« 不均一な品揃えの百円均一 | トップページ | 給油記録(2008年5月2回目) »

またもビッグなポテト

昼飯の話が続くが、今日(と言ってもほぼ午前様で帰ってきたので昨日なのだが)はうどん。
基本、さぬきうどんの店ではぶっかけしか食わない。理由は単純に出汁が濃いからである。
もちろん、かけうどんしかない店もたくさんあるので、そういう店は行かないか、行ってもせっかくだからと食べるようにはしているが、基本はぶっかけなんである。

あ、別に伊勢うどんに食べ方が似ているからだとか、そういうわけではない。
別の食べ物だし。大半の三重県人だって、あれがいわゆる普通の「うどん」とは思っていないと思う。
あれは「伊勢うどん」という食べ物だ。多分「さぬきうどん」もそういう名前の食べ物だと思う。

…と、話が思いっきりファールグラウンドに逸れた。

ぶっかけうどんを食べるのはもう一つ理由がある。出汁に浸したくないトッピングも浸したいトッピングも一緒に載せて楽しめるからだ。

例えばちくわ天。
あれ、衣がカリッとしたまま食べるのが好きなのだ。麺を出汁に絡めてすすりつつ、出汁が顔を出す前にはちくわ天は食べ終えてしまう。

一方、出汁に浸してから食べたいのがさつまいも天。
トッピングと言いながら、麺を出汁に絡めるときに最初に沈めてしまう。サブマリン・トッピングとでも言うべきか。

ところがである。

今日行った(しつこいが昨日だ)店のは、ハンパなくでかい。何しろうどん(大)の器に入りきらないのだ。しかも結構スライス幅が厚い。
そう、器に入らないのだ。底に沈むはずがない。まさにビッグな(スウィート)ポテト。

結局、箸で半分に割って強引に沈めてから食べた。
食べたのだが、いつもはうどんの締めくくり的に充分に出汁に浸ったいも天を食べているのに、正直、いもだけで食べ応えがあった。って、昨日のビッグマックと同じパターンじゃないか。
まぁおかげさまで深夜に帰宅しても耐えられたわけだが。

|

« 不均一な品揃えの百円均一 | トップページ | 給油記録(2008年5月2回目) »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13616/41376401

この記事へのトラックバック一覧です: またもビッグなポテト:

« 不均一な品揃えの百円均一 | トップページ | 給油記録(2008年5月2回目) »