« レイトン教授と悪魔の箱ナゾトキ日記(7) | トップページ | レイトン教授と悪魔の箱ナゾトキ日記(9) »

レイトン教授と悪魔の箱ナゾトキ日記(8)

とりあえず、終わった。
物語はまぁ何というか前作同様ファンタジーな世界というか、あの話はどうなったんだ!って所はエンドロールのイラストで済ませてしまっているというか。映画的な終わり方とすればああするしかないんだろうけど。続編のストーリーはもう決まっているんだろうけど、もう少し無理のない設定に出来ないものか。
でも前作同様、終盤を盛り上げるスリリングなアクションシーン(全部ムービーだけど)があったり、なかなか楽しめた。
終盤で焦ったのは133番の箱入り娘問題かな(またかよ)。何しろ答えられないと先に進めない。
ゴール地点にあるブロックをスタート地点に移すことが出来れば勝ったも同然な気がするんだけど…
後はヒント使えば解ける問題ばかりだったと思う。

ただ、エンディング後、まだ見つけてないナゾがあることが発覚。リストで調べたら94番だった。
確かに、ハーブティーを飲ませるクエストを終えないまま終盤に入ったのでそこだろうなと思ったけど、図星だった。
エンディング後もフォルセンスの街を自由に回ることができるので、ナゾーバの館に送られることもなく、気付かなかったのだった。なんで強制セーブ画面の前にナゾーバ行きのリストが表示されないんだろうと不思議に思っていたのだけど、そういうことだったか。

一応、94番に関してはクリア。本編の問題は全て見つけ、118番を除いて全て解いたことになる。
ただ、ハーブティー飲ませてない人がまだ一人いるみたいだし、ハムスターの育成も全くやってない。
一応「ハ○たろう」という安直な名前を付けてあるんだけど…
これもクリアしないとレイトンからの挑戦状の問題が現れない(はずな)のでがんばらないと。
というか118番解かないと出てこない挑戦状があるみたいだなぁ。

それにしても前作で自力で見つけられなかった問題があるんだけど、これが偶然にも118番。
何か因縁でもあるのか?

ちなみにここまでかかった時間が記録上で約14時間。実際は何回もやり直ししてるからもっとかかってるはずだけど。あと、現時点でピカラットが約4200あるので4500で開くシークレットファイルだけが開かない。挑戦状がんばらないといけないなぁ。

とりあえず最後まで行ったので後はのんびりやるとしよう。

|

« レイトン教授と悪魔の箱ナゾトキ日記(7) | トップページ | レイトン教授と悪魔の箱ナゾトキ日記(9) »

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13616/17446929

この記事へのトラックバック一覧です: レイトン教授と悪魔の箱ナゾトキ日記(8):

« レイトン教授と悪魔の箱ナゾトキ日記(7) | トップページ | レイトン教授と悪魔の箱ナゾトキ日記(9) »