« ミラクル7号 | トップページ | 不思議のダンジョン 風来のシレン3 〜からくり屋敷の眠り姫〜 »

おのぼりさん(3・完結)

そろそろ忘れそうになってきたので今のうちに書いておく。
途中で止めたら、ちゃらんぽらん大西に「ちゅ〜〜とはんぱやなぁ〜」と言われそう…と思ったら解散してたのね。知らんかった。

さて前回の続き。
月島から巣鴨へは大江戸線で春日に向かい、三田線に乗り換えて行った。
駅の案内を見て地上に上がるとそこは別世界。高齢者向けの店ばかりが並ぶ商店街にお年寄り。
さすが「おばあちゃんの原宿」。なんつーか、おばあちゃんと言わないまでもやはり平均年齢は高めっぽい。ここに高齢者向けアンテナショップ作ったらかなり詳しいデータ取れるんじゃないか?
見つけられなかったけど既にあるのかも知れないなぁ。
というわけでやってきました「とげぬき地蔵尊」こと高岩寺。事前の調査でお地蔵さんがあるわけでもなく(あるけど見えない)、もちろん「お自動さん」とかいう罰当たりなものもないことは知っていた。代わりに「洗い観音」がある。
あまり時間もないのでお参りを済ませた後、観音さんを洗う列に並んだ。
自分の体の弱いところを洗うと御利益があるそうなんだが、ここんとこ頭の痛いことが続いてるので頭を重点的に洗った。
ところで並んでる横で「ここでしか買えません」という触れ込みでペタップという医療機器を実演販売してたが、楽天でも買えるやんか。

ちなみに並んでるときに醤油の香ばしい匂いがしたので「しあわせ団子」を買った。まぁ醤油に浸けて焼いただけの串団子だ。1本100円。香りは良かったが食ってみるとそうでもなかったなぁ。

というわけで時間もないのでそそくさと商店街を戻った…が、名物「塩大福」がどーしても気になって2個だけ買った。すぐに1個食べたけど…まぁ想像通りの味だった。うーん、ここまでで感動する味がないぞ?

次の目的地は…六本木、東京ミッドタウン。
往きに通った路線を戻り、月島から先をそのまま六本木まで乗れば良かったんだけど、違う経路の方が早そうだったので、三田線で三田まで戻り、浅草線で一駅、大門に行き、そこから大江戸線で六本木に向かった。
ほんというと、三田線の日比谷からメトロ日比谷線で六本木に向かった方が早かったはずだけど、意地でもここまで来たら意地でも都営線しか使わないぞっと思って遠回りしてしまった。まぁ都営線だけにしても、後で地図見たら三田線の芝公園で降りて、歩いて赤羽橋に向かった方が乗り換えの時間考えても早かったかも知れないんだけど。乗換案内はこんな技教えてくれないからなぁ。

さてミッドタウンに着いて向かったのが「トシ・ヨロイヅカ」。さっき大福食ったばかりなのだが今度もスイーツショップである。一般人には「川島なお美の…」と言った方が通りがいいかも。
で、店は程なくして見つかったのだが…着いた時点でイートインの席に着くのに30分待ちらしい。とても間に合いそうにないのでテイクアウトして近くのベンチで食べることにした。
それでもテイクアウトなのに入店制限。20分くらい外で待たされただろうか。やっと店に入り、お土産用とすぐ食べるものを選び、会計を済ませた。
今回買ったのはイチゴ入りロールケーキとナッツ入りキャラメルシュークリーム、そしてプリン。
割とオーソドックスなものを選んでみた。ふむ、確かに美味しい。プリンは後にとって置くはずだったのだが、結局一気に平らげてしまった。ただね、店に入るのに並んでまで食うものかというと…微妙。
どうせ待つならイートインで目の前で作ってくれるものを食べた方が良かったかな。

というわけで急いで食べた後、最後の目的地、浅草の「駒形どぜう」に向かった。
大江戸線で大門に戻り、浅草線で浅草まで。今日、大門で何回乗り換えたんだ?
さて、浅草駅に着き、出口を出てすぐに見つかるはずなのだが…見えるのは某ビール会社のう○こビル(炎をイメージしてるらしいが…)。
どうやら出口(A1とA2)を間違えたらしい。なんとか見つけて店に入った。
入るといきなり座敷。そこに長い板が並んでいて、その板に鍋や食器を置いて食べる。要は脚のないちゃぶ台だ。料理はよくわからないので「どぜう定食」を3人前注文した。
まず運ばれてきたのがお通しと味噌田楽。田楽はやっぱり八丁味噌がいいなぁ。柚味噌は苦手。
次がどぜう鍋。浅い土鍋に敷き詰められたどじょうに出汁がかかっていて、上から刻みネギをのせ、炭火加熱し、ネギがしなってきた頃に食べる。アクセントに七味をかけて食べる。ほう、これがどじょうか。臭くないし悪くない。でも何か物足りない…3人で1つの鍋をさらった後、続いて同じ鍋が運ばれてきた。

…もしかして、3人前って事はこれを料理ごとにえんえん3回づつ繰り返すのか?
あんまり効率の悪いコトしてると時間ないんですけど?結局待ってる間に、余裕で集合時間に間に合う最初の予定時刻は過ぎてしまった。

続いて柳川。今度は一人一皿ずつ運ばれてきた。炭の加熱がないからかな。鍋のどじょうは小さかったが、柳川は穴子くらい大きかった。こっちも悪くないなぁ。むしろ好き。

最後はどぜう汁とご飯と漬け物。どぜう汁は運ばれてきたお椀にさっきの刻みネギを乗せて食べるのだが…これは!!!どっかで食べたことのある食感!
どじょうが煮込まれてどろどろの汁に刻みネギ…あ、天一のこってりラーメンだ!
もちろん、味が全然違うんだけど、食感がまんま天一のこってり。
意外だ、天一のラーメンのルーツがどじょう汁にあったとは!(注:ウソです、たぶん)

なんていうかね、今回色々なものを食べたけど、感動というか感激したのが最後のどじょう汁だった。
…って、どうなの?

その後は浅草線で羽田直行を待ち、空港へ。あーマジで交通費1320円しか使わんかったわ。堪能した。

結局、当初の予定から20分くらい遅れて空港に着いた。添乗員がちょっと怒ってたな。
後はお土産タイム。検査場に入る前にぐるっと回ったが既に頼まれたものは買ってあったので特に何も買わず。暑かったのでキハチのソフトクリームを食す。
全員一通り土産を買い、検査場を通り、搭乗口までやってくると…あ、「ねんりん家」!
しかもマウントバームのホールが売ってる!あまり時間がないと思ったが、買うことにした。
大荷物を抱えて搭乗口に向かうと…マイクで走れと促された。

…そう、出発時刻を間違えてたのだ。そろそろ搭乗時間なのに誰もいないのが不思議だなぁと思ってたら、実は出発時刻だった。慌てて乗り込み、荷物を詰め込んで慌ただしく東京を後にしたのだった。
空港で呼び出されたのは初めてだわ。いやほんま。

こうして無事飛行機も乗り、帰宅した。
こうやって書くと東京見物も結構楽しかった。食い物だけは食いたいもの食った方がいいかなとは思ったけど。次はせめて一泊旅行かな。

|

« ミラクル7号 | トップページ | 不思議のダンジョン 風来のシレン3 〜からくり屋敷の眠り姫〜 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13616/41748044

この記事へのトラックバック一覧です: おのぼりさん(3・完結):

« ミラクル7号 | トップページ | 不思議のダンジョン 風来のシレン3 〜からくり屋敷の眠り姫〜 »