« ゲット スマート | トップページ | 劇場版 さらば仮面ライダー電王 ファイナル・カウントダウン »

ICHI

公式サイト

またしても本日2本目。本作はどーしても見たい、というわけではなかったのだが、こいつを外すとわざわざここに来た意味がないのでみることにした。いや、見たかったんだけど、ほら、邦画って最近すぐにTVで放送しちゃうでしょ?連ドラで好評だったら第2シーズンが始まる前に劇場版、あるいはその逆をやるために映画を放送、とか。しかも大画面で見る必要がなかったら(派手なアクションや雄大な自然の風景描写など)なおさらだ。なので、どうしても、というわけではなかったのだ。

さて、さっきの「ゲット スマート」は客が3人だったが、本作はさすがに初日のお昼とあってかなり満席に近かった。
まずはオープニング。
実はかなーり前に1回予告編を見たっきりで、あんまり予備知識がないまま見たのだが、やっぱり制作にTBSがからんでいた。ああ、これは近いうちにTVで放送するな。
もっというと、配給がワーナーブラザーズである。海外にも売り込む気満々だ。
そして出演者。綾瀬はるかが主演って事ぐらいしか知らなかったのだが、え、ペコドラゴンが共演?(後で調べて知ったけど本作の監督、「ピンポン」と同じらしいな)
卓球ではペコが勝ったけど今度は剣で勝負?
…と思ったけど、そこで闘ってしまっては他の人が出る意味がない。主演は綾瀬はるかだし、大沢たかおの存在も謎だ。

作中ではもうとにかくバッサバッサ斬っていく。腕を切り落とすシーンもあった。
ラストも大体予想した通りの展開。
正直に言っちゃうと、綾瀬はるかならではの、おおっというアクションシーン、これが特になかったように感じられた。実はそこに期待してたわけで、正直つまんなかったと言わざるを得ない。
実際、昨日の疲れもあって一部記憶が飛んでるし。

それにしてもなぜ主人公を女性にしたのか?
一つは単純に話題性、もう一つは愛情の表現がしやすい(男女が共に闘う)こと、ひいてはその要素を入れることで女性客を引っ張り込むためだろう。ホントにオッサンしか出てこない、男臭い映画だったら今頃どうなっていただろう。

というわけでちょっと期待はずれ。まぁ期待もしてなかったけど。

|

« ゲット スマート | トップページ | 劇場版 さらば仮面ライダー電王 ファイナル・カウントダウン »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13616/42905760

この記事へのトラックバック一覧です: ICHI:

« ゲット スマート | トップページ | 劇場版 さらば仮面ライダー電王 ファイナル・カウントダウン »