« 車が直っていた | トップページ | 教会でお葬式 »

やっと車が戻ってきた

というわけでほぼ1か月ぶりにティーダが戻ってきた。
結局お互いが自分の保険で修理することになり、最初後ろのドアは板金で叩くって話だったのが2枚とも交換、フェンダーとホイルカバーも交換したらしい。右から見たらほぼ新品だ。

今日は車を受け取るだけだと思ってたので、何も持たずにディーラーに行った。
でも事故前に保険の更新を済ませていたために、等級が変わった事による追い金を支払うための書類に捺印しないといけなかった。
そこで書類を持って帰り、捺印した後、営業さんが家まで捺印した書類を取りに来ることになった。

ところが。

ティーダにiPodを仕掛け、さっきまでマーチで聴いていたTV番組の音声を聴いてみたら、どうも違和感がある。なんか右からの声が小さいような気がしたのだ。でも、全く聞こえないわけじゃない。
帰宅し、捺印した後、車に戻り、試しに音のバランスを右だけに振ってみた。
すると、明らかに右が小さい。けど全く聞こえないわけじゃない。正確には後ろから聞こえてるようだ。車を降り、後ろのドアを開けてみた。ドアのスピーカーからガンガン音が鳴っていた。
(ちなみにこの時聴いてたのはDeep PurpleのBurn
でも、さっき降りるときに開けた前のドアのスピーカーに耳を近づけてみると…全く聞こえない。
これだ。

そうこうすると営業がやってきたので、書類を渡し、スピーカーから音が出ていないことを説明した。
1時間ほど再度車を預け、ようやく完全に復活した。

いやー、長かった。これでティーダで通勤できる。

あ、そうそう、今日は本当はマーチの2回目の燃費計算を記事にするつもりだったのだが、812SHのカメラ機能を使いこなせていなくて、オドメーターとセルフスタンドのメーターを写真に撮ったつもりが保存されていなかった。このカメラ、撮影ボタンを押すとピロリン♪と鳴るのだが、その後もう一度撮影ボタンを押すかメールを作成する操作をしないと次の撮影に移れない上に、保存もされないのだ。

というわけで全く保存されていなかったので今回は「燃費計算不能」。
今日はいつも狙って給油している特売日ではなかったし、踏んだり蹴ったりだ。くっそー。

|

« 車が直っていた | トップページ | 教会でお葬式 »

くるま」カテゴリの記事

コメント

carの修理完了おめでとうございます。
保険の等級変更は大変ですね。
前に、ぶつけられて使った時は、等級が戻るまでの保険金差額は使った保険金額より多くなってしまいました。
突っ張ればこちらの責任0%にできたかもしれない事故だった。
でも、保険使わないと保険会社は交渉してくれないからね。sad

投稿: ぼてねこ | 2008.03.20 00:22

ええ?差額が使った額より多かった?
今回に関して言えば更新時の1等級+事故による3等級の計4等級変わったわけですが、その差額どころか今回払った保険料全体でもレンタカー代だけで充分元は取れていますよ?
まぁ今まで使わずに済んだ保険料を入れたら当然マイナスですけど、車両保険+レンタカー特約が初めて役に立ちました。

投稿: KDP | 2008.03.20 01:40

そうそう、前の事故は10年くらい前になります。
だからレガシィじゃなくてギャランの時。
左側の車が急に車線変更して、こちらの左後部に当たった。
車屋さんはいつも低年式だけど代車を貸してくれるのでレンタカーは無し。(通勤に使わないのでガソリンも使わなかった)
で、後で等級が下げられたことを知ったわけ。
こちらの責任は10%だったので、自分で払っても数万円だったはず。
車屋さんの関係がなかったら、保険会社は変えていますね。

投稿: ぼてねこ | 2008.03.20 02:17

ちょ、車線変更で追突って、どんだけ車間空けてないんですか。しかもその状況でこちらの過失10%?

納得いかないなー。

しかしなるほど、数万円の修理費なら保険料の差額より大きくなりそうですね。これについては納得しました。

投稿: KDP | 2008.03.20 02:38

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13616/40550465

この記事へのトラックバック一覧です: やっと車が戻ってきた:

« 車が直っていた | トップページ | 教会でお葬式 »