« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

2008年2月の37件の記事

新型MacBook Proも触ってみた

そろそろTime Machineが出荷になるみたいなので、また何か出るんだろうなと思っていたらやっぱり出た新型MacBook/Pro。
基本的には性能アップのマイナーチェンジなのだが、MacBookは安くなって、MacBook ProはAir同様にマルチタッチトラックパッド機能が付いたのが目玉かな。

今日は銀座に用事があったので(矢場とんと宝くじなんだが)ついでにアップルストアに寄ってみた。
iPod付属のヘッドホン用のイヤパッドも欲しかったし。まぁこれは結局売ってなかったんだが。

というわけで触って分かるのがMacBook Proだけなので17インチのを触ってみることにした。
まずはSafariで3本指スクロール。おおお。
次、iPhotoで2本指回転させて画像回転。へぇぇ。
以上。

うーん、基本的にノートパソコンではマウス使わない人なので、こういう機能は大歓迎なのだが、これのためにわざわざProやAirを買うかといわれるとどうなんだろう?

というかこの前までこれがAirのウリだと思っていたので、Proでも同じことが出来てしまったらAirがいまいち魅力に欠けてしまわないか?逆に全てのMacBookに搭載されたらWindowsノートとは違うんだよと差別化を図ることができるのだが、相当コストがかかるのか無印MacBookでは使えないし。

まぁ早い話がMacBookにも載せてくれてたらMacBook買ってたかもということだ。
人に勧めるにしたって高いのでしか使えないって勧めにくいやんか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

腰が痛い

痛い。bearing

職場の引っ越しで出てきた各人の書類の箱を1か所に集めて整理する作業をしたのだが、短時間で作業したので結構急いで不安定な姿勢で箱を持ち上げたりしたため、腰に負担をかけてしまった。
実は昨日から少し痛かったのだが、更に追い打ちをかけてしまったようだ。

しかもこの頃肌の調子が悪くって、荒れているところに汗がしみこんで痛い痛い。

しばらく仕事になりませんでしたわ。
うーん、もう歳かなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

意外と大変?メーラー乗り換え

普段職場で使っているメーラーはアップルのMail.appである。
なかなか使いいやすいとは思うのだが、とにかくWindowsのメーラー、殊にOutlookExpressとの相性が最悪だ。機種依存文字を使われると普通に文字化けするし、そのまま別のユーザーのOutlookExpressに転送しても読めなくなってしまう。

かつてはMac版のOutlookExpressも存在したのだが、OSX版は存在しない。となるとWindowsとMacの両方で使えるのはThunderbirdか。
いつか何とかしないといけないなと思っていたのだが、急遽決行することにした。
文字化けに辟易してたのもあるが、後日CubeからFMVに移行しないといけないので、Mailから他のメーラーに移行する方法を模索しておかないといけなかったからだ。

とりあえずググってみたらPanther(10.3)からWindowsのThunderbirdに移す手順を書いたページがひっかかった。ライブラリフォルダの中を開けてコピーして移す方法である。
で、その通りやってみたのだが…なぜかメールボックスの中が空。
更に調べるとどうもTigerのMailは2.0で、メールボックスの構造が変わってるらしい。うーむ、Mail2.0って外見だけ変わってたのかと思ったら中身も変えてたのかよ。ややこしいなー。

結局、Tigerではメールボックスを開いた状態で移したいメールを選択し、フォーマットをメッセージソースにして、ThunderbirdのLocalfolder内に別名で保存することで移すことが出来た。

次にアドレス帳。Macではアドレスブックという別アプリケーションで管理し、カレンダーやiPodと共有させることができるが、Thunderbirdからは使えない。
これについてはAddress Book Exporterというアプリケーションを使ってテキストファイルとして書き出し、Thunderbirdからインポートで移せるはずなのだが…なぜかメールアドレスしか移らない。
とりあえずメールは出せるけど非常に見づらい。

これについてはテキストファイルにしたものを一旦テキストエディットで開き、Unicode(UTF-8)で別名保存することでThunderbirdから読み込むことができた。

これで何とか文字化けせずに使えるようになるかな?

あ、今思ったけどOfficeに付いてくるだったら文字化け問題は起こらないんだろうか?使わないと思って最初からインストールしてないんだけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

激闘!カスタムロボ体験版

公式サイト

もう発売されて1年以上になるDSのゲームなのだが、Wiiの「みんなのニンテンドーチャンネル」でひっそりと体験版が配信されていて、よく見たら今日が配信最終日だったのでちょっと遊んでみた。

このゲーム、タイトル通りロボットのパーツを付け替えて自分のオリジナルロボを作り、戦わせるゲームである。戦わせるといっても、動かすのは自分なんだけど。
とはいえ、体験版なのでパーツもほとんど選べない。出来合いのロボットで対戦開始。

…えーと、これなんてバーチャロン?

しかもDSの画面なので見づらいことこの上なし。もっと言うと、バーチャロンのプレイ画面ではなく、ライブモニターを再現しているので、傍観しているには楽しいのだが、操作している側としては、どっちが自分なのか分からなくなったことが多々あった。

もちろん、一人称視点であのスピードを出すにはDSでは辛いのかも知れないけど、ある程度作戦を指示したら後は勝手に動いてくれる形にした方がよかったのではないか。
はっきり言ってこの手のゲームは大画面で遊んだ方が良いと思う。

2人対戦だって今日日の大画面テレビなら全く問題ないだろう。
今使っている26インチワイドのTVだって、11年前にセガサターン版のバーチャロンを快適に遊ぶために買ったくらいだから。ワイド画面を左右分割すると対戦にちょうど良いのですよ。
ただ、Wiiで出すなら無理にリモコンに対応させなくても良いと思う。
無理矢理Wiiリモコンとか、無理矢理DSタッチペンとか、もうたくさんだ。ある程度普及したんだからもう無理矢理差別化図ることないんじゃないの?

…と、体験版しか遊んでないのに好き勝手書いてみた。
あ、Wii版はないけどGC版ならWiiで遊べるのな。でも基本的に画面構成は同じかぁ。4人対戦できる仕様になってるから仕方ないか。
今度GC版をちょっくら探してみよう。
と思ったらバーチャルコンソールで64版も遊べるみたいだけど…なんなんだこの微妙感は。

うーん、なんか素直にサターンかDCでバーチャロン遊んだ方がいいような気がしてきたかも。

ま、これってアクションゲームじゃなくて基本的にRPGらしいのでやっぱり64版でも遊んでみよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

未来講師めぐる:第5話

公式サイト

関東地区を初め、ほとんどは金曜深夜に放映しているので「金曜ナイトドラマ」なのだが、香川・岡山では翌週の水曜にやっているので「水曜ナイトドラマ」。で、今は更に1週遅れでDVD-RAMに録画したのを観ているのでもう2週前の話なんだけど、思い出したのでメモ。

武田真治が経営する進学塾の講師である深田恭子が主役のドラマなのだが、今回のゲストとして、最近のドラマに良く出てくるモンスターペアレンツとして登場するのが高橋由美子。
初めて観たときは何かしらの既視感を覚えたのだが…

思い出した。「南くんの恋人」だ。

あ、しかも深田恭子もリメイク版で同じドラマでてるやんか。さすがに二宮和也は出てこなかったけど。

当時あんまりTVドラマ観てなかったのに、なんで良く覚えてるかというと、それなりに高橋由美子のファンだったのと、何より当時良く行ってたカラオケで主題歌を良く聞かされたからだ。まぁおよそ高橋由美子のイメージからは程遠い歌だったのだが。酔っぱらってたしな。

しかしこの時間枠、「時効警察」といい、なかなかマニアックな内容が多いけど14年も前のドラマを引っ張ってくる辺り、あなどれん。といっても武田真治と深田恭子からの連想で安直に思いついたのかも知れないけど。

そういえば深田恭子と言えば「富豪刑事」の中で山下真司繋がりで「スクール☆ウォーズ」っぽい話があったっけ。後で探してみてみよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

むしろ邪魔

昨日のニュースなんですが。
今風にいえばMJですか。むしろ邪魔。MJ。
なかなか言えないですよねぇ。

橋下知事 青少年会館で「財団の引継ぎ要員は無しに」

いや、元弁護士の橋下知事が言わせたというべきか。ようやった。
連日の殺虫剤報道で暗い雰囲気の中、久々にカタルシスが得られるニュースを見たような気がする。
とりあえず、現時点での流行語大賞最有力候補かも。
え?毒餃子?あれは多分夏になったらみんな忘れてますよ。
オリンピックをボイコットしたら話は別だけど。
名古屋オリンピックがなくなったのはボイコットが影響しているかもという話もあるので今時それはないかなぁ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

みかん食べ比べ

今日の昼飯はステーキ屋のカレーにするはずだったのだが、13時前に行ったら既にランチタイムが終わって準備中。
仕方なくスーパーで明日の朝飯を調達しつつ昼飯は何か買うことにした。
いつもは総菜売り場直行なのだが、青果売り場から回った。と言っても野菜を買って何か作るつもりはさらさらなかったのだが。

すると、みかんの山が目に入った。よくあるネットに10個ぐらい入ったものである。
で、サイズ(S・M・L)があって、サイズごとに分けて積まれていたのだが(正直、MとLの違いは微妙)よーく見るとサイズの横に産地のラベルが貼ってあった。
香川産、徳島産、和歌山産、静岡産、熊本産…パッと見て同じなのに結構産地が違う。
なんで四国なのに愛媛産がないんだとか、個人的には三重産は外したらあかんやろうとか思ったんだけど、ちょっと食べ比べしてみようと思って買ってみることにした。

まずサイズはSサイズに限定した。まぁこれは好みやな。大きいのは大抵水くさいので。
しかしそうなると香川産と和歌山産と熊本産しかなかった。
本当は3大産地である和歌山、愛媛、静岡での食べ比べをしたかったのだが、最初から愛媛産がないのでしかたない。ちなみに2006年の収穫高ランキングを調べて見たら一応この3県が上位だったことに安心。でも、三重県がその他に入れられてたのが意外。でも2004年の時点で11位だったみたい。そうだったのか。美味しいけどあんまり作ってないのかな。

というわけで3袋買って帰った。
080224_1523昼ご飯を済ませた後、早速試食…正直、どれも味が落ちているような気がした。
食べる順番も変えてみたが、「うまっ!」と思えるものはなかった。どれも12個280円だったのだが、値段相応なのかな?
皮の色は若干和歌山のが色が濃いような気がしたけど、たぶん気のせい。

うーん、もしかしてこれ、同じ産地で、ラベルだけ貼り替えてるとか…じゃないよね?
もちろん仕入担当が味が変わらないものを仕入れてるのも否定できないけど。
にしても、このパッケージングの仕方、色んな所から仕入れて、ごちゃまぜにしてサイズと個数だけ合わせて適当に産地ラベル付けてるように見えて仕方がないなぁ。
産地によって袋とかラベルが違ってたらまた違う印象受けたんだろうけど。
産地ごとの連絡先を書いてない時点でそこまで突っ込むな、そういうことかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

DVD:パイレーツ・オブ・カリビアンを一気見した

といってもながら見なのだが。
昨日の猪鍋大会の時に貸していたDVDが帰ってきて、その中に「デッドマンズ・チェスト」があった。
前から3作セットで貸してくれと言われていたものだが、2作目だけがどうしても見つからず、どこに行ったんだろうとおもっていたのだった。何のことはない、別の人に貸してたのだ。

せっかく帰ってきたので、日産のディーラーに行って代車を借りてきた後、午後から通して観てみようという暴挙に出た。
なぜ暴挙かというと…観た人は解ると思うが、このシリーズ、やたら長い。
どの作品も140〜170分位あるのだ。つまり3作合わせると実に8時間弱。

でも一日に3本観るというのはそんなに珍しいことではなく、1000円の日とかは映画館で3本観ることは時々やっている。ただ、それは90分ぐらいの作品をからめて3本なのであって、こういう長編の部類に入る作品を連続で観ることはなかった。

正直、見直しになるので基本的にながら観、というかiMacにDVDを突っ込んで、一番小さい大きさにして、メインはFirefox、みたいな見方をしていたのだ。

まぁ元々ディズニーランドのアトラクションをモチーフにしているので、中身はあってないようなものというか、楽しめればそれで良いという感じなのだが、映像的には一番面白かったのは2作目だろうか。
映像的には、というのはあからさまに3作目へのつなぎ的な作品だからである。

たぶん1作目が売れたので無理矢理話を作って2作目で広げ、3作目で話をまとめようとしたのだろう。
1作目から2作目までに3年空いてるし、その後は1年で公開になってる。
あれ?それってマトリックスと同じパターンじゃなかったっけ?

そういう理由で、3作目を観ないと収まりが悪い感じで2作目が終わっているので、あれ、どんな話だっけ?という印象を受けても不思議はないと思う。ただ、ストーリーがそれほど重要とも思えないので、無理に話を理解しなくても良いのではないかとも思う。

ていうか、これ、ジョニー・デップとオーランド・ブルームのファンが楽しむための映画なのかも。
デスノートで言えば作品よりも松山ケンイチのファン、みたいな。

しかしまぁ、こんな事するくらいならTV番組の消化しておけばよかったかなぁ。先々週分が全く消化できてないし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

またまた猪鍋

晩御飯は猪鍋だった。今日のは味噌仕立て。
事故の後で相当ふさぎ込んでいたんだが、うまいもんはうまい。思いませんか。うまいもんはうまい。(鶴瓶風)

美味かったのでつい食べ過ぎてしまい、今も少々苦しい。
あー、あんまり気分転換になってないなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

またやっちまった

交差点を先行車に続き左折中、右折待ちの対向車にドアをえぐられる形で衝突してしまった。

両者とも怪我はなく、自走も出来たため今日は警察の事故処理だけで済んだのだが…
修理にいくらかかることやら。

示談は来週に持ち越されるみたいなので今はあんまり書けないけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お引っ越し

今日は引っ越しだった。
といっても職場の、しかも自分のデスク周りだけの。更にいうと移ったデスクも仮である。

いやぁ、10年ちょっと同じ所にいたのでこんな所にこんなものが的なものがごろごろ。
入社してからだと12年弱になるので、その10年ちょっと前にも引っ越しをしているのだが、その時はあまり色んな事に手を出してなかったので(2年目なので当たり前か)荷物も多くなかった。

しかしここ5年くらいころころやることが変わってるので書類が未整理のまま溜まっていく一方で、気付いたら未整理の書類の段ボール箱の山が出来てしまった。一部ほぼテーマ別に箱に入れたものもあったが、それはきちんと整理できていたものであって、ほとんどはとりあえず未整理のまま箱に詰めて引っ越しをした。

新しく移った部屋には後日更に人が増える予定なので、それまでに山を片付けないといけないのだが…
ほとんど何も考えずに箱詰めしてほぼ丸1日かかったからなぁ。分別整理に何日かかるやら…

そういえば引き出しの奥から昔の赤外線式のコードレスマウスが出てきた。今のBluetoothに比べたら格段に使いにくかったなぁ。とにかく「コードレス」だけがウリだったのでボタンは押しにくかったし電池は切れまくったし。いい世の中になったなぁ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

給油記録(2008年2月2回目)

今月は短いし来月まで持つ…わけなかったので給油。なんか水曜日に入れるのが定着してるなぁ。

今回:40504km
前回:39873km
給油:39.97L
燃費:15.8km/L

ちなみに給油直前のカーナビの平均燃費表示は16.1km/L。それとガソリンは142円/L。

車検から戻ってきた時点でナビの表示が15km/L切ってて泣きそうになったんやけど、何とか持ち直したみたい。ここんとこ雪がないので特に悪い要因がなかったせいかも。いやま、15km/L台が良いとは全く思ってないんだけど。

#2008.4.30 今回と前回の走行距離が入れ替わってたので訂正。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

なんでそんなもんに殺虫剤使うのだ

さて、今日も見つかったメタミドホス入りニラ饅頭。

中国製肉まんから殺虫剤/厚労省が自主検査指示

本文を読むと…え、香川県の業者の販売したサバからDDVP?

中国で加工・冷凍サバ製品から殺虫剤−香西物産

昨日のニュースだけど知らなかった。ていうかうちから近い会社やんか。
回転寿司用のネタを扱ってるらしいのだが…てことはあの店やあの店のネタがそうなのか。

まぁニラ饅頭はニラに農薬散布したかも知れないのでまぁわからんでもない。使用禁止になったの、先月やからな。たぶん在庫はたっぷりあるやろうから、今後もしばらく入ってくるのは間違いないと思う。

でもさ。
魚に殺虫剤ばらまくってどうかしてへんか?
100円均一の回転寿司とかに卸すためには中国で加工するしかなかったのかもしれんけど、彼ら、基本的に魚を生で食べない(というか食べられない)人たちですよ?

言い換えると、例えば納豆。関西地方では食べられない人が結構いるはずなんだけど、そういう人が納豆工場で働いてて、例えば事故で何かゴミとかが見た目分からない程度に入ってしまったとする。で、他に誰も見てない。こんなもん、喰いもんと違うし。まっ、ええか。…という人がいてもおかしくない。

そういうカジュアルな感覚で殺虫剤に触れてしまったとしてもおかしくない状況だ。
なんかこればっかりは頼んだ方も頼んだ方だと思う。

でも考えてみたら餃子も薄皮の日本仕様だったりするわけで。本場中国で作ったと言えば聞こえは良いけど、現地の人はこんなヘンな餃子もどき、良く喰うよなぁと思いながら作ってるのかもね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

MacBook Airを触ってみた

まぁ、あれだ。触ってみたというのは当然買ったわけではなくて店でちょっといじってみただけの話だ。

今日は久々に東京出張で、予定通りに着いて少し時間が空いたので、昼飯がてら銀座に行ったのだが…今日が月曜で矢場とん銀座店が休みなのを忘れていて、仕方なく別の店で食べてからアップルストアに向かった。

行ったら店の前面のガラスがピンク一色。新発売のピンク色nanoのせいか。
ピンクnanoも触ってみたが、ちょっとどぎつくて自分の好みには合わなかった。例え女性でも好みが別れるところかも知れない。

さて今回の主目的のマクブクエアだ。
軽さと薄さをアピールするためか、入り口の所でおねーさんが手に持って立っていた。
あのね、薄いのは分かるけどレッツノートより重いのよ?W5ですらずっと持ってたら手がしびれてくるのに大変だなぁと思った。

で、実際に触ってみた。確かに薄い。でも決して軽くない。画面が大きいからね。
実は今回の売りはタッチパッドがiPod touchのように色んな指の操作で動かせる点だと思う。
システム環境設定を開き(マニアだなー)キーボードとマウスを選ぶと、指の動きを動画で説明してるので、色々試してみた。結構面白いなぁ。これならマウス要らないかもな。

それにしてもマウスが要らないと思わせるようにするためとはいえ、指1本と2本と3本に機能が割り当ててあって、何だか1ボタンマウスの時代から考えると対極にあることをしてるなぁという感じがした。
今のご時世、1ボタンじゃやっていけない、とアップルが認めたって事なのかねぇ。
「直感的に使える」というコンセプト自体は筋を通してるんだとは思うんだけど。

こんな感じで触ってみたんだけど、即買おう!…とは思えなかった。
値段が値段だし、寝っ転がって使うには大きすぎる。ノートパソコンとして同じお金かけるならレッツノート買ってると思う。まぁでも今のレッツノートが壊れたら買い換えても良いかな…という気もしてるのは確か。昔持ち歩いてたPB145Bなんかと比べたらめちゃめちゃ軽いし。
まぁバッテリーの持ちが大事かな。あと2,3回モデルチェンジしたら買ってるかも知れない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

勝利宣言とでも言いたいのか?

「中国と無関係」 県内の毒物ギョーザ、天洋食品地元紙が報道

徳島県内で見つかった殺虫剤ジクロルボス(DDVP)の付着した冷凍食品について、殺虫剤が店内で付着したことを県知事が発表した。
ところがそのことを中国の新聞が「日本で問題になっている冷凍餃子から見つかった農薬は、中国と無関係」という、農薬は全部日本で付着したかのような見出しで報道されたらしい。

これが東京スポーツみたいに、新聞を折り返したら
「日本で問題になっている冷凍餃子から見つかった農薬は、中国と無関係…のものもあった?」
と続いているならまだ許そう。

でも。
開封もされてないしピンホールすら開いてない製品の中身から出てきたものは徳島県の発表では説明が付かないし、最初に問題になったメタミドホスは長らく日本で使われてないもので、そっちの出所は日本とは考えにくい。日本中の研究機関と試薬会社調べたらわかるレベルの話だ。

そもそも後から出てきたDDVPはメタミドホスと混同させるために仕組まれたものだとも考えられる。
だって燻蒸して付着したってんなら何にでも付いてるはずでしょうが。それを冷食の包装から検出したこと「だけ」を報道してミスリードさせることを期待していたと思われても仕方ないわな。
むしろ冷食に付いてたんなら他の商品も調べて発表しろよ。特に野菜とか果物とか。絶対付いてるはずだから。でも報道しないでしょ?それ認めたら全ての商品が回収になるか、逆に冷食も問題がないことを認めることになる。

要するに、燻蒸して冷食に「だけ」都合良く殺虫剤が付着することはありえない。

そう考えると、この報道は「メタミドホスに関して言えば中国で故意に入れられた」事を強調しているとも考えられるのだが、何かこの勝利宣言とも取れる「中国は無関係」報道。
こんな事書かれても日本政府は遺憾の意の表明すらしないのだろうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あぁ素晴らしき抱き合わせ

先週、楽天の買い回りキャンペーンで、前々から買おうと思っていたものを買いまくった。
結局8店舗で買い物して4月には7千ポイントくらい入るはず。
まぁそのうちの一つが、雪印パーラーの北海道セットB。

・じゃがポックル
・じゃがりこ とうきびバター
・北海道カマンベールチーズコロン
・ほっとポテト

なんで雪印パーラーなの?と思うが、この店の他のセットを見ると、必ず含まれているものがある。
そう、じゃがポックルだ。

こいつには苦い思い出がある。北海道に旅行に行ったのに、さんざん探し回ったのに買うことが出来なかったのだ。

いまだに楽天ではまとめ買いは不可能、販売方法も単品では1個限りを期間限定や抽選でしか売られていない。それが割と普通にいつでも注文できるのがここのセットだ。
見たら分かるが、じゃがポックルを1個買うのに2千円の追加投資をしないといけない。確かに金額的にはぼったくってるわけではないのだが…しかもまともに北海道からの送料がかかるので、実にじゃがポックル1個手に入れるのに4千円かかることになる。実に5倍。

そうまでして手に入れたじゃがポックル。
コンビニに売ってるジャガビーと同じだとか言われているが、確かに見た目は同じだ。ジャガビーも相当美味しいのだが、あれ、食べると少し上あごがしびれるんだよなぁ。でも、じゃがポックルはあんまりそれがない。味があっさりしてるのかな?
とにかく、期待したほど別次元の味ではなかったが、普通に美味しい。
今日はジャガビーがなかったが、今度同時に食べ比べてみようと思う。

さて、せっかくなので抱き合わせの商品も食べてみた。
まずじゃがりこ。なんというかコーンポタージュ味のスナック菓子の味だ。結構美味しい。
次にコロン。酸味のあるコロンと言えば、ポンジュースコロンを想像するが、あれはみかんの香りがするだけであまり酸味は感じなかった。でもこれはしっかり酸味がある。変わっているが美味しい。案外掘り出し物かも。
最後に、ほっとポテト。これ、お菓子じゃなくて粉末ポテトスープなのだ。さっきどん兵衛を食べたので少しすすいで溶かして飲んでみた。じゃがいもをすりつぶしましたって感じがして普通に美味しい。

というわけで抱き合わせとはいえ他のものも美味しかったので別に損をした気分ではないのだが…
単品販売をしていない以上、独占禁止法にひっかかるのでは?単品の販売ページを作って、ずっと売り切れにしておくだけでも言い訳はできそうなものだが、それもやってない。

ただ、北海道のショップってどこも送料をしっかり取るので(仕方ないけど)せっかくだからって結局まとめ買いするんだけど。現実に、せっかくだからということで雪印パーラーの商品も買ったし。
そっちの感想はまた追々。

2010.2.11追記。やっとじゃがポックルとジャガビーを食べ比べた

| | コメント (0) | トラックバック (0)

レイトン教授と不思議な町:週刊ナゾ通信配信完了

先週の話であるが、発売から1年間の予定で毎週木曜日に配信されていた「レイトン教授と不思議な町」の「週刊ナゾ通信」が52本目の配信を完了し、これ以上の更新はなくなった。

結局、ナゾ通信の方は2問わからないのがあった。
結構前からずっと考えてるのだが答えが出てこないのだが、無理して解こうとも思っていなかったりする。
あくまでおまけだしね。

しかし最後の配信問題のタイトルが「次に来るのは…」ってのが意味深だなぁ。
問題自体は県名の並び方に法則性を見つけてまさに次に来る県名を答えるものなんだけど、たまたまか狙ったのか何かまだありそうな気がして、今週も更新をかけてしまった。
ま、上画面をよく見たら一年間ありがとうございましたって出てたので、あ、終わりなんだなとは思ってはいたんだけど。

残るは続編である「悪魔の箱」の方の週刊ナゾ通信だ。3作目が出るまでまだまだ楽しめそうだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

バーチャルコンソール:イースI・II

紹介サイト

久々にWiiのバーチャルコンソールネタ。
実はかなり前にダウンロードしていたんだけどレイトン・ゼルダとDSにはまっていたので長らくやってなくて、先週辺りからちょこちょことやってたのだった。

さてこのゲーム、自分が高校生の時のゲームで、結構いろんなパソコン等に移植されたのだけど、結局買わなくって今回が初プレイ。ただ、音楽が良いって話は良く聞いてて、雑誌に載ってた演奏プログラムを打ち込んで聴いてたっけ。

で、PCエンジン版である。PCエンジン実機(Duo)は持ってるんだけど、これも結局買わなかった。
なのになぜ今遊ぼうと思ったのか。当時CDから生音を出していたとされるゲームの音楽が、ダウンロードされたプログラムでどんな風に聞こえるのか、そこに興味があったからである。

まぁバーチャルコンソールって言うくらいだから、当然音を出すのもバーチャルなのは当たり前ではあるんだが、結論から言えば最近のDSソフトも生音っぽい音出したり普通に人の声が聞こえるわけで、あれと同じだった。再現度はオリジナルを知らないので比べようもないし。
ただ、元々CDから音が出ていたことを考えると不思議な感じはした。

さてゲーム本編であるが、今日やっとイースIに当たる部分が終わった。
先週は二つの鬼の顔に悩まされていたのだが(後から思えば一旦外された装備を全部回収してなかったためと思われる)、何とか倒すことが出来、その後は割ととんとん拍子でラスボスと思われるダルク・ファクトを倒した。

確か昔X1で聴いた音楽ではエンディングで結構感動的な曲が流れるはずだったのだが…

え、いきなり続編が始まるの?音楽聴きたいがために遊んでたのに。えええ?
まぁ実機で遊んでた人なら知ってたことだったんだろうけど、かなりショックだ。

まぁいい。次はパソコンショップで死ぬほど聴いたイースIIのオープニングだ。
何度聴いても良いなぁ。もちろんCD化でアレンジがされているのだけど。
ゲーム本編は先のエンディングがないのもあって、レベルやHPは前のまま。でも装備品と金がない。
手紙を渡すのを頼まれる代わりに剣を買うお金を一般人から恵んでもらう始末。
スキルはあるのに文無しにされて、まるでリストラされた気分だ。
まぁリストラされても誰も恵んではくれないのでまだマシな方なんだが。

てなわけでどうにか6冊のイースの書を神官に渡したところで今日は中断。
わりとどこでもセーブできるし、800ポイントとちょっと高めだけど遊び甲斐があると思う。
DSで初めてイースやろうとしてる人でWiiも持ってるならこっちで遊んでみるのも良いかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

復活!iPod

というわけでiPodが修理から帰ってきた。日曜の夕方に出したからちょうど5日か。
箱を開けたらProtection Planの案内が入っていた。
え?もう買ってから2年以上経ってるよ?入れないんじゃないの?と思ったらやっぱり入れないみたい。
ただ、修理後の90日保証は付くみたいだ。前にCubeを修理に出したときに保証期間内に2回ほど送り返して結局メインボード交換にしたことがあるが、今回もそうなるのだろうか。
ま、「新品で90日保証」だった初代iPodを使っていた自分には充分長い保証だけど。

さて、本体を手に取ってみた。
すごい、新品みたいだ。新品かも知れないけど。とりあえず噂に聞く自分の付けた覚えのない傷とかは皆無。たぶんバッテリーも新しいのだろう。18800円はそんなに高くなかったかも知れない。
ただ、気のせいかも知れないけどセンターボタンが若干へたっているような気もする。概ね問題ないと思うけど。

いやー、出張のお供が出張前に直ってきてよかったよかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

DVD:ザ・マジック・オブ・ボニーM

去年、買おう買おうと思って延ばし延ばしになっていた音楽DVDを買った。
音楽DVDなんて「女子十二楽坊」以来だなぁ(買ったんかよ!)。ていうか松阪に来てたんかよ(リンク参照)。

女子十二楽坊はおいといて、ボニーMである。
自分が幼少の頃に活躍したグループらしいのだが、全く覚えがない。何で知ったかというと、アレ、DJ OZMA。色々物議を醸した「アゲ♂アゲ♂EVERY☆騎士」のカバー元の「Run to you」の更に原曲であるボニーMの「Daddy Cool(YouTubeに飛びます)」を聴いてみたら、こっちの方が気に入ったからである。

でまぁYouTubeで色々PVを見てたらアルバムが欲しくなって、しかもDVDもあるとのことでDVDを買うことにしたのだった。もう解散したグループなので別に貢ぐこともないんだけど、まぁDVDの方がきれいだし。ちなみに曲の方はすでに何曲かiTunes storeで購入済。

今日届いたので早速観たのだが、ライナーノーツを読んでびっくり。YouTubeで見た4人(女性3人男性1人)のうち半分が口パク?まぁ男性(ボビー・ファレル)は、やたらダンスが激しいのでわからんでもないけど。しかも口パクの歌は踊っている本人ではなく、プロデューサーの声らしい。ま、ネット上で書いてあったことなんだけど。昔はおおらかだったんだなぁ。

しかしまぁ、70年代の音楽が一番良いと思う辺り、おっさんなのかなぁ。
iPodの中身も70年代が多いし。70年代の日本のアニメ・特撮ソングがほとんどなだけなんだけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Excelのセルの幅ってどこに記録されているんだろう?

土曜日に職場の大福iMacが調子が悪いってんで、ディスクユーティリティでまるごとバックアップ取った後、Panther(10.3.2)をクリーンインストール。

さて移行ツールでアプリやら書類やら戻そうか…と思ったら、Pantherには移行ツールがないんだった。

仕方なく、10.3.9まで上げた後、Office2004も挙動が怪しかったので、これもクリーンインストール。
書類はディスクイメージから戻し、元通りに使えるはずだった。

ところが。今日になってみてみると。
再インストール前のExcelの書類のセルの幅がどの列も均等になっていたり微妙に広がっていたりで激しくずれている。Officeのアップデートが出来てないことも疑ったが結果的には関係なかったし、そもそも自動アップデートができなくなっていた。なんで?こういうセルの幅とか高さとかの情報って書類の中に記録されているのではないのか?困った。完全にお手上げだ。

いつもなら何かしら解決策が見つかるのだが、今回は2日連続で午前様寸前ぐらい仕事がたまってるのでそんな余裕もなく、現在諦めムード。どうしたものかねぇ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

墓場鬼太郎

公式サイト

ちょっと前に墓場鬼太郎がアニメ化されるって話を聞いてたのだけど、いつのまにやら始まっていた。
それもそのはず、例によって四国では放送されていないのだ。
ただ、うちの近所はアナログ放送で大阪の放送がほとんど受信できるので、録画したものを見せてもらった。
うちも手入力で予約すれば予約録画できるんだけど、HDDレコーダの番組表がアナログ放送でも地元局か大阪局のどちらか一つしか選べなくて、しかも大阪局は朝日放送がほとんど映らないので、番組表は香川県の局に合わせてあるのだ。だからわざわざ関西テレビを予約するのがめんどくさい。
でもよく考えたらビデオデッキは毎回手入力だったよなぁ。慣れって怖いねぇ。

さて肝心の作品だが、水木しげる風のタッチで日曜朝の萌え絵とは大違いだ。まぁあれはあれで毎週観てるんだけど。
自分は小学生の頃に小学館の入門百科シリーズで妖怪の本とかウルトラ怪獣の本とか毎日のように眺めてたクチなので、水木タッチの絵は非常に親しみがあり、懐かしかった。
(ちなみに録画してくれた先輩はまじんがぁ〜ずぇぇっと!!の人と名前がごっちゃになってた。その人は違う〜)

主題歌は電気グルーヴか。アニメだと自分が観てたのではコジコジのエンディング以来だなぁ。作品の雰囲気とは合ってない気もするが、ヤッターマンのアレよりはましか。

エンディングは…というかたまたま今回観たのは作品中も中川翔子。先週の音楽戦士で歌だけは聴いていたのだが、なんつーか、まぁ、アレだ、微妙な立ち位置のタレントさんだなぁと思う。

…とか書いてたら今週の放送も見逃してしまったよ!
というかもうこんな時間だ。寝よ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

車検と保険の更新終了

今月末で車検が切れるので、土曜日にディーラーにティーダを預けてきたのだが、事故の修理の後のチェックやら、車後部のキーキー音を直せとかいくつか追加で頼んでおいたので仕上がりが今日になった。

代車(またもやサニーだったが)から乗り換えたせいもあったのかもしれないが、何となくだが預ける前とは別の車に乗っているような感じがした。明細みたらブレーキフルードとか換えてるので当たり前か。
何よりキーキーいう音がしなくなった。
ティーダはリアシートが大きく前後に移動できるのだが、どうもレールから音がしていたらしい。以前にもそこは指摘していたんだけどなぁ。ただ、前回もしばらくは音がしなかったので、今回もまたしばらくしたら音がするのかも知れない。

とにかく、静かなティーダが帰ってきた。
最近うるさかったからなぁ。

あと、保険もディーラーで東京海上日動のほぼアリアリ条件で契約した。通勤に使うのでここは変にケチらないほうがいいと判断したためだ。さすがに運転者だけは制限かけたけど。

この時点ですでに20時を回っていたのだが、会社に用事があったので慣らし運転がてらに行ってみた。なかなか調子が良い。あとは事故しないようにするだけだな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ココログ4周年

昨日、ニフティから書留郵便が来ていた。朝から晩まで外出していたので今日受け取ったのだが、開けてみたらQUOカードと携帯ストラップが入っていた。
08_02_10_14_03

正直、懸賞に応募していたことを忘れていたのだが、これ、ココログ開設4周年記念のアンケート付き懸賞の賞品だったのだ。
携帯ストラップはココログのロゴと金属部分がアクセントになっており、シンプルでおしゃれ…と言いたいところだが、基本携帯電話は胸ポケットに入れているのでこういうものは重くて仕方がない。キャラクターものいっぱいぶら下げているやつが言うことではないが。

なので普通に金券として使えるQUOカードの方がありがたい。実は田舎なのでコンビニくらいしか使えるところがないのだけど。

実は当たったことが書きたかったのではなく、重要なのは4周年の方だ。
このブログ、ココログが始まって割とすぐに始めたので、うちとしても4周年なのである。
まぁ最初の3年は年間数回投稿してたに過ぎなかったのだが、掲示板との区別が明確に付けられなかった。途中、ゲームと映画の感想に特化しようと路線を決定するも生来のサボり癖が災いして、映画もバンバン観てたにもかかわらず数回しかかきこんでいなかった。

それが一昨年の秋に、確かGoogleのブログサービスBloggerが日本語化されたのを機に、ブログをもっと更新しようと思ったけど突然書き始めるのもあれなので、練習してみようと思って立ち上げたのがこれ
一応2か月間は毎日書き込めたので、年明けたらココログに戻って再開するぞーと思ったものの、正月からいきなり躓いてしまい、何とか始めたのが去年の3月。基本的に寝る前に更新がルールなので、0時を過ぎることも多々あり、日付的には毎日になっていないのだが(午前3時とか4時を前日に入れるかは意見の分かれるところではあるけど)、何とか11か月間毎日続けている。

あともう少しで毎日書き込み1年だ。ある意味本当の記念日はこっちなのかもしれない。
っていうか、本当の開設日である1月11日は映画の感想書いて完全にスルーしてるし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

iPodを壊してしまった

やってもーた。

昨日、ティーダを車検に出したのだが、車の中のもの(シガーソケットに刺さっていたもの、カーレーダー等)を撤去して、カバンに入れた。でも、iPodだけはディーラーの店内での暇つぶし用にコートの左ポケット(ここ重要)に入れたのだ。

で、店内に入り、車検に必要なものの話をしていて、去年の自動車税の納税証明を出せと言われたわけだ。
確かダッシュボードのポケットに車検証と一緒に入れてあったはず…と確認しに車に戻り、ナビシート側から乗り込んだわけね。そう、左側から。

車に乗るとき、時々コートの端をドアに挟むことがあるんだが、それを今回もやってしまったのだ。
なんか鈍い音がしたなーとは思っていたのだが、その時は気付かなかった。何しろ暇つぶしする間もなく、代車がやってきてすぐに店を出たからだ。

代車に乗り込むと、対向車(試乗車)がやってきたので、とりあえずiPodを取り付けずにFMラジオのまま近くのシネコンに向かい、駐車場に着いてからTransPod デジタル3を装着し、いざiPodをポケットから取り出すと…

080210_0040
 
No〜 NO〜 のぉ〜!!!
 

自業自得とはいえ、これは痛い。
実は前日に車のリアフェンダーをこすってしまっていて、本当、どうかしてるわ。
 
 
 
早速買い換えようかとも思ったんだけど(サティなのでiPodは売ってるのだ)、これまで投資してきた周辺機器まで買い直すのは正直面倒だ。というわけでそのまま映画を観て帰宅したわけだ。

帰宅して調べてみると、とりあえずclassicを買ってもTransPodは使えるらしい。容量的には今のところ出たばかりの32GB版Touchでも大丈夫だ。
でも、たまーにしている一部のiPod用ゲームが5GiPodでしか遊べないのが痛い。

何より、iTunesに繋ぐとちゃんとマウントされて同期も出来るのだ。本当に画面が見えないだけ。
ちなみにダメ元で出荷状態に復元してみたが変わらず。当たり前か。

そういえば修理に出したらどうなんだろうとアップルに見積もりを出してみた。真夜中に。
最初にシリアルナンバーを聞かれ、有償修理になる旨が表示された。わかっとるわ。
修理依頼のフォームには故障のジャンルとして「画面に線が入る」ぐらいしか選べるものがなかったのだが、自由回答欄に液晶が滲んでいる旨を書いた。
そしたら、すぐに見積金額が出たでないの。カード払いで税込み18800円。
正直、nanoが買えておつりが来る値段なんだが、元々線が入っていたのは確かだ。
今日の夕方、引き取りに来るらしい。果たしてこの値段で直してくれるのか?
まぁ正確には直すと言うより整備品との交換なんだろうけど(要はアップル認定の中古だ)。
完動品なら何でもいいや。どうせ傷つく使い方してるし。

しばらくは通勤は初代nanoでPodcastでも聞くかな。結構溜まってるし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

L change the WorLd

公式サイト

正月に帰省したときに従姉妹からおまけなし前売り券(要はおまけだけ欲しかったのだ)を買っていたので早速観に行ってきた。
劇場で予告も観てなければTVなんかで特番とかも観てないし、公式サイトもさっき初めてみたぐらい予備知識なしで観に行ってきた。まぁいつものことなんだが。
前作「デスノート the Last name」で自らデスノートに名前を書き、キラとの勝負に勝ったL。デスノートの効力は最長23日間という決まりがあって、死期が確実にやってくる中、強力なウイルスが絡む事件に巻き込まれる…

デスノート自体は序盤でLが燃やしてしまい、正直話の題材そのものはデスノートがなくても成立するんじゃないの?と思わんではないのだが(死期が近付いていて、死を恐れない、とっても頭の回転のいい人がいれば、主人公は誰でも良かったと思う)、ま、そこはそれ、設定にLがぴったりだったこと、何より大ヒット映画のネームバリュー(しかも大ヒット映画の原作は大ヒット漫画)があって、この映画になったのでしょう。

それにしても今回、L同様、アルファベット1文字の人物が出てくるのだが、Fって獅子丸ちゃんじゃないですか(あ、ちくわの好きな忍犬じゃないよ)。とくれば、Kは…ロボット刑事?と思ったら、「お湯をかける少女(YouTubeに飛びます)」だった。ラッシュアワー3でもそうだったが…もがもが。

ともあれ、非常にテンポ良く楽しめた作品ではあった。
しかしまぁエンドロールが始まると半ば条件反射的に席を立つ人がいるのだが、本作に関して言えば、Lが死んでしまう話ですよ?なんで最期まで見届けないの?と思った。
ていうか場内の照明が点くまでが作品なんだから最後まで観ろっ。例外はともかく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Wiiで書き込んでみる

この前(と言っても結構前だが)Wiiの更新をしたらUSBのキーボードに対応したらしい。
Wiiと言えばリモコンでの文字の書き辛さは異常。一応予測変換っぽく候補を出してくれるのだがどうしても出ない場合はわざわざ書きたい文字を含む別の熟語を変換して要らない文字を消すという携帯電話などの辞書が貧弱な時の方法を採らないといけないのだが、いかんせんこれをリモコンでやるのは拷問に近いものがある。

そこでUSBキーボードである。
ところが、我が家にはUSBキーボードがなかったのだ。珍しいと思う人もいるかもしれないが、メインで使っているiMacはCTOで最初からBluetoothだし、時々使うレッツ君はノートなので必要がない。実は1ChipMSX用にキーボードがあるのだが、ケチってPS/2専用を買ってしまったのでUSBには繋がらないのだ。PS/2→USBの変換ケーブルというのも存在するが、これが買うと結構いい値段だ。あ、ちなみにDC用キーボードもあるけど専用だから論外。

で、一昨日とある買い物でエレコムの通販サイトを使ったのだが、送料無料にするのを兼ねてついにUSBキーボードを買うことにしたのである。

というわけで今Wiiに繋げてブログ更新してるわけであるが、Wiiって文字を書くとタイプ音が出てなかなか心地よい。昔、英文タイプライターをおもちゃにしていたことがあって、タイプ時は音がした方が好きなのだ。

ただ、難点は文字入力画面が今時2行しかないことだ。今時2行表示なんて関数電卓ぐらいのもんだ。あ、でも職場のテプラ、1台だけ1行表示だったっけ。
とにかく、書きやすいが見にくいのはどうしようもない。たぶんWiiで書き込むのはこれで最初で最後だろうな。

追記:書き忘れたが、キーボードを買った第一の目的はあくまでパソコン用の予備である。マウスは予備があるのにキーボードがなかったので買ったわけで、Wiiのためだけに買ったわけではない。当たり前か。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Mr.ビーン カンヌで大迷惑?!

公式サイト

先週観ようかどうか迷っていた作品を観てきた。
原題は「Mr.Bean's Holiday」なのだが、Mr.ビーンに海外旅行のチケットが当たり、副賞のビデオカメラ片手にフランスを旅する…ってのが大筋である。ところが邦題のサブタイトルは「カンヌで大迷惑?!」。確かに最終目的地はカンヌだけど実際にカンヌに着くのは物語終盤である。なので、ちょっと邦題は紛らわしいかも?!(←この記号がミソかも)

しかしまぁずっとビデオカメラ(ちなみにソニーのハンディカムだ)持ってるので旅の一部始終を撮ってるのだが、とにかく観てて酔う。素人が撮ってることになってるので当たり前なんだけど、ちょっと気分が悪くなった。笑えるから許すけど。

旅の最終地点は前述の通りカンヌ。しかも日本でもおなじみのカンヌ映画祭だ。「スパイダーマン」でグリーンゴブリンやってたウィレム・デフォーが映画監督役で登場し、主演・監督・脚本全部自分の独りよがりで超つまんない作品(寝てる人多数)を上映してたのだが、そこでビーンがやったのは…

即興のMADムービー

ずっとハンディカムで撮り続けてきた映像と、つまんない映画のセリフとが合う、合う、合う。
会場大盛況。

…どこが「カンヌで大迷惑」なんだ?
それならそれで日本版特別エンディング曲として「♪この悲しみをどうすりゃいいの〜」とか流してくれたら良かったのに(ユニコーン懐かしい)。

それにしても表情や動きだけでここまで笑わせられる人も珍しいよな。
本当に笑いには国境がないと思う。
一部、食べ物を粗末にするシーンがあったけど、それ以外は万人にお勧め。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その言い方はないんじゃないの?

今日の晩飯はわかめご飯だったのだが、それで思い出したのが鳴門わかめ偽装問題
国内のわかめ製品の実に75〜80%が外国産らしいというのも驚きなのだが、それならそれで鳴門産わかめを松阪牛のような超高級ブランドとして売ればいい。輸入物が安いなら、それで納得して買う人は買うんだから、無理に混ぜないで共存させればいいのに。あ、そうすると儲からないのか。それにしても日本わかめ協会の会長が率先してやってたってのが驚きだ。

…というのをわかめご飯喰った後に思った。うへぇ。

ま、それはさておき。
わかめがらみのニュースを見てたら行政の対応が悪いって記事があったので、そこから話は餃子に移る。

「輸入業者、危機管理に問題」…消費者相が指摘

そもそも消費者相って何やねんと思ったら、一昨日新設されたばかりの「消費者行政推進担当相」の事らしい。なぜか「消費者行政」という言葉について詳しく書かれたウェブサイトが見つからないんだけど、大ざっぱに言えば消費者のための行政サービスや行政指導のことを言うのかな?
でも、現実問題として消費者の文句にいちいち目を向けてたら行政は立ち行かないと思う。特に消費者の怒りの矛先が外国だった日には外交問題にまで発展してしまう。政府としても何とか火消しに回らないといけないはず。

で、出てきた発言がこれですか。
確かに輸入業者にも中には製品チェックの甘い会社があるかも知れない。
でもね。
今回はどうも国内で起こったとは考えにくいのはもちろん、製造業者の製造システムの不備だったとも思えない。言ってみれば不特定多数を狙ったテロ行為とも考えられるわけで、そんなもんを想定してたらまともに仕事できないはずである。それでも危機管理意識が足りないってんなら、それは中国という国を「テロ多発地域」と認めてるということか?
ちょっとその物言いは国内企業はもちろん、中国の人も貶めてるように思えてならない。

しかしまぁやっぱり不注意による事故だったとして、あの人たち、絶対に謝らないからなぁ。
必ず言い訳して最後まで謝らないんだよなぁ。日本に対してのみなのかも知れないけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

給油記録(2008年2月1回目)

通勤だけなら週末まで持つ計算だったのだが、金曜に映画の予約をしたので本日給油。

今回:39873km
前回:39310km
給油:36.15L
燃費:15.6km/L

ちなみに給油直前のカーナビの平均燃費表示は16.2km/L。それとガソリンは144円/L。

あかん、また燃費落ちてしもーた。
しかも前回からまた値上がりしてるしー。もっと精進しなくては。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

職場からついにMac消滅?

職場ではまだG4 Cubeが現役である。ちなみにOSは10.3.9ね。
現役なのだが、さすがにWord2004で表入り枠付きの書類なんかいじった日にはやたら遅くて仕方がない。

自分の使っていたMacはCubeよりも更に遅いiMac(350MHzG3、Summer2000というやつ。初めて定価で10万を切ったMac)だったので、さすがに一昨年の秋に、出たばかりのCore2Duo iMacを買った。Windowsも考えたがメールとか環境移行させるのが大変そうだったので、とりあえずMacにしたのだった。結局プリンタが使えなくてBootCampでワンモアセッ…じゃなくてWindowsXpを使うはめになったんだけど。Vista出る前だったし。

で、話は戻ってCubeである。
買い換えの話はちょっと前から出てたんだけど、Leopardが出てしまって、次もMacにするにはまたもやプリンタの問題が出てきた。そう、なかなか10.5対応のプリンタドライバが出てきてくれないのだ。
1月に入ってようやく1月中に公開予定のアナウンスが出た。
毎日チェックしてまだかまだかと思っていたら、1月31日にようやく公開になった。確かに1月中だ。

そんなわけでようやくMacが買える条件が揃ったってんで上司の許可をもらいに行ったのだが…
今後はWindowsを使えと。
Macを率先して使ってた人なので意外。今回買い換える人も家でもMacなので一から覚えなくてはいけない。余計な気苦労がなくて良いから今までMacを使ってたのだが…
確かにね。官公庁向けの書類とかってWindowsじゃないといけないので(正確には国内企業製パソコンで動くOS、かな。世が世ならOSは超漢字が乗っかってたかも?)Windows使わないといけないのもわかるんだけど。プリンタのために2月まで待った意味がなくなってしまった。

でもまぁ、すぐ慣れるでしょうということでこの前ここでさんざん嫌味を書いたメーカーのパソコンを注文する予定。今度は正月挟んでないんだからきっちり仕事してくれよ?

それにしてもここで買い換えると純粋にMacだけ使ってるのは1人になってしまう。自分は今もBootCamp併用してるし、上司はG4 Mac miniとWindowsノートを必要なときだけ使っている。
しかもその純粋に使っている大福iMac G4も何だか調子悪いし…うちのiMacが最後のMacになってしまうのかなぁ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お年玉付き年賀はがきの当選番号

そういえばすっかり忘れていたのだが、先月の27日に年賀はがきのお年玉くじの当選番号が発表された。

当選番号一覧

今年は海外旅行や液晶テレビ、マクブク+iPodセットなんかが当たる、当たればおっと思わせるものがあったのだが…

当たったのはやっぱり切手シート。
しかもだ、近所のパチンコ屋の折り込みチラシ代わりの年賀状で、たまたまうちに来たのが当たったのだった。まぁ何かしら当たっただけでも福が来たと思うべきか。

ところでこのお年玉くじ、下三桁の当選番号がいつから廃止されたのか思い出せないんだけど、あれがなくなって、賞品は豪華になったように思う代わりに滅多なことでは当たらなくなったような気がする。でもこんなのでいたずらに射幸心を煽るのってどうだろう?
そういうの欲しがってる人は最初から普通にギャンブルするか、宝くじでも買ってるって。
知人から来た年賀状で、ささやかな景品が当たって、ささやかな幸福感を得るってのが粋ってものじゃないだろうか。

最近は電子メールの普及で年賀はがきが売れてないと聞く。
でも、案外原因はこっち(くじの当選者数の少なさ)にあったりして。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

節分

というわけで今日は巻き寿司と炒り豆を食べる日である。え、違う?

よい子が誤解するといけないのでちゃんと書いておくが、今日が冬と春の境目、節目の日である。
暦の上では明日っから春ですね。地域によってはガンガン雪が降ってるみたいだけど。

まぁそんなわけで言葉の意味は全く実感が湧かないので、やっぱり巻き寿司と炒り豆の話に戻る。
巻き寿司を節分に食べるのは関西限定の習わしで、全国に広まったのは最近だと良く言われるけど、うちの実家の近所の赤玉寿司でも自分が松阪にいた頃だから20年位前にはあったなぁ。ってさっきウェブサイト見たら「東海圏で初めて」って書いてあった。そうだったのか。あまりに近所過ぎて当たり前だと思ってた。

でまぁ本来ならこっちにあるすし屋に行きたいところだけど、予約も何もしてなかったので素直にスーパーで買うことにした。明日の朝ご飯も買わないといけないし。
さて今晩は巻き寿司と何にしようか…と弁当売り場を見てたら「鬼たいじ弁当」というのを発見。
巻き寿司に、小袋に入った炒り豆、それに鰯の煮付けの三点セット。後はどの弁当にも付け合わせで入っているポテサラ、野菜の煮付け、ひじきの煮物、それといなり寿司。これを運良く半額でゲット。

でも不思議なことにこれと巻き寿司以外は値引きしてなかったんだよなぁ。みんな値引きしたらいいのに、今日までしか売れないものだけっていうと、じゃあ他のは製造日偽造して翌日も売ってるのか?と勘ぐってしまうのだが…

ちなみに弁当に入っていた炒り豆、どう見ても自分の歳より少なかったので菓子売り場で追加購入。
まぁ結局歳に関係なく全部食べたけど。

そういえば、地元では鰯って玄関や窓に柊と一緒に飾るだけで食べないものだと思ってたんだけど、こっちに引っ越してきて初めて節分に食べるものだということを知った。いやまぁ食べられるんだから当たり前なんだけど。でもあれって煮るんじゃなくて焼くんじゃなかったっけ?

…ともあれ、こんなもんで福がやってくるなら安いものである。
うちにはいっぱい招き猫があるけど(集めるのが趣味なので)、まだ大した福はやってきてないからなぁ。
招きすぎて逆に退かれてるのかも?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

DVD:ファンタスティック・フォー 銀河の危機

というわけで9月に観た映画のDVDである。
前作は前にも書いたが「フォー」繋がりでレイザーラモンHGがPRしてたり、吹き替え版のタイアップ曲にオレンジレンジ使ってたりで結構日本でも宣伝に力入れてたみたいなんだけど、宣伝した割に効果なかったのか、HG人気どころかオレンジレンジもパッとしなくなったからなのか、今回はそういう話題作り一切なし。当然「ファンタスティック・テクニック」ことゲキブルーも関係なし。

で、今回の見どころはなんと言ってもシルバーサーファーである。見た目はCGだけど当然モーションキャプチャーで誰かが実際に演じてるわけで。自由に空中を移動する動きをどういうふうに再現していたのか、興味があったのだが、DVDの特典ディスクでそれがわかった。
地球儀の台みたいな装置に人の背中を固定し、別の人が操作レバーを動かすとクルクル回って自由自在な角度でサーフボードの上に立っているような動きができるのだった。
特撮映画ってこういうのが楽しいよなぁ。やってるほうは大変だけど。

それと、本編の方は監督のオーディオコメンタリーを聞いていたのだが、冒頭に出てくる駿河湾、実はカナダの湖に富士山の映像を合成したらしい。まぁ海面が一瞬で凍り付くなんて考えにくいしそもそもパッと見で日本じゃないだろうと思ったけど。そもそも他の世界各国でもロケはしてなかったみたいだし。メイキングでも予算が厳しいとか言ってたので、事情が事情なんでしょう。

それにしても吹き替え版の敵役のDr.ドゥーム、声がキンタロスの人なのでどうしてもアレに聞こえてしまった。見た目はダースベイダーみたいなのに「泣けるでぇ!」とか言いそうで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ミッフィー小鉢、入手しました

先月までやっていたローソンのポイントシールキャンペーンで集まったポイントを全部小鉢に換えてきた。
080202_1526

ざっと12セット。
店員に在庫あるかなぁと言われてしまったけど、無事全て入手した。
1月後半に入ってからはどこまでポイントが貯められるか、そっちしか考えてなかったので、買い物は全てローソンという不健康かつ不経済極まりない生活を送っていた。
ほんと、スーパー行ってなかったもんな。

080202_152600

で、中身がこれ。
小さい。実に小さい。
ほとんど湯飲み茶碗といってもいいくらい。
今は自炊してないけど、してた頃はなるべく洗い物少なくしようと思って、わざわざ小鉢に分けて盛りつけるなんて事はしてなかったからなぁ。いまだに小鉢という食器の存在意義が個人的には見出せていない。
が、最近食が細くなってきたような気がするので(あーそこそこ、誰が?とか言わない)ちょうど良いのかも。

でもまずは良く洗わないとな。当然というか思いっきりMade in Chinaだし。わはは。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師

公式サイト

えーと、これ、元がミュージカル(日本版は市村正親が主役なのな)だと知らずに観に行きました。
一度予告編を見て、お、なんか復讐劇っぽいなと思って、それだけの理由で観に行ったわけで、冒頭でジョニー・デップがいきなり歌い出したのには正直ビックリ。
えー、これってオペラ座の怪人みたいなノリの映画なんか?って思ったわけですよ。
あれ、確かティーダを買う直前に観に行ったからちょうど3年前か。その間、この手のを観てなかったことになるなぁ。あんまり見慣れてないせいか、やっぱ違和感がある。そもそも普通(舞台での)ミュージカルも観に行ったことないし。

ただ、歌って話が進んでいくせいか、内容は非常に残酷なんだけど割と軽い感じがした。
なんつってもR-15だからなぁ。高校生が同級生と観に行って、下手したら誕生日来てない奴だけ観られないって事か。小学生なんか喜んで真似しそうだし。

それにしてもだんだん観てる方も感覚が麻痺してくるくらい人を殺しまくっていくわけですが、ついには目的を果たしたものの、気付いたときには…という、まぁ穿った見方をしていれば途中で気付いたんだろうけど、自分はオチに最後まで気付きませんでしたな。

まぁ映像的に何回も観るようなものじゃないし(やってることはロンドン版「八仙飯店之○○饅頭」だし)DVDも買いません。まぁ絶対テレビでもやらないだろうな、これ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

iTunesのライブラリにあるのに曲が見つからない?

iTunesでの話。
自分のではないのだが、ライブラリにある曲をCDにバックアップしようと思ってプレイリストに入れようとしたら入れられない。
データがありませんという。
でも、元はCDで、iPodにはちゃんとデータが転送できたのだという。

なぜか?
その元のCDとやらを見ると、それは普通のオーディオCDではなく、MP3データの詰まったCDであった。なお、オリジナルからバックアップ取ればええやんというのはナシな方向で。

自分ではMP3データの入ったCDが聴ける環境にあるけど、この手のCDのバックアップを取ったことがない。CDのまるごとバックアップ(iPodを買う前はオリジナルが傷つくのが嫌なので車で聴く用にバックアップしたものを使っていた)しか取ったことがなかったのだ。ましてやiTunesでは全く経験なし。

どうも、iTunes上でこの手のMP3CDをマウントさせると、オーディオCDのようにハードディスクにインポートされずに、CDの中身の情報だけが書き込まれるようだ。この状態でiPodを繋ぐと、ハードディスクのiTunesライブラリからではなく、CDから直接転送されるため、iPodでは聴けるけど、CDがないとパソコンでは聴いたりバックアップできないようなのだ。これってやっぱ簡単にMP3とかでコピーを作らせないための仕様なのかな?

仕方ないのでCDのデータをハードディスクにコピーして、そっからiTunesライブラリにインポートするという、およそiTunesの普段の使い勝手からは程遠い面倒くさいことをして、やっと別のCDにバックアップすることができた。

ちなみにiTunes使わなくてもCDまるごとのバックアップはできるんだけど、今回はバックアップ先をMP3のままではなくオーディオCDにしたかったみたいなので、この方法しかなかったのだった。
個人的にはMP3にしてしまったものをわざわざAIFF(WAV)に戻すのは抵抗があるんだけど…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »