« 赤福を買ってきた | トップページ | MacからWindowsへの移行完了(メール編) »

どうして?上手く動かない

今日は一日パソコンいじりだった。書類チェックのついでのつもりだったのに。

まず、キングジムのテプラ。専用ドライバを入れてからこいつをWindowsパソコンに繋ぐとラベルプリンターとして使えるのだが、付属のテキストエディタは使いづらい上にUnicodeに対応していないため、漢方薬等に使うJIS第三、第四水準とかの漢字が使えないのだ。

なので必然的にUnicode対応であるWordを使うことになった。一応Word用のテンプレートファイルも付属していたのだが、なぜか18mm以上の幅しかなく、うちの職場で最も使う12mmテープのテンプレートは自作しないといけなかったのだった。

で、確か以前にこの12mmのテンプレートを作った記憶があるので探してたのだが、どうもバックアップを取り忘れていたようで、不安定だったOS再インストールの際に消してしまったみたいなのだ。
仕方なく、18mmのテンプレをベースに作り直したのだが…なぜか縦書きで出すと左半分に寄ってしまう。フォントサイズを変えても同じ。
印刷中のダイアログをよーく見ると、テープ幅が6mmになっていた。
テープ幅の指定が間違っていたからかと設定し直したのだが、結果は同じ。

急ぎではないということで一旦中断したのだが…どうも納得がいかない。なんで?

次、Windows版Thunderbird。
かねてからG4Cubeを買い換える話があって、結局FMVにしたのだが、手違いでモニタのサイズが注文と違っていたため、モニタが届いたのが月曜日だったのだ。
Cubeの使用者が午後から早退したのもあって、Cubeの中身をFMVに移す作業に入った。
バックアップにFAT32フォーマットの外付けHDDを使ったのだが、ユーザーフォルダを丸ごとコピーしようとしたら、すぐに止まってしまってほとんど出来なかった。
そう、書類のほとんどに拡張子がなく、それはまぁよしとして、Windowsのファイル名に使えない文字が多用されていたのだ。1バイト文字のスラッシュ、カンマ、中点等々。
正直、どこにそういうファイルが眠っているかパッとわからなかったのでこういうソフトを使ってみた。
非互換ネームcheck

絞り込みの条件はある程度変えられるのだが、要は調べたいフォルダをドロップすると問題のあるファイルをリストアップしてくれるのだ。候補中の問題箇所は色が変わるので、代替文字にかえてやることができる。拡張子がないのは3千個以上あったのでとりあえず放置して(なくてもExcel程度なら開く)使えない文字だけ修正した。60個強。
これ、かなり前からWindowsユーザーとやりとりするときに問題になるのはわかっていたことなので説明したはずなんだけどなぁ。

まぁそれはええわ。問題はメール。
AppleのMail.appからOutlook Expressに移行したかったのだが、まずはThunderbirdにコンバートしてやらないといけないらしい。
この前、お試しでMail.appからMac版Thunderbirdに移行したのだが、今回はMailのバージョンが古く、メールボックスの構成が変わっていたので苦戦した。ライブラリのメールフォルダからmboxというファイルを探し出し、Windows版Thunderbirdのローカルフォルダに入れた後起動するとメールボックスがフォルダ単位で引っ越しできるという話なのだが…

なぜか動きがおかしい。
フォルダは確かに出来ているのだが、なぜかクリックしても中身のメールが一切表示されない。
そもそも送受信ができていない。
試しにたまたま持ってきていたレッツ君に入れてあるThinderbirdを起動してみた。普通に使えた。
なぜ?なぜ今回だけ送受信が出来ないのだ?

結局、アドレス帳は移行できたがメールが一切読めていない状況。
くやしいなぁ。ストレス溜まるよぉ。

|

« 赤福を買ってきた | トップページ | MacからWindowsへの移行完了(メール編) »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13616/40479990

この記事へのトラックバック一覧です: どうして?上手く動かない:

« 赤福を買ってきた | トップページ | MacからWindowsへの移行完了(メール編) »