なのか?
でも強制的に払ってるわけだし…なんかヘンだぞ?

ま、とにかく追加する情報はわかったので照会票の記入方法を教えてもらって電話を切った。

しかしまぁ、グリーンピア作る暇があったらこんな面倒なことしないで済むように本来の仕事してろよと思わざるを得ない。そんなねんきん特別便であった。

そもそも「年金」より「特別便」の方が難しい漢字なのに、なんで年金の方がひらがななんだ?
百歩譲って少々目の悪い人に対しても「ねんきん」は「んきん」とか「んきん」とか「ねんん」なんかと読み間違える可能性が高いぞ?少なくとも年金を払い込んできた人なら誰だって「年金」は読めるだろう。
どうも年金というものを軽く見ている気がするんだよなぁ。みんなの貴重な金を払ってきてるんだよ?
「でもそんなの関係ねぇ。民主党や世論がやかましいから調べてやってるだけだ。オッパッピー。」
そんな意識があの「ねんきん」というひらがな4文字に込められているような気がする。

|

« センター・オブ・ジ・アース3D | トップページ | これでいいのだ!!赤塚不二夫 伝説 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13616/43054812

この記事へのトラックバック一覧です: ねんきん特別便:

« センター・オブ・ジ・アース3D | トップページ | これでいいのだ!!赤塚不二夫 伝説 »