« どぜうモンラーメン | トップページ | ぉわたぁーーーーっ!!!! »

伊右衛門の水出し碾茶キャンペーン

珍しく晩御飯用にコンビニでペットボトルのお茶を買った。
いつも買っているチルドコーナーの紙パックのお茶が売ってなかったからなんだけど。
23時過ぎに行くと商品入れ替え直前のせいか、全く売ってなかった、で、仕方なくの選択である。

買ったのは「伊右衛門 濃いめ」。
期間限定で安かったのと、茶器一式が当たるキャンペーンの締め切りが近かったから。
なんでキャンペーンを気にしてたかというと、5ポイント貯めないと(5本買わないと)応募できないところ、あと1ポイントだったから。実は帰省や出張のたびにちまちまと集めてたのだ。
締め切りは10日。明後日。今応募しないと今までの分が無駄になる。で、買ってみた。

実はこの手の「集めて応募して抽選で当たる」系の懸賞に当たったことがない。さて、どうなることやら。

ちなみに水出し碾茶というのは…知らん。
キャンペーンサイトを見ると…抹茶にする前の茶葉のことらしい。で、これをお湯ではなく水で入れると美味しいんだとか。

お茶を水で淹れるか、お湯で淹れるかというのは、業界っぽく言うと冷浸と温浸の違いである。
植物を水で抽出する場合、温度が低いとあまり抽出されない上に一定量のエキスを得る時間もかかるが、反面、熱に弱い成分、平たく言えば香りの成分と言ってもいい、が多く残るようになる。
一方、温湯(熱湯)で抽出すると、手早く多くのエキス(=お茶)が得られるが、あまり飲んでも美味しくない成分(いわゆる雑味)まで入ってきてしまう。また、香りもすっ飛んでしまうことが多い。

要するに一長一短でどっちがいいというものでもない。正直、好みだと思う。
まぁお茶とかコーヒーの場合、低温でゆっくり淹れることで優雅なひとときを楽しむ…というのもあると思うんだけど、エスプレッソみたいなのも楽しみ方の一つだしね。

まぁ何がいいたいかというと、結局は当たって欲しいなぁということだ。当たらな始まらん。

|

« どぜうモンラーメン | トップページ | ぉわたぁーーーーっ!!!! »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13616/42421628

この記事へのトラックバック一覧です: 伊右衛門の水出し碾茶キャンペーン:

« どぜうモンラーメン | トップページ | ぉわたぁーーーーっ!!!! »