« ゼルダの伝説 夢幻の砂時計冒険日記(10) | トップページ | 雪だ、雪だ、明日が不安 »

ゼルダの伝説 夢幻の砂時計冒険日記(11・完結)

というわけで昨日の続き。今回は最後まで行くのでストーリー的にネタバレ注意かも。

海王の神殿でまず取り逃したアイテムを取ることにした。ハンマーとか鉤付きワイヤーとかを使って取れるものは取っていった。途中、気付いたのだが、ファントムって弓矢で足止めしなくても後ろからいきなり斬りつけても倒せるのな。これ、夢幻の剣だからできたのかな?
とりあえず地下6階の黄色いワープポイントで一旦戻ってセーブ。ここまでで2分ちょっと。

再び潜っていって2枚目の海図を手に入れた所にやってきた。
最初、無意味に広いなぁと思っていたのだが、案の定、再びやってきた時にはファントムがいた。しかも3体。さっき倒せることはわかったので、これは倒すしかないんだろうなと思いつつ、またセーブ。
さて、ゆっくりと後ろから斬りかかろうと思ったのだが、どうしても他のファントムに見つかってしまう。というか、そもそも後ろを向いてくれない。しかも逃げようと思っても見つかった後では炎に阻まれて上に上がれない。どうにか風の吹き出し口に穴は空けたものの、どうやって倒すんだ?

おもむろに上の段の炎の吹き出し口ぎりぎりでハンマーを叩いてみた。
すると、一番近い奴だけが不審に思って(?)近づいて来るではないの。でも自分は上の階にいるので近づいた後は、確認して、クルッと振り向く。これや!
振り向いた直後、急いで近づき、斬りつけた。これで一体撃破。
一体だけは反対側からでないと近付いてくれなかったので反対側から撃破。すると…
赤ファントムが出た。またかよ…
幸い、出現時に自分に一番近いファントムが後ろを向いていたのでまず一体撃破。
同様に3体とも倒すと、今度は白ファントム。もぉええかげんにせぇっ。
さすがに何度かミスして時間とライフ引かれつつ全て倒すとやっと扉が開いた。ライフが4つほど減っていたがそのまま扉に入った。

そこはいよいよボスの部屋の入り口。だけど、回復アイテム一切なし。一応出口に戻る青いワープポイントは用意されてたけど、ここまできたらいいかげん戻る方が手間かなと思って、そのまま進む。

ラスボス、ベラムーはタコかイカのような姿をしていた。えっと、どこをどう攻撃すればええの?
とりあえず敵の吐き出す一つ目の敵をハンマーで叩いていると、妖精がヒントを出してくれた。
おお、えらく親切設計。言われたとおりはぎ取ると、本体の頭の目玉が現れた。ひたすら斬りつける。

繰り返すと、上の方に上がっていってしまった。えーと、どうするの?
よく見ると、階段があるではないの。
上がっていくと、足の先で貼り付いてふんばっている。ご丁寧に足の先にも目玉が。なるほど、これを狙うわけですな。全て射抜くと下に落ちていったので、戻って頭を斬りつける。

2回目は足の目玉が目蓋を閉じて簡単に射抜けないようになっていたが、これもクリア。
すると…海王が現れた。お、終わりか?と思ったけどまだありそうだ。妖精が記憶と能力を取り戻したらしい。その能力とは、時間を止められるらしい。ディオ様ですか!
というか、言い換えれば時間を止めないと倒せない敵だということか。
とりあえず止めてみたが、どうも相手が横を向いている時に止めないと攻撃できないようだ。要はさっきの頭の目玉が手の届く位置にないと倒せないみたい。
途中、紫の薬を使ってしまったが、何とかベラムーを撃破。
倒したと思ったら上から柱が落ちてきた!えええ!
…とその時、なぜか船の上に転送されていた。海王が助けてくれたみたい。ゼルダ姫(テトラ)も復活!


と思ったら甘かった。
テトラをさらったベラムーが幽霊船に乗り移り、いきなり艦隊戦。砲台はあちこちにあるし、連射というか2箇所からほぼ同時に撃ってきやがる。で、ゲームオーバー。
なぜかメルカ島の近くにいたので、戻って船体を改造して「じごく」パーツで固め、耐久力を6まで上げて再挑戦。相手が連射してる時は下手に船を撃たずに確実に弾を迎撃して対処し、幽霊船は沈没。
これで終わるわけないよなと思いつつ、幽霊船に乗り込む。

今度はラインバックがさらわれ、というか同化しやがった。さすがに顔を残したらデビルマンのジンメンというかCEROのD(17歳以上対象)とかになりかねないので、頭はファントム風の兜をかぶったけど。
で、一応弱点が背中の目(ベラムーの目ね、ラインバックの顔だったら…)なのはわかっているんだけど、妖精の力も使ったのに、目が開いた時でないと時間を止めても倒せない。
しかも妖精までさらわれてしまって、時間を止めるアイテムが出せない。剣の力を信じて戦えとは言われたものの…
正面から(しか無理っぽいけど)斬りつければ時々鍔迫り合いになり、スクラッチして競り勝つと敵が無防備になり、更に斬りつけたら妖精が解放され、時を止めることが出来るようになるので、背中の目が開いた瞬間を狙って時を止め、斬りつければよいのはわかった。
わかったけど、確実に鍔迫り合いに持って行く方法がわからない。
たぶん、本体を狙わずに剣を狙って斬りつければいいような…違うかな?

そういえば力の源が20個貯まっていたのを思い出し、念のため、ほこらの島に行き、剣の攻撃力を上げてみた。あと、ゴロン島のショップで黄色い薬を入手。赤じゃ追い付かないので。

セーブして戻って再開。2回目の目玉斬りつけの後は相手が回転切りしてくるけどあれ、避けられるんか?ともかく、計3回目玉を切りつけてやっと撃破。あれ、ラインバックは?

ともかく後はのんびりムードでエンディングを迎えた。海王の真の姿を見てびっくり。ま、確かに海の王だわな。しかし最後の最後、夢オチで終わりそうな所、自分でカスタマイズしまくった船が出てきて、そこで終わったのに感動。石になってほとんど出番がなかったテトラ(ゼルダ姫)と手を取り合う主人公…みたいな終わり方だったらやっぱ薄っぺらいよなぁ。

いやー、本当に楽しめた。去年のDS用ソフトの売り上げランキングでも上位にあったみたいだけど、まぁ納得。実はペンだけの操作に不安を覚えたのだけど、やってみたらペンでの操作が意外に面白かった。「怪盗ワリオ・ザ・セブン」は方向ボタンとペンの組み合わせでちょっとDS本体が持ち辛い所があったのだけど、今回はLボタンくらいで(左右キーも使えるけどあまり使わなかった)後はペンだけで非常に操作しやすかったと思う。

さ、次は何やろうかな。年末に買って封も開けてないWiiのゲームやるか。

|

« ゼルダの伝説 夢幻の砂時計冒険日記(10) | トップページ | 雪だ、雪だ、明日が不安 »

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13616/17862253

この記事へのトラックバック一覧です: ゼルダの伝説 夢幻の砂時計冒険日記(11・完結):

« ゼルダの伝説 夢幻の砂時計冒険日記(10) | トップページ | 雪だ、雪だ、明日が不安 »