« お花見2008 | トップページ | 携帯電話の利用明細にビックリ »

Wii Ware:Star Soldier R

公式サイト

というわけでWiiポイントプリペイドカードが届いたので1枚ずつしこしことキーボードから番号を入れた。でもこのポイント、1万が上限だったのな。11枚買ったのに全部入れられなかった。

そしてとりあえず買ってみたのがこの「スターソルジャーR」。
元々ファミコンのゲームなんだけど、発売当時は遊んでないんだよなぁ。
10年くらい後になって、とあるゲームの詰め合わせに入ってたのを遊んだのが最初。
当時はセガサターンで遊ぶのがメインだったので、「ほう、こんなゲームだったのか」程度で終わってしまっていて、特に思い入れはなかった。

それがまさかのWiiで復活である。RってのはたぶんReturnsとかの略なんだろう。
このゲーム、Wiiリモコンだけでなく、クラシックコントローラやヌンチャクでも遊ぶことが出来る。しかもヌンチャク単体でだ。さすがに違和感があるので今回はリモコンで遊んでみた。

まぁ内容は言ってしまえばありきたりなパワーアップ型の縦スクロールシューティングである。
難易度もそんなに難しくないように思う。
何が変わってるかというと、制限時間付きのスコアアタックしかできない点。
2分以内に1ステージをクリアして点数を競うモードと、5分間に2ステージをクリアするモードと、連射スピードを測るモードの3つで、どれも制限時間が来たら終わってしまう。
「ゲームは1日1時間!」という名言があるが、ある意味すごく時間を決めて遊ぶことが出来るゲームであるといえる。

中でも一番変わってるのはやはり連射スピードを競うモードだ。
バーチャルコンソールの迷宮組曲にも付いていたが、10秒間ボタンを連打してその平均回数を測定するというもの。今までのは単にボタンを押すと数字が増えていくだけだったのが、今回は違う。
画面はスターソルジャーのゲーム画面で、ボタンを押すと弾が出て地面(?)に敷かれた障害物を破壊され、その障害物を破壊した数が連射数となるのだ。見た目にも分かりやすく、実に合理的だ。

そして一番の本作の目玉は即座にインターネットランキングでハイスコアが集計される点だろう。
初プレイ時に自分の住む都道府県を聞かれるのだが、ハイスコアを出すと世界全体と日本だけと各県でのそれぞれの順位が表示されるのだ。元々がネット専売ソフトであり、ネット接続できる人しか買ってないはずなのでなかなか合理的なサービスだと言える。
ちなみに2分モードでは香川県で26位。点数にして70万点に届いていない。
「ニンテンドーチャンネル」で、さっきの名言を吐いた某「名人」がデモプレイで100万点近く出していたので最低それくらいは出さないといけないんだろう。まだまだ先は長そうだ。

|

« お花見2008 | トップページ | 携帯電話の利用明細にビックリ »

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13616/40781292

この記事へのトラックバック一覧です: Wii Ware:Star Soldier R:

« お花見2008 | トップページ | 携帯電話の利用明細にビックリ »