« ローソンの2008年夏のキャンペーン | トップページ | 丸数字とUnicode »

キーボードがおかしい

職場で使っているキーボードはサンワサプライのSKB-M109UHである。前に記事にしたことがあるが元々はラショウキーボードの代わりに買ったものである。多少カチャカチャ音がうるさいが、これが一番気に入っている。

ところが。

最近どうも調子が悪い。買ってからまだ1年も経っていないのだが…
具体的には、しばらく放置しておくと、キーボードを認識しなくなってしまうのだ。
初めて気付いたのはスクリーンセーバーから復帰するときだったので(復帰時にパスワード入力するように設定してたのに文字が入らなかった)、フリーズしたかと勘違いしたのだけど、マウスは動く。
応急的にはUSBポートから抜き差しすれば復活するんだけど明らかにこの作業はヘンだ。

時期的には先月末ぐらいにiMac(2006年9月に出た最初にCore2Duoが乗ったやつ、MacOS10.4.11)にソフトウェア・アップデートを当てた後からおかしくなった。このキーボードは背面のUSBポートに直接繋いでいて、他はMicro SolutionのSolaris USB HUB#02を繋いで、その先にUSBプリンタとかたまにしか使わないものを繋いでいる。
また、キーボードのUSBハブにはMicrosoft Laser Mouse 8000のレシーバを繋いでいる。これは、Boot CampでWindowsを使うとき、内蔵のBluetoothを認識しないからだ。

そういう状況なので、とりあえずマウスのレシーバを外してみた。…変わらない。
USBポートの位置を変えてみた。…変わらない。

逆に、別のキーボードでも起こるのか?と思って、純正の白いApple Keyboardを繋いでみた。
うーん、特におかしくならないなぁ。この上なく打ちにくいけど。

そうなると、やはりキーボードの故障も考えないといけないので、家に持って帰って繋いでるわけですが…1時間経っても問題ないぞ?職場では10分ともたないこともあったのに…

ただし、家のMacはiMacG5(ALS。2代目)のOS10.5.4に同じUSBハブとマウスを使っている。

そうなると、OSとキーボードがたまたま相性が悪かった、とも考えられなくもない。
でもねぇ、文句も言いにくいよねぇ。繋いだ直後は使えてて、しばらく使わないと使えなくなっているんだから。動かし続けてる分には使えるって、止まったら死んでしまうマグロかっ。

しかしどうしよう。キーボードそのものは問題ないみたいだし…Leopardに上げるのも手かも知れないけど、今はアップグレードしたくないしなぁ。
しばらく職場と家のキーボード(白いUS版Apple Wireless Keyboard)入れ替えて使ってみるかなぁ。

|

« ローソンの2008年夏のキャンペーン | トップページ | 丸数字とUnicode »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13616/41781598

この記事へのトラックバック一覧です: キーボードがおかしい:

« ローソンの2008年夏のキャンペーン | トップページ | 丸数字とUnicode »