« プロの仕事 | トップページ | ゼルダの伝説 夢幻の砂時計冒険日記(6) »

ベオウルフ/呪われし勇者

公式サイト

今年1本目の映画は年末に見られなかったもののうち、今日で終わりなのでこれにした。
公式サイトは帰ってきてから初めて見たのだけど、「300+ロードオブザリング」というキャッチコピーは一理ある。雰囲気はまさにそのまんま。

ただね。
全部CGにする必要なかったんじゃないの?
確かにCGじゃないと表現できないようなシーンも多々あって、そこだけCGにするのも違和感があったんだろうけど、これじゃ「出来の良いファイナルファンタジー」にしか見えませんがな。
モーションキャプチャーを使ったアクションシーンの動きもなんとなーくぎこちないし、そもそも普通に歩いてるシーンからして(ry

ファンタジーの世界と現代の世界と背景からして違うとはいえ、少しは「トランスフォーマー」を見習って欲しいですよ。アニメの世界なのに極力実物を使う姿勢に人は迫力を感じるわけです。
PS3等のゲーム画面等を見るたびに感じる「現実に近いけど何だか違和感を覚える感覚」、これが払拭できない限り、当分フルCGの映画は見てて楽しめないと思う。

うーん、ちょっとがっかり。

|

« プロの仕事 | トップページ | ゼルダの伝説 夢幻の砂時計冒険日記(6) »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13616/17661148

この記事へのトラックバック一覧です: ベオウルフ/呪われし勇者:

« プロの仕事 | トップページ | ゼルダの伝説 夢幻の砂時計冒険日記(6) »