« 何だ何だ?アクセス急増の謎 | トップページ | 野獣刑事(やじゅうデカ)捜査日誌・二日目 »

野獣刑事 東京同時多発テロを鎮圧せよ!

公式サイト

この前、Wiiのニンテンドーチャンネルで紹介されていて、紹介映像を見て気に入ったんだけど、ちょうど東京に出張だったのでヨドバシアキバで購入。
予約してないのに発売日にゲームを買うのって久しぶりだぁ。

さてこのゲーム、DS用の横スクロール格闘アクションゲームだ。ファイナルファイト系、と言えば古いゲーマーには分かりやすいだろうか。
主人公は警官なので一応拳銃を持っているのだが弾数制限がある上に(当然だ)ほぼ補充はなされない。なので、いざというときにしか使えないのだが、いざという時に使う割に、隙が大きいので瞬時に撃てなかったりする。
そんなわけで必然的にパンチとキックで闘うのがメインなのだが、どうもこのゲームでは犯罪者(自分に向かってくる敵)を叩きのめすことを「逮捕」というらしい。違うだろ、それ。
更にご丁寧に、弾丸は全て「ゴム弾」ということになっていて、撃っても死なないから銃で倒しても逮捕になるんだそうだ。なんだかなー。

それと、このゲームのオープニングデモ。というかタイトルロゴもそうなんだけど、かなり「西部警察(若い人は、にしべけいさつと読まないように)」を意識している。なんかPS版「北斗の拳 世紀末救世主伝説」のオープニング(アニメのオープニングをカクカクポリゴンで再現していた)を始めて見たときの衝撃と同じ印象を受けた。ていうか、主人公、この人がモデルだよね?名前も同じだし。極めつけは、まだ始めたばかりなので実際に聴いてないけど、エンディングの歌は鳩村刑事らしい。

なんつーか、「ダイ・ハード」をゲームにして「ダイ・ハード アーケード」って名前にしたように(日本版はダイナマイト刑事だけど)これも西部警察の名前を使わせてもらったらよかったのに。あれかな、「黒部の太陽」と「栄光の5000キロ」がボスの遺言で未だにビデオソフト化されていないように、「西部警察」もゲーム化なんて許されていないのかな。

ちなみにこれを買おうと思ったのは、紹介映像でもあった聞き込みモードってのがあるらしくって、ただのアクションゲームではないなと思ったから。でも、やってみたら一般人はどうでもいいことしか話さないので(最初だけ?)意味がない。演出はそこそこ笑えるんだけど…やっぱハズレだったかな?

(2009.3.11)タイトル間違ってるのに今頃気付いたので訂正。サクセスさんごめんなさい。

|

« 何だ何だ?アクセス急増の謎 | トップページ | 野獣刑事(やじゅうデカ)捜査日誌・二日目 »

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13616/42521502

この記事へのトラックバック一覧です: 野獣刑事 東京同時多発テロを鎮圧せよ!:

« 何だ何だ?アクセス急増の謎 | トップページ | 野獣刑事(やじゅうデカ)捜査日誌・二日目 »