« 真救世主伝説 北斗の拳 トキ伝 | トップページ | 髪を切った »

ランボー 最後の戦場

公式サイト

昨年のロッキー・ザ・ファイナルに続き、シルベスター・スタローンのもう一つの看板シリーズの最新作である。
今回もやはり、既に還暦を過ぎたスタローンが戦場でどこまでやるのか?が気になって観に行ってきた。
ちなみにロッキーもそうだったけど、ランボーも一作目を見た後は続編を全く見ないで20年も離れて突如復活したシリーズを観に行ってきた。あ、ダイ・ハードもそうだったっけ。

なので、実はあんまし思い入れはない。一作目はベトナム帰りのおっさんが街の人にぶち切れて戦場にしてしまう、スケール的には大きくない話だったし。実は中学生の頃にパソコンショップのデモ機で遊んだMSX版のゲーム(時期的に2作目のゲーム化になるのかな?)が一番印象深いのだ。なぜならやたら弱っちい、どう見てもランボーに見えないキャラクターをチマチマ動かして、やられて覚えながら進むゲームだったから。ドラクエはIIが一番印象深いって人、多いんじゃないでしょうか。同じ理由で。

さて本題。
今度の舞台はミャンマー。なぜかタイで捕まえてきた蛇を売って生計を立てていたランボー。
ある日、ミャンマーのキリスト教徒が多い部族に本や薬を贈ろうとアメリカの教会からボランティアの一行がやってきた。船でミャンマーに行ってくれと頼まれるが、丸腰で来た一行に危険すぎると一度は断るも、紅一点のサラ(昨日も同じ名前の人物を観た気がするが…まぁいいか)に頼まれて引き受けるランボー。何とか目的地に着くも、帰りは陸路から帰るから帰っていいと言う一行(帰りは大丈夫って何で分かるんだ。ていうか死亡フラグ?)。案の定、ミャンマー軍に襲われて村人のほとんどが殺され一行も捕虜になってしまう。で、予定日に帰ってこなかった一行の身を案じて救出のためにアメリカから5人の傭兵が派遣された。ま、某超A級スナイパーアクション劇画なら新聞に賛美歌13番やG13型トラクターの1行広告が載ってたことだろう。
で、その傭兵にランボーも着いていくと。

えっと、後は直視できないような虐殺・戦闘シーンばかりです。さすがR指定。
まぁ現実はもっとひどいんだろうなぁ。上映時間90分って短いなぁって思ったけど、充分お腹いっぱいになりました。こんなん2時間も見てられんわ。
あと、スタローンのアクションシーン。さすがに一人で全部持たせる事は無理と判断したからなのか、傭兵システムを思いついたからなのか。美味しいところは持って行ってるけど、全体に少なめ。
しゃあないか。しかも監督も兼ねてるらしいし。

最後。ランボーは一作目で心の安らぐ場所を求めていました(と思います)。どうやら4作目にして見つけられたようですな。ありがちと言えばありがちなんだけど…

そういえば。
この前の秋葉原のアレ。この映画観て感化されたりしてないよな?

|

« 真救世主伝説 北斗の拳 トキ伝 | トップページ | 髪を切った »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13616/41525615

この記事へのトラックバック一覧です: ランボー 最後の戦場:

« 真救世主伝説 北斗の拳 トキ伝 | トップページ | 髪を切った »