« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

2008年7月の32件の記事

ミッフィーハンドタオル引換最終日

というわけで7月からのローソンのキャンペーンも折り返し地点。
今日でハンドタオルがもらえるのが最終日なので換えてきた。
Image0422
とりあえず4枚。

実は記事にはしなかったが既に6枚引き替えたので合計10枚引き替えたことになる。
このタオル、各店舗先着100枚らしいので、1割ですか。
まぁ最終日だというのにまだ余ってるみたいなのでいいか。

さて来月からは(もうすぐだけど)景品がスプーンになるんだそうな。
既に1個引き替えられるだけポイントは貯まっているのだが、盆休みを挟むので8月はあんまり貯められないかな。

ちなみにこのキャンペーン、景品一つ引き替えると1円、母子生活支援施設に寄付されるんだそうな。
これっぽっちが役に立つのかどうかわからないけど、こっちにもあいのてをさしのべてくれぇ。


よっ!


…なんていう合いの手はいらないから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

給油記録(2008年7月2回目)

来月からまた更に値上げらしいので本日給油。

今回:44370km
前回:43757km
給油:33.82L
燃費:18.1km/L

ちなみに給油直前のカーナビの平均燃費表示は18.7km/L。それとガソリンは171円/L。

ちゅうわけで来月もまた値上げなんだそうだ。そのせいか、いつも入れてるところは土日と水曜が安いのだが、特別に明日も安くするらしい。今日も行列とまでは行かないけどほぼ切れ目無く車が入ってきてたからなぁ。明日はもっと凄いことになるのかな?
ちなみに燃費は久々の18km/L台。ちょっと嬉しいっ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

仮面ライダー THE NEXT コレクターズエディション(DVD)


昨年公開の映画のDVDである。劇場に観に行ったので以前記事にしてあるのだが、4月にDVDを買ったものの、おまけのCD-ROMだけ見て本編見てなかったので見ることにした。
というのも、パッケージの帯をよく見たら、ボツシーンが入ったバージョンがあるらしいじゃないですか。
しかもっ、作中に出てくるアイドルChiharuの、聴くと呪われる曲「Ptlatinum Smile」のPVが入ってるらしいじゃないですかっ。
こりは見なくてはと思ったのが昨日。まぁ元々は「ギララの逆襲」から加藤和樹つながりで観ようと思ってたんですがね。

でまぁ、劇場公開版を観た時の記憶を頼りに、Extended Version(ボツ入り)を観たんですがね。
どの辺が違ってたのかさっぱりわかりませんでした。やっぱり比べてみないと分からないかなぁ。
最後のパチンコシーンもしっかり入ってたし。

それと、ChiharuのPV。
出演してるのは森絵梨佳仮面ライダー響鬼でいうところの「もっちー」)だけど、歌っているのは小坂りゆ。というわけで要するに口パクなんだけど、モノホンのアイドルも撮影時には歌ってないだろうから似たようなモンか?
ま、当たり前だけど、聴いたからって呪われません。いちお、iPodにも入れとこ。

ああ、もうこんな時間だ。寝よ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

宇宙大怪獣ギララ

Wikipediaの紹介ページ

一昨日観てきた「ギララの逆襲 洞爺湖サミット危機一発」の元ネタなんだけど、実は今まで観たことがなかった。
ゴジラやガメラは昔TVでやってたのを録画して観たことがあったし、ガッパもまだビデオテープに残してある。でも、なぜかギララだけ今までTVでは観たことがなかった。
それが、昨年末の深夜に突如やるってんで録画だけしてあったんだけど、いつでもいいやという感じで半年以上観ていなかった。本当はこれを観てからギララの逆襲を観る予定だったのが、スケジュールが押して前後してしまったのだ。

で、今日観たわけ。
冒頭、タイトルバックに流れる軽快な曲。「ギララのロック」?どこがロックなんだと軽いカルチャーショックを受けたが、これがほぼ全編、似たような感じの曲が流れてるのな。ゴジラシリーズの勇ましい感じの曲とはもう完全にベクトルが違うというか、ゴジラファンがあんまりこっちに流れなかった(あんまりヒットしなかった)のも分かる気がする。

それにしても宇宙船とかギララのデザインが奇抜というか斬新というか(当時にしては)。
特にギララのあのゴジラの体にカネゴンの頭をくっつけたような造形も好みの別れるところかな。
あ、カネゴンと言うより円盤形UFOを意識してるのかな?
UFO→宇宙→宇宙大怪獣ギララ …うーん、安直すぎないか?

一応最後まで観たけど、思いっきり続編を意識した終わり方してたのにこれっきりって…悲しすぎ。
ただ、当時これを劇場で観てたとして、次に期待したかというと…微妙かも。
というか、あんまり子供向けを意識してなかったんじゃないかと思う。子供も一切出てこないしね。

そこへいくと…ギララの逆襲、子供でも分かる作り方してると思うので、楽しめます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

こけしのスタンプラリー、コンプリート!

昨日観に行った映画、上映館は大阪でなくてもいくつかあったし、何も初日にどうしても行きたくて行ったわけではない。
実はもう一つ大阪に行く理由があったのだ。
それが、先月「快適deイヤフォン3」を買った日に始めた日本橋のカツ丼屋「こけし」のスタンプラリーを終わらせるためである。
出張の時にはずっと毎回ここで食べて、こつこつとスタンプを貯めてきたのだが、スタンプがあと1つというところで残念ながら出張もしばらくなく、どうしようかと思っていたところに映画の公開があったので、映画は「なんばパークスシネマ」に観に行くことにして、昼飯をこけしにした。

こけしのカツ丼の特徴は言うまでもなくセミ・オーダーメードスタイル。
具をご飯に載せるかどうか、卵の量、ご飯の量、トンカツの枚数を選んで注文する。
昔はご飯の大盛り(スーパー)にすることが多かったが、最近のお気に入りは卵2個(ダブルエッグ)である。東京で言うと銀座梅林羽田空港店のスペシャル丼のことだ。
ただ、今回は唐突にカツカレーが食いたくなったので、カツ丼ではなくもう一つの看板メニュー、カツカレーを食った。
今回、昼飯をまともに食わずに昼頃家を出たこともあって、欲張ってカツカレーで「全部入り(ただし卵は1個)」を注文したんだけど、かなり苦しかった。歳かな。

というわけでスタンプが5個無事に貯まった。
Image034
これで次回はカツ丼がタダで食べられる。有効期限が来月の17日までなので帰省の時に使うとするか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ギララの逆襲 洞爺湖サミット危機一発

公式サイト

というわけで今日は珍しく公開初日に映画を見に行った。しかも近所じゃやらないので大阪だ。
本作は洞爺湖サミットという実際に行われたイベントを題材にしつつ、40年前の怪獣映画ブームに乗っかって松竹映画が作った「宇宙大怪獣ギララ」を大胆にリメイクした話題作…のはずなんだけど、同じ頃のアニメをリメイクした「スピード・レーサー」より話題になってないのはなんでだ?

さて、本作の監督は河崎実。「日本以外全部沈没」が有名な監督だが、あれを観た人は、同じノリだと思ってもらっていい。サミットということで各国の要人(役)が登場するが、「日本以外全部沈没」にも出てたし。

それと主演は一応加藤夏希加藤和樹(あ、どっちも仮面ライダー役者だ)ということになってるけど、実はそんなに出てこなかったりする。だってギララの映画だもんね。ただ、ギララを倒すための重要な役割は果たしたのかな。すげえ恥ずかしいことやってたけど。

それにしてもまさかひょうきん族を観させられるとは思わなかったぞ。鋭い人はこれとキャストでオチがわかるかな?

怪獣の格闘も街の破壊シーンも迫力あるので劇場で観るべきだと思います。
ていうか、これ、映像的な問題でたぶんTVで放送できないでしょ。
あと、これ地味に水野晴郎の遺作でもあります。合掌。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

ザ・マジックアワー

公式サイト

公開から1か月以上経つが、ようやく観ることが出来た。さすがにシネコンの小サイズのスクリーンだったのだが仕方がないだろう。

さて、冒頭の「港ホテル」のシーン。無断転載禁止なのでリンク先しか書けないのだが、これを見てすぐに思い浮かんだゲームがあった。「レイトン教授と不思議な町」である。Image032 
ここのシーンの背景とクリソツ。
 

監督の三谷幸喜の前作である「THE有頂天ホテル」ではタイトルの通り舞台がホテルだったので、今回もここ港ホテルが舞台なのかな?とも思ってみたのだがさすがに違ったか。
 

それにしても本作のストーリーは、どこにでもありそうとか、ありそうでなさそうとか、そういうレベルではない。役者に他人になりきらせて、日常生活を送ったらどうなるか?を具現化しているからである。しかもその日常生活が普通ではない。なんせマフィアの日常である。

はたから見ていて凄く笑えるのだが、なんせ演じてる本人は大まじめだ。しかも芝居だと思っているから、リテイクだと思って何度もギャグにしか聞こえない言動を何度もしてしまう。
コメディ映画でよく同じギャグを何回もやって笑わせる手法があるが、本作ではまさにこれをリテイクという形で正当化させている。すげぇ。

しかしまぁ、もう一人の主役がえらい大根だなぁと思っていたのだが、この異常なまでのヘタレっぷりはある意味妻夫木にしかできないかも(あ、言っちゃった)。百鬼丸とかより絶対こっちの方が似合ってるよ。

ちなみに本作は声出して笑っていい映画。笑いたい人は見に行きましょう。ただ、問題はフジテレビがからんでる映画なんだよねぇ。前作が劇場公開からTV放映されるまでに1年くらいだったことを考えると、今回もTV放送が早いかもね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ローヌのチーズケーキ

というわけで、この前食べたチーズケーキがあんまりだったので、学生の頃よく食べたお店に注文した。
それが、「ローヌ」のチーズケーキである。

学生の頃よく食べた理由は、学校に近かったからである。
といっても、学生が頻繁に口に出来るわけもなく、たまにやってる半額の日に行列に並んで買うか、先輩の有難い差し入れで食べていたぐらいだった。
もちろん、並んでまで買うくらい、とびきり美味しかったのは言うまでもない。

久しく京都に行ってなかったこともあって(お店は山科にあるのだ)、しばらく食べていなかったのだが、やはりチーズケーキの無念はチーズケーキで晴らすしかないと思い、お店のサイトで注文したのだった。

このチーズケーキ、美味しいのだが大きな欠点がある。賞味期限が1日なのだ。しかも京都から四国だと持って帰ることもできない(それでネット注文した)。なので平日指定するために1週間後の指定をしていたのだが、注文の翌日、連絡先の携帯に電話があり、クール便の料金が別にかかるがいいかという確認の電話があった。そんなものは承知の助である。それより発送を早められないのか聞いてみたら、今から送れば翌日届くという。早く食べたかったのでもちろんすぐに送ってもらうことにした。

それが今日。
ちょうど会社の休み時間に届き、早速食べた。

美味い。
食べ物の思い出は美化されると言うが、思い出を差し引いてもやっぱり美味かった。

とても先週食べたものと同じ名前の食べ物とは思えない。
ま、同じと言っても、ベイクドチーズケーキとスフレチーズケーキの違いはあるんだけど。
ただ、スフレと言ってもここのはふわふわなのは勿論、しっとりとしていて、まるでプリンを食べているかのような食感。初めて食ったときは変わったレアチーズケーキだなぁと思ったくらいだ。

うまいもんはうまい。思いませんか。(それ、食い物が違う)

ただ、一つだけ難点。
今回、支払いに郵便振替を選んだのだが、商品と一緒に入っていたのは納品書だけ。
しかも現金書留で送れとある。

あのー、支払手数料安くしたかったので郵便振替にしたのに、最低500円はかかるやないですか。
まぁ1週間後に送ってもらう予定のものを急遽その日に送ってもらったので準備できなかったという可能性は否定できませんが…
これなら代引きにすれば良かった。次からそうしよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

こんにゃくゼリーは本当に悪者だったのか?

こんにゃくゼリー「新製品作らぬ」 事故巡り遺族と和解

久々にニュースネタ。
去年もこのネタを記事にしたが、ついに和解することになったそうな。
結局、伊勢市とメーカーを訴えてたみたいで、原告の要求をほぼのんだみたい。

だけど。

『同社は「責任を深く受け止め、再発防止に努力する」などと謝罪の意向を示し、こんにゃくゼリーについては、現在販売している1種類以外には、新製品の製造、販売をしないとしているという。』

って、おいおい、言うてることとやってることがめちゃくちゃや。

「新製品の製造、販売をしない」で、どうやって「再発防止に努力する」のよ?

問題のあった商品を改めて見つめ直し、問題点を徹底的に改良した新製品を出す以外に再発防止はありえないと思うんだけど。

確かにね、原告としては後ろ向きに考えればこのメーカーの商品なんか見たくないって思うんだろうけど、前向きに考えればこれ以上我が子と同じ目に遭わないように、むしろメーカーと協力するのも手ではないのか。まー、今前向きに考えろと言うのも辛いものがあるのも確かなんだけど。

メーカーとしても単純に和解金として賠償するより、原告を特別顧問として迎え、アドバイスをもらいながら新製品を開発し、顧問料として払えば、同様の事故がなくなるであろうという崇高な目標は達成され、みんなハッピーになれると思う。わだかまりは残るんだろうけど、悔やんでも仕方ない。
お金で解決するとは思えないけど、どうせお金のやりとりがあるのなら、こういうお金の使い方もアリではないだろうか。

近年、ものづくりの道(平たく言えば理工系だ)に進む子供が減っているらしい。
世の中がこういう、より良いものを造る道を閉ざしていたんでは当然だろう。
願わくば、この風潮が「マスコミと結託して、先発メーカーが既得権益を守っているだけ」だったってことでないことを祈りたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夏だ!ビアガーデンだっ!

というわけで、去年同様、行ってきました。
まぁ、飲めないので(職場から車で直行したし)、ビアガーデンである必要は全くないんだけど。

自分だけだと思うけど、ここの目玉は「ソフトクリーム食べ放題」である。
一応コーンが置いてあって、自分で載せて食べるのだが、なんせコーンが異様に小さい上に、正直あんまり美味しくない。そこで開発したのがこれ。

Image030_2

ウーロン茶などを飲んだ後のジョッキにそのまま注いでいく。まず失敗がない。少々食べる量が増えてしまうのと食べにくいのが難点だが。

これを食べているとき、相当嬉しそうな顔をしていたらしい。実際嬉しかったんだけど。
嬉しくって、ほぼ同じ量をお代わりしてしまった。

満足じゃ。
え、他の料理?
どうでもいいよ。これ食べに来たんだから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夏ドラマ一気見

先月(ものによっては5月中頃)からTVドラマを録画したものがかなり貯まっていて、この連休で消化するはずだったのだが…
3日あったのに昨日の晩から始めたので、とりあえずこの7月から始まったものを第1回目だけを一通り見て、次に春ドラマの残りの消化にかかった。

で、夏ドラマ。
今日(あ、もう昨日か)始まったアレも含めて1回目を一通り見てみたんだけど、見なくてもいいかなって思ったのが2つぐらいあったかな。
録画はしてあるので見ないで消すだけなんだけど。

それとウチ風のツッコミをしてみると、水曜日の「正義の味方」。主役は「政務省」という架空の省庁の官僚…らしいんだけど。
官公庁の若手はあんなにプラプラ出来ないと思うんだけどなぁ。
それと…使ってるパソコンがMacBook Proだったんだけど、どうみても事務処理用のパソコンにMacはありえないと思う。百歩譲ってWindows入れて使うからMacでも良かったとして、安いMacBookではなくクソ高いMacBook Proだというのがありえない。
ま、コメディなのでリアリティは最初っから求めてないけどね。

とりあえず夏休みまでにディーガのハードディスクをなるべく空けておかないとなぁ。
今使ってるディーガ、あと3年で全く使い物にならなくなる予定なんだけど(デジタルチューナが付いてない)それまでハードディスク持つんだろうか。
個人的にはアナログ停波そのものが延期されると踏んでるんだけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

探偵 神宮寺三郎 DS 〜きえないこころ〜

公式サイト

探偵神宮寺三郎シリーズの最新作である。実は前作を遊んでから1年も経っていない。
前作では、携帯電話用のシナリオを遊んで、その内容をとある人に報告することでシナリオが進むので間延び感がすごかったのと、そこを除いてしまえば実は完全新作の部分はスカスカだったという、そこだけ見たらかなりアレな内容だったのだが、携帯電話版が一切遊んだことがなかったことが幸いして、謎の事件簿などのおまけ部分を入れればかなり楽しめた。

そして本作。売りは「オリジナルシナリオ、前作2倍以上の大ボリューム」である。
前作がスカスカなんやから2倍したって大したことないやろうというツッコミはなしだ。
一応、前作同様神宮寺の事務所にある過去の事件ファイルを読むことで今回も携帯電話用シナリオに進むことが可能なんだけど、まずはオリジナルシナリオとやらを進めてみようと思って読まずに進めた。

今回の依頼は20年前に起きた依頼人の妹の自殺の原因を調べろ、というものである。
自殺した妹は当時小学生、学校の屋上から飛び降りたらしい。
詩を書くのが趣味で、遺留品にもいくつかの詩があった。
聞き込みから当時を知る同級生が判明したが、なぜか依頼人は依頼をキャンセル。
今度は別の依頼人から別件を依頼されるが、奇しくも現場は同じ学校だった。
こちらも解決した直後、事件が発生、関係者が事件に巻き込まれていく…

とまぁこんな感じで、実は先々週の出張あたりから移動時間中に始めてたんだけど、本日終了。
プレイ時間にして大体6時間くらい…かな?セーブしたときにプレイ時間出るんだけど、途中居眠りしてたのでわからないのだ。

さて本作の特徴として、
トークプロファイル:聞き込み時に相手の表情や仕草を見ながら次に聞く内容を選び、最終的に聞きたい内容を引き出すというもの。正解の選択肢や表情などをチェックすると音が鳴る(フラグが立つ)。言ってみれば2以降の逆転裁判シリーズでいう「サイコ・ロック」システムと同じですわ。
サーチ:これはもうそのもの。画面上にある手がかりをタッチして探す。これも逆裁…もがもが。

というのがあるんだけど、ま、単純なコマンド選択だけじゃなくなったってことは素直に評価すべきでしょ。ただ、これの欠点って少しでもタッチする場所を間違えると全然先に進めないというのがあるんだけど、本作ではかなり曖昧っぽい。それに、基本的に途中ゲームオーバーがないっぽい。間違えた選択しても選択肢がどんどん減っていって、正解しか選ばざるを得ないようになっていく。
途中、どうしていいか分からなくなることがあっても、とりあえずタバコ吸えばなんとかなるし。
ただし、今のご時世、喫煙場所が限られてるのが笑えるんだけど。

いや、それにしても久々にゲームで泣けました。
最後の最後、ちょっと強引とも言えるやり方で真実が明らかになるのですが、サブタイトルと同名の詩に秘められた本当の意味。あかん、こういうの弱いわ。

さ、残りのシナリオにかかるとするか。→続き(追記)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

まるごとチーズケーキ

とあるお店の前で「まるごとチーズケーキ」というのを発見。
たまにはいいかと思って店に入ってみた。
先月東京で死ぬほど食ったばかりなんだが、地元では久々なので。

店に入るとショウケースの中にそれはあった。

…ただのホールのチーズケーキやないか…

ショボボボーン

しかし、何かあるに違いない。そう思って買ってみた。
Image029
うーん、全然美味そうに撮れないなぁ。

早速食べてみたんだけど…表面にシロップ塗っただけのベイクドチーズケーキだった。
下の方はパサパサしてるし、かといってチーズの風味が濃厚なわけでもない。

昔近くに住んでてよく食べた、京都の「ローヌ」のチーズケーキとは大違いだ。
京都に行ってお持ち帰りしたいところだけど、素直にクール便で送ってもらった方がよさそうだな。
ていうか、前に店にわざわざ行ったときも結局クール便使ったっけ。

前のカレーの件もあるし…京都行っちゃう?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国

公式サイト

というわけで前作を見終わったこともあり、ようやく見ることが出来たインディ・ジョーンズ最新作。
前作から19年ぶりという、ロッキーやランボー、ダイ・ハードみたいなパターンの続編である。
ハリソン・フォード主演の映画でいうと、「ファイヤーウォール」以来になるのかな。
あの時点でああ、もうええ歳のおっさんやなぁと思ったし、そもそもタイトルが「それって一般的に言うファイヤーウォールと違うんとちゃうか?」というのが印象的だった。普通に面白かったけど。

さて話はインディ・ジョーンズである。この前の旧作一気見で、別に前作見ておかなくても楽しめるんじゃないの?と思ったのだが、結論から言うと1作目だけは見ておいた方がいいのかな。27年前とヒロインが同じという暴挙快挙の感動が薄れるから。何より、1作目のラストシーン(の建物)から物語が始まるしね。

ただね。

あの建物がエリア51にあったこと、ナスカの地上絵まで出てきたらラストがなんとなーく想像できちゃうではないですか。

アクションシーンはまぁ面白かったかな。大体の見せ場は予告編で出てしまっているのが残念だったけど。あ、でも崖っぷちを車同士でぶつけ合いながら走るシーンは先週観た映画にも似たようなシーンがあったような気がするんだけど、車がメインのお話ではないのにこっちの方が迫力あって面白かったってどういうこと?

それとラストシーン。
インディの息子が、あの帽子を拾ってかぶろうとしたら奪い返されてしまった。
ここで息子に道を譲って映画シリーズ自体を終わるのかと思ってたんだけど…

まさか、まだ続編作ってハリソン・フォードを主役におくつもりなのか?
まさか…ね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今更ながらスーパーメガウェンディーズを食べてみた

とっても今更なんだけど、一度食ってみたかったウェンディーズスーパーメガウェンディーズ(リンク先の下の方)に挑戦してみた。
実はウェンディーズに入るのは今日が初めて。で、最初に食べたのがスーパーメガ。完全に色物扱いだ。
最初に食おうと思ったのが正月の帰省の時なので、実に半年ぶりの悲願達成となった。

「メガ」と言えばメガレンジャー、いやメガドライブ、もといメガマックなのだが、4月くらいに食ってはみたんだけど(実際に食べたのはメガたまご)あんまり食い応えなくってブログの記事にすらしなかった。

そこでウェンディーズでのリベンジである。ここなら満足できるだろうと。

で、出てきた商品を見てびっくり。

え、こんなに小さいの?
スーパーメガじゃないの?

おいおい、佐世保バーガーみたいに表面積が大きくて、かつ分厚いものを期待してたのに…
小ぶりのバーガーが単に縦に長いだけだったらただの食いにくいバーガーでしかない。
ポテトセットかつドリンクLにしてたこともあり、それなりにお腹いっぱいにはなったんだけど、これをスーパーメガというのは反則ではないのか。
うーん、別の意味で消化不良。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ゲーム検定ただ今6級

というわけで今日も「ぼくらのテレビゲーム検定」で、ピコ彦君(まーピコピコ音から来てるんだろうけど)に過剰なまでにほめ殺しされながら金メダル獲得に向けて少しずつ進めてるわけですが。

明らかに苦手なゲームってのがあるなぁ。
実際にはゲームのほんの一部分をすごく狭い範囲で切り取って出題されているのに、なんかもうあるゲームはどんな形で出されてもダメ。

ダメな筆頭がカーレースもの。ファミリーサーキットってこんなんだっけ?
あと、ダメなわけではないけど、メトロクロス。当時結構遊んだはずなんだけどなぁ。ゲームオーバーにはならないけどいつもギリギリでゴールになってしまう。

こういうのがいくつかあるので、金メダルは金メダルでも6ゲーム中5つがSランクなら1つはCランク(要はミス、失敗)でも金が取れてしまい、全ゲームSランク(金メダルに王冠が付く)なんか夢のまた夢。金メダルを増やせばとりあえずおまけは増えていくので不満はないんだけど、全部王冠付きにしたら何か別に出るのかな?

それにしても金メダル金メダルって書いてたら勝木一嘉のマンガを思い出してしまったなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

目からウロコのタブレットPC

職場ではラベルライター「テプラ」が大活躍。
しかし、こいつの大きな欠点は印字できる文字種が少ないこと。JIS第1、第2水準レベルでは全然物足りないのだ。そこで、パソコンに繋いで使うようにしているのだが…

そう、テプラのもっと大きな弱点、Macで使えないのだ。
ピータッチは標準対応ネームランドは非公式ながら使えるらしいのだが、テプラでは使えなかった。

…と、しれっと過去形で書いたが、今月、ようやくMac対応のテプラが出たらしい。
ただ、PC接続専用で、こいつだけ会議室とかに持ち込んでガンガン印刷とかに使えないし、何より36mmテープに対応していない。なので会社では買えそうにないので残念だけど却下。個人的には欲しいけど…

というわけですんごく長い前振りだけど、テプラがMacで使えないもんだから、たまたまカバンに入れていたSR君にラベルプリンタ作業をやらせてみることにした。Bootcampで再起動すれば使えるんだけど、Macで並行して作業したかったので別でやらせてみた。

でまぁインストールも終わり(テプラ自身がXpリリース前に買ったもんだからXp対応ドライバをダウンロードする羽目にはなったけど)使えるようにはなった。なったけど、本来こいつ(SR6PX06A)は買ったばかりかつ個人用だ。仕事で使う単語の辞書は入れてなかったりするのだ。

幸い漢字自体は出せるんだけど、とにかく変換候補に出てこない。なのでMSIME(近日中にATOK 2008を入れる予定)の手書き入力を試したのだが、タッチバッドが小さくてまともに書けない。

しかし。

ふと、手書きなら文字通り手書きが試せるじゃないか、ということに気がついた。

元々Xpでサポートしているわけではなく、後付のソフトかつ低スペックのマシンで動かしてるので多少着いてこれなかったりかすれたりするんだが、驚くほど楽に手書き文字入力ができた。
タッチペンで漢字書くのなんてDSの「漢字ドラゴン」以来なのだが、何て簡単なんだ!
ちょっと感動したぞ。

ただ、前にも試したけど、手書きでメモを残すとかにはまだ手の動きについていけていないので本格的に使おうとするとあんまり使い物にならない。だけどこの程度ならなかなか使えるんじゃないか、と思った。まぁ辞書にさえ入れてしまえばそのうち使わなくなる機能なんだけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

リラックマのマグカップ

今日もローソンで晩御飯。
実は体調がよろしくないのだが、あんまりあれこれ考えたくなかったのでつい寄ってしまった。

そしたらレジで精算するときになって、リラックマのマグカップの引換券を持ってないかと聞かれた。
まぁいつもローソンパスを出してるからな、名前なんかバレバレだ。ここに書くのがはばかられるようなモノを買っても全部履歴に残っているんだろう。酒とかタバコとか…(注.飲めないし吸いません)

でまぁ、引き替えたかったが引換券を無くしたことを正直に告げたのだが、ローソンパスなのか顔パスなのか、奥からマグカップを持ってきてくれた。

Image028
それがこれ。山パンではないけど、春のキャンペーンでパンに付いてきたシールを集めるともらえたのだ。ま、ローソンのパンもほとんど山パンなんやけど。

 
 
 
 
 

Image010
ちなみに、前にも書いたけどこのキャンペーンが始まる前に慌てて2000ポイントも消費して引き替えたのがこれ。
 
 
 
正直、デザインというか表情的には今日もらってきた方が好きやな。
この時のポイントシール、パンだけにしか付いてなかったので結構貯めるの大変やったんやけど、それなりの価値はあるのかも。結局1個分しか貯められんかったし。
冷静に考えればローソンで2000ポイント貯める方がはるかに大変なんやけど…気にすると悲しくなるので考えないことにする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

インディ・ジョーンズ一気見


左は最近売っている3本セット。特典映像が各ディスクに入っているらしい。
右はかなーり前に買ったもの。というか、確か初のDVD化だったと思う。
本編ディスクにはおまけ映像が一切ないが、このセットのためだけに編集されたメイキング映像とかの特典ディスクが別に付いている。
 
さて、インディ・ジョーンズの4作目が今劇場公開中なのだが、いざ観に行こうと思ったのにちょっと問題があった。

実は前作を一度も見ていないのである。
第一作目は小学校、二作目は中学校、三作目は高校の時に公開されてるはずなのだが、どれも観に行っていない。今では考えられないことだが、なんせ大学まで片手で数えられるくらいしか映画を見ていないのだ。ま、当時は小遣いはほとんどゲームソフトに消えていたのだから当然か。
今も使い道はほとんど変わってなかったりするのだけど。

そんなわけで、何年か前になぜかDVD化されていなかったインディ・ジョーンズシリーズがBOXで出たというのですぐ買ったのだが、なぜか今まで観ていなかった。多分面白いだろうからじっくり腰を据えて観よう、そう思って後回しにしてたら何年も経ってしまった。
でも、せっかく最新作が公開中なので終わる前に観ておきたいし、その前に前作を観ておきたい。
というわけで慌てて観ることにしたのである。

なるほど、あるものを誰かと競いながら探すって話ですか。鉄板じゃないですか。面白くないわけがない。まさに「すべらない話」。…あ、二作目の冒頭は滑ってたか。ゴムボートで。
まぁ二作目は人助けっていう「冒険」とは関係のない目的があったりして、主人公はスーパーヒーローじゃなくて、ただの大学教授なのにこれってどうなの?って気はしたけど。

しかし盗掘遺跡発掘がテーマなせいか、やたら白骨化した死体が出てくるなぁ。設定上ヘビもやたら出てくるし。あ、これって川口浩(藤岡弘、)探検隊みたいなものなのか。納得。

それにしてもこのシリーズ、あんまり続けて観るもんではないのかも知れない。
たまーに観て、あー面白かったって感じで、すぐ忘れてしまうっていうのが正しい見方なのかも。
アクションシーンはともかく、ヘビとか白骨死体とかそうしょっちゅう見るものではないでしょ。
…と考えると、今度の最新作、別に前作観ておかなくてもよかったのかな?

ちなみに今日はハリソンフォードの誕生日らしい。御年66歳。元気ですなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

給油記録(2008年7月1回目)

金曜日に映画に行くのが日常で一番の遠出なので水曜に入れようか迷っていたのだが何とか持ちこたえたので本日給油。

今回:43757km
前回:43021km
給油:41.25L
燃費:17.8km/L

ちなみに給油直前のカーナビの平均燃費表示は17.8km/L。それとガソリンは171円/L。

それにしても毎月10円近く上がってるってすごいなぁ。って感心してる場合ではない。
日本国政府は何とも思ってないのか、何とかしたくてもお手上げなのか。
まさかここまで政府の描くシナリオ通りってことはないよね?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

スピード・レーサー

公式サイト

というわけでミラクル7号に引き続き、先月からの話題作を差し置いて観てきたのがこれ。
もちろん、同日公開のこれも眼中になかったですよ。

さて本作品、ハリウッド映画だけど日本のアニメ「マッハGoGoGo」を実写映画化したものである。40年以上前のアニメなので、再放送で見たような気はするんだけど、ほぼストーリーは覚えていない。というか10年くらい前にリメイクされた事も知らなかったよ…
ちなみに監督はあの「マトリックス」シリーズの監督である。まさか取って付けたようなあのシーンがあるのかなぁと少し不安だったのだが…

まずこの作品、カーレースが主な題材なのだが…レースシーンはおろか、一般道を車で走るシーンも全てCG。レースシーンなんか、コースがほとんどジェットコースターみたいな感じで、そこをドリフトしながら走り抜けていくわけね。こりゃマッハGoGoGoというよりもマリオカートとかF-ZEROとかのゲームの世界に近い。しかもだ、ガンガンスピンしまくるし結構積極的に車同士でぶつかり合ってコースアウトさせたりしている。これってどっかで見たぞ…

あ!思い出した!

F-MEGA(エフッッメガァァッッ!と力強く読んで欲しい)だ。

ググったら分かると思うけど「ジョジョの奇妙な冒険」に出てきた架空のゲームである。
花京院が出てたと思うので第3部だっけ?
まーどう考えてもF-ZEROをインスパイヤして出来たんだろうと思うけど。あれだ。

なので、実写カーレースムービーとしてではなく、F-MEGAの世界を楽しむと思えばこれはこれで結構楽しいかも知れない。

それと、やっぱりあった、随所に唐突に挿入される「カンフーアクションシーン」。
いらんやろ、この映画には。

あとは…最後のレース、車が止まってしまうんだけど、あれってアリなのか?
ミシェル・ヴァイヨン」みたいなゴールの仕方もナシだと思うけど。

それにしても、この映画、びっくりするくらい客が入っていない。
まだ公開1週目だよ?
たぶんだけど、恐らくミラクル7号もそうだったと思うんだけど、「あからさまに子供向け」だからでしょ。だめだよ、子供向けは休日に1000円の日が重なる月を狙わないと。親が連れてってくれないんだから。
あとは…単純にモータースポーツ離れってのもあるのかな。
特に先入観を持たなければ普通に楽しめると思うんですが、この映画。
あ、でも本当のモータースポーツ好きは観に行っちゃいけないか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ぼくらのテレビゲーム検定 ピコッと!うでだめし

公式サイト

ちょっと前にWiiの「みんなのニンテンドーチャンネル」で紹介されていて、妙にやりたくなったので買ってしまった。
任天堂の「メイドインワリオ(最新作はおどる)」シリーズに出てくる、任天堂製のゲームを短時間で遊べるようにしたものがあるが(ナインボルトステージ)、 言ってみれば、本作はそれのナムコ版である。

初めて起動すると、まずいきなり腕試しをやらされる。
時間制限はメイドインワリオのように5秒間ではないのだが、使うボタンは十字キーとAボタンだけだったりと、やってることはメイドインワリオと全く同じだ。

メイドインワリオの場合、ステージクリアが一応の目的だったりするのだが、本作ではランダムに出る6つのミニゲーム(ただしジャンルは事前にわかるようになっている)をクリアしてその成績によってS,A,B,Cの4ランクで採点され、その総合評価によって得られるポイントを集めて上の階級に行くための検定をうけ、階級を上げていくのが目的らしい。

ランク付けは、たぶん次のような感じ。
C:ノルマ失敗(途中でミスなど)
B:ノルマクリア(最低ライン)
A:ノルマ完全クリア
S:短時間にノルマ完全クリア

で、6種類のゲームを連続でやって、総合評価に応じて金銀銅のメダルとポイントがもらえるようになるのだが、金で15か20ポイント、銅だと5ポイントもらえるみたい。他は出したことがないのでわからない。Sが5個なら残りがCでも金だけど、Sが4個でCが2個ならいきなり銅。結構シビアだ。

また、金メダルを取ると別の特典がある。おまけモードでできることが増えるのだ。音楽聴いたりインターネットランキングに対応したゲームができたり。

さて肝心のゲームだけど…最初のうちは元のゲーム内容を完全に無視したものが多い。
「ゼビウス」で「敵を避けろ」と言われて出てきたのが横一列になって直進する「ゾシー」とか。
スペシャルフラッグを集めろと言われて画面に何本も落ちているスペシャルフラッグとか。

階級が上がってから割と忠実に元のゲームを一定時間遊ぶって感じのものが出てきたのでホッとしてるところ。これじゃないとゲームの検定にはならないと思うんだけどなぁ。

あと、インターネットランキングはかなり不満。
とりあえず「連射王」という「ゼビウス」で「バキュラ」を連射で倒せというゲーム(この時点で原作を無視してるんだが)をやってみた。
原作では絶対に壊せないバキュラ。昔は256発撃ち込むと倒せるとかいう偽の噂もあったけど、今回は16発(2発出るから32発か)で壊れてくれる。で、やられるか撃ちもらすかで終了。

ハイスコアを出すと、画面にパスワードが出るんだが、数字だけでなく大文字小文字の混じったアルファベットにひらがなカタカナまで混ざりやがる。しかも長い。
で、これをいちいちウェブブラウザで公式サイトに行って打ち込まないといけない。

あのー…なんでDSなのにWiFi使わないの?
しかもね、本作中に「ワルキューレの冒険」のパスワード入力画面を元ネタにしたミニゲームがあるんだけど、このランキングパスワード、本編より面倒。
まっ、ドラクエIIに比べたらマシか。あれでメモし間違えて「じゅもんが ちがいます」とか言われた日にゃ泣きそうになったからな。確か途中から2回(2種類)聞くようにしてたっけ。

とまぁ昔を思い出せる人にのみ、オススメします。色んな意味で。
これ、元ネタ知らんひとにはきついやろ。
ていうか、ファミコン専用ソフトはほとんど知らんぞ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

丸数字とUnicode

非常に今更感のある話というか、解決策がある話なんだけど、今すぐ解決できないのでメモ。

丸数字と言えばアラビア数字を○で囲んだお馴染みの組文字である。
用件を箇条書きにするときに便利なのでメールとかでもつい使ってしまいがちである。
が、この丸数字、JISコードに正式に登録されていないので相手も同じ環境にないとたちまち違う文字が表示されてわけのわからない内容になってしまう。
何でJISコードに正式に登録されてないかというと、日電が全盛期に勝手に外字として作ってしまったものだからであって、その後アップルとマイクロソフトが一応使えるようにしたんだけど、違う文字コードを与えてしまった。だから文字化けが起こる。

しかし、JISではないけどUnicodeという全世界で使われる文字をサポートしようという有難い文字コードで、全世界共通で丸数字が使えるようになった。文字セットをUTF-8とかでメールを書けば、対応しているソフト同士ならOSに関係なく同じ文字が表示される…はずだった。

実はここまでは単なる前振り。
確かにUnicodeで丸数字が文字化けせずに使えるようになった。
しかしそれは1から20までの話。
箇条書きが21以上に増えたとき、悲劇は起こった。
WindowsXpでは、なんと21以上は「表示できない」のである。
いつもMacで書類を作っているので気付かなかったのだが、Macでは50まで丸数字が用意されている。
というかUnicodeで50までの丸数字が割り当てられているのだ。

MS Officeに限った話で言えば、Unicode自体が使えるようになったのはWindows版ではOffice97と大変古くから使えるようになっていたのに対し、Mac版ではOffice2004から。つい最近の話なのだ。
にもかかわらず、21以上の丸数字に関してはOffice2004が出た後も使えなかったことになる。

では今は…というと、できるらしい。
ただし、これの解決策は「Windows Vistaにアップグレードすること」らしいのだ。
ま、そんなに丸数字使いたい奴がどこまでいるのか怪しいのだが、これに関して言えばWindowsはVistaにしてようやくMacOSXに追い付くことになる。

ただ、今の職場の推奨PC環境から言えば、VistaもOSXも使ってはいけないんだよなぁ(Macは使いこなせる人限定)。そういう意味では「丸数字は20まで」がデフォルトなのだ。
だから使える日まで、メモ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

キーボードがおかしい

職場で使っているキーボードはサンワサプライのSKB-M109UHである。前に記事にしたことがあるが元々はラショウキーボードの代わりに買ったものである。多少カチャカチャ音がうるさいが、これが一番気に入っている。

ところが。

最近どうも調子が悪い。買ってからまだ1年も経っていないのだが…
具体的には、しばらく放置しておくと、キーボードを認識しなくなってしまうのだ。
初めて気付いたのはスクリーンセーバーから復帰するときだったので(復帰時にパスワード入力するように設定してたのに文字が入らなかった)、フリーズしたかと勘違いしたのだけど、マウスは動く。
応急的にはUSBポートから抜き差しすれば復活するんだけど明らかにこの作業はヘンだ。

時期的には先月末ぐらいにiMac(2006年9月に出た最初にCore2Duoが乗ったやつ、MacOS10.4.11)にソフトウェア・アップデートを当てた後からおかしくなった。このキーボードは背面のUSBポートに直接繋いでいて、他はMicro SolutionのSolaris USB HUB#02を繋いで、その先にUSBプリンタとかたまにしか使わないものを繋いでいる。
また、キーボードのUSBハブにはMicrosoft Laser Mouse 8000のレシーバを繋いでいる。これは、Boot CampでWindowsを使うとき、内蔵のBluetoothを認識しないからだ。

そういう状況なので、とりあえずマウスのレシーバを外してみた。…変わらない。
USBポートの位置を変えてみた。…変わらない。

逆に、別のキーボードでも起こるのか?と思って、純正の白いApple Keyboardを繋いでみた。
うーん、特におかしくならないなぁ。この上なく打ちにくいけど。

そうなると、やはりキーボードの故障も考えないといけないので、家に持って帰って繋いでるわけですが…1時間経っても問題ないぞ?職場では10分ともたないこともあったのに…

ただし、家のMacはiMacG5(ALS。2代目)のOS10.5.4に同じUSBハブとマウスを使っている。

そうなると、OSとキーボードがたまたま相性が悪かった、とも考えられなくもない。
でもねぇ、文句も言いにくいよねぇ。繋いだ直後は使えてて、しばらく使わないと使えなくなっているんだから。動かし続けてる分には使えるって、止まったら死んでしまうマグロかっ。

しかしどうしよう。キーボードそのものは問題ないみたいだし…Leopardに上げるのも手かも知れないけど、今はアップグレードしたくないしなぁ。
しばらく職場と家のキーボード(白いUS版Apple Wireless Keyboard)入れ替えて使ってみるかなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ローソンの2008年夏のキャンペーン

というわけでたまたま今日はローソンで晩飯を買うことになったのだが(近所のスーパーが22時に閉まるので)、行ってみたら先週から新しいキャンペーンが始まっていた。

前回はリラックマだったけど、今度はミッフィー。
といってももう何回目かわからないくらいのミッフィーだ。
正直、特別好きなわけではないのだが、この手の集めてもらえる系って、つい同じ店とか同じ商品買ったりしてしまう。要は「いいお客さん」(カモ?)になるのかな。

で、今回は何なのかというと、先着だけど15点でもらえるハンドタオルと、30点で確実にもらえるエコバッグ。どちらも同じイラストが描かれてるんだけど…なんだこれ

ボールで遊んでいるミッフィー、と同じ顔で全身が茶色い奴がいるぞ?名前はメラニー?。
安直に考えればメラニン(色素)から取ってるんだろう。いや、さすがに安直すぎないか?
こんなのいたんだ、知らなかった。

まータオルの方は1週間ほど出遅れたのでもらえるかどうか微妙なんだけど、好むと好まざるとに関わらず、帰りが遅くなったらコンビニを使わざるを得ないのでそのうち勝手に貯まることだろう。

貯めてどうすんだと言われると返す言葉がないんだけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

不思議のダンジョン 風来のシレン3 〜からくり屋敷の眠り姫〜

公式サイト

先月買ってあったのに遊んでなかったのでやってみた。
ちなみに予約してたので予約特典の「コッパのリモコンスタンド」が付いてきた。
Image022

コッパとは主人公のシレンにくっついているしゃべるイタチのことである。時々どっかの魔法使いで教師の少年にくっついてるオコジョと間違えそうになるが気のせいだろう。

で、このリモコンスタンド、写真のようにWiiリモコンが立てられるようになっているのだが、無駄にでかい。しかも立てられるのは1本のみ。まぁうちには2本ないのでいいんだけど。
ていうか、ただ立てるだけだったら既に充電もできるスタンドがあるので完全に無用の長物。ま、うちには他にも巨大なスペクトルマンの顔(実はDVDのケース)とかもっと怪しいものがあるのでこんなのはかわいい方かも。

さてこのゲーム、ダンジョン自動生成型RPG、ぶっちゃけ絵のきれいな「Rogue」である。
RogueはMacでも時々遊んでいるが、元々文字だけのゲームなので楽しさはどれでも同じである。
というわけで今まで据え置き型家庭用ゲーム機ではこの「不思議のダンジョンシリーズ」は買っていなかった。確かセガサターンで「わくわくぷよぷよダンジョン」を買ったぐらいだったかな。なんで買ったのか思い出せないんだけど。
ただ、携帯機では例外的にGB版とDS版のシレンを買った。暇つぶしにいいかなと思ったから。DS版を買ったのはDSでGBのソフトが動かないからだ。

それなのに今回Wii版を買ったのは、かなりランダムかつ理不尽な理由で死ぬことの多いこのゲームが多少初心者向けに遊びやすくなったと聞いたから。

というわけでマニュアルも読まずにレッツ・ビギン(by 村野武範)。

最初に名前とレベルを選ぶ。イージーとノーマルから選ぶのだが、これを買った目的からして当然イージーを選ぶ。セイラさんに軟弱者と平手打ちを喰らいそうだが気にしない。
なんか無駄に綺麗なオープニングとゲームの画面。村の建物に入るとちょっと待たされる。さすがに一昔前のゲームみたいに「Now Loading...」とかは出ないけどこのへんがDVDメディアの限界か?
一通り話を聞き終わり、最初のダンジョンに向かう。
今回はセンセーという助っ人が最初から付いてくれる。付いてくれるけど隣接した場所に敵がいないと助けてくれない。一応個別に動かすこともできるみたいだけど、かなりめんどくさそうなのでやめた。

そうこうしてるうちに最初のダンジョンをクリア。1回おにぎりを食べたけど特に死にかけにもならず、さすがイージーモード(なのか?)。
とりあえずセーブして終了。今日はここまで。

うーーん、DSで遊んだ方がテンポいいかも?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おのぼりさん(3・完結)

そろそろ忘れそうになってきたので今のうちに書いておく。
途中で止めたら、ちゃらんぽらん大西に「ちゅ〜〜とはんぱやなぁ〜」と言われそう…と思ったら解散してたのね。知らんかった。

さて前回の続き。
月島から巣鴨へは大江戸線で春日に向かい、三田線に乗り換えて行った。
駅の案内を見て地上に上がるとそこは別世界。高齢者向けの店ばかりが並ぶ商店街にお年寄り。
さすが「おばあちゃんの原宿」。なんつーか、おばあちゃんと言わないまでもやはり平均年齢は高めっぽい。ここに高齢者向けアンテナショップ作ったらかなり詳しいデータ取れるんじゃないか?
見つけられなかったけど既にあるのかも知れないなぁ。
というわけでやってきました「とげぬき地蔵尊」こと高岩寺。事前の調査でお地蔵さんがあるわけでもなく(あるけど見えない)、もちろん「お自動さん」とかいう罰当たりなものもないことは知っていた。代わりに「洗い観音」がある。
あまり時間もないのでお参りを済ませた後、観音さんを洗う列に並んだ。
自分の体の弱いところを洗うと御利益があるそうなんだが、ここんとこ頭の痛いことが続いてるので頭を重点的に洗った。
ところで並んでる横で「ここでしか買えません」という触れ込みでペタップという医療機器を実演販売してたが、楽天でも買えるやんか。

ちなみに並んでるときに醤油の香ばしい匂いがしたので「しあわせ団子」を買った。まぁ醤油に浸けて焼いただけの串団子だ。1本100円。香りは良かったが食ってみるとそうでもなかったなぁ。

というわけで時間もないのでそそくさと商店街を戻った…が、名物「塩大福」がどーしても気になって2個だけ買った。すぐに1個食べたけど…まぁ想像通りの味だった。うーん、ここまでで感動する味がないぞ?

次の目的地は…六本木、東京ミッドタウン。
往きに通った路線を戻り、月島から先をそのまま六本木まで乗れば良かったんだけど、違う経路の方が早そうだったので、三田線で三田まで戻り、浅草線で一駅、大門に行き、そこから大江戸線で六本木に向かった。
ほんというと、三田線の日比谷からメトロ日比谷線で六本木に向かった方が早かったはずだけど、意地でもここまで来たら意地でも都営線しか使わないぞっと思って遠回りしてしまった。まぁ都営線だけにしても、後で地図見たら三田線の芝公園で降りて、歩いて赤羽橋に向かった方が乗り換えの時間考えても早かったかも知れないんだけど。乗換案内はこんな技教えてくれないからなぁ。

さてミッドタウンに着いて向かったのが「トシ・ヨロイヅカ」。さっき大福食ったばかりなのだが今度もスイーツショップである。一般人には「川島なお美の…」と言った方が通りがいいかも。
で、店は程なくして見つかったのだが…着いた時点でイートインの席に着くのに30分待ちらしい。とても間に合いそうにないのでテイクアウトして近くのベンチで食べることにした。
それでもテイクアウトなのに入店制限。20分くらい外で待たされただろうか。やっと店に入り、お土産用とすぐ食べるものを選び、会計を済ませた。
今回買ったのはイチゴ入りロールケーキとナッツ入りキャラメルシュークリーム、そしてプリン。
割とオーソドックスなものを選んでみた。ふむ、確かに美味しい。プリンは後にとって置くはずだったのだが、結局一気に平らげてしまった。ただね、店に入るのに並んでまで食うものかというと…微妙。
どうせ待つならイートインで目の前で作ってくれるものを食べた方が良かったかな。

というわけで急いで食べた後、最後の目的地、浅草の「駒形どぜう」に向かった。
大江戸線で大門に戻り、浅草線で浅草まで。今日、大門で何回乗り換えたんだ?
さて、浅草駅に着き、出口を出てすぐに見つかるはずなのだが…見えるのは某ビール会社のう○こビル(炎をイメージしてるらしいが…)。
どうやら出口(A1とA2)を間違えたらしい。なんとか見つけて店に入った。
入るといきなり座敷。そこに長い板が並んでいて、その板に鍋や食器を置いて食べる。要は脚のないちゃぶ台だ。料理はよくわからないので「どぜう定食」を3人前注文した。
まず運ばれてきたのがお通しと味噌田楽。田楽はやっぱり八丁味噌がいいなぁ。柚味噌は苦手。
次がどぜう鍋。浅い土鍋に敷き詰められたどじょうに出汁がかかっていて、上から刻みネギをのせ、炭火加熱し、ネギがしなってきた頃に食べる。アクセントに七味をかけて食べる。ほう、これがどじょうか。臭くないし悪くない。でも何か物足りない…3人で1つの鍋をさらった後、続いて同じ鍋が運ばれてきた。

…もしかして、3人前って事はこれを料理ごとにえんえん3回づつ繰り返すのか?
あんまり効率の悪いコトしてると時間ないんですけど?結局待ってる間に、余裕で集合時間に間に合う最初の予定時刻は過ぎてしまった。

続いて柳川。今度は一人一皿ずつ運ばれてきた。炭の加熱がないからかな。鍋のどじょうは小さかったが、柳川は穴子くらい大きかった。こっちも悪くないなぁ。むしろ好き。

最後はどぜう汁とご飯と漬け物。どぜう汁は運ばれてきたお椀にさっきの刻みネギを乗せて食べるのだが…これは!!!どっかで食べたことのある食感!
どじょうが煮込まれてどろどろの汁に刻みネギ…あ、天一のこってりラーメンだ!
もちろん、味が全然違うんだけど、食感がまんま天一のこってり。
意外だ、天一のラーメンのルーツがどじょう汁にあったとは!(注:ウソです、たぶん)

なんていうかね、今回色々なものを食べたけど、感動というか感激したのが最後のどじょう汁だった。
…って、どうなの?

その後は浅草線で羽田直行を待ち、空港へ。あーマジで交通費1320円しか使わんかったわ。堪能した。

結局、当初の予定から20分くらい遅れて空港に着いた。添乗員がちょっと怒ってたな。
後はお土産タイム。検査場に入る前にぐるっと回ったが既に頼まれたものは買ってあったので特に何も買わず。暑かったのでキハチのソフトクリームを食す。
全員一通り土産を買い、検査場を通り、搭乗口までやってくると…あ、「ねんりん家」!
しかもマウントバームのホールが売ってる!あまり時間がないと思ったが、買うことにした。
大荷物を抱えて搭乗口に向かうと…マイクで走れと促された。

…そう、出発時刻を間違えてたのだ。そろそろ搭乗時間なのに誰もいないのが不思議だなぁと思ってたら、実は出発時刻だった。慌てて乗り込み、荷物を詰め込んで慌ただしく東京を後にしたのだった。
空港で呼び出されたのは初めてだわ。いやほんま。

こうして無事飛行機も乗り、帰宅した。
こうやって書くと東京見物も結構楽しかった。食い物だけは食いたいもの食った方がいいかなとは思ったけど。次はせめて一泊旅行かな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ミラクル7号

公式サイト

先週末に始まったばかりの作品だけど、レイトショーは今日までだったので、19年ぶりの続編のアレとか監督がTV出まくって宣伝してたアレとか全部パスして見てきた。

さてこの作品、「少林サッカー」や「カンフーハッスル」で有名なチャウ・シンチーの新作である。
原題は「長江7號/CJ7」。CJ-750という中国製サイドカーがあるらしいが、多分関係ないだろう。
長江健次も少年探偵団も関係ないだろう(そりゃBD7だ)。

なんでこんな名前かというと、お金持ちのボンボンが学校に「長江1號(吹き替えではミラクル1号)」というAIB○そっくり(伏せ字になってない)のおもちゃを持ってきていて、主人公の超貧乏な小学生の男の子がそれを欲しがった。おねだりされた父親はゴミ捨て場から拾ってきた宇宙人?のペット?を与え、男の子は学校に持って行くが、何か聞かれてとっさに答えたのが「長江7號(吹き替えではミラクル7号)」だった…という理由からタイトルになった。

で、このミラクル7号、予告編でも出てるので書いてしまうが全く役に立たない(と主人公に思われていた)。しかし人の見ていないところで腐ったリンゴを食べ頃に戻したり、壊れた扇風機の配線を再生させて直したり、人知れず役に立っていた。しかしこの能力、ミラクル7号の生命を確実に縮めていた…

というSFっぽい話と(当然、ミラクル7号はフルCGである)、貧乏だけどたくましく生きる親子の姿を描く話が並行して進むのだが、そこにチャウ・シンチーお得意のギャグやパロディが入る。
過去の自分の作品のセルフパロディやら、どっか映画のパロディやら。しつこいぐらい繰り返すギャグも健在。ただ、しつこいくらい人を叩くシーンも健在なんだよねぇ。あれはいかん。
あと、テストで0点取ったのに自分で10と書き足して100点と言って親を騙して(答案用紙は見せず、表紙に点数を書くのでいくらでも誤魔化せるのだ)ばれたとき、開き直って「だから何?」と言ったのにはかなり引いた。噂に聞く悪い中国人そのまんまじゃねーか。

…とまぁ後味の悪いシーンもあったけど最後はほのぼのムードで終わるいつも通りの作品だった。

ちなみにテーマ音楽は「SUNNY」。ボビー・ヘブがオリジナルで、奥田民生とか色んな人がカバーしてる曲だけど、今回使われたのはボニーM版。古い曲だけど割と最近に聞いたばかりなのですぐわかった。
ミラクル7号は愛すべき太陽だったってことかな?
安易にタイアップ曲を持ってこなかった辺り、気に入った。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

Time Capsuleファームウェアアップデート

Time Capsuleを導入してから早3ヶ月。実は繋ぎっ放しではあったけど毎日バックアップが取れていたわけではない。
何か設定を誤ったらしく、Macを起動しても自動でマウントしてくれないのだ。
Time Capsuleのエイリアスを起動項目に入れたらいいという情報を聞いて入れてみたものの効果なし。

仕方ないので手動でTime Capsuleを開き、中のバックアップファイルをFinderに表示させるとバックアップを始めるので、作業が一段落して(作業というほど大したことはしてないが)からバックアップを取るようにしていた。
なので忘れた日は当然バックアップは取れていない。そんなこんなで3ヶ月が過ぎていた。

そんな頃、Time Capsuleのファームウェアアップデートが出た。実際にはソフトウェアアップデートで自動的に検出・ダウンロードされたんだけど、たぶんこれだと思う。

Macのファームウェアアップデートはちょっとビビるのだけど、Time Capsuleだからまぁいきなり使えなくなることはないかと思ってアップデートしたのだった。

そしたら、起動後1時間くらいしたら自動でマウントしてバックアップを取り始めるではないの。
恐らくアップデートそのもので直ったんではなく、単にあらゆる設定がリセットされたからだとは思うんだけど、結果オーライだ。

でも、自動でバックアップ、楽なのはいいんだけどかなりの弊害が。

ネット接続中、しかもダウンロード中、要するにディスクアクセス中にいきなりバックアップを始めるもんだからほぼフリーズ状態になってしまう。最悪強制リセットしか手はない。というか今日はそうした。
確か前もそうやっておかしくなって自動マウントしなくなったような?

要するに、今ちょっとトラブってるんですよ。
なので今は新人のSR君で書き込み中。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

37になっちまったよぅ

今日は誕生日。
個人的に祝ってくれる人はいないので職場で祝ってもらうことにした。
というわけで用意したのが「ねんりん家」のマウントバーム。

旅行記で書くはずだったのを先に書いてしまうけど、先週の東京旅行の時に自分用のお土産に買ったのだ。
ねんりん家のバームクーヘンは、通常は輪切りにして売っているものを竹輪さながらに筒状にして売っている。表面は砂糖で固めてカリッとしていて、数センチおきにとがっている。その姿が山の稜線に見えることからマウントバーム

で、この筒状のバームクーヘン、羽田空港でしか売ってないのだ。しかも店はANAの出発ロビーの前。
JALの土産売り場でも売ってるけど販売ブースの一区画なので夕方に行くともう売ってない。
いつもJALを使うので(ローソンパス兼用だから)実はANAを使えば余裕で買えることを知らなかったのだが、旅行はANAだった。買うしかないでしょう!

でもね。
クソ高いんですよ。山が3つで4725円。5つだと7875円!
インパクト充分なんだけど、高い。

それでも、誕生日なんだからと自分なりに理由を付けたのと、当日高価なお菓子ばかり食べていたので感覚が麻痺していたんでしょうな。買っちゃいましたよ。

で、今日、満を持して切って食べてみた。
外側と内側で食感が違うバームクーヘンは初めてだ。
しかも味がしっかりしていて、パサパサした感じがしない。

うまいっ。

なかなか今回は良い買い物だったかも。

…あ、37になったんでしたな。
いいや、どうでも。
晩飯は唐揚げを腹一杯食べたし。満足、満足。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

大台も近い?

松阪の隣町のことではない。
(いきなり三重県人しかわからないローカルネタですまんす)

今日は眠くて仕方なかったので早く帰って晩御飯のおかずを買いに出かけたのだが、途中、ガソリンスタンドの前を通ったわけ。

ハイオクではありますが、ついに190円台に突入しましたね。
200円の大台ももう目前。
オラ、何だかワクワクしてきたぞ!(ウソ)

つーか、もう既に自分が覚えてる最安値の2倍は軽く超えてるし。ま、燃費も良くなってるので一概に2倍とは言えないのですがね。
次の給油時にはいくらになってるんだろ。怖いやら楽しみやら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

メールが消えた

会社には、まだMacOS10.3(Panther)が健在なのだが、今朝、受信トレイの中のメールが全部消えたという知らせを受けた。
アップルのDiscussionsを中心に探してみると、どうもメールを貯めすぎると起こる現象のようだ。

Mac OS X 10.3, 10.4 Mail: メールボックスにメッセージやファイルを入れ過ぎると、予期せず空になる

ここをよーく読むと、どうも「確実に復活させる方法はない」というのが結論なのかな。当たり前か。

Pantherのメールは確か複数のメールが大きな一つのファイルになっていて、どっかが壊れると全体が読めなくなるんだそうな。で、Tigerのメール、すなわちMail2.0以降はメッセージを一つ一つ管理するようになったらしい。でも、上のサポートページ見るとTigerでも起こるみたいね。

ここ何年かで書類のサイズが大きくなってて、書類のチェックをするのにメールに添付しまくってるとどんどんメールボックスが肥大化していっている。もちろん送り手と受け手の複数でバックアップを取り合っていると考えれば安全なのだけど、メールが消えてしまっては意味がない。
だからこそ極力そういうのはメール以外の手段で回覧したかったのだけどなぁ。

え、バックアップ?Macは買い換えの時にしか取ってないっすよ。
LeopardにしてTimeMachineを使いたいところだけど、基本、新しいMacは買えないしねぇ。
自動かつ差分バックアップしてくれるものがあれば便利なんだけど…

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »