« レイトン教授と悪魔の箱ナゾトキ日記(10) | トップページ | 外付けHDDから起動しない »

レイトン教授と悪魔の箱ナゾトキ日記(11)

結局クリスマスイヴもレイトン教授な私であったが(本当は勉強するつもりだった。まぁどっちも現実逃避とも言えるが)ついに118番が解けた。
結局、最初に一旦下に置いたブロックを上に上げるのに、最初考えていた方向と反対の方に動かそうとしたら割と広い空間が出来て、無事ゴミブロックを下に落とすことが出来た。嬉しいっ。

これで全問正解したのでその場でセーブすればレイトンからの新たな挑戦状が開くはずだったのだが、せっかくだから、俺はもう一度エンディングを見るぜということでゴール地点に向かった。
途中、ハムスターが取り忘れたコインを探してくれた。
そうか、ハムスターって前作でいうロボット犬やったんか。
しかもやたら特徴的な声でしゃべりやがる。後でわかったがアメザリの柳原の声だった。何で関西弁なんやと思ってたら…あいつかい。

最初にエンディングを迎えた後のセーブポイントからはまだ問題が2問あるので(ストーリーに非常に密着してるので仕方ない)これに答え、無事2回目のエンディングを迎えた。このゲームの場合、エンディングの感動より118番を解いたときの感動の方が大きかったのだが、ある意味正しいな。

というわけでやっとレイトンからの挑戦状の「全てのフシギを制した者の部屋」ができるようになった。
早速始めたが、3問のうち2問は割とすぐに解けた。でも、最後の問題が…

いやね、他の挑戦状の問題に一問も「箱入り娘」問題がなかったのでもしやと思ってたんですがね。
前作も確か一番難しい問題があれだったので(いまだに解けてないけど)怪しいと思ってたんですがね。
しかも問題のタイトルが「悪魔の箱」だっていうからまぁ「箱」の問題だろうなぁとは思ってたんですがね。

やっぱ「箱入り娘」だった。しかも真ん中に壁があるし、やたら動かしづらい十字ブロックまである。
まさに「悪魔」級の意地悪さ。
でも壁があるために通路が狭い上に、十字ブロックを動かせる範囲がやたら狭いので、まぁ考え方によっては手順の候補は絞られてくるのかなと思ってるんだけど、どうかなぁ?

ま、とりあえず本編は全問正解したのでナゾトキ日記は今日までにしようと思う。長かった。

|

« レイトン教授と悪魔の箱ナゾトキ日記(10) | トップページ | 外付けHDDから起動しない »

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13616/17470987

この記事へのトラックバック一覧です: レイトン教授と悪魔の箱ナゾトキ日記(11):

« レイトン教授と悪魔の箱ナゾトキ日記(10) | トップページ | 外付けHDDから起動しない »