« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

2008年11月の35件の記事

レイトン教授と最後の時間旅行ナゾトキ日記

というわけで2日目突入である。

10年後のルーク少年から誘われて本当に10年後の世界にやってきてしまったレイトン教授とルーク少年。
10年後のロンドンはバスが廃止され(地下鉄は残っている)、ファミリーと呼ばれるマフィアが支配する恐怖におびえる街だった。しかもそのマフィアを率いるのが何と…!
更にその世界には既にいないはずの元カノ?クレアらしき人も?なんなんだこの世界は?

で、その人を止められるのはレイトン教授だけだということで、ルークが呼び寄せたのだった。
最初はレイトンとルークだけだったが、情報収集のために10年前に戻った際、チェルミー警部とバートン巡査、それにアロマまでが着いてきてしまった。

調べを進め、支配者の本拠地を突き止めたものの、行ったら留守だった。
外出先を調べて向かうが入れ違いでまた会えず。
しかしその途中、しゃべるウサギ(しかもなぜか歌舞伎のような見得を切る)が登場、自ら色々な動物実験をされ、命からがら逃げてきたことを告白。
うーん、こいつら何やってるんだ?

…という所(8章)までが今日の進捗状況。

とりあえず今のところナゾーバもとい、ナゾービーあるいはナゾリーヌに送られたナゾはなし。
今回、箱入り娘に代表される、すぐに答えが出ない問題が少なく、またヒントを多用したのもあって(しょちゅうではないけど明らかに前作より多く使ってる)割とサクサク進んだように思える。
また、今回いわゆる「隠されたナゾ」はタッチした際にすぐに出てこないものの、ざわざわ動くのをタッチしまくることで出現するのでかえって分かりやすかった。

今回のサイドクエストとして、絵本作成とオウムの調教、ミニカーの一筆書きドライブがある。
まず絵本。
本編でまず絵本をもらうことで始まるクエストなのだが、ナゾトキの後などに絵本に貼り付けるシールをもらえることがある。これを集めて、絵本のストーリー(シールの内容はすごく抽象的に書いてある)通りに正しくシールを貼っていくと絵本が完成する仕組み。これを3冊完成させると、本編で何かが起こるかもしれないのと、たぶんひみつのモード内の挑戦状が解放されるはず。現在2冊完成。

次、オウム。
とあるイベントで捕獲することで入手するのだが、まず名前を付ける。ちなみにオウムなので「そんし」と命名(本物に失礼だけど)。
で、こいつを手に入れた後は登場人物との会話中に出てくるキーワードを入手し、覚えさせることが出来る。最初は何回か調教をしないといけないけど、しばらくするとキーワードを得ただけで自動で学習するようになる。そして、ある程度覚えると今度は登場人物とそのキーワードを使って会話が成立すると、なぜか飼い主との友情が高まり、一定まで高めるとやはり何かが起こるらしい。
たぶん、こいつがひらめきコイン探してくれるんだろう。
面白かったのが、本屋のおねーちゃんとの会話。
怪しい人が店の周りをうろついている話で、泥棒だったら何を狙っているんだろうとの問いに、
「あなたの、こころです。」
と、カリオストロの城の有名なセリフを苦し紛れに言ったらこれで会話成立(爆笑)。
でもこれについては、まだまだ会話に使えるキーワードが明らかに足りず、半分も進んでいない。

最後にミニカードライブ。
前作であった、ハムスターの散歩に似ていて、方向を指すパネルと1マススキップできるパネルをマップ上に置き、チェックポイントを全て通過しながら一筆書きの要領でゴールを目指すもの。
これもナゾトキ後にドライブコースをプレゼントされることで遊べるようになる。
大体簡単なものが多かったが、ホテルのメイド、ベッキーからもらったのが難しかった。
なんせ複雑に方向転換しないといけないのに、上方向のパネルが1個しかない。
相当悩んだが、一筆書き風とはいえ、進行方向と正反対のパネルを置くと、来た道を戻ることに気付き(そこでこの1個を使う)、何とかクリア。でもこれで半分終わったとこ。

これから9章に入るけど、サイドクエストの進み具合からして、今半分くらいなのかなぁ。
平日にやるのが怖いなぁ。この土日、他の事してないし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

レイトン教授と最後の時間旅行

公式サイト

というわけでレイトン教授シリーズ最新作にして最終作の「レイトン教授と最後の時間旅行」がやっと届いたので早速プレイ開始。

相変わらず画風にクセがあるがムービーも非常になめらか、今回は静止画の会話シーンでもキャラクターが動く(ごく一部だけど)。
そして肝心のナゾトキは…より難易度アップしたというか、自分がアホになったというか、難しくなったように感じた。
なんせ、最初の問題を間違えてしまったんである。
それに、今回もヒントが使えるが、これまで3ヒントだったのが、4つに増え、更にひらめきコインを2枚使うことでスペシャルヒントまで出るようになった。なんだか基本鬼のように難しいけどチート(ずるっこ)モードが付いてるアメリカ製のゲームしてるみたいだ。

そして気になる前作と連携したパスワードなんだけど…
本作で表示されるパスワードを「レイトン教授と悪魔の箱」に入れると、「悪魔の箱」の設定イラストが7枚ほど表示された。まぁ「不思議な町」の時もそうだったので、こんなもんでしょ。
で、その設定イラスト表示中に上画面で表示されるパスワードを、今度は「最後の時間旅行」で入れてみた。

「不思議な町」で出たパスワードを「悪魔の箱」に入れたときはスライドパズルだった。待避所が2箇所あって変わってるけど、まぁ簡単だった。
しかし今回はなんと「悪魔の箱、再び」。
そう、箱入り娘問題である。幸か不幸か出発点がど真ん中で、上方向の出口に出せばよいので一見楽そうに見えるのだが…解けなかった。わはは。

あと、週刊ナゾ通信も早速発売日から配信されていた。こちらもクリア。

それと、初回版に付いてきたのが音楽CD。
Layton

トリロジーCDということで、3曲入ってたけど、レイトン教授のテーマって、1作目には出てこなかったような?
ていうか、このゲームで一番印象深い音楽って、パズル(特に箱入り娘)解いてるときのBGMだよねぇ?なんでそれ入れないの?
正直、オープニングもエンディングも、全てのムービーも、お・ま・け。
オープニングテーマなんて飾りですよ。えらい人にはそれがわからんのです。

てなわけで今日からすでにゲームにドハマリ中。さっき2章おわったとこ。
これから更新はしばらく「ナゾトキ日記」になりそうな予感。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ティーダ君、緊急修理。

話は先週に遡る。

映画を観に行く途中、信号待ちをしていて、青になったので発進しようとしたら、普通にアクセル踏んだのにホイルスピンのような状態になり、スッと前に進むことが出来なかった。
最初は雨に濡れた停止線でも踏んだのかなとか思ったのだが、しばらくして別の信号でまた同じようなことが起こった。

おかしいなとは思ったのだが、ディーラーも既に閉まっている時間だし、そのまま映画を観に行って、そのまま帰宅した。
ちなみにその映画、ジャンボ機が離陸したものの、機体トラブルで引き返す話なんだよねぇ。
今思えばガクブルもんである。

幸い、その後はトラブルも起こらなかったし、たまたま翌日はディーラーでワイパーゴムの交換をする予定だったので、予定通り持って行ったのだ。
でまぁついでに見てもらおうと思って、たぶん足回りのせいでしょ、タイヤとかチェックしてね、くらいの注文をしたのだった。

そしたら、ドックに持って行ったときにたまたま症状が再発したらしい。幸か不幸か。
で、診断プログラムの結果、スロットルポジションセンサーの故障と出たんだそうだ。
エンジンそのものの異常ではないので、止まったりすることはないことを説明されたが、まぁ安心して乗れないのは確かだ。安心しろと言う方がおかしいやろが。
修理は保証期間内なので無償、ただし無償修理の場合は部品が入るのがもともと遅いのと、連休初日なのもあって、結局次の週末近いことを言われた。まぁ泊まりの出張もあるし、仕方ない。
ただ、後で知ったけどcarviewのティーダ掲示板に似たような症状の書き込みがあって、今日までかーなーり不安だった。
ちなみに先週給油した後、えらくガソリンの減りが早いというか、ナビの燃費表示もどんなに意識して走っても16km/L台から上がらなかった。もしかしてこれもこの異常と関係してたのか?

で、今日修理してきたわけだけど…
1時間くらいかかるっていうんで、待ってたんだけど、その間、出たばっかの新型キューブの展示車を見ろとか、デュアリスの試乗をしないかとか営業さんがいうわけ。
デュアリスはCMのように変形するボタンがどこにあるのか知りたくて試乗したけど(あるかっ)、乗りやすいとは思ったものの、まぁ買い換えるまでにはどうかなぁ。

ていうか、それって暗に今の車は乗り続けると危ないから手放せって言ってるのか?
とりあえず5年、欲しいのがなければそれ以上乗るぞ。なんせ事故った時点で手放してないからな。

そういうわけで無事修理は終わり、燃費計算を一旦リセットするために給油もしてきた。今安いしね。
さて、次の燃費はどうなることやら。っと、その前に普通に走るかを心配しないと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

給油記録(2008年11月3回目)

いつもはエンプティギリギリまで走ってから入れるのだが、今回は特別な事情というか、因果関係があるかどうかは分からないんだけど異様に燃費が悪くなったので、修理直後に給油して一旦リセットし、修理の効果を見ることにした。

今回:48868km
前回:48521km
給油:22.86L
燃費:15.2km/L

ちなみに給油直前のカーナビの平均燃費表示は16.3km/L。それとガソリンは112円/L。

わはは。普通に(普通じゃないけど)走ってたときにしては最低記録じゃないだろうか。
まぁ次からに期待だな。
それにしてもここんとこあんまり燃費良くなかったのって走り方のせいだけじゃなかったってことか。
やっぱ記録するって大事なのかな。結果的には異変に気付かなかったけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

レイトン教授と悪魔の箱ナゾトキ日記(12)

ほぼ1年ぶりの日記更新である。
昨日、続編である「レイトン教授と最後の時間旅行」が発売になってるはずなんだけど、予約したのがまだ届いていないのでその前に週刊ナゾ通信を終わらせておこうと思ったわけで。

この悪魔の箱を起動するのも久々である。見たら週刊ナゾ通信も7月から更新していなかった。
というわけで18問の新作問題をダウンロードし、ナゾトキに挑戦した。

うーん、今回ダウンロードした中ではw41が解けないなぁ。
いわゆるマスターマインドなんだけど。

それと早々に詰まったw2の箱入り娘問題、そしてNo.153の悪魔の箱問題。
残るは3問かぁ。それにしても割とクラシックなパズルが苦手だよなぁ。
ひらめきだけじゃ解けない問題だからという話もあるけど。

たぶん、これで週刊ナゾ通信も終わりなはず。最後のw52が配信されてから1週間経つけど次が出てないしね。とりあえず全部の問題には手を付けたということで、最後の時間旅行に取りかかるとするか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トロピック・サンダー/史上最低の作戦

公式サイト

いやー、下品で失笑ものの映画だった。
とはいえ、ベン・スティラーの作品だとこれが褒め言葉になるから不思議。

冒頭、色んな映画の予告編が連続で流れるんだけど、全部架空の映画会社。で、ドリームワークスのロゴが出てきてえらいそっくりやなーと思ったらそれだけ本物だった。
物語もいきなり戦場のシーンから始まり、これも予告?と思ったら物語の中の映画の撮影中だった。
他にもセリフに実在の映画俳優や作品名まで出てきたりして、徹底的に映画業界をパロディにしている。
まぁ笑える人は笑えるって感じかな。明らかに作り物と分かる血や内臓が飛び出すシーンは笑えない人が多そうだけど。

で、この話、映画の制作費が足りなくなって監督が役者を実際の戦場というか武装したドラッグの密造組織がいるジャングルに放り込み、みんな勘違いしたまま撮影できるか?というような作品だと思ってたんだけど、ベン・スティラー一人だけがずううっと本物の武装グループとは思ってなかっただけで、他は早々に気付いてて、どうやってベン・スティラーの暴走を止めるかって話だったのが少々残念。
まぁベン・スティラー主演・脚本・監督その他一人でやってるから当たり前か。

でも、単に一人だけ勘違いなだけで終わるんではなくって、勘違いが故に様々なトラブルに巻き込まれ、それを乗り越えることで着実に役者として成長していくって話になってたのが救いか。

それにしてもこういうくだらない映画なのに共演陣がすごい。
ジャック・ブラックもロバート・ダウニーJr.もこの夏・秋にヒットした映画(カンフー・パンダとアイアンマン)の主役張ってた人だし、何より予告編では出てこない、劇中作品のプロデューサー役の人。
どっかで聞いた声なんだけどなー、と思ってたらトム様じゃないですかっ。
ヅラにメガネ、下品なセリフ連発だったから想像つかないよねぇ。

というわけで一風変わったトム様が見たい人にもお勧め。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

年末ジャンボ買おうとしたけれど…

東京出張のついでに西銀座デパートで年末ジャンボを買ってくるように頼まれたのだが…

サマージャンボを頼まれたときは確か30分待ちだった。
かすかながらではあるが、売場が見える位置から並んでいたからな。

でも今回は違う。
マリオンの前を通りすぎ、有楽町駅の前の道のちょい手前まで延びていたのだ。
どうやら2時間待ちらしい。

かんべんしてくれ。2時間も待ってられるかっ。
というわけで、今回はあきらめた。

あそこの1番窓口で買うことに意味があるのだ(根拠ないけどな)。列の横のマリオンの入り口にも売場があるし(超閑古鳥)、そもそも1番以外の他の窓口もあるけど、それなら地元で買うのと同じだし、その方が役に立つ(地元に金が入る)。
まぁ、1番窓口と言いつつ、「1番が2列ある」時点で有り難みが半分なんだけど。あれ、誰もツッコまないのか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

なんでそんなにコピーにこだわるのだ?

またアクセス急増である。
先週から続くナルニア国物語第2章のディスク複製に関するものである。

あのねぇ、他ならぬディズニーの映画だよ?あの世界一有名な黒いネズミの著作権のために法律まで変えちゃう会社だよ?複製なんか許すはずないやんか。

百歩譲ってもし傷ついたら見られなくなるから複製するんだって話も聞くけどさ、そういうマニアックな人は昔は最初から2枚買って観賞用と保存用にしてたはずだ。
ビデオテープの時代から考えたらDVDはえらく安くなってるから2枚買ったって本来は問題ないはず。

しかしまぁ、この手の話題をブログから探そうとする人、増えたのかねぇ。
どっかの掲示板でコピー成功したって書き込みは見たんだけど、そっち見たら一発解決っぽかったんだけどなぁ。なんで掲示板見ないの?
ちなみに掲示板によると、買わなかったけど「スピード・レーサー」も同じようにコピーしにくいらしい。確かめようとも思わないけど。

ところで何でこの映画コピーしたがる人多いんだろう?
あ!もしかして…買ってはみたけど内容があまりにアレだったんで売ってしまおうって思ったのかな?
だったら手元に残すことなく売ればいいと思うんだけど。
まぁ1作目は問題なくコピーできるっぽいから2作目ができないのは納得できないとムキになってるのかな?ダメならあきらめたらええのに。

ていうかこれ、そのうち中古で買うのもあほらしいくらい安くなるんじゃないの?
劇場で観てDVDまで買ったやつが言うのも何だけど、わざわざコピーするほどのもんでもないような…
買うか、借りるか、見ないか。どれかで良いような気がする。

それと、買っても子供が傷つけるからコピーじゃないと心配って人がいるかもしれない。
そういう子供には見せない。
劇場にも騒ぐ子供は連れて行かない。
それで良いと思う。
自分が小さい頃はほとんど連れて行ってもらえなかった。小学校までで確か2回かな?
スターウォーズもE.T.も、小さい頃にやってたはずだけど、みんな大人になってから見た。
子供を出しにしても、コピーして良い理由にはならないんじゃないの?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ローソンのリラックマボウル

ローソンの秋のリラックマフェアでやってたポイントシールでもらえるボウルを手に入れた。
今回は弁当ではなくパンにしかシールが付いてなかったので苦労した。
というか、アホみたいに集められなかった。ボウルを2個もらったのでパンかシュークリームを一人で40個食った計算になる。

キャンペーン自体は3日に終わっていたのだが、景品交換日最終日に行ったら品切れで、手に入れたのは先週だったのだ。じゃー先週記事にすれば良かったのだが、書きそびれてたので、せっかくだから書いておくことにした。

Image101Image102
まず横から。前にもらったマグカップ同様、大胆にリラックマをあしらったデザインである。
次は上から。前にもらったミッフィーの小鉢を重ねてみた。まるで茶碗と湯飲みである。
お茶漬け食べるのに良いかもしれないなぁ。もちろんインスタントの。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ポメラ(pomera)をMacにつなぐ

久々にポメラネタである。
前にMacに繋いでみたけど反応すらしない、ということを書いた。

ところが、Macに繋いで使っている人のブログを見たので、あれれ?と思って再度試してみた。
確かに、ポメラの電源を入れずに繋いでみたときにはうんともすんとも言わなかったのだ。
だけど、辛抱が足りないだけだった。
何故か毎回バラバラなんだけど、1〜2分繋いでおくとドライブアイコンがデスクトップに現れた。
これ、電源を入れてからUSBケーブルをMacにつなぎ、設定メニューからPCリンクを選んでも同じくらいかかる。まぁ大体50秒くらいだろうか。
ちなみにアイコンをゴミ箱に捨ててアンマウントした後、ケーブルを抜くとポメラの電源は自動的に切れた(USBケーブルを繋ぐとポメラのキーボードが閉じていて電源が入ってなくても自動で入る)。

それに対して、前回試したmicroSDをリーダーに読み込ませれば数秒でマウントする。
カードリーダーさえあればこの差は大きいぞ。
別途リーダーを用意しないといけないのは面倒だと思うかも知れないが、ポメラだっていちいちケーブルを刺さないといけないし、何より、たまにマウントに失敗したのだ。マウントにかかる時間だって1分なのか3分近いのかわからない。まだかまだかとやきもきしてる暇があったらカードリーダー取り出した方が早い。

ところで、ポメラのPCリンクに関して辞書についてもメモ。
microSDに辞書をエクスポートすると、atok.dicという辞書ファイルが出来るのだが、とりあえずATOK2007forMacの辞書ユーティリティでは編集できなかった。
Windowsだとできるのかな?
まぁ出来たとしても100個までらしいんだけど。

それと、Macで作ったテキストをポメラで編集できないか?と思ったのだが、これは可能。
テキストエディットでフォーマットを標準テキストにして、保存形式を日本語(ShiftJIS)にすれば、普通に読み込むことが出来た。
WindowsでMacのファイルを見たときと同様、リソースフォークのファイル(.ファイル名.txt)が出来上がるが無視するかポメラ上で消せばよい。

まーこれで出来ることは大体試したのかな。

そうそう。
最初に最大の欠点と書いた次回起動時にカーソルが文末に来ないというか必ず文頭に来る件だけど、終了時にF1を押して「☆付箋文☆」を挿入して電源を切り、次回起動時にF5(付箋文にジャンプするキー)を押せば一応は一瞬で文末に飛んでくれることはわかった。
飛んだ後消せば問題ないとは思うが、こういうテクニックを使わないといけないのはどうしたものか。
とても「物書きに特化した製品」とは言い難いぞ。

それよりも、バックライトがなくて、初代GBAとかGBC程ではないけど、少なくとも日当たりの良い屋外や逆に暗いところでは全く使えない事の方が気になってきたなぁ。
そのくせ、エネループの減りも結構早いし。2時間くらいで一目盛りなくなったぞ。

出先で安心して使えないって、どこで使うんだ?と心配になってきた。

2009.6.7 追記。OS10.5.7では繋いでも認識しないことを確認。

2009.8.8 追記。OS10.5.8だと認識することを確認。ただしポメラも1.1.0にアップデートした。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

DVD:ナルニア国物語 第2章:カスピアン王子の角笛

前に映画を観に行って購入確定してたので購入した1本。

というわけで5月に一度観てるのでまた時間が出来てから観ようと思ってたのだ。
でも、最近ウチのブログに「ナルニア国物語 リッピング」(に近いワード)で検索してくる人が多いことに気付いた。(あと、映画のタイトル+ラベルという明らかにコピーを想定したワードも多いなぁ。そこまでするんなら買えっ)

あのねぇ、確かにナルニアは観たし、CDからiTunesでリッピングする記事は書いた。
でも、リッピング≠「コピーガードされてるのが基本のDVDソフトのPCへの取り込み」だよ?
そんなことやっててもブログでやり方を書く話ではないでしょうが。

でも気になったので試しにiPodに移そうとしてみた。
ふむ、確かにチャプター1だけ読み込めないなぁ。他のチャプターは移るんだけど。
最初の数分とはいえ、カスピアン王子のヘタレ伝説の始まりのシーンである。観とかんとわけわからんよね。
まぁ、アレだ。素直に買え。2回観たかったら売るな。それかもう一度買え。そういうこっちゃ。

気を取り直して、今度は特典ディスクを観てみた。
クライマックスの川のシーンの撮影に関するエピソードが面白かった。
スロベニアのボヴェツという所のソチャ川という川らしいんだけど、Googleマップの地図で見ても水の色の違いがわかるくらい驚くほどきれいな川。
きれいなのも驚くけど、第一次世界大戦でそこがリアルに戦場だったってのが驚き。読んだことないけど、ヘミングウェイの「武器よさらば」で描かれてる所らしい。
そういう話がわかるのもこういうメイキングの面白いところだな。なので、本編だけのレンタルしないで2枚組みを買えっ。

あとは隠しボタンがいくつかあったことかな。まぁパッケージにも書いてないおまけ映像なんだけど、ホットサンドの話が面白かった。撮影中に手が空いたら自分で作って食べて良いらしい。
ところでホットサンドのこと、トースティーって言うの、知らなかった。
いかん、腹減ってきた。食いてぇぇ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ハッピーフライト

公式サイト

映画「ウォーターボーイズ」「スウィングガールズ」の監督、矢口史靖の最新作である。
他の作品を観ていないので全て当てはまるかどうか分からないのだが、この2作品に限って言えば、「男子高校生がシンクロナイズドスイミング」「女子高校生がビッグバンドジャズ」と、別に男女差別するつもりはないけど「一見誰もやらなさそうなこと」を「みんなで成し遂げる」姿に感動を呼ぶ映画だった。
スウィングガールズなんか場所変えて2回観たもんなぁ。

ところが、本作は端的に言ってしまうと「ANAの飛行機が羽田を出発して、機材トラブルのために引き返す話」である。
飛行機に良く乗る人なら分かると思うけど、飛行機はたまーに引き返す。
で、その間にも空港及び飛行機のスタッフは様々な仕事をそれぞれこなしているのだ。

うーん、面白かったけど…やっぱこれ、ANAのPR映画というか、プロパガンダ作品と言っても不思議じゃないよね?いくらANA全面協力で、機材まで貸してもらったといってもねぇ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Dream Fighter

ええと、なんかゲームっぽいタイトルだけどPerfumeの新曲でやんす。

DVD付きの初回盤欲しかったのに、予約してないことに気付いたのが発売2日前。
いつも使ってる楽天はいっぱい店があるのに全滅。
Yahoo!ショッピングもアマゾンも、ツタヤもタワレコももう予約受付終わってた。
本屋系はどうだとe-honとか本やタウンとか見たけどやっぱりない。

地元にお店ないしなぁ…

と、ふと全国展開してるCDショップを思い出した。新星堂だ。

奇跡的に買うことが出来た。送料がかかってしまったが、オークションとかで買うよりはマシだ。
(さっきみたけどさすがにもうないみたい)

で、早速聴いてみた。
というか先にDVDでPVを観た。
背景の映像がiTunesのビジュアライザそっくりな気もするが…気のせいだろう。
それにしても相変わらず中毒性が高い。もう何回リピートして聴いてるだろうか。

それと、調子に乗ってえせ着うたも作ってみた。公開はしないけど。
さすがに何回も聴きまくった後に812SHの貧弱な音を聞くと萎えるなぁ。
なんか勢いでiPhoneに機種変更してしまいそう。

(ちなみにコレは通常盤)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

DVD-Rに直接印刷できない→解決!

昨日の続き。

今日もマニュアルをあさってみたがさっぱり解決策が見つからない。
そもそもトレイガイドを閉めろって言うけど、トレイガイドってどれのことやねん?
そう思って、ダメ元で「MP600 トレイガイド」でググってみたら解決のヒントが見つかった。

もしかしてドライバが古いんと違うか?

あ!そういえば今使ってるOSはプリンタ買ったときと違ってLeopardだった。
プリンタ自体は2年前に発売になったんやから、付属のドライバやユーティリティで動かんのも無理はない。

で、プリンタドライバと、今回関係ないけどスキャナドライバ、プリンタ設定ユーティリティと社外品のCDダイレクトプリントユーティリティの最新版をダウンロード。
CDプリント以外はいちいち再起動がかかって面倒だったけど、とりあえず全部インストールした。

そしたら、あっさりDVD-Rはプリンタに吸い込まれていきましたとさ。
ふーん、今回、ダウンロード販売のユーティリティソフトのブータブルDVD版を作るために作ったんだけど、あっさりとした色合いなものの、結構きれいだねぇ。
TVドラマとか録画したので充分って時にはプリンタブルディスクに入れて印刷するのもいいかも。
ってそのためにこのプリンタ買ったんだっけ。

あーすっきりした。寝よ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

給油記録(2008年11月2回目)

土日に入れようかと思ったけど、もうちょっとギリギリまでがんばってみようと思って本日給油。

今回:48521km
前回:47790km
給油:42.22L
燃費:17.3km/L

ちなみに給油直前のカーナビの平均燃費表示は17.8km/L。それとガソリンは119円/L。

うーん、かなり落ちたなぁ。ガソリンの値段も落ちてるけど。
どうも粘ってギリギリまで入れない方が燃費としては良いような気がするんだけど。
そろそろデータ集計してみるかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

DVD-Rに直接印刷できない

プリンタMP600を買ってもう1年以上になるはずなのだが、初めてプリンタブルDVD-Rに直接印刷することにした。

ところが、今も上手くできない。
昨日は専用のトレイがないのに直接ディスクをいれたらいいと思いこんでいて、できなかった。
トレイ自体は購入時に箱から取り出さずに1年以上ずっと箱の中だった。箱と一緒に捨てるところだったよ。

で、今日はトレイに入れてみたのだが…
給紙装置をディスクトレイにしてるはずなのに、ディスクのガイドを閉めろと言ってくる。
なんで?もしかして手前から紙に印刷しようとしてるの?

あーもうこんな時間。くっそー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

使い捨てLEDライト?

昨日、映画に行ったときに始まる前に余りに暇だったので百均に行った。
で、買ったのが小型のLEDライト。
実は既に小型のを1個持っているんだが(しかもドンキで900円位したやつ)今度のはレンズが大きめなのでちょっと明るいのだ。

明るいのが欲しければ普通に懐中電灯買えよと言われそうだけど、小型なのがいいのだ。

前のは押しボタンで押している間だけスイッチが入り、クリップでボタンを固定することで押し続けるという方式だったのだが、今度のは軸をひねってON/OFFを切り替える方式である。

でも、なぜかONにしても点かない。
電池に絶縁シートが挟んであるのかもと一旦分解してみたが、そんな様子はない。
おっかしーなーと思いつつ、組み直して再度電源ON。

点いた!結構明るいぞ!

こりゃーええ買い物したわぁ!

…と、喜んだのもここまで。


スイッチが回らない!

消せねぇぇぇぇぇぇ!

というのが昨日の話。
今も点いたままである。

このままじゃ使い捨てだよぉ。とほほ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

トラ・コネ Triangle-Connection

公式サイト

昨日、久々にシャリバンの中の人のページを見てたら、先週から出演してる映画が公開されてるらしい。で、見てみたら…

コスモスが主演でギャバンとシャリバンが共演してる!

しかも何か特撮ヒーロー的な内容やんか!
登場シーンの挿入歌は串田アキラ!(ギャバンの人)
てゆーか、ギャバンがプロデューサー?
キル・ビルでサニー・チバに「このハゲ!」呼ばわりされてたあの人がプロデューサー?

というわけで、急遽行くことにした。
上映館を見たら、大阪と神戸が比較的近いみたい(すごく遠いけど)。
でも、一番近い神戸のホームページを見たらやってない。なんで?8日から始まったばっかやで?
…他の情報サイト見たらどうも14日には終わってたらしい。え、1週間で終了?
最初の2日間は舞台挨拶までしてるのに?

なんか激しく地雷臭がしたんだけど、乗りかかった舟である。次に近い大阪に見に行くことにした。九条にあるらしいのだが、九条は10年以上前に大阪ドームに行くときに使った位で、久しく行ってないぞ。

でも今は強い味方がある。あのGoogleストリートビューである。車(プリウス)の通れる道なら大阪だと大概のところを見ることができるアレ。民家まで映ってしまうのが玉にきずだけど、お店探すときに効果絶大。
ま、この前ジャンボ大はぎみかん大福買いに行ったときに使わなくて迷いまくったのはたまたまだ。

ところで、今回の上映館は今まで行った中で一番小さかった。何しろ全部で30席弱しかない。ホームシアターと言われても何ら違和感のない狭さである。とりあえず入場整理券1番を手に入れたのでベストポジションを確保できたけど、わざわざ大阪まできて最悪な席だったらきつかったなぁ。

さて肝心の作品について。
大阪の街を爆破しようとするテロリストに爆弾とその起動プログラムを売ろうとする武器商人(どうみてもチンピラ)。爆破プログラムを作ったのは数学(だと思う)の大学准教授。主人公はその准教授の研究室の学生で数学の天才。准教授に頼まれてプログラムの入ったUSBメモリを預かった主人公は執拗に武器商人(しつこいがどう見てもチンピラである)に追いかけられる。そのうちテロリストにも追いかけられる羽目になり、ネットアイドルを含む女子高生3人組と出会い、謎の特撮ヒーロー、スターシャドウも現れ、大阪の街をひたすら逃げまくる…

ある重要なアイテムをめぐって追いかけっこという話は昔から王道で面白いのは当たり前。
それに加え、スターシャドウのアクションシーンも加わり、全体に漂うB級臭を感じながらもなかなか楽しめた。

ただね。
主人公の「数学の天才」という設定が終盤まで活かされてないなぁと思っていたら…最後のオチがTVドラマ版「ガリレオ」の最終回とそっくりって…おいおい。

まぁ面白かったですよ。もう少しスクリーンが大きかったらよかったなぁという気がしないでもないけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ウィングアイランド

公式サイト

Wiiのロンチ(launch。本体同時発売)のいわゆるフライトシムである。
2年も前のゲームをなんで今頃やってるかというと、前からやりたかったんだけど今更感があって、今回税込千円で入手できたからである。その程度のやりたさなら一生やらなくても済んだはずなんだが、そこはそれ、「やらなきゃハドソン」のゲームだし。

で、やってみた。
うーん、直前までマリカーのタイムアタックやってたのでつい横持ちで始めてしまったのだが、さっぱり動かない。そう、Wiiメニューでの操作みたいにして遊ぶのだ。

…ちょっと待て。
飛行機の操縦桿握るんだから、親指だけ立てて垂直に持つか、マリカー同様ハンドル風に横持ちしてもよかろうに。なんか感じ出ないぞ。垂直持ちは同じロンチの「おどるメイドインワリオ」でもあったはずなのでできないことはないはず。
でもまぁチュートリアルやった限りではまぁこの持ち方でしかできんかなと思ったので仕方ないか。

チュートリアルを終え、早速ストーリーモードに挑戦。
…うーん、難しいぞ。最初の仕事がクリアできん。
ていうかね。自由に時間制限なしに飛ばせてくれよ。
どうもストーリーモードをクリアするとできるらしいのだが、正直、ストーリーモードなんかどうでもいいのだよ。

飛行機は、確かに速く目的地まで移動するための道具である。ストーリーモードのミッションなんて結局はそういうことだ。
でも、同時に飛行機は人間が自分では出来ない「空を自由に飛び回ること」ができる機械なのだよ。
それが最初から楽しめなくて、何が「ウィング」アイランドか。
まぁ作る側からしたらせっかく作ったストーリーモードを無駄にしないために足かせにして、ご褒美としてフリーモードを用意したんだろうけど、あの程度のチュートリアルだけでいきなり実践はないやろ。

ちなみにこのゲーム、単機で飛ぶことも編隊組んで飛ぶこともあるのだが、赤い機体で編隊組むところで往年のシューティングゲーム「スクランブルフォーメーション」を思い出してしまった。誰か「スペースファンタジーゾーン」みたいに3D化してくれないか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

粉ふきいも

いやー、寒くなって粉ふきいもが美味しい季節になりましたねー という話題ではない。
ここんとこアトピーがひどくって体中が粉ふきいも状態だったりするのだ。

ちなみにこの表現、自分で上手いこと考えたつもりだったけど、美容関係では乾燥肌で普通に使う表現みたい。ちっ☆

実は去年の春から病院には行ってなかったんだけど、どうしても我慢できないときだけ塗り薬を塗るようにしていた。で、それもそろそろなくなりそうなのと、粉ふきがひどくなってきたので再診をうけたのだった。

今回から飲み薬も飲むようにした。アップルの携帯音楽プレイヤーによく似た名前のやつである。
まぁ直接かゆみを止める薬ではないので(まぁ内服ですぐ効いたらすごいことになるけどな)またしばらく通うことになるかな。

でも一番はかゆくなる原因というか引き金になっているものをなくすしかないんだけど。
ただ、おまんまの種でもあるのでなくすわけにいかないのが痛い☆
そう、常に仕事に追われるストレス。
夜更かしも原因の一つだと思うので、止めたらちっとは変わるかも知れないけど…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ポメラ(pomera)とPCとのリンク

一日開いてしまったが、ポメラで書いた書類をパソコンに移す作業を検証してみた。

まず、推奨されるWindowsとの接続。
ポメラの電源が入っていてもいなくても大丈夫。
なのだが、電源が入っている、すなわちキーボードが展開された状態ではそもそもUSBポートのカバーが開きにくい。しかも、メニューキーを押して設定タブの中のPCリンクを選ばないと認識しない。これはかなりめんどくさい。利点は本体メモリにパスワードをかけた場合でもデータ転送できることなんだろうけど、明らかに今はデメリットの方が大きい。

次、ポメラの電源が入っていない場合。そのままUSBでつなげば本体、microSD両方認識されるが、本体にパスワードをかけた場合はmicroSDしか読めないらしい。

最後に我らがMac。
えーと、試しに繋いでみたけど認識すらしない。当たり前か。←追記:時間はかかるが認識した。
仕方なくmicroSDを抜いてカードリーダでつないでみた。
あっさり成功。

いずれにしてもパソコン上では「pomera」フォルダの中の拡張子.txtのテキストファイルを読み込んでいるにすぎない。

まぁ使い道としてはポメラでブログネタを書き込んでおき、転送して記事にするのが自分の使い道になるだろうか。
となると、Bluetoothの搭載が望まれる。
でも着いたら着いたで電池の減り方が激しくって問題になってたりして。

と、今回は全部ポメラで書いてみた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Adobe Reader 9は使いものになるか?

ダウンロードページ

公開されてから結構経つので、今更な感じもするが、

べ、別に書くネタがなくって無理矢理ネタにしてるわけじゃないんだからねっ!

とツンデレ風に書いてみる。いやま、ネタにしようとずるずると後回しにしてたのが現実なんだけど。


さて、MacでPDF書類を見るときは今まではプレビューを使うのが定番だった。
起動も早いし動作そのものも軽快だ。

対して、本家本元のAdobe Readerは起動は遅いわ、ちょっとサイズの大きい書類を印刷しようとしただけで強制終了してしまうわ、文字列の検索も遅いわ、かなり見劣りのするソフトだった。

そこでReader9の登場である。
まず起動が劇的に早くなったのに驚く。プレビューとほとんど変わらないか若干遅い程度であった。
元々起動が遅いだけで目立った欠点もない。

しかし、検索はやっぱり遅いし、、多い枚数を印刷するようにすると、落ちることが多い。
また、一切変更がきかないので、90度回転させることすらできない。

なので、結局プレビューを使っているのだった。
あー、眠くて仕方がないのでこの辺で終わろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

デジタルメモ「ポメラ」pomera

商品ページ

知人のブログで話題になっていたので買ってみた。
白黒オレンジとあるので、当然オレンジを選択。2万円を超えたが楽天ポイントが多めに付く店で買ったので、実質1.9万円程で購入。

Image087比較のために初代DSと並べてみた。幅と厚さはDSとほぼ同じ。さすがにキーボードと画面の確保のために奥行きは長いけど、これ、相当DSを意識してないか?
 
 
 
 
Image093画面だけを起こしてDSと並べてみた。
うーん、やっぱりDSっぽい。
ちなみにまだキーボードは開いてない。
 
 
 
 
Image089
キーボードを開いた姿。
キーボードはレッツ君よりも若干狭いが、SR君よりは広くて打ちやすい。実はまだレッツ君を修理に出していないので、SR君では長時間タイプが辛いときには真価を発揮しそう。
 
 
 
Image090おまけでさっきのキーボードを開いた状態でそのまま裏返した姿。
底からメイン電源のための単4電池2本(現在エネループ使用)とバックアップ用のボタン電池(CR2032)を入れて使う。右端にはmicroSD(SDHC非対応、すなわち上限2GB)スロットとUSBminiB端子がある。
 
 
さて、肝心の使い心地。
キーボードは悪くない。さっき仕事関係のメモを書いてみたが、辞書が貧弱なこと以外は全く問題ない。画面も普通に前後関係が把握できる範囲が表示されている。
液晶はモノクロ2階調だけど、好みで白黒反転可能。今は初期設定とは逆の、黒地に白文字にしているけど昔のパソコンっぽくっていいよね。
って自分の最初のMac(PoerBook145B)もモノクロだった。白黒逆ではなかったけど。
あと、起動もちょっとクセがあるけど電源ボタンをグッと押し続けると2秒ほどで起動する。むしろキーボードを開く方に時間がかかるくらいだ。
あと、見た目にはパソコンっぽいのにエネループで動く。これって結構良くない?
まぁいいなぁと思ったのはこんなとこ。

で、気になった点。
漢字変換がATOKなのはいいんだけど、辞書が100個までしか入らないしテキストファイルからの登録なんてできるわけがない。でも、仕事で使うなら辞書の強化は必須なんだよねぇ。
あと、タッチタイプできる姿勢で打ち込むと、3段階ある文字の大きさで、一番小さい文字は正直読めない。F6で文字サイズは変えられるけど、漢字変換ウインドウまでは変わらないんだよねぇ。うーむ。

そして最大の欠点。早くも見つけてしまった。
これ、メモ帳だよね?
気付いたことがあったらすぐに起動して、前の続きから書きたいよね?

なぜ起動時はカーソル位置が必ず文頭なのだ。

いやね、終了時に必ず保存して、起動時は必ず新規文書が開くなら分かるんですよ。
でもね、前回の電源終了時に開いていた文書を自動で開くなら、カーソル位置も覚えといてくれよ。
これは些細なようで重大な欠点のような気がするが…
技術的コスト的に無理なのかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

え? 読み出し専用の外付けハードディスク?

意外と気付かないこともあるので自分のためにメモ。

職場のUSB接続の外付けハードディスク(120GB)をMac miniG4に繋いでバックアップを取ろうとしたら、繋がるのは繋がるのに、一切ファイルのコピーが出来ない。
ハードディスク自体はMac用のフォーマットでないのはわかっていたのだが中身は他のWindowsユーザのバックアップで、Windowsの再インストールやマシンの移行などに使っていたので異常ではないはず。

何でかなぁと考えてみて、納得した。
このハードディスク、NTFSフォーマットなのだ。
確か元はMacユーザ用にHFS+フォーマットにして、ユーザごとにパーティション切ってバックアップ取っていたのを、急遽WIndows用にバックアップ用ドライブが必要になり、中身を別の場所に移して、慌ててWindowsXpで初期化したのだ。で、この慌ててというのがミソである。
この時に、FAT32フォーマットにしたつもりが、どうもNTFSになっていたらしい。

MacOSXではFAT32フォーマットのドライブは読み書きできるが、NTFSは書き込みが出来ない。
うちのIntel iMacのWindows領域がFAT32になっているのもそのためである。

で、NTFSからFAT32にする方法はないもんかと探してみたのだが…中身を別途移した後、FAT32で初期化して中身を戻すのが一番確実らしい。なんだかなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スパムメールに驚き

今月に入って、携帯に「info@1151get.jp」というアドレスからドドッと影が♪メールがやってきた(あーカゲスター歌いてぇ)。
同じアドレスから一度に来るのは珍しいのでちょっと開いてみたら…

え、名前ばれてる?
しかも「あなたの自宅はここですよね?」と怪しげなURLが貼ってあった。

嫌いな言葉だけど敢えて使おう。キモい。

なんちゅうか、怪しすぎて逆に開けざるを得ない内容になってきたねぇ。
噂だと、リンク踏まないと知らん人の連帯保証人に勝手にされるとかされないとかいうのもあるらしい。

ここまでばれてるのって、どう考えても某ネットショッピングモール某携帯キャリアのどっちかがわざと漏らしてるとしか考えられないんだけど。そしてどっちも絶対違うと言い切れないところが悲しい。
まぁモールに出店してる店のどれかかも知れないけど。
そういえばどっちもプロ野球チーム持ってたっけ。球団経営厳しくて個人情報売りに出したか?
まぁ売るのは百歩譲ったとして、限りなくブラックに近いよーな所に売るのは勘弁してくれ。

メールついでの話題。
自分のではないが、職場のメールに突如同様のメールがドドッと影が(しつこい)やってくるようになった。もちろんサーバ側でスパムフィルタを通しているので件名に[spam]と付くのだが、それも今までは受信されなかったはずである。それが突如数十通。明らかにおかしい。
また別のアドレスというか、強力なスパムフィルタ付きといわれるGmailでも数十通フィルタをすり抜けて受信されるようになったらしい。

こういうのはメール配信業者の方も日々努力してるみたいで、今月に入ってようやく実を結んだといったところだろうか。まぁうちの携帯の方は別の理由というか、来るべくして来たという感じか。

とりあえず現状ではこういうのってスパムフィルタを学習させていくかメールサーバ管理会社に通報するしかないんだろうなぁ。この方法で@Niftyでは受信箱には1日多くて2通。時間の問題じゃなければ良いんだけど…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

これでいいのだ!!赤塚不二夫 伝説

告知ページ

1日に放送されたTV番組であるが、今さっき見終わった。
もともと赤塚不二夫のドラマを作ろうとしていたらしくって、再現ドラマはなかなかの出来。
アルコール依存症うんぬんは敢えてはっきりと語られていなかったけど、まぁ追悼番組で語ることではあるまい。

それにしても葬儀のところでチャップリンの映像と共に「ライム・ライト(曲)」が流れたのが印象的。
自分が今も大好きなチャップリンの映画なんだけど、かつて栄光を掴んだコメディアンが舞台袖で静かに死んでいくこの作品と、赤塚不二夫の生き様が重なっていたこともあり、泣けた。
ここでこの選曲をした人、偉いっ。
惜しむらくは映像が「モダン・タイムス」だったことか。チャップリンといえばアレなんだろうけど。

そういえば盆休みに実家に帰ったときに小学館の入門百科「まんが入門」を読んだ。もちろん赤塚不二夫の本である。改めて読むと、一見ハチャメチャな作品が実に計算されて書かれているのが分かる。
ドラマでも再現されていたけど、プロダクションを作ってネタ出しを会議で行い、分業制で作品を作ることまで書かれていた。ま、今では当たり前の事らしいけど、小学生向けの本であってもきちんと書いてるのは偉い。番組では「赤塚不二夫は天才」というのが一つのキーワードだったけど、マンガを量産するするシステムをきちんと構築してきた実直な人だったと思う。

しかしまぁTV番組がなかなか消化できない。元々少ないハードディスクから必死で毎週DVD-RAMで汲み出しているけど、その汲み出したDVD-RAMが全く減っていない。どうすんだ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ねんきん特別便

今年3月には既に届いていたこの「ねんきん特別便」。
第一弾の青い封筒のやつである。
すなわち、なにかしら記入漏れのある可能性の高いものである。

で、最初届いたときに見て、ああ、就職前に払っていた国民年金の分が抜けてるなぁということは気付いていた。
なので、国民年金の手帳を調べて、記号と番号、加入開始日までは突き止めていた。後は終了日だけだ。
だけど、当時のTVなどの話では、電話で問い合わせてもヘンなクイズ出されたりして、本人確認のためなのか、なるべく払いたくないのかよくわからない対応をしていると聞いて、躊躇していたのだ。
電話もフリーダイヤルじゃなくてナビダイヤルだしね。なんで社保庁のミスのためにこっちから電話代払わんといかんのだ。むしろ期間限定にしてでもフリーダイヤルにすべきではなかったのか。

そして過ぎること数か月。
先々月末、再度回答を促すはがきが来た。
職場でも、特に問題がない人にも全員答えるようになっていたので、その流れで先に送った人への再確認なんだろう。
はがきには本人確認のための具体的な情報を教えるから、とりあえず電話しろとあった。
でも、受付期間は月〜金の9時から20時と、第2土曜日の9時から17時。
平日はまずこの時間に家にいないのでかけられない。こんなんで会社の電話使うわけにいかないし。
とすると第2土曜日しかないわけだが…先月はついうっかりスルーしてしまった。
そこで今月の第2土曜日にようやく実行したわけである。
(これ書いてて思ったんだけど…月〜金って祝日でも良かったわけ?)

まず昼過ぎにかけてみたんだけど、繋がらない。やっぱり月に1回しかない日を狙ってる人、多いんだろうか。しばらく待つとするか…
………
……
…気付いたら16時40分。待ちすぎだっつーの。
慌てて電話してみたら今度はすぐに繋がった。

まず、国民年金が抜けてる事がわかってるので、こちらから伝え、足りない情報があることを伝えた。
そしたら、基礎年金番号と照会番号、名前と生年月日、住所と電話番号、そして国民年金の記号と番号、加入日を聞かれ、答えたらあっさりと教えてくれた。
しかもこちらのことを「お客様」と呼びやがる。
うーん、客になった覚えはないんだが…行政のサービスを受けようとしてるから客なのか?
でも強制的に払ってるわけだし…なんかヘンだぞ?

ま、とにかく追加する情報はわかったので照会票の記入方法を教えてもらって電話を切った。

しかしまぁ、グリーンピア作る暇があったらこんな面倒なことしないで済むように本来の仕事してろよと思わざるを得ない。そんなねんきん特別便であった。

そもそも「年金」より「特別便」の方が難しい漢字なのに、なんで年金の方がひらがななんだ?
百歩譲って少々目の悪い人に対しても「ねんきん」は「んきん」とか「んきん」とか「ねんん」なんかと読み間違える可能性が高いぞ?少なくとも年金を払い込んできた人なら誰だって「年金」は読めるだろう。
どうも年金というものを軽く見ている気がするんだよなぁ。みんなの貴重な金を払ってきてるんだよ?
「でもそんなの関係ねぇ。民主党や世論がやかましいから調べてやってるだけだ。オッパッピー。」
そんな意識があの「ねんきん」というひらがな4文字に込められているような気がする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

センター・オブ・ジ・アース3D

公式サイト
(うちの環境でトップページをスキップするとなぜかフリーズ。なんで?)

ジュール・ベルヌの小説の映画化である。東京ディズニーシーにも同名のアトラクションがあるらしいので(未だに行ったことないんだよねぇ)そっちを知ってる人には馴染みがあるかも知れない。

さて本作の一番のウリは何といっても立体映像。一番最後にこの手のを見たのは「スパイキッズ3-Dゲームオーバー」だったのだが(たぶん)、この作品までは、赤と青のセロファンを貼ったちゃちい紙製のメガネをかけるもので、しかも部分的に立体視を実現しているので、そのシーンになると画面に「さぁ!メガネをかけよう!」みたいなメッセージが出て非常に興ざめであった。

しかし本作は違う。
Image013劇場入り口でこういうメガネを渡された。まずフレームはプラスチックの折り曲げられない丈夫なもの。そしてレンズ部分は暗青色である。レンズを通した映像の写真は意味がなかろうなのと、さすがにNO MORE 映画泥棒なのでやめた。
しかし何より一番違うのは映像。なんと最初から最後までクライマックス…もとい、立体映像なんである。
しかも冒頭のブレンダン・フレイザーが朝起きて歯磨きをする(口をすすいだ水が手前に飛んでくる)という日常的なシーンから、地底の世界という非日常的な世界まで、ずっと立体映像。
あからさまに手を手前に向けるシーンが多かったり、鳥や魚や水しぶきが手前に向かって飛んでくるシーンが多かったり、わざと立体を感じさせる映像が多かったけど。

個人的には山登りのシーンで岩場が立体的になっていて、その場にいるように感じられたのに感動。

まぁストーリーは地底に行って戻ってくるという単純なものなんだけど、あくまで映像を楽しむと思えばそれもまたアリかな。

不満点としては、
1.メガネが必要でそのためのコストがかかるのかもしれないけど、ネット予約不可かつ大人は一律2000円なのはどうかと思う。
2.吹き替えが沢村一樹と矢口真里だったのだが、なんつーか、吹き替えのセリフ回しが…ね。
沢村一樹は俳優としては認めるけど、明らかに吹き替えには不慣れそうだった。もしかしたらそういうセリフ回しだったのかもしれないけど。
3.千円の日だけだと思ってたけど、やっぱり携帯開いたり、ぺちゃくちゃしゃべったりが多かった。

というわけで、作品自体には不満なし。このメガネがDVDに付いてきて、家庭のTVでも再現できるならたまに見ると面白そう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ジャンボ大はぎ

というわけで今回のブツが昨日「いなば播七」に行ってきた真の目的である。

Image082
名は体を表すというか。
なかなかストレートな名前である。
嘉門達夫なら「ストレートやがな。ひねりなさい、ひねりなさい。」と言ってるだろう。
それにしても大きい。
ちょうど卓球のラケットぐらいあるだろうか。
 
 
 

Image083
どうやって食べるか迷ったが、格子状に切ることにした。
で、切ってみたのだが…

どう見ても「あんこの乗っかった押し寿司」である。
 
しかも端の方はあんこ比が高く、中心は低い。
大きい分、このブレ方が半端ではない。
 
 
さて肝心の味であるが…甘すぎず、かすかに塩味も効いていて、悪くない。
ただ、惜しむらくは…これ、1個2400円(税抜き)なんだよねぇ。
同じ店の普通サイズのおはぎが200円である。
確かにジャンボおはぎは大きいが、それでも12個分もないでしょ。
だって、今回12等分したら寿司サイズだったんだから。
つうわけで、美味しかったけど買うのは1回でいいかぁという感じ。

ところで、これを買うときに先日TVが取材に来たという話を聞いた。
若いおねーちゃんがこいつを2個食べていったとのことらしいのだが…
やっぱ大食いのあの人ですかね?でも今思うと2個なら誰でもいけそうかな?
来月の日曜14時とのことで、たぶんこの番組みたいなんだけど…
見たことないぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

みかん大福

またしてもみかんネタである。

久々に梅田方面に行ったので、行ってみたかった店に行ってみた。

いなば播七

新地に行ったのは何年ぶりかで、そもそも梅田に行ったのも久々なのだが、今回もやっぱり迷った。
まず御堂筋線梅田駅から外に出るのに間違えて、気付いたらヨドバシ前。正反対だっつーの。
んで一旦上に上がってJRの南側から再び地下に降り、北新地駅を目指したのだが、その通過点であるはずのディアモールになかなか行けない。どんだけ方向音痴なんだ。
まー最初から地上を歩き続ければ良かったような気もするんだけど、この前悲惨な事故があったばっかりだからなー。
やっと北新地に着いて地上に上がり、前もってiタウンページで調べておいた地図を見て行ったのだが、店が見あたらない。一旦大通りに出てよーく確かめながら行ったら、やっぱり同じ場所。あれ?
と思ったら地味ーなたたずまいの店があった。周りの店が派手だからわからんよ。

本当は別のお菓子が有名で、そっちを買いに行ったのだが、変わったものがあるなぁと思ってついでに買ってみたのがこのみかん大福である。
Image080まぁ大きさは普通の大福サイズである。
うっすらとみかん色が透けて見える。
 
 
 
 
で、食ってみた。
Image081なるほど、みかんを外の皮だけむいて、そのまま入れてあるのか。中の袋ごと食べるわけね。
当たり前だが、かぶりつくとみかんの果汁が口いっぱいに広がる。周りは大福なので白あんと餅なのだが、あんこはとてもあっさりしている。みかん自体も甘いみかんで(昨日の幻のみかんには負けるけどな)全体としてとても上品な感じ。
3個買ってみたが、一気に全部食べても全然しつこくなかった。

ただ、1個200円でまた買いに来ようか…と思うかというと微妙かな。
ヒデキ、カンゲキ!(古い)とまではいかなかったのは確か。
あとは名物がどうかなんだけど…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

幻のみかん

御浜みかん、というみかんがある。
三重県の南も南、もう少しで和歌山県というところで採れるみかんである。
20年ぐらい前の今頃に食べさせてもらったことがあるんだが、小ぶりだけどとっても甘くて美味しかった記憶がある。

で、久々に食いたくなって、ネット検索してみたらどこも売り切れてて買えなかったのが去年の話。
今年こそはと思って、ようやく注文することが出来た。
その名も「幻のみかん」。
買いたくても買えなかった経験を考えると、まさにまぼろし。
まぼろしっつっても吉永小百合が子役で出てたあれとは関係ない。さらにそれを1文字もじった永井豪のマンガも関係ない。たぶん。

それがこれ。
Image078
自分でまぼろしって言うのもなんだかなぁという気もするが、とにかくまぼろしである。
とにかく甘い。
ぜんぜん水くさくない。
そして最後に心地よい酸味。
美味い。

ちなみに送料が結構かかるのでついでに他のみかんも同時に買ってみた。
それが「メチャ甘みかん」。
Image079
贈答用でないものを買ったので表皮が少々「まぼろし」ほどきれいではないがこちらもなかなか。
以前食べ比べをしたものとは比べるのがかわいそうなほどだ。

とりあえずまぼろしのみかんは職場のみなさんにおすそわけして箱を空にした。
腐らせるのだけは嫌だったからな。
いやー、それにしても良いものを買った。少々高かったが、まぁたまにはええでしょ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

男前豆腐店クリームパン

商品紹介ページ

久々にスーパーに行ったらこんなパンが売ってたので買ってみた。
ちなみに元ネタの豆腐は食ったことがない。
Image075Image076

パン生地にもクリームにも豆腐を練り込んであるらしい。
でも…正直、豆腐っぽさが微塵も感じられない。
むしろ、クリームパンというどちらかというと可愛らしい感じの食べ物(カロリーたっぷりだけどな)にすることで、「男前」っぽさがスポイルされているような気がする。
って、そんなこと食べる前というか買う前からわかることやないの。
 
 
 
それにしてもこの男前豆腐、食ったことはなくても名前だけは知ってたんだが、お家騒動で同じ名前の商品があることを始めて知った。今回、パンに使った方が本家から独立した「男前豆腐店」で、元々の本家だったのは「三和豆水庵」らしい。元々この豆腐を作った人が、会社の経営者と経営方針が変わったために独立したみたいなんだけど、思わずここここのお家騒動を思い出してしまった。京都ってこういうの多いのかねぇ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あつあつの磯辺揚げ

昼飯は久々に「ほそかわうどん」に行ってきた。
毎日前は通るのだが、いかんせん、営業時間内に通らない。
今回はお昼前に家を出たので立ち寄ることにした。

ここの名物は竹輪の磯辺揚げである。天ぷらうどんも別にあるのだが、磯辺揚げだけが入ったうどんもあるし、単品で注文も出来るくらいである。
で、どう名物かというと、いわゆるセルフ店ではない一般店なので、揚げたてアツアツなのは当然として、竹輪がフワフワのモチモチなんである。
正直、これをおかずに温かいごはんを食べたいところなのだが、あいにく冷たいおにぎりしか置いてない。
うどん屋であることを一瞬うらめしく思ってしまう。

てなことをなんちゅう時間に書いているんだ。
寝よ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

レッドクリフ Part I

公式サイト

というわけで久々の1000円の日鑑賞である。しかも公開初日のこの作品、行ったら大きなスクリーンの客席がほぼ埋まってたのだが、水曜の深夜から予約してたのでなかなかのベストポジション。
1000円の日名物(なぜかこの日によく見る)やたら上映中にしゃべる人、チラチラ携帯電話のぞき込む人がちらほらいたが、もう諦めた。

さてこの作品、最初レッドクリフというタイトルだけ聞いたときには何のことかさっぱりわからなかった。
「ジョン・ウー」「レッドクリフ」とだけ書かれた劇場チラシはかなり前からあったからね。
つい最近、予告編をやるようになって、ようやく三国志の赤壁の戦いのことだとわかった。
で、更にほんとつい最近になって、タイトルに小さくPart Iと書かれていることにも気付いた。

まーそりゃー三国志の映画化が2時間そこらで済むはずがない。実は読んだことないんだけど。
赤壁の戦いって言葉だって、「天地を喰らうII 赤壁の戦い」ってゲームがなかったら知らなかったと思う。
まぁ単なるキャラクターデザインが本宮ひろ志のファイナルファイトと言っても過言ではないのだけど。

内容は、乱暴な言い方をすれば去年公開の「墨攻」に近かったかな?圧倒的な数の敵軍に戦術と戦闘のスペシャリストの力で勝つという痛快感のある展開がという点だけなんだけど。

でまぁ更に加えて、ジョン・ウーらしさというか、白い鳩はしっかり出てくるわ、関羽が敵の槍を次々に奪い取っては逆に攻撃する姿がかっこええわ。ICHIに続き、破壊神も負けずに強いし。

それと、孫権の妹役のヴィッキー・チャオが良い感じ。さすが少林サッカーで坊主頭になっただけある。

しかし不満なのは作品を二分割したために、少々タイトルが内容と合わないことか。
あと、これは仕方のない描写なのかも知れないけど、しつこいくらい死人にむち打つようなことするのね。男たちの挽歌とかでも、1発で相手が倒れてるのに更に4、5発撃ち込むのは当たり前だったんだけど。あれはちょっと引きますわ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

給油記録(2008年11月1回目)

さすがに3回映画、しかも全部違うところに行ったら2週間持たなかったようだ。

今回:47790km
前回:47130km
給油:36.99L
燃費:17.8km/L

ちなみに給油直前のカーナビの平均燃費表示は17.8km/L。それとガソリンは131円/L。

うーん、がんばれば今日の映画に行って帰ってきてから入れてもよかったかな?
給油前に行った映画は3回とも昼間だったので渋滞に引っかかってあんまりよくなかったのかも。
しかし何だ、9月末は159円/Lだったのに30円弱安くなっている。すげぇぇ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »