« ヤッターマン | トップページ | TVアンテナ工事 »

Time Machineでバックアップ

先週は会社のパソコンがやたら調子が悪かったわけですが、先週末、実はうちのiMacG5も使用中にフリーズしてしまい、強制システム終了(パワー長押し)してしまったわけですが、案の定、あしたのジョー、システムが調子悪くなってしまったわけです。困ったじょー。

具体的には起動に時間がかかるようになってしまった。
ディスクユーティリティで調べてみると、どうもアクセス権がおかしくなっていて、しかも修復不能になっていたことが判明。
しかし直近のバックアップなんて取ってないわけで、あわててディスクユーティリティからイメージ作って外付けに現状のシステムをコピーし、内蔵をクリーンインストールしてから必要なデータだけ移行させようと考えたわけです。
でも、なぜか外付けへのイメージ作成に失敗してしまう。というかコピー先に外付けが選べない。
仕方ないので普通に内蔵から起動し、Leopardの新機能であるTime Machineを使ってみたわけです。

まずは内蔵まるごとを外付けにコピー。120GBくらいで6時間くらいかかっただろうか。
正直この状態から元に戻るかわからず非常に怖かったわけだけど、背に腹は代えられん。
思い切ってDVDから起動し、Leopardをクリーンインストール。
で、再起動後、移行ツールで既存システムのデータを選ぶときに従来外付けから起動できるシステムからコピーしてた所を、今回初めてTime Machineバックアップからコピーした。

コピーが終わり、デスクトップに置いてあったファイルが並んだので、お、ちゃんと移ったかなと思ったわけですよ。アクセス権チェックもエラーでなくなったし。

でもね。

あれれ?ATOKが使えなくなってるよ。こちとらATOKは8から使ってるし、その前はEGBridgeだった。ことえりなんてもう何年も使ってないんだよ。使いづれぇー。

もっと驚いたのがMail。サブフォルダが出来ているので当然中身が入ってると思ったら…空!カラ!
ちっとも移行できてないし…

ATOKはもう一度入れたらええとして、やっぱり問題はメール。どうすりゃいいんだ?

この時、DVDから起動したときのメニューにTime Machineバックアップから復元というメニューがあったのを思い出した。正直、まるごと戻すとアクセス権の異常なシステムに戻ってしまうわけで、戻したくなかったんだけど、メールが消えるよりはマシだ。

でも、起動してみると案の定、あしたのジョー(もぉええって)本当に戻して良いか思い止まらせるメッセージが出た。ただ、その後に気になるというか見慣れない内容があった。フォルダ単位(だったかな?)で戻したい場合はハードディスクから起動して戻せというようなことが書いてあったのだ。

え、Time Machineって好きなファイルだけ戻せるの?
まるごと戻すだけじゃなかったの?

いやー、不勉強でした。
再起動してMailを起動し、空になってしまったフォルダを選択した状態でDockからTime Machineを起動すると、Mailのウインドウが遠近法で重なって並んでいた。古いバックアップを選ぶと確かに外付けにコピーした段階のメールが入っていた。復元をクリックすると、再び現在のMailウインドウに戻って、新たにTime Machineバックアップというサブフォルダが作られてそこにコピーされていた。

何気に凄くない?

さすがに複数のサブフォルダを選ぶことはできず、その辺は手動だったのだけど、無事戻った。
ただ、Time Machine上では現在のフォルダには消えてしまったはずのメールが残ってたんですがね。
要は何らかの原因で見えてないだけみたい。

同様に、何回か再起動したら使えなくなっていたはずのATOKが使えるようになっていた。
何だったんでしょう。
ま、とりあえず元には戻ったのでこのままTime Machine を使うことにしよう。

会社のMacもプリンタの問題が解決したらLeopardにしようかな。
これはむしろ仕事で使うときに便利だ。

|

« ヤッターマン | トップページ | TVアンテナ工事 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13616/17709256

この記事へのトラックバック一覧です: Time Machineでバックアップ:

« ヤッターマン | トップページ | TVアンテナ工事 »