« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

2008年3月の34件の記事

Time Capsule導入しました

アップルの無線ルータ内蔵ハードディスクである。あ、ハードディスク内蔵無線ルータかな?

実は先月から予約していて、今月頭には届いていたんだが、セッティングに手間取った場合のリスクを考えて落ち着いたらやろうやろうと思ってたら、1か月経ってしまった。

まずパッケージ。とても外付けハードディスクとは思えないオシャレさ。
大きさは違えど、なんとiPodのパッケージと同じなのだ。

でも、今日初めて開けたわけではない。実は会社で社内LAN限定のネットワークドライブとして使えないかと考えてたので、一足早く単純に試してみてたのだ。ただ、セッティングの都合上、インターネットにどんな形で接続するか設定してやらないといけなかったので、めんどくさくなってしまって、途中まで設定してやめてしまった。

で、昨日の深夜から再度家のiMacに繋いでみた。
AirMacユーティリティをCDからインストールし、起動してみると、会社で設定した内容が中途半端で、問題があると指摘されてしまった。とりあえず無視して先に進み、新規にネットワークを作成した。
作ったが、いざ繋ごうとしたらパスワードを求められた。…あ、会社で入れたパスワード忘れてしまったわ。
仕方なく、リセットボタンでパスワードリセット。

…ということは、もし本体盗まれたらリセットするだけで使えてしまうということか?
Macの場合、一応パスワードはDVDから起動しないとリセットできないんだけど、こいつは本体だけでOK?
ちょっと怖いかも。

で、リセットしてから再設定したら、あっさり使えるようになった。
朝の4時からTime Machineで131GBの初回バックアップを開始し、寝た。
昼まで寝てて起きてみたら…え、まだ40GBしかコピーできてないの?
結局、さっき終わった。19時間もかかったことになる。
ちなみに無線ではなく、カテゴリー6のケーブルを使ってギガビット転送してるので最速条件でコピーしてるはずなんだけどなぁ。Macがちょっと調子悪いからなぁ。そのせいかも?

次はレッツ君。
今度はバックアップをとるわけではないので無線で接続してみた。
まずは付属CDからAirMacユーティリティをインストール。あっさりつながった。ちょっと拍子抜け。

これでNASと無線ルータで2つコンセントをつぶしていたのが1つになった。HDDの容量も増えて便利便利。
予約した時点では1TBのNASと無線ルータを別々に買った場合の値段を考えても価格的にお得だったんだけど、なんか今月に入ってから1TBのHDDがやたら値下がりしてない?これから買うと割高なのかもね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

炎神戦隊ゴーオンジャー主題歌オープニングテーマエンディングテーマ

久々に人にお勧めしたくなったCD。
まーYouTubeとかでも聴けるし、日曜朝にTVでやってるんだけど、是非とも聴きまくって欲しい。

要するに特撮番組の主題歌なんだけど、オープニングがとにかく古くさい。なんと今時テケテケだ。
歌詞も口に出すと恥ずかしいものがある。

だが、それがいい。

そう思う人が多かったのか、初回限定版におもちゃが付いていたからなのか、限定版はすでに売り切れ店続出、なんと週間とはいえオリコンチャート4位だ。タイアップ曲でもなんでもなく、純粋に番組の主題歌が、オリコン4位。凄すぎる。
更に凄いのが、歌手・高橋秀幸のデビュー曲だって事。もっとベテランかと思ってた。

とにかく、ヘビーローテーションで聴きまくってます。

…え、エンディング
まー悪くはないと思うんだけど、正直、日本語のラップってあんまり好きじゃないんだよなぁ。
普通に詩として朗読するか、聴かせるメロディーに乗せるかのどっちかにしろって思う。中途半端。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

当たり年

今年は当たり年らしい。

…もう、いやや。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

外付けHDDの電源が切れない

職場で使われている、あるパソコンにはUSB接続のハードディスクが繋がっていて、パソコンの電源が切れると、ハードディスクの方も自動で電源が切れるようになっていた。
また、Macも同時に使っていて、パソコン専用デスクに2台並べて使っていた。

ところが先日の引っ越しでパソコン専用デスクが廃止になり、デスク周りが手狭になったため、モニタとキーボード(とマウス)を共用することを計画し、モニタとUSBを切り替えできる切替器を買った。

多少ケーブル周りがすっきりしているようでしていないが、一つのモニタとキーボード・マウスでMacとWindowsを使い分けできるようになり、便利になったなと思っていた。

ところが、切替器を取り付けた日の夕方、パソコンの周りから定期的にカチッという音がしているのに気付いた。パソコンの電源は切れているのになんで?と思ってよく見たら、電源が切れているはずのハードディスクが動いていて、カチッと音がしていたのだ。

結構気になる大きさの音で、聞いてて少しイライラするし、何よりハードディスクが壊れそうだ。

明らかに切替器を付けてからおかしくなったので、パソコンの電源が切れているときに試しに切替器が繋がっているUSBケーブルをパソコンから抜くと、ハードディスクの電源が切れ、音も止まった。
切替器はACアダプタを使っているので、USBポートを通じてパソコンの電源が入っているものとHDDが誤認識してしまうのだろう。さてどうする?

切替器のメーカーに問い合わせてみたところ、USBコントローラの不具合が考えられるので、チップセットのドライバアップデートをしてみろとのこと。しかし自分にはそこまでの知識はない。
というわけでパソコンの納入先に相談して後日診てもらえることになった。

まーMacの共用は一時的なもので、そのうち切替器使わなくても良くなる予定なのだけど…その前に外付けHDDが壊れたらシャレにならん。解決できるのかなぁ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Thunderbirdで文字化け

職場でのメーラーはThunderbirdなのだが、Mail.appから乗り換えたことで機種依存文字の文字化けは格段に減った。絶滅したとさえ思っていた。

しかし今日、お金の絡んだ話をメールでやりとりしていたら、また新たな文字化けが出現した。
1バイト文字の¥記号だと思われる箇所が全て1バイト文字の\(バックスラッシュ)に変わっていたのだ。バックスラッシュが¥記号と置き換わることは知っていたので、すぐにここに¥記号が入るんだなと思っていたのだが、Thunderbirdなら解決できるものと思っていた。でもダメだったみたい。

調べてみると、どうやら表示フォントがOsakaだったせいだということが判明した。
適当にMSゴシックに替えてみたらあっさり直った。
でもなぁ、MSフォントも問題ないわけじゃないしなぁ。

やっぱメールはWindows同士でないとまともに使えないのかなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

便利で不便なBluetooth

昨日のこと。
ある所で携帯電話が鳴った。通話ボタンを押して電話に出たがなぜか全く声が聞こえない。でも別の所から声が聞こえてきた。

車のスピーカーだった。

そう、たまたまエンジンをかけた車を降り、戸締まりをしようとしていた瞬間にかかってきたのだった。
元々は日産のカーウイングスサービスを受けるのに、わざわざ端末を車に繋がなくても持って乗るだけで使えるようにBluetooth対応の端末、ソフトバンク812SHを買ったのが今月初め。
もちろん、普通に通話着信を受けることもできるし、短縮番号を登録しておけば発信も可能だ。あぶないから走行中の発信はやらないけど(できないのかな?)。

で、初めてかかってきた電話を受けたのが…なんと車外だったというわけ。

慌てて車に戻ってマップランプの脇にある天井のマイクに向かって話した。何か変な感じだなぁ。
いや、前のV601Tを使っていたときも有線で繋ぐものの通話そのものは車のマイクとスピーカー使ってたんだけど、端末が手元にあるのに車に向かって会話しているのってよく考えると変だ。

でも明らかに車外にいるのに端末から通話できないというのも不便な話だ。
ま、エンジン切ればBluetooth接続も切れるので、止めてしまうのも手なんだけど。
あと、やっぱりバッテリーの持ちも良くないみたい。
このへんはワイヤレスの便利さとのトレードオフかなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

最近はインターネット必須?

今日の15時から明日の11時までメンテナンスのために更新できません。
なのでちょいネタ。

今日、アスクルで注文したロジクールのマウスが届いたんだけど、何と多機能マウスなのにドライバCDがない。あ、フロッピーでももちろんない。

コードレスマウスなんだけど、一応USBにレシーバを付ければ普通のホイール付きマウスとして使えるみたい。でも、ボタンの割り当てをするソフトはロジクールのサイトからダウンロードしないといけないようなのだ。

まぁiTunesをインストールしないと全く使えないiPodほどではないけど、最近はネットに繋がないと完全な商品にならないのだなぁと思った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ささやかな、幸せ。

この前グリーンジャンボ宝くじを買ったのだが、実家に帰ったときにそのまま親に渡してきたのだった。
番号を控えてあったわけではないので当たったかどうか分からなかったのだけど…

今日、別件で実家に電話したら、どうやら5等の3000円が当たっていたらしい。
まー6000円使って3600円と、元は取れなかったがこれはこれで喜ぶべきだろう。

それにしても西銀座デパート恐るべし。
当たり本数が多いことで有名だけど、販売本数が多いというだけで、確率はどこで買っても同じなはず。
でも前に頼まれて買いにいったときも当たったので、こうも続くと偶然ではないのかも知れない。
もちろん、たった2回の試行で確率を論ずるべきではないのだけど、別に立証する気もないのでまた買うかどうかは未定。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

WE LOVE GOLF!

公式サイト

携帯電話のゲームで「PRO GOLF 2007 FEAT. VIJAY SINGH」というゴルフゲームをタダで手に入れたのでやってみたけど、そういえばWiiで買ってあったソフトを一度も遊んでなかったなぁと思って遊んでみた。

これ、いわゆる「みんなのGOLF」の開発元が作ったゴルフゲームで、Wii Sportsのゴルフ同様、リモコンを振って遊ぶタイプのゲームである。
何が新しいかというと、Wiiリモコンに付いているスピーカーから音声ガイドがあり、スイングのタイミングを教えてくれるのだ。しかもショットの結果を教えてくれる。

ゴルフクラブを持っているのに一度もラウンドしたことのない私にとっては大変興味深い機能だと思って早速練習モードで遊んでみた。

ところが。

別に自分のリモコンの動きを感知して教えてくれるわけではなく、画面上に出ているゲージの上を動くポインタの動きを音声で教えてくれるだけなのだ。確かにリモコンを下に向けているときは画面が見えないので、その間の画面の情報を音声で教えてくれるのはありがたいのだが…
要するに、きちんとスイングできてなくても褒めてくれたり、逆に上手くできたのに「惜しい」とかまるで的外れなコメント。

特にパターはどう考えても少し振るだけでよさそうなのに、かなりリモコンを動かさないと振ったことにならない。

もしかしたらリモコンセンサーの調整がうまくいってないだけなのかもしれないけど、ゲームとして遊んでみると、Wii Sportsの方が面白く感じた。割りと適当に振っても遊べるからなぁ。

つうわけで現時点ではオススメできないんだけど、やってみたい方はこちらからどーぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヤッターマン 貯金爆弾

つい衝動買いしたおもちゃである。衝動買いと言っても予約したので買ったのは先月なんだが。
これ、去年発売の「人生銀行 貯金爆弾」という貯金箱のヤッターマンバージョンである。

オリジナルの貯金爆弾を持っていたわけではないんだが、ヤッターマンの名前が付くくらいだ、滝口順平の声で「おしおきだべぇ〜」とか言うもんだと勝手に思いこんで面白そうだと注文したわけだ。

で、今日届いたので早速開けてみた。
もっと大きいかと思っていたが、砲丸投げの砲丸くらいの大きさで、意外と小さい。
電池蓋を開けるのにドライバーが必要と、対象年齢6歳以上にしてはハードルが高い。しかも単三が3本も必要ときた。当然別売りだ。慌てず騒がずエネループ装着。

電源スイッチを入れると音楽が流れた。が、ヤッターマンとは関係ない曲だ。
だんだん悪い予感がしてきた。
財布からなけなしの小銭(普段から小銭が少なくなるように、例えば70円の買い物は120円を出して50円玉をもらうとかしている)を出して入れてみた。
すると…導火線を模した赤いランプが点滅するとともに音楽が流れ、更に振動を始めた。かなり激しい。なるほど、それで単三3本も使うのか。
で、振動が止まるとまた電源を入れたときと同じ曲。また小銭。
何回か繰り返すと、ガバッとドクロマークの蓋が開き、それまでに入れた小銭が勢いよく飛び出した。

…それだけ?

マニュアルを良く読んだが、どうもそれだけのようだ。
一応バンクモードとパーティーモードがあって、パーティーモードでは3段階の確率でドクロマークが開く罰ゲーム的な遊び方が出来る。バンクモードでは一定期間お金を入れないとやっぱり蓋が開いてしまうので、継続的に貯金できるだろうということらしい。

オリジナルの貯金爆弾のマニュアルをダウンロードしてみると、驚くべき事実が。
イラストと商品名以外、ヤッターマンのと同じやんか。

どこが違うの?と一生懸命探してみたけど、どう見てもドクロマークの部分がドクロベェになって、ヤッターマンのロゴが入っているだけのようだ。やられた。orz

元々大人向けに売っていたものをパッケージデザインだけ変えて子供向けに売るとは…まさに子供だまし。それにひっかかる自分って一体…子供以下?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

バンテージ・ポイント

公式サイト

この映画もかなり前からやたら予告編をやっていて、気になっていたので観に行ってきた。
例によって公式サイトとか全く見ないで、単なるサスペンスドラマかなって思ってたんだけど…

想定外に面白かった。

アメリカ大統領がスペインで演説中(というかしようとした瞬間)に狙撃される事件が起き、その事件を目撃していた登場人物がそれぞれの視点で物語が進み、一人が終わると時間が巻き戻され、次の人の視点で話が進む…で、だんだん真相が明らかになっていって…という話の進め方もさることながら。

予想だにしていなかったカーチェイスが面白い!
主役のデニス・クエイド扮するボディガードが、たまたま通りかかったオペル・アストラ(最初、マツダ3かと思ってたけど、違った)をドライバーから奪い、多少のクラッシュはなんのその、鬼神の形相で追いかける追いかける。

いやー、まだ2週目だというのにシネコンで一番狭いスクリーンだったので、もしかして地雷(つまんない)か?とびくびくしてたんだけど、面白かった。

ただ、話の内容から、2回目以降は面白くないかも知れないし、ネタバレされるとつらいかもしれない。なので、最初からDVDで観る、といった見方がいいのかもしれない。

でも、この前までTVで「SP」ってやってたけど、主役の仕事は同じボディガードで、カーチェイスもあり。これで食指が動いた人は観に行くべし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

故郷はパンを食べて想うもの?

今日、初めてヤマザキの「ジャージー牛乳ブレッド」を食べた。普段は買わないんだが他のパンと抱き合わせで安かったので買ってみたのだ。

蒜山ジャージー牛乳を使ったパンらしいのだが、何気なしにパクついてみると…どこかで食べたことのある感じ。そう、遙か昔に食べた感じがしたのだ。

しばし考えて、思い出した。
長栄軒の「牛乳パン」だ。

長栄軒というのは松阪に本社工場のある製パンメーカーである。昔、山崎、敷島のパンもあったと思うけど、日常的にスーパーなどに売っていたのは圧倒的にここのパンが多かったと思う。
確か、小学生の時に工場見学にも行ったはずだ。今も工場見学ってあるのかな?

さてこの牛乳パン、牛乳が練り込んであるのだが、見た目には何も入っていないパンである。なので当時はこれを牛乳と一緒に、というより少し深めの皿に入れた牛乳に浸して食べるのが定番だった。

企業サイトに製品情報が載っていない上に、実家に帰ってもパンを買ったりしないので今も売っているのかはわからないのだが、ググってみると比較的最近のブログに写真付きで記事になっていたので、普通に売っているんだろう。しかもパッケージが2〜30年前と変わっていない。ある意味凄い。

ああ、なんだか猛烈に食べたくなってきたなぁ、長栄軒の牛乳パン。

ちなみに今日はずっとまちBBSの松阪市スレの過去ログを読んで過ごしてしまった。
食い物の話題が多いけど、ある意味正しいと思う。
今も自分が松阪に帰りたいと思う最大の理由は「食い物が普通に美味しい」ことなのだから。
(あ、今住んでるところの食い物がまずいわけじゃないけど。)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

教会でお葬式

暗い話題が続くが初めての経験だったので書いておく。

とある教会でお葬式があり、参列した。
いつもの、と言ってもまだ数えるくらいしか葬儀に参列したことはないのだが、仏教式の告別式では坊さんの読経と焼香というのが一般的だと思う。

ところが、今回は神父がプレゼンソフト(確かパワポって言ってたと思う)使いながら故人の生涯を振り返ったり、参列者一同で賛美歌歌ったりの繰り返し。
最後に献花して出棺ってのは同じなんだけど、それまでの様式がというより、雰囲気がまるで違った。
久々のカルチャーショックである。前は何だったか忘れたけど。

ともかく、やってることは微妙に違うのだけど、雰囲気としては結婚披露宴に近い。しかもどちらかと言えば二次会のノリ。やってくれる人がいるのかわからないけど、自分が見送ってもらうのなら、こういうのもアリなのかな?と思った。

ま、その前に結婚か。全く目処が立ってないけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

やっと車が戻ってきた

というわけでほぼ1か月ぶりにティーダが戻ってきた。
結局お互いが自分の保険で修理することになり、最初後ろのドアは板金で叩くって話だったのが2枚とも交換、フェンダーとホイルカバーも交換したらしい。右から見たらほぼ新品だ。

今日は車を受け取るだけだと思ってたので、何も持たずにディーラーに行った。
でも事故前に保険の更新を済ませていたために、等級が変わった事による追い金を支払うための書類に捺印しないといけなかった。
そこで書類を持って帰り、捺印した後、営業さんが家まで捺印した書類を取りに来ることになった。

ところが。

ティーダにiPodを仕掛け、さっきまでマーチで聴いていたTV番組の音声を聴いてみたら、どうも違和感がある。なんか右からの声が小さいような気がしたのだ。でも、全く聞こえないわけじゃない。
帰宅し、捺印した後、車に戻り、試しに音のバランスを右だけに振ってみた。
すると、明らかに右が小さい。けど全く聞こえないわけじゃない。正確には後ろから聞こえてるようだ。車を降り、後ろのドアを開けてみた。ドアのスピーカーからガンガン音が鳴っていた。
(ちなみにこの時聴いてたのはDeep PurpleのBurn
でも、さっき降りるときに開けた前のドアのスピーカーに耳を近づけてみると…全く聞こえない。
これだ。

そうこうすると営業がやってきたので、書類を渡し、スピーカーから音が出ていないことを説明した。
1時間ほど再度車を預け、ようやく完全に復活した。

いやー、長かった。これでティーダで通勤できる。

あ、そうそう、今日は本当はマーチの2回目の燃費計算を記事にするつもりだったのだが、812SHのカメラ機能を使いこなせていなくて、オドメーターとセルフスタンドのメーターを写真に撮ったつもりが保存されていなかった。このカメラ、撮影ボタンを押すとピロリン♪と鳴るのだが、その後もう一度撮影ボタンを押すかメールを作成する操作をしないと次の撮影に移れない上に、保存もされないのだ。

というわけで全く保存されていなかったので今回は「燃費計算不能」。
今日はいつも狙って給油している特売日ではなかったし、踏んだり蹴ったりだ。くっそー。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

車が直っていた

昼飯を食べていたら携帯電話が鳴った。正確にはバイブレータが振動しただけなのだが。
思いっきり口に食い物が詰まっていたので少し待ってから出たらもう切れていた。
履歴を見るとディーラーだった。

お、ついに車の修理が終わったか?

と思ってかけ直したら、どうも修理は先週に終わっていたらしい。
なんで終わったって連絡してくれんのだと文句を言ったら、先々週末に実家に帰る前にディーラーに電話した際、「この土日は事情により車を取りにいけないので、早くて次の土日にしかいけない」と伝えたのを、どうも「先週の土日のどちらかに取りに行く」と解釈されたらしい。

いやいや、ディーラーから連絡がなかったらまだ直ってないと思うでしょうが、常識で考えて。
代車がレンタカーなのもあって、土日に取りに来ないことにしびれを切らせて電話してきたようなのだ。その証拠に、しばらくしてから保険会社からも電話があった。

まぁそういうわけで本当は車を受け取りに行きたかったのだが、あいにく今日中に終わらせたいことがあって、泣く泣く、というか頼み込んで納車を明日にしてもらった。
もう今日になってしまったけど。

とりあえず、ディーラー近くの、というかいつものスタンドでガソリン満タンにして再度燃費を計算する予定。
しかしマーチって結構乗りやすかったかも。加速がいまいちだけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

812SHで着メロを使うには

一番簡単なのは最初から入っているものを使うこと、そしてデータフォルダの着うた・メロディダウンロードからダウンロード(購入)することである。

ただ、手軽なんだが、端末を替えると途端に使えなくなってしまう。
前の端末はV601Tだったが、初めてダウンロードで着メロが使える端末だったこともあって結構調子に乗ってバンバンダウンロードしていた。しかしそれが812SHで全く使えなくてガッカリしたものだった。
(SDカードにバックアップできるので別の端末にも移せるものと思っていたので。ま、これが出来たらコピーし放題なので出来るわけないのだけど)

というわけで、パケットし放題にはしているものの、端末が変わったら情報料を改めて支払うシステムにどうも納得がいかず、元のデータそのものはパソコンで管理できるものにできないかと考えた。ただ、この考え自体はV601Tの時からあって、一部は812SHに転送できたのだ。

やりかたは3つ。いずれもSMAFファイルを使う方法だ。
一つはインターネット上の着メロ職人さんの作品(拡張子.mmf)をそのままダウンロードし、メモリカードやBluetoothで転送する方法。
もう一つはMIDIファイル(拡張子.mid)を作成あるいは職人さんの作品をダウンロードし、ヤマハのサイトからSSDというツールで変換する方法。
最後は同じくヤマハのWave to SMAF コンバータ (WSC-MA2-SMAF)でaiffファイルをSMAFに変換する方法。

他にもSMAFを一から作る方法があるんだけど、Macで出来ないみたいなので今回は未検討。

最初の2つは出来上がったファイルサイズも小さく、V601Tでも好きなように使えたんだけど元の曲と音色はもちろん、テンポが違ってたりすることが多かった。何よりその性質上、着うたは不可能。

最後の方法は、基本的にCDに入っているもの(aiff or wav)なら何でもSMAFに変換可能。つまり着うたが自作可能ということだ。ただし、サンプリングレートが4kHzか8kHzしか選べない上に、ファイルサイズが前出の方法より遙かに大きくなってしまう。サンプリングレートが小さいということは端末のボリュームを最大に上げてもかなり小さい音になってしまうこと、更に使用可能なファイルサイズが端末ごとに決まっていて、V601Tだと64kBまでしか作れなかった。

しかし今度の812SHは、このファイルサイズが256kB位まで使えるようで、比較的長い着うたが作ることが出来るようになった。ただ、音の小さいのはどうにもならず、この点が残念である。

それにしてもこの812SHに使われている音源チップであるが、V601Tの3年も後の端末なので当然上位モデルが使われていると思っていたら、何と同じでもなく下位モデルだった。この表を見ると何とV601Tの前に使っていたJ-Phone時代のJ-N05に載っていたのと同じである。さすがシャープというかソフトバンクというか(まぁ、後者かな)見えないところは徹底的にケチるなぁ。
逆に、東芝が当時としては無駄に高機能なチップを使っていたとも考えられるのだけど。当時はボーダフォンが一人負けで相当落ち目な時代だったからなぁ。機能的には落とせなかったのかな?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

企業戦士YAMAZAKIとウルトラセブン

時々、コンビニで旧作漫画を再編集した500円前後のペーパーバックを買ったりするのだが、ちょっと前にも出ていて、2冊目が出たので買ってきたのが「企業戦士YAMAZAKI」。
スーパージャンプで連載されてたのは知ってたのだが、ああ、「コマンダーゼロ」の人の漫画ね、という認識で、実際読んだことはなかったのだった。

まぁ話はサイボーグである山崎宅郎がどっかの会社の商品企画開発部に派遣されて、画期的なアイデアを提案し、派遣先のスタッフが商品を開発するが、商品化寸前でライバル会社から同じように派遣されたサイボーグに襲われて、一度はやられるものの、どっかで見たようなメガネ型アイテムを取り出すと戦闘モードになってどっかで見たような武器で倒してめでたしめでたし…というのが毎回のパターン。

時期的にバブル経済が崩壊し、平成不況と呼ばれていた90年代の話である。なので今思えば古くさい描写があるのだが、アイデア的にはドラえもんの道具ほど突拍子なものではなく、そこそこリアルに再現できそうなものがネタにされていた。中には本当に実現されているものもあったりして、この10数年で世の中は進んでいるんだなぁと実感した。

で、その話の中で企業のサラリーマンが仕事を辞めたくても辞められない状況を例えた「血を吐きながら続ける苦しいマラソン」というセリフが出てきた。
これ、似たようなセリフが「ウルトラセブン」にあったよなぁと思って調べてみたら、26話だった。

「超兵器R1号」(DVDウルトラセブンVol.7収録)

でまぁ、自分はDVD-BOXを持っているので早速観てみた。

今から40年前の特撮番組だが、当時の冷戦状態を痛烈に皮肉った話である。地球の戦闘力を示すためにギエロン星に向けてR1号を撃つことに対し、異星人であるモロボシ・ダンが反対し、相手が攻撃してきたら更に強力な兵器を開発すればいいという意見に対し「それは血を吐きながら続ける悲しいマラソンですよ」とつぶやいたのだが、小さい頃再放送で見たときはそんなこと全くわからなかった。
なんせ子供にとっての見どころはその後、生物が住めないとされていたギエロン星の小鳥がR1号の爆発のショックで巨大化し、放射能をまき散らしながら地球にやってきてからなのだから。
(ゴジラも似たような設定だけど…まぁその辺は仕方ないか)

それにしてもこのような形で何度も見たくなるウルトラセブン。40年前の子供向けドラマとは思えない。むしろ大人になって観ることでセリフが心に残ったりするのだと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ジャンパー

公式サイト

本当は先週に観に行くはずで、チケットも買ってあったのだが、止ん事無き事情により払い戻しも出来ずに観に行けなかった作品である。結局レイトショーなのに2400円も使っちゃったよ。

さて、この作品、瞬間移動能力を持った少年(ジャンパー)がジャンパーを抹殺しようとする集団(パラディン)と追いかけっこをする…端的に言ってしまえばそれだけの話である。
瞬間移動がどのような原理で可能になるのかはほとんど説明がない。特に奥歯にスイッチがあってグッと噛みしめると瞬時に移動できる…とかいうものではなかった(そりゃ009だ)。

それにしても主演がヘイデン・クリステンセンとサミュエル・L・ジャクソンって…ライトセイバー持ってたらまんまスターウォーズじゃないですかっ。しかもいきなり金庫破りなんかして最初っからダークサイドに堕ちてるし。

あと、気になったのは瞬間移動先に日本も出てくるのだけど、銀座の地下鉄出口を出たと思ったらなぜか目の前が渋谷だったり(銀座に109はねぇぇ)よくわかりません。ま、その間にジャンプしたのかもしれないけど…

あ!わかった!アップルストアをワームホールにして銀座店から渋谷店に移動してるんだよ、きっと!(違うか)

しかしまぁこういう追いかけっこものは観ていて面白い。中身があるか?と言われるとうーん…なのだが、何も考えずに観られる作品としては面白いでしょう。なんか続編がありそうな終わり方だったし、シリーズ化するのかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

北斗の拳 北斗神拳伝承者の道

公式サイト

実は先月買っておいたのだが書きそびれてしまったので今書く。

タッチペンで遊ぶ「北斗の拳」ゲームはこれが初めてらしい。どんなんだろうと思ったのだが、原作漫画に色と声が付いてストーリーが進み、敵が現れるとペンでタッチして倒す…というものだった。
原作漫画に色と声…というのは今や携帯電話でも楽しめる電子コミックそのものである。

敵が現れると…の部分は漫画のコマ割りの中に出てきた的をコマ割りの周囲に沿って進むタイマーが切れるまでにタッチする、他愛のないものである。たまに的に数字が書いてあって、その場合は数字の順にタッチしないといけない。
また、ペンで正確になぞれとか、同じ所をひたすらこすれとかもあるけど、いずれも成功すると断末魔の声と共にからだが吹き飛ぶ…のではなく、ガラスの割れる音と共にコマ割りが砕け散るだけ。

要するにそれなりに考えられているけど飽きの来るのが早いゲームである。

それなら電子コミックの部分の出来はというと…個人的にはちょっとダメ。
一応声優としてケンシロウ役の神谷明、ラオウ役の内海賢二、そしてナレーター役の千葉繁が声を当てているんだけど、主役のケンシロウの声がいただけない。
なんというか、感情がこもってないというか。ケンシロウのセリフって悲しみと怒りに満ち溢れたものが多いと思うんだけど、このゲームのケンシロウはひたすら明るいのだ。よく言えば「かっこよさ」だけを追求した声とも取れるけど、どうもやっつけ仕事でやりました的な感じが否めない。
もしくは神谷明自身がそういう役を演じきれなくなってしまったのか?まぁ20年以上前の話だしなぁ。

というわけで、パッケージには「秘孔突きタッチアクション」と銘打たれているが、基本的には電子コミックである。ま、カルトクイズモードとかもあるのである意味マニア向けかも知れないけど、ちょっと万人にはお勧めできないなぁ。

ちなみにまだ序盤しかやってないのだが、とりあえずシンの最期のシーンは「お前の拳では死なん」くらいは入れて欲しかったなぁ。いきなり飛び降りるんだもん。ちょっと端折りすぎ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

MacからWindowsへの移行完了(メール編)

昨日、なぜかMac版Mail.appからWindows版Thunderbirdへコピーしたメールデータが読み込まれないばかりかメールサーバの読み出しも出来ずに困っていたのだが、何とか解決した。

結局原因はわからなかったのだが、やったことをメモ。
一旦Thunderbirdをアンインストールし、Application DataフォルダのThunderbirdフォルダを丸ごと削除した。これ、実は昨日もアンインストールしたんだけど削除されていなかったのだ。

次にもう一度インストーラーからインストールし、既に設定してあったOutlook Expressのアカウントデータからアカウントを設定。するとパスワード入力ウインドウが出たので、とりあえずキャンセルし、そのままThunderbird終了。

次、外付けHDDからコピーしてあったMail.appのライブラリデータから**.mboxのフォルダを探し、中にある「mbox」というファイルをデスクトップにコピーし(どこでも良いと思うけど)、元々のサブフォルダの名前を付けた。

次、デスクトップに作ったファイルをThunderbirdのローカルフォルダに移動した。これ、後で思ったけどmboxファイルをいきなりローカルフォルダにコピーしてからリネームすればよかった。

次、Thundebird起動。するとやっとメールを読み込んでくれた。よかった。

というわけでThunderbirdでは使えるようになった。でもこれは中間地点に過ぎない。
今度はこれをOutlook Expressにコンバートしないといけないのだ。

まずとりあえずインポート機能でEudora形式からインポートしようとしたのだが敢えなく失敗。
Thunderbirdヘルプでは簡単に移行できるって書いてあったのに。
仕方なくググってみたら、一旦eml形式にすれば良いことが判明。
そしてThunderbirdのmbox形式をeml形式にコンバートできるのが「emlXtracter」というものらしい。

早速ダウンロードしてインストールし、Thunderbirdのローカルフォルダから拡張子の付いてないmboxファイルをドロップ。すると読み込みの準備を始めた。思ったより時間がかかるようだ。終わると今度は保存先の指定。一応デスクトップに同名のフォルダを作り、そこを保存先に指定し、抽出開始。
今度も時間がかかったが無事終了。フォルダを開けてみると、メールが1メッセージずつemlファイルになっていた。

次、Outlook Expressを起動し、Thunderbirdのサブフォルダと同じ名前のサブフォルダを作り、そこを開いた状態で、さっき作ったemlファイルをドロップ。
これでメールの移行が完了した。

ちなみにアドレス帳はThundebirdでLDF形式で保存したものをインポートしたのだが、メールアドレス以外メチャクチャ。幸い数が少ないのもあって手動で修正した。

というわけでMail.appからOutlook Expressへの移行が完了した。
そういえばさっきググって知ったのだがOutlook Expressって4年前に開発終了してるのな。
今後Xpユーザが激減し、Vistaユーザが増えれば使う人も減るんだろうけど、それもしばらくなさそうだし。何とかしてOutlook Exppressだけ使えなくなるようにしてもらえないかなぁ。特に官公庁で。
お役所が使うの止めたら企業ユーザもこぞって替えると思うんだけどなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

どうして?上手く動かない

今日は一日パソコンいじりだった。書類チェックのついでのつもりだったのに。

まず、キングジムのテプラ。専用ドライバを入れてからこいつをWindowsパソコンに繋ぐとラベルプリンターとして使えるのだが、付属のテキストエディタは使いづらい上にUnicodeに対応していないため、漢方薬等に使うJIS第三、第四水準とかの漢字が使えないのだ。

なので必然的にUnicode対応であるWordを使うことになった。一応Word用のテンプレートファイルも付属していたのだが、なぜか18mm以上の幅しかなく、うちの職場で最も使う12mmテープのテンプレートは自作しないといけなかったのだった。

で、確か以前にこの12mmのテンプレートを作った記憶があるので探してたのだが、どうもバックアップを取り忘れていたようで、不安定だったOS再インストールの際に消してしまったみたいなのだ。
仕方なく、18mmのテンプレをベースに作り直したのだが…なぜか縦書きで出すと左半分に寄ってしまう。フォントサイズを変えても同じ。
印刷中のダイアログをよーく見ると、テープ幅が6mmになっていた。
テープ幅の指定が間違っていたからかと設定し直したのだが、結果は同じ。

急ぎではないということで一旦中断したのだが…どうも納得がいかない。なんで?

次、Windows版Thunderbird。
かねてからG4Cubeを買い換える話があって、結局FMVにしたのだが、手違いでモニタのサイズが注文と違っていたため、モニタが届いたのが月曜日だったのだ。
Cubeの使用者が午後から早退したのもあって、Cubeの中身をFMVに移す作業に入った。
バックアップにFAT32フォーマットの外付けHDDを使ったのだが、ユーザーフォルダを丸ごとコピーしようとしたら、すぐに止まってしまってほとんど出来なかった。
そう、書類のほとんどに拡張子がなく、それはまぁよしとして、Windowsのファイル名に使えない文字が多用されていたのだ。1バイト文字のスラッシュ、カンマ、中点等々。
正直、どこにそういうファイルが眠っているかパッとわからなかったのでこういうソフトを使ってみた。
非互換ネームcheck

絞り込みの条件はある程度変えられるのだが、要は調べたいフォルダをドロップすると問題のあるファイルをリストアップしてくれるのだ。候補中の問題箇所は色が変わるので、代替文字にかえてやることができる。拡張子がないのは3千個以上あったのでとりあえず放置して(なくてもExcel程度なら開く)使えない文字だけ修正した。60個強。
これ、かなり前からWindowsユーザーとやりとりするときに問題になるのはわかっていたことなので説明したはずなんだけどなぁ。

まぁそれはええわ。問題はメール。
AppleのMail.appからOutlook Expressに移行したかったのだが、まずはThunderbirdにコンバートしてやらないといけないらしい。
この前、お試しでMail.appからMac版Thunderbirdに移行したのだが、今回はMailのバージョンが古く、メールボックスの構成が変わっていたので苦戦した。ライブラリのメールフォルダからmboxというファイルを探し出し、Windows版Thunderbirdのローカルフォルダに入れた後起動するとメールボックスがフォルダ単位で引っ越しできるという話なのだが…

なぜか動きがおかしい。
フォルダは確かに出来ているのだが、なぜかクリックしても中身のメールが一切表示されない。
そもそも送受信ができていない。
試しにたまたま持ってきていたレッツ君に入れてあるThinderbirdを起動してみた。普通に使えた。
なぜ?なぜ今回だけ送受信が出来ないのだ?

結局、アドレス帳は移行できたがメールが一切読めていない状況。
くやしいなぁ。ストレス溜まるよぉ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

赤福を買ってきた

というわけで香川に移動だったのだが、不可抗力とはいえ突然休みを取ったのでお詫びの印にお土産を買っていくことにした。

キヨスクなのであんまり種類が豊富ではないのだが、やはり今買っていくとすればこれしかない。

今月販売再開した赤福餅である。

あんこなので好き嫌いが思いっきり別れるところだが、話題性は十分だ。
本当に守っているのかどうかはともかく、真っ当に作っている説明書きが見本箱の横にあった。
まぁ今本気出さなくていつ出すんだって時期なので当然だろう。

本物の商品はレジの後ろにあるので3つ買おうとしたら…断られた。
そう、販売個数を制限してるのだ。箱は大小2種類あるが、どの組み合わせでも2個までらしい。
仕方なく2個買った。
個数制限の理由を考えてみたのだが、単純に品薄感を出すためなのか?余らせないように生産調整がしやすくするために、仕方なくやってるのか?
朝9時前に買ったので、まだまだ山積みだったが、夕方に行って売り切れてたら後者だろうな。

買えなかった分は大阪に着いてから売ってたら買えばいいやと思って電車に乗ったのだが、難波駅では売っていなかった。もしかしたら大阪線の終点である上本町なら置いてたのかもしれないけど、乗客数が半端ではない駅だ。着いたら11時頃だったので売り切れてたのかも知れない。

ていうかね、普段赤福って買わないんですよ。
大抵帰省したときは長期の休みの最終日前日に戻るので、こういう日持ちしないものは買わないんですね。もちろん、かつて駅で売っていたものと赤福本店で食べるものとは明らかに違うってのもあったんですが。

そうこうして香川に戻ったらちょうど職場の休憩時間になりそうだったので赤福を持って行くことにした。途中、警察主催のサイン会場に招待されかけたけど(サインするの自分やけどな)華麗にスルーし、無事に食べてもらうことが出来た。

で、自分も後で1個久々に食べるつもりだったのだが…渡してそのまま帰っちゃったよ。
まあ今度5月にでも本店に食いに行くことにしよう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

葬儀が終わりました

昨日は別の記事へのコメントを書いたものの、新規投稿ができなかった。
というのは、昨日通夜が終わった後、徹夜で線香の見張り番をしていたからである。
喪主である兄と交代ですることになっていたのだが、兄は前日に続いてなので、
2時頃に1時間仮眠しただけで後はずっと自分が見張っていた。
まぁ線香は2時間半ごとに継ぎ足していたので、その間に仮眠し続ければよかったんだけど。

その間、3年間の闘病生活の末、亡くなった義姉の話を聞いた。
ほとんど会っていなかった義姉が身近に感じられた気がした。

日があけて今日。
火葬を済ませ、告別式との間に待ち時間があったので、また少し仮眠をとった。
正直、告別式はコトが済んだ後というのもあって眠気も限界に来ていたのだが、がまんがまん。
そしてやっと終了。疲れました。

今日、多少無理をすれば四国に戻ることも可能だったのだが、今もかなりへろへろなのでもう寝ます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

実家に帰っています

とりあえず生存証明。

というのも、携帯電話を忘れてしまったのだ。
家でもインターネットが使えなくなってたし。

急いで実家に帰ったものの、通夜は明日、葬儀が明後日なので今日は得にする事がない。
で、携帯電話を調達しようとプリペイド端末を捜しに自転車で松阪市内を東奔西走(マジで)。
最初、ソフトバンクで捜そうと思って自転車で周れる範囲で捜したのだがどこも在庫切れ。
最後にauに行ってみたら、あったのはあったけど端末に充電器をあわせて6千円弱、それに最低3千円のプリペイドカードを買わないといけない。

携帯を忘れたのに気づいたのはバスに乗ってからなので、正直この価格ならバスで引き返して取りに戻るのと変わらない。大体、ほとんど実家か斎場にいるはずなので必要なのは移動中だけ。
ショップのおねぇさんも無理に勧めてこなかったのであきらめた。

というわけで携帯電話も手に入れられず、失意のままマン喫で書き込んでおるわけです。

明日以降はこんなことができそうもないので、連続更新記録がストップしてしまうのだが、しかたないか。
とりあえず書き込んで満足できたので家に帰るとしよう。

しかし久々に自転車で市内を走り回ったのだが、学生時代と比べて相当脚力が落ちているのがわかった。
普段自転車乗ってないからなぁ。

それと気づいたのが、なぜか市街地に携帯電話屋が一軒もなかったこと。
つくづく、松阪が車社会だということを思い知らされた。
でも、基本的に車で移動中は通話はNGだよ?なんか根本的に間違ってないか?

| | コメント (4) | トラックバック (0)

訃報

義理の姉、つまり兄の嫁さんが亡くなりました。
色々と支度があるので今日は帰れないけど、明日の朝一番のバスで帰る予定。

帰省したときにしか会ってなかったんだけど、最近は体調を崩してそれすらもなかったので、ついにこの日が来てしまったかという感じで、驚きはしなかった。
とはいえ、電話で聞いたときは「うそっ!」と言ってしまったけど。
甥と姪はまだ小さく、この事実をどう受け止めているのだろうかと心配になる。
自分が父を亡くしたときはもう26だったからなぁ。あの時は、まだ26と思ってたんだけど。

というわけなのでしばらくはマニアックなネタは書かないような書くような。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

久々に秋葉原

今日は東京で会議だったのだが予定より早く終わったので電車で一駅の秋葉原へ。
確か前に行った時はまだ「晋ちゃんまんじゅう」が売ってたんだよなぁ。
こう書くとえらく前のようだけど、ちょうど半年前かぁ。

そんなことを思いながら向かったのが「サンコーレアモノショップ」。
秋葉原に2店あるらしいのだが、実は本店の場所を知らなかった。
駅の近くを探したけど結局見つけられなくて、前にたまたま見つけた2号店に向かった。
ここ、USBを電源としたヒーターとかクーラーが割と有名だけど、正直あんまり興味はなくて、ペン型のボイスレコーダを触ってみたくて行ってきた。
ペン型のレコーダは持っているけど、ここに売ってるのは直接USBポートに差し込めるのがウリの一つ。
なので、軸の太さが確実にUSB端子よりも太く、明らかに不格好。
事前に調べたところ、バッテリーもあまり持たないみたいだし、購入はちょっと見送りかなぁ。

他にも気になるものはあったんだけど、買うと荷物が多くなりそうなんで楽天とかで買えばいいかと思って今回は見送り。でも楽天のショップを見てみたら、取り扱い品目は少ないわ、送料無料にするためには15k円以上必要だわ、結局店で買っておけば良かったと少し後悔。
来月も東京だけど…その時に本店訪問も兼ねて買うことにしようかなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

給油記録(2008年3月1回目・番外編)

今日の給油はティーダではなく代車のマーチである。レンタカーなので満タンスタート時の記録から計算した。

今回:17569km
開始:17086km
給油:30.02L
燃費:16.1km/L

ちなみにガソリンは142円/L。

土日辺りに納車になりそうなんだがちょっともちそうになかったので本日給油。
くっそー、ティーダより良くなってるやないかっ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

バーチャルコンソール:メトロイド

帰宅したらWiiが青く光っていたので起動してみたら、また新しいチャンネルの案内メールだった。
今度はEPGの使えないTVでも番組表を画面で見ることが出来て、なおかつWiiリモコンでTVの電源とチャンネルの変更が可能な「テレビの友チャンネル」である。
自分の好きな番組にスタンプを押すことが出来、本人の了承を得た上でそのスタンプデータを送信して、期待度を集計することも可能らしい。

ただ、残念ながら自分はリアルタイムでTVを見ない人なので(家にいても別の番組を見ている)あまり意味のない機能であった。

で、このチャンネルアプリケーションのダウンロードをするためショッピングチャンネルを起動したので、ついでにバーチャルコンソールを覗いて見つけたのがこれ、初代メトロイドである。

一応公式サイト

実は初代メトロイドを遊ぶのはこれが初めてである。
4作目に当たる「メトロイドフュージョン」は遊んだことがあるが、初代も遊んでみたいなぁとは思っていた。どうもファミコンミニシリーズで出てたらしいのだがさっきまで知らなかった。で、今日Wiiで配信されたということで遊んでみた。

うーむ、前にファミコンミニで遊んだ「パルテナの鏡」ほど極悪ではないけど難しいなぁ。何しろ自分の腕より下に攻撃できないのにその位置に猛スピードで突っ込んでくる敵がいたりするんだが、やはりパルテナと違ってライフ回復が比較的容易なのと一発死がないぶん、敵の攻撃は極悪に感じるのかな。
何しろ最初の部屋でライフ満タンにしておかないと厳しい。もちろん慣れてないせいだけど。

それにしても迷路探索型ゲームなのにヒントっぽいものがまるでない。昔はこれが当たり前だったんだろうけど、今やると単なる不親切なゲームにしか見えないなぁ。

というわけであんまり進むことが出来ず、この前ダウンロードした「カスタムロボV2」を始めてしまった。なんて軟弱者なんだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

812SH使用体験記

というわけで今日初めて新しい端末812SHを職場に持って行った。

ソフトバンクの一番の弱点は電波の届きにくさなのだが(なんせ実家の1階が圏外である)1日の中で一番長くいる職場で受信できないのは全く意味がない。
3G携帯は通話エリアが2Gより狭いのでそこが一番心配だったのだ。

まぁ自分で試すまでもなく、この4か月迷ってるうちに先輩がさっさとキャリア変更でソフトバンクにしてしまったので電波が届くのは確認できていたんだけど。
なので、当然のことながら自分でも普通に使うことが出来た。

さて、今まで使っていたような機能は一通り使ってみたのだが、見慣れないものを発見した。
「カスタムスクリーン」である。
要はパソコンソフトでいうところの「スキン」のようだ。見た目や音が一定のテーマに沿ったものに入れ替えることが出来るらしい。

これ、どうもシャープが独自に自社製端末用に提供しているサービスのようで、「カスタモ」というサイトを見ると、同じサービスをドコモでは「きせかえツール」、auでは「EZケータイアレンジ」と言うそうだ。
このサービス、525円もするのだが(ちょっと高いぞ)、せっかくだから、俺はこの「ゼビウス」を選ぶぜということでダウンロードしてみた。

まずメインの壁紙がゼビウスのタイトル画面。懐かしい〜。
特にセンスが良いなぁと思ったのが、電波の強度を示す例の3本のアレ、スペシャルフラッグなのだ。
しかもバッテリーゲージがソルバルウの残機アイコン。
着信音がゲームスタートの曲、メールはエクステンド音だ。
ゼビウスを知らない人には何のこっちゃかわからんだろうなぁ。

うーん、これ、1回100円とかだったら頻繁に替えてしまいそうな気がする。高いけど結構楽しいぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

危ねぇ危ねぇ

ココログにログインしたらこんな情報があった。

3月3日ココログ利用規約変更のお知らせ

規約改定で、長期間更新のないアカウントを削除するようになったらしい。
今でこそ毎日更新するようになったけど、1年前の状態だったら消されてたかもな。
まぁ基本的にはニフティ会員じゃなくてもココログが使えるココログフリー会員が対象なんだろうけど。
使われてないディスク容量がもったいないのと、更新されなくて誰も見ないところは広告収入も望めないってのが実情なのかな。

ちなみにうちのディスク容量は2GBだけど、10MBも使ってません。確か1年前はフロッピー1枚にバックアップ取れてたような気がする。この調子だと一生かかっても使い切れないなぁ。
まさに某携帯キャリアの100年メールの世界。

ああもう2時だ。寝よ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

携帯電話を替えました

携帯電話の機種変更をしようと思ったのが昨年の10月末
あれから4か月。冬モデルが発売され、更に春モデルも発表になった。
しかし黄色い端末は出てこない。いいかげんV601Tのバッテリーの減りも早くなってきたし、もたもたしてたら812SHが販売終了になってしまう。

そんなわけで先月ふらっと近所のソフトバンクモバイルの販売店に立ち寄り、812SHへの機種変更とホワイトプランへのプラン変更をしてきた。ただ、黄色の在庫がなく(まぁ、当然だろうな)入荷を待っていたのだ。実は先週には届いていたのだが、店からのメールが来たことをすっかり忘れていて昨日取りに行ったのだった。

この端末にした理由は一部前にも書いたが
1.黄色いこと(PANTONE116)。オレンジでも良かったけど…
2.日産ティーダに搭載のCARWINGSでの動作確認が取れていること。
3.Bluetoothが使えること。
4.メールアドレスを変えたくなかったこと(要はキャリア変更したくなかった)。
5.Flashを使ったサイトが閲覧できること。

この5点を満たすのはもう812SHしかなかったんですな。
ま、1と2なら今のままで良かったんだけども、3が付くことでCARWINGSの使い勝手が格段に上がるだろうし、最近Flash必須のサイトに行きたくなったので思い切って3G端末にした。
去年の春モデルなので仕方がないが、ワンセグもなければジャイロセンサーも付いていない(ドコモに移転ゼロの目玉機能だな)。

さてまずはデータの移行である。
アドレス帳は店で移してもらえたが他は移らない、というか特にメールは2Gと3Gとで互換性がないので無理。これについては諦めた。一旦パソコンに転送するという手もあるが、本当に必要なものはその都度転送していたし。

次はゲームを主としたアプリケーション。
どうも通信機能を使わないものも、通話できなくなった端末からは転送できないらしい。これなら変更前にカードに移しておけば良かったかな。まぁ仮に移せたとしても認識しなさそうだけど。結局サイトから再ダウンロードすることにした。

次、デジカメ画像とネットから取り込んだ画像。
これはメモリカードに移してあったものをMacにマウントさせ、Bluetoothで接続してブラウザのウインドウにぽいっと投げたらコピーできた。おお、これは楽だ。Bluetooth標準搭載のMacならではの転送の仕方かも。

最後に着メロと着うた。
着うたは全て、着メロはMac上でmmfファイルを作ったもの以外全滅。
要するに公式サイトから購入したものは認証した端末でないと使えないのだ。当たり前か。
結構買ったからなぁ。ちょっと残念。

というわけで着うたが使えないのでどうしたものかと思っていたら、今度のにはメディアプレイヤー機能が付いているらしい。音楽と動画が再生できるのだ。
さすがにマニュアル見ないと使えないなぁと、ここでマニュアルを見た。
なるほど、AACしか再生できないのか。なかなか面白い仕様だ。
iTunes使っている人には便利だが、それなら携帯使わずにiPod使わないか?
で、早速iTunesから転送してみたら、結構いい音で鳴ってくれた。
ただ、iTunesの標準フォーマットがAACになる前(iTuens4からだっけ?)にライブラリに入れた曲はmp3なんだよねぇ。後からAACに変換してみたけどだめだった。CDから取り込むときにAACで取り込まないとだめみたい。

てなわけで1日これでつぶしてしまった。
まだまだ使いこなすには時間がかかりそうだ。
何より、本来使おうと思っていた車、ティーダがまだ戻ってきていないし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ライラの冒険 黄金の羅針盤

公式サイト

相当前から予告編を見ていて、2008年3月ってまだまだ先だなぁと思っていたこの映画。
ようやく公開で、しかも1000円の日。昨日が出張で会社にも寄りたかったので会社に近いシネコンに観に行った。まぁポイントカードが付く上にクレジットのポイントも付くのもあるんだが。

さてこの作品、元は子供向けファンタジー小説らしいのだがナルニア国物語はもちろん、ハリー・ポッターすら読んだことがない。パンフレットも買わなかったし公式サイトもさっき初めて観たので予告編のみの予備知識で観た。

まず冒頭、この作品は3部作の1作目で、パラレルワールドでの話である説明があった。
このパラレルワールド、人はダイモンと呼ばれる分身というか、会話可能な意識体を持っていて、それを動物に宿らせて暮らしている。なので自分が傷つけばダイモンも傷つき、その逆も然り。

ダイモンと言えば東京の地下鉄の駅とか西武警察の団長を思い出すんだけど、まぁ化学でいう二量体(ダイマー)が語源かも知れないな。

で、そういう世界でなぜか子供が拉致される事件が多発して、拉致された仲間を助けるためにライラが旅に出る…という話みたいだけど、ホッキョクグマが出てくる話なのもあって、寒いところのシーンが多く、結構全体的に映像が暗いんですよ。真っ暗じゃないけど曇っているシーンが非常に多い。

…はい、正直時々記憶が飛んでました。

まぁ最後は割と分かりやすい終わり方をしたので次も楽しみだなぁという気分で終わることが出来た。

さて、観てたら分かることだが、主要キャラにダニエル・クレイグとエヴァ・グリーンが出てきた。
はい、カジノ・ロワイヤルですね。もっと驚いたのが、クリストファー・リーが出てたのは気付いたんだけど、エンドロール見てたらイアン・マッケランの名前が…ロード・オブ・ザ・リングの2人じゃないですか!まぁ吹き替え版観た人は絶対に気付かないと思うけど、熊の声だったんですね。
ま、どっちも同じシーンでの共演はしてないんだけども。

しかし今作の重要アイテムである黄金の羅針盤、あれってどう考えても今の携帯電話でネット検索してるようなもんだよなぁ。とりあえず腰を下ろしたらパカッと開けて進むべき道を調べる辺り、ものすごいハイテク機器に見えてしまった。

それにしても拉致された子供を解放させる話というのは日本人にとっては胸の晴れる話かも知れないなぁ。これで黒幕が将軍様とか言われてたら大笑いだ。話ではマギステリアムとかいう教団が黒幕みたいだからそれはなさそうだけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

祝!毎日更新1周年

ここのブログを始めたのは2004年1月11日で一応4年間続けてるのだが、ひどいサボり癖でほとんど書き込んでなかったのだ。
しかし一念発起して毎日書くぞと思ったのが一昨年の秋。
一昨年末まで毎日続けたけど、年が明けたらまたさぼってしまった。
これではいかんと再度始めたのが昨年の3月1日なのだ。

深夜の更新が多いので空いてる日もあるが、寝る前には更新しているので一応毎日更新したことになる。
我ながらよくやった。
携帯電話も新しくしたので海外からでも更新できるみたいだし。
あ、海外はパスポート持ってないから行けないけど。
とりあえず来年に向けてまた一年がんばろう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

宝くじを買ってみた

宝くじは今まで頼まれてしか買ったことがなかったのだが、初めてグリーンジャンボを買ってみた。
今回の目玉は「春一番賞」である。
春一番と言えば、情けないことにアントニオ猪木のものまねの人を一番に思い出してしまうのだが(ちなみに次点はキャンディーズの歌だ)、別に春一番からビンタをもらえる賞ではない。
要は10万円の賞なのだが、当たり本数が比較的多いのだ。
額は1等の組違い賞と同じだが、確率は30倍。
1万枚買えば3本確実に当たる計算だ。
300万円出せれば100万円は確実に帰ってくるということか。

なんかこう書くとユメがないなぁ。
ま、この前車を当てたので(当然別の意味で)、今度も当たると良いなぁ。
今日、JALのキャンペーンでビッグマックセットは当たったんだけどなぁ(10人に1人らしい)。
抽選だった世界樹の迷宮IIの予約特典CDも当たったんだけどなぁ。

なんだ、結構ささやかな幸せ当ててるじゃないか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »