« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

2007年12月の34件の記事

ゼルダの伝説 夢幻の砂時計冒険日記(2)

今年最後の更新は結局ゲームな日記。
実は前回の日記、いきなり(1)を付けてずっと続けるつもりだったのだけど、前回の最後に入った神殿で先に進めなくて、詰まっていたのでレイトン教授に浮気したのであった。あのまま続けてレイトン教授を来年以降に後回しにしてたらこのブログのアクセス数はこんなになってなかったはず。

というわけでレイトン教授も一段落ついたのでゼルダを再開。
前回詰まっていたのは最初にファントムが出てくる所、地下1階。
たいまつに火を点けるんだろうというのはすぐに判ったんだけど、どうやって火を点ければいいのかわからなくて詰まっていたのだった。しかもブーメランを使うところまでも気づいてたのに、一生懸命通行止めの火を使って火を点けようとしていた。マップの右上のスイッチの存在に気づかずに。ま、気づいたら簡単だったんですけど。
その次の階もスイッチの存在に気づかずに苦労したなぁ。見つかったらあっさりクリアできたけど。
でも、ここまで気付くのに砂時計をほぼ9分ほど使ってしまい、泣く泣くやり直し。
その後はまぁ勝手もわかってきてクリア。

新しい海図を手に入れ、船に戻る前に道中で草刈りで金稼ぎ。

実はこの後船で海に出たんだけど日付が変わる前に更新したいので、今日はというか今年はここまで。

来年もいっぱいゲームできるといいなぁ。と36歳のおっさんが言ってみる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

帰省します

あとちょっとで家を出て実家に帰る予定。
休み中の録画予約も終わり、持って帰るものもカバンに詰め終わり、後は年賀状を再開…と思ったらもうほとんど時間がねぇぇ。

とりあえず四国内の年賀状はこっちで出して、後は三重県から発送だな。
余裕があれば梅田に寄り道して送るけど…ってそんなこと書いてる場合かっ。

というわけでしばらくパソコンからの更新はしない予定。レッツ君は持って行くけど、実家でネット使えないし。ああ今年も大掃除できなかった…


#実家に帰ってきたので追記。
実家で兄に回線使わせてもらえたので普通にレッツ君で書き込みできた。
一応レッツ君の使用目的は書類作成と溜まったテレビ番組の消化(秋のドラマ、まだ2本しか見終わってない)だったのでネット環境は必要ないはずなんだけど、あったらあったで便利。
むしろだらだらネットサーフィンして書類作れなくなるかも。
とりあえず帰省中の車内で年賀状は完成したので後はのんびりするかぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

久々の蕎麦

今日も仕事で会社に行っていた。
で、昼飯に行ったのが蕎麦屋である。しかもセルフサービスの店。

勇心庵」(ちなみに地図は間違ってて、もうちょっと東にあるので注意)

会社の近くなので良く前は通るのだけど、昼しかやってないみたいで行ったことがなかったのだった。
というか、よく考えたら四国に越してきて以来、蕎麦って食べたことなかったような?

というわけで早速入ってみた。店に入るといきなり注文カウンターである。
メニューはかけ(後で自分でつゆを入れるぶっかけ式)とざるのみ。量が大小とあるので選ぶ。
今回はざる大500円だったが、小なら350円だ。
蕎麦が出てくるまで、カウンター脇にあるおでん、天ぷら(エビ天とイカ天)等をお好みで取り、更につゆと薬味を取った。天ぷらは100円、おでんは何と50円だ。
そばがそば湯と一緒に出てきた。ただ、ざると言いながら皿に盛られて出てきたのは仕方ないか。

さて食べてみるといわゆる蕎麦屋の蕎麦である。立ち食い蕎麦もあれはあれで好きだけど、重くない。
つるつるっと軽い感じで食べていける。
されど大。見た目少なそうだったのだけど、完食したらおでんが入らない状態だった。

それにしてもセルフ蕎麦とは珍しい。実はすぐ近くにセルフうどん店があるのだが、近くに高校があるので学生にも安心して食べられるようになってるのかも知れない。また行ってみよう。

…と、のんきにブログ更新しているがまだ年賀状を一枚も書いてない。しかも昼前には帰省に出発だ。
どうする?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

年賀状

これから作成である。
2000年から未年の時に休んだだけでずっと続けている年賀状のテーマが

「闘う干支」シリーズ

である。干支にちなんだキャラクター、人物を映像作品からパクってキャプチャして仕上げている。
2000年:辰年→「燃えよドラゴン」の1シーン
2001年:巳年→「スネーキーモンキー蛇拳」の1シーン
2002年:午年→上田馬之助の試合映像
2003年:未年→休み
2004年:申年→「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・チャイナ外伝 アイアンモンキー」の1シーン
2005年:酉年→OVA版「ガッチャマン」の1シーン
2006年:戌年→「特捜戦隊デカレンジャー」の1シーン(デカマスター)
2007年:亥年→アントニオ猪木の試合画像

未(ひつじ)の時はクソ忙しかったってのもあるけど、単に思いつかなかったってのもあって、深く考える暇もなく既製品で誤魔化した。

さて2008年である。案は2つあったのだが…安直に超有名な黄色い電気ネズミを使おうとしたけど、「闘っている作品、人物であること」「擬人化あるいは人そのものであること」というシバリでネタを考えているので却下。

ま、あれですよ。パソコンの周辺機器と全く同じ名前のアニメ。相当古い作品だけどなぜかMPEG2画質の映像が見つかったのでそれを使う予定。明日仕事なんだけど…間に合うかなぁ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

歓送迎会

今日は職場の歓送迎会。
4年ちょっとがんばってくれた子が寿退職するのと入れ替わりで別部署から来ていただいた方の歓送迎会が近所の焼肉屋であった。お店は「味道良」。最近開店したばかりの人気店だ。

実はちょっと前にランチを食いに行ったことはあるのだけど、本格的にがっつり食べたのは今日が初めて。
古い民家をリフォームしたお店はとてもおしゃれ。接待とかにも使えそうだ。
値段は決して安くないけど高いとも思わない。松阪の焼肉屋の相場を知っている自分としては(あっちは最近高いと思うけどね…)価格に相応しい内容だと思う。

はー、満足。さて、そろそろ帰省の準備を始めないと…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

CrossOver Mac 6.2.1

今日、メールに添付されてきたWord文書を開いてみたら、Windowsで用紙をいっぱいに使った文書であった。
こうなるとMac版Wordではどうあがいてもきちんと印刷できないし、読むだけでも中途半端に改行されて非常に読みづらい。

こういうときのCrossOver Macである。
WordViewer2003が入れてあるので普通に開いて印刷くらいならできてしまう。
…この話はこれで終わってしまうのだが、起動した時にアップデータ検索プログラムがアップデータのお知らせを告げていた。

どうも12日に6.2.1が出たらしい。確か12日以降にユーザーフォーラム見たはずだけど、そんなこと書いてなかったのに。

ともかく、ダウンロードしてインストールしてみた。このアップデータ、無償なのだが、オンラインショップのカートシステムで0円で購入する形をとり、シリアルナンバーを入れないとダウンロードが出来ないようになっていて、非常にめんどくさい。まぁアップデータというより、最新バージョンをまるごとダウンロードするので当たり前か。アップデートというよりアップグレードといった方が正確かも知れない。

さて、今回の大きな変更点であるが、基本的にはLeopardへの対応である。
でも、会社のiMacはプリンタドライバの関係でまだLeopardにしてないんだよねぇ。意味なし。
ただ、日本語入力がまともに使えるようになっていた。実は大きな進歩かも知れない。
というか今まではβ版だったのではないか?
とりあえずこれでメールとかの文字化けには対応できそうだ。

後はテプラが使えれば問題ないんだけど…ていうかいい加減キングジムもMac版ドライバ出して欲しい。消耗品の関係で今更ピータッチもネームランドも買えないし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

外付けHDDから起動しない

今日もまたMacの調子が悪いとの連絡を受け、早めの帰宅。
FireWire接続のHDDにOS10.3.9を入れ、PBG4につないで外付けから起動して使っていたらしいのだが、PBG4に繋げて電源を入れてみると起動中を示すサインがクルクル回り続け、一向に起動しない。
電源ボタン長押しで強制電源オフにして、一旦FireWireを外し、起動してから繋げてみるとちゃんと認識している。ただしディスクユーティリティで修復を試みようとするとエラーがでて中断してしまう。

ダメ元で外付けのディスクイメージをPBG4に作り、消去後戻してみようと思ったけど、これもエラーがでて使えない。

これはシステム関係がぶっ壊れてるっぽかったので、とりあえずユーザーフォルダをPBG4へコピー。
その他も可能な限り一応コピー。これで消去しても一安心。
何故かというと、元々はPBG4の内蔵HDDの中身をコピーしたのが外付けHDDなわけで。ただし最新版データはFireWireにしか入ってないらしいので、まずはCD起動して内蔵HDDのイメージを外付けに作り、それを内蔵にコピーし、また外付けに復元してから、先にコピーしておいたユーザーフォルダを戻して復元することを思いついたのだった。

結果的にほぼ元通りになったと思う。ただ、ディスクイメージの作成と復元に時間がかかって4時間もかかってしまった。
それにしてもこの外付けHDD、ちょっと前も起動しなくなって同様の作業をしたばかり。なんでこんなに読めなくなるんだ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

レイトン教授と悪魔の箱ナゾトキ日記(11)

結局クリスマスイヴもレイトン教授な私であったが(本当は勉強するつもりだった。まぁどっちも現実逃避とも言えるが)ついに118番が解けた。
結局、最初に一旦下に置いたブロックを上に上げるのに、最初考えていた方向と反対の方に動かそうとしたら割と広い空間が出来て、無事ゴミブロックを下に落とすことが出来た。嬉しいっ。

これで全問正解したのでその場でセーブすればレイトンからの新たな挑戦状が開くはずだったのだが、せっかくだから、俺はもう一度エンディングを見るぜということでゴール地点に向かった。
途中、ハムスターが取り忘れたコインを探してくれた。
そうか、ハムスターって前作でいうロボット犬やったんか。
しかもやたら特徴的な声でしゃべりやがる。後でわかったがアメザリの柳原の声だった。何で関西弁なんやと思ってたら…あいつかい。

最初にエンディングを迎えた後のセーブポイントからはまだ問題が2問あるので(ストーリーに非常に密着してるので仕方ない)これに答え、無事2回目のエンディングを迎えた。このゲームの場合、エンディングの感動より118番を解いたときの感動の方が大きかったのだが、ある意味正しいな。

というわけでやっとレイトンからの挑戦状の「全てのフシギを制した者の部屋」ができるようになった。
早速始めたが、3問のうち2問は割とすぐに解けた。でも、最後の問題が…

いやね、他の挑戦状の問題に一問も「箱入り娘」問題がなかったのでもしやと思ってたんですがね。
前作も確か一番難しい問題があれだったので(いまだに解けてないけど)怪しいと思ってたんですがね。
しかも問題のタイトルが「悪魔の箱」だっていうからまぁ「箱」の問題だろうなぁとは思ってたんですがね。

やっぱ「箱入り娘」だった。しかも真ん中に壁があるし、やたら動かしづらい十字ブロックまである。
まさに「悪魔」級の意地悪さ。
でも壁があるために通路が狭い上に、十字ブロックを動かせる範囲がやたら狭いので、まぁ考え方によっては手順の候補は絞られてくるのかなと思ってるんだけど、どうかなぁ?

ま、とりあえず本編は全問正解したのでナゾトキ日記は今日までにしようと思う。長かった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

レイトン教授と悪魔の箱ナゾトキ日記(10)

今日も昨日も118番。下に沈めたL字ブロックとゴミブロックが入れ替えられない。
どうすればいい?

また煮詰まったので、今度は52番探しをしてみた。
ドロップストーンの町に着いた所のセーブデータがあったのでそこから再開。
フォルセンスの町も回って回り方になれてきたのもあって、結構あっさり見つかった。
品評会の会場に行くと、まだ始まってないとかで引き返すんだけど、その直前には行けなかった方向に行けるのでついそっちに行ってしまうよなぁ。
でもそっちに行かずに、先にハーブティーのばぁさんがいる所に行くと…
なぜかその時だけ違う人がいるんだよなぁ。後から行くとまたばぁさんがいるから気付かなかった。

ナゾそのものは全部自分で見つけられてちょっとすっきり。
少なくともその点では前作で果たせなかったからなぁ。

さ、今日はもうやめだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

レイトン教授と悪魔の箱ナゾトキ日記(9)

118番が解けないので先にハーブティーとハムスターを進めた。
ハーブティーの方は、最後のセーブポイントから街に戻り、一人一人あたってみた。…いない。
でもよーく考えたら門をくぐってから誰にも飲ませてないじゃないかと思って引き返してみたら、いた。
これでハーブティー26人斬り達成(斬ってないが)。

次はハムスター。
アイテムは有り余るほどあるので、気付いたら最終目標の30歩は楽勝だった。
ポイントはわざと遠回りさせたいときにリンゴを使い、長い方の辺をいっぱいに使ってびっくり箱を置くことだろうか。

こうして、「レイトンからの挑戦状」も、118番を解かないと開かない部屋を除いて全て開け、問題も全て正解した。ほんと、あと118番だけなのに。

で、118番だ。ヒントも見たけど「さぁ後は自分でやってみよう」以降ができなくて悩んでいるのであまり意味がなかったような。散々試したが答えは見つからず。

煮詰まってきたので久々に、というか「悪魔の箱」では初めての「週刊ナゾ通信」を遊んでみた。
まずは前作「不思議な町」を起動し、ダウンロード。
7月からやってなかったみたいで、20問以上出てきた。

久々にやってみたが、インターフェースが改善されているのが分かる。特に数字や文字を書き込む問題で、1文字でも誤認識あるいは誤記すると、最初から書き直さないといけなかったのが、続編では間違えたところだけ消して書き直しできるようになっている。そもそも、文字認識精度そのものも向上しているようだ。こういう、ただ問題だけを切り売りしているわけではないところにこだわりを感じる。
やるな、レベルファイブ。

問題自体は今日の時点で3問解けない問題がある。ヒントもあるがよくわからない。うーむ。

次に「悪魔の箱」の方の週刊ナゾ通信をダウンロード。
さすがに発売されたばかりなのでまだ4問しかないのだが…早速解けない問題が。
そう、例によって「箱入り娘」問題だ。ここまで来るともはや鬼門だな。
自分のふがいなさに打ちひしがれつつ、本日はここまで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

レイトン教授と悪魔の箱ナゾトキ日記(8)

とりあえず、終わった。
物語はまぁ何というか前作同様ファンタジーな世界というか、あの話はどうなったんだ!って所はエンドロールのイラストで済ませてしまっているというか。映画的な終わり方とすればああするしかないんだろうけど。続編のストーリーはもう決まっているんだろうけど、もう少し無理のない設定に出来ないものか。
でも前作同様、終盤を盛り上げるスリリングなアクションシーン(全部ムービーだけど)があったり、なかなか楽しめた。
終盤で焦ったのは133番の箱入り娘問題かな(またかよ)。何しろ答えられないと先に進めない。
ゴール地点にあるブロックをスタート地点に移すことが出来れば勝ったも同然な気がするんだけど…
後はヒント使えば解ける問題ばかりだったと思う。

ただ、エンディング後、まだ見つけてないナゾがあることが発覚。リストで調べたら94番だった。
確かに、ハーブティーを飲ませるクエストを終えないまま終盤に入ったのでそこだろうなと思ったけど、図星だった。
エンディング後もフォルセンスの街を自由に回ることができるので、ナゾーバの館に送られることもなく、気付かなかったのだった。なんで強制セーブ画面の前にナゾーバ行きのリストが表示されないんだろうと不思議に思っていたのだけど、そういうことだったか。

一応、94番に関してはクリア。本編の問題は全て見つけ、118番を除いて全て解いたことになる。
ただ、ハーブティー飲ませてない人がまだ一人いるみたいだし、ハムスターの育成も全くやってない。
一応「ハ○たろう」という安直な名前を付けてあるんだけど…
これもクリアしないとレイトンからの挑戦状の問題が現れない(はずな)のでがんばらないと。
というか118番解かないと出てこない挑戦状があるみたいだなぁ。

それにしても前作で自力で見つけられなかった問題があるんだけど、これが偶然にも118番。
何か因縁でもあるのか?

ちなみにここまでかかった時間が記録上で約14時間。実際は何回もやり直ししてるからもっとかかってるはずだけど。あと、現時点でピカラットが約4200あるので4500で開くシークレットファイルだけが開かない。挑戦状がんばらないといけないなぁ。

とりあえず最後まで行ったので後はのんびりやるとしよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

レイトン教授と悪魔の箱ナゾトキ日記(7)

第5章、ダウンタウンに向かえといわれ、EPOの歌を口ずさみながら向かう…はずだったがまずは一通り街中を回り、次にニンニク臭い店に行けといわれて、またも直行せずに一回り。アイテムを手に入れやっとダウンタウンに突入。広いのかなと思ったけど全体マップ見れば分かるとおりすぐ行き止まりだった。

ここでも間違い探しをして、隠されたナゾを見つけたのだが…118番が解けない。多分ナゾ中最難関といっても過言ではないであろう、「箱入り娘」問題である。この場合、「ゴミ箱入り娘」なんだけど。
ただでさえ難しいのに枠もピースも四角くない。難易度も堂々の80ピカラット。
まだこのフォルセンスの街にいそうなのでとりあえずパス。

そうこうしてるうちに警部のばらまいた写真も集まり、悪魔の箱を持ち出した犯人も見つかり、第5章も終了。全問正解はしなかったけどナゾーバ行きのナゾはなし。

続く第6章。
引き続き手がかり探し、というかナゾ探し。かつ、ハーブ探し。やっとのことでハーブが全種類見つかり、組み合わせも全部試してハーブティーのレシピ全種類完成。今まで明らかに足りない材料があって悔しい思いをしてきたので片っ端から新しいレシピのハーブティーを欲しがっている人を探しているのだが、こういうときに限って欲しがるサイン(汗)を出さない。

そうやってハーブティー飲みたがり屋さんを探していたら、解けそうで解けないナゾが続々と。ペグソリティアやナイトの旅シリーズの難易度が上がってるわけですよ。とりあえず104番は解いておきたいなぁ。でも、寝る。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

忘年会

今日は会社の忘年会。いや、正確には先週の金曜が職場の忘年会で、今日のは所属部署全体の忘年会であった。場所は夏にビヤガーデンに行ったところ。料理は普段ランチバイキングやってるだけあって、和洋中何でもアリの状態であった。
とりあえずお腹が空いてたので喰いまくったのだが、一番美味しいと思ったのが、一口シュークリーム。
一口サイズのものはスーパーとかでよく売ってるけど、皮も中身も明らかに安っぽいもの。まぁそういう価格設定なのだから仕方ないのだけど。でも、今回のは全部手作り風で美味かった。
というわけで、さんざんガッツリ系喰った後にシュークリーム喰ったので、今も相当苦しい。

ああ、もう何もする気が起きない。寝よう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トランスフォーマー:DVDはここがすごい!

今日はゲームをやめてDVDを観た。一応本編は劇場で観ているので、主にラストのアクションシーンだけ観て、もう一枚の特典ディスクを観た。
メイキング観たけど、いやー、ほとんどCGなのかと思ったら、可能な限り実物使ってるのな。
今回26インチワイドのTVで観たけど、劇場の大画面で観ておいて良かったなと思った。
逆に家に大画面TVがあったとしても、HDDVD(そう、本作はBD版がない)じゃないと物足りないだろうし。

ところでこの特典ディスク、メニュー画面である方向にカーソルを動かすと、一つ前の階層に戻るボタンの横に隠しボタンがある。パソコンなどマウスが使えるならそこを選べば一発だ。
で、この隠しボタン、削除シーンなどがあって面白いのだけど、特に予告編の所にあるやつが驚き。

この映画、やたら派手に車やら戦車やらが吹っ飛ぶシーンが多いのだけど、何と!
おねーちゃんの服が吹っ飛ぶシーンが用意されていた!
結構終盤のシリアスなシーンなので、あんなのがあったら爆笑もんだったのだろうけど、
削除されたのが非常に残念である。
これ、レンタル版には入ってないんだろうなぁ。みんな、買うのじゃ!

それにしても予約特典にオプティマス・プライムのフィギュアがあったの知らなかったなぁ。
BOX版に別のフィギュアが付いてたのは知ってたけど、何か変だったので珍しく通常版にしたのに。
まぁ、特にファンでもないからいいんだけど。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

レイトン教授と悪魔の箱ナゾトキ日記(6)

昨日の続き…をやるつもりだったが、ロクに探しもせずにナゾーバ行きになった115番が気になって、第4章の手前のセーブポイントから再開した。実は第3章の初めだったんだけど。
まぁ第3章は短いので程なくクリア。で、第4章に入ってからも華麗に問題に答えていき、あの悩みまくった60番も一発クリア。
で、開かずの扉が開いてすぐさま向かおうと思ったのだけど、ふとここで真っ直ぐ向かったのがまずかったのではないかと気付いた。向かってしまうと第4章の終わりに突入してしまうのだ。
そう思って街をぐるぐる回り、建物の中でようやく115番を見つけた。
その後も順当にクリアし、第4章終了。

ただ、気になったのが明らかにハーブティーの材料が足りないために助けてあげられない人が多かったこと。これは後から手に入るのかな?

一応その後第5章も始めてある程度進めたんだけど、馬の綱引きの問題で答えが分かってたのにタッチする場所を微妙に間違えて不正解になってしまい、獲得ポイントが減ってしまった。
これまで、奇数の章は話が短かったので、一通り問題を把握してから後でリセットするつもりで続けてたんだけど…意外と長い。間違い探しも隠し問題もあるし、新たなハーブも手に入り、調合も試さないといけないし…ってんで、結局後日持ち越しにした。
要するに次回は第5章初めから。ああもうこんな時間だ。寝よ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

レイトン教授と悪魔の箱ナゾトキ日記(5)

解けない問題があって煮詰まっていたので気分転換にシークレットファイルを開けてみた。
まだクリアしてないので「かくしとびら」を開けてみると、「不思議な町のかくし扉」というのがあった。
確か、前作にパスワードを入れる箇所があった。8桁のアルファベットと数字のこれがそうか。

早速前作を起動し、パスワードを入れてみた。なんと、前作の開発段階の原画集だった。
正直、キャラクターのファンでなければあんまり嬉しくない内容だと思った。量も少ないし。
で、見終わると今度は悪魔の箱のためのパスワードが出てきた。
今度は悪魔の箱を起動し、パスワードを入れてみた。

新たなナゾだ!ナゾNo.???だそうで。中身は前作にちなんだものだった。
でもこれだけ。実はもっとあると期待していたのだけど、ちょっと拍子抜け。
もしかしてクリアデータで見るとまた内容が変わってるのかな?

見終わって、再度ナゾNo.60に挑戦。
獲得ピカラットの少なさと、ヒントの内容からどんな形を描けばいいのかだいたいわかったのだけど、いざ描いてみると不正解になってしまう。要するにアレと同じ形を描けばいいはずなのに。
結構丁寧に描かないと不正解になってしまうようだ。というわけで見事正解!
結局ヒントを見てしまったので嬉しさは低いのだけどまぁ正解は正解だ。

でも、結局また見逃した問題が出てしまった。今度は115番。何度か街をぐるぐる回ったけど結局見つからず。もしかしたら間違い探しの正解後に出てくる隠されたナゾかもしれない。
ちなみに問題自体は楽勝で解けた。うーむ、どこなんだ。

というところで今日はおしまい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ローソンのミッフィーグッズ

ローソンで今月から始まったキャンペーン、ポイントシールを集めてもらえる食器(フォーク、箸、小鉢)である。今月はフォークと小鉢で、そのうちフォークは各店先着150本ということで、とりあえずこっちをもらえるようにポイントを集めた。

071216_1317
で、もらってきたのがこれ。
とりあえず6本ゲット。
次は小鉢だ。
うーん、集め出すと止まらないなぁ。

それにしてもこのキャンペーン、「子育て応援キャンペーン」らしいのだが、スーパーのない地域ならともかく、田舎で子育てしている親がわざわざ割高なコンビニに行くだろうか?まぁ他のコンビニとの差別化という意味なのかも知れないけど、この手のは他の店でもあるみたいだし(特に四国に1軒もないコンビニとか)…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

上海 for Wii


公式サイト

非常に今更感のあるゲームだけど、好きなんだからしょうがない。
自称、上海コレクターの私としてはWii版が出たからには買うしかないのです。
ちなみにどんだけ集めてるかというと、
初代上海(配列が1種類のもの):Mac版、GB版、FC版、MSX2版
上海II:シャープ電子手帳版、GG版、PCE版
上海III:MD版、SFC版(ニンテンドーパワー)
上海 万里の長城:SS版
上海 グレートモーメンツ:Mac版
上海ダイナスティ:Mac版
上海 真的武勇:PS版
上海 フォーエレメント:PS2版
上海アドバンス:GBA版(オールクリア後データが消えるバグあり注意!)
上海(無印だけど色々遊べるもの):GBA版(みんなのソフトシリーズ)、DS版、Wii版

ざっと18本。あ、DC版とWindows版買ってないや。あとXBOXも持ってるけどソフト出てないし。

で、Wii版の上海である。
とりあえずふつーに遊ぶモードで、「はじめて」コースからやってみた。
まず、プレイヤーの名前を登録できるのでとりあえず付けてみた。4文字分あるのだが、一文字ずつリモコンで上下の矢印をポイントして文字を送り、矢印から離して決定という非常にクソなインターフェース。このシステム考えた人、本当に使いやすいと思って作ったのかな?
とりあえずスタート。
画面いっぱいに牌が10枚(8枚の上に2枚)。ちょっと頭がくらっときたけどクリア。
だんだん牌が小さく、枚数が多くなっていって、最終の12面では大体普通の大きさになっていた。
続く「かんたん」コース16面もクリア。
で、次の「らくらく」コース。楽々のはずなのにやたら難しい。というかどのように積まれているかさっぱりわからないので展開が読めない。何とか12面クリアしたけど全然楽々ではなかった。

どうしてこんなに難しいんだ?と思いつつ、終わったところでオプション画面を見てみると、「おたすけモード」のオンオフスイッチがあった。このモード、取れる牌以外を暗くして、取れる牌を見やすくするらしい。…これや!
そもそも上海というゲームは下に何が積まれているか考えないと大抵手詰まりするのに、隠したら手詰まりしやすいのは当たり前。まぁ気付かずにやってた方もアレだけど。なんでデフォルトでオンなの?

というわけで「おたすけモード」オフで更に難しい「ふつう」コース開始。
…えーと、やっぱり難しいんですけど。それでも繰り返し挑戦して16面クリア。
で、何回もやってると、時々やたら簡単なパターンになることに気付いた。ゲーム開始直後から、同じ牌が4枚とも取れる位置にあり、しかもそれを取ると違う4枚が顔を出す。これを繰り返すことであまり頭を使うことなくクリアできる。これ、過度な長時間プレイを避けるための救済措置かな?
ちなみにこのふつうコース、半分以上この簡単パターンでクリアしたかも。だめじゃん。

次にさすがに疲れてきたので違うモードで遊んでみようと思い、DS版にもあったスコアアタックモードを遊んでみた。これ、制限時間はないけど、もたもたしているとどんどん牌が下から増えてきて、5段積み上がるとゲームオーバーになるというもの。出てくる牌の種類は少ないのでほとんどガンシューティングの感覚で消していけるのがよい。

ここまで遊んでざっと8時間。ずっとWiiリモコンを小刻みに振ってました。やっぱ中毒性あるわぁ。
それにしても方向ボタンを使わずにリモコンで遊ぶ上海、長時間やると疲れるが新鮮であった。
でも、やっぱ上海はマウスが一番なような気がする。元々Mac用ゲームだしね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

レイトン教授と悪魔の箱ナゾトキ日記(4)

今日も52番探しをしてたのだが見つからず。
あきらめて第2章の始めのあたりのセーブデータだけ残して第3章に突入することにした。
当然52番はナゾーバに送られたのだが、少し手こずったものの解けた。

第3章は再び列車に戻って探索するのだけど、特に難しい問題もなく、クリア。積み残しもなし。

で、今第4章。ここから急にやることが増えた。通常のナゾトキの他に、ここで第1章からパーツを手に入れて組み立ててきたアレが完成するので、そいつを使った間違い探しゲームがあったり、第2章で手に入れたハーブティーセットを使って色んな人の好みのお茶を作ったり。

しかしここで問題が。そう、まさに問題。解けないナゾが出てきてしまった。
いやま、答えの分からないものは今までもいくつかあったけど、それは何故か数字を手書きで書くもの。当てずっぽうで当たってしまったこともある。しかし60番は線を書き込むというもの。
直接ストーリーには関係なさそうだけど、これからこういうの増えるんだろうか。

とりあえずここまで。

追記:なんか52番で迷ってここに来る人がいるようなので、リンク貼っとこう。滅多に答えなんか載せないんだけど。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

レイトン教授と悪魔の箱ナゾトキ日記(3)

結局前回ナゾーバ行きになった52番を探すため、最初からやり直しした。
第1章が終わった時点でセーブし、注意深く探したつもりだったのだけど…見つからない。
なんかもう、答えを覚えてしまったんですけど。箱入り娘の問題も一問あったけどそんなに難しくなかったのもあって、多分最短の答えを見つけてしまったくらい。
あああ、もうこんな時間になってしまった。進まねぇぇ。
ていうか仕事の方がもっと進まねぇぇ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

給油記録(2007年12月1回目)

修理から直ってきた後初めての給油である。

今回:38106km
前回:37512km
給油:41.50L
燃費:14.3km/L

ちなみに給油直前のカーナビの平均燃費表示は15.3km/L。それとガソリンは141円/L。

うーん、事故ってタイヤが半分フェンダーにめりこんだ状態で無理矢理路肩に移動させたりしたのもあってか、燃費としては最悪の結果だった。単純に代車期間が長くてアクセルの踏み具合間違えてただけかも知れないけど。次は映画見に行かなければ給油は来年になりそうだけど…無理かな。

それにしてもやはりガソリンが値上がりしてますな。年が明けたら更に上がってそうな悪寒。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

レイトン教授と悪魔の箱ナゾトキ日記(2)

第2章が終わったのだけど…ナゾNo.52が見つからない。
どうやら2章の割と初期に見逃したとしか思えないんだけど、どうしたものか。
第2章の最初辺りのセーブデータがあればいいんだけど、ついつい進めてしまったので残ってない。
偶然にセーブのファイルを間違えたデータはあるんだけど、そこからやり直しても同じだった。
第1章までは完璧だったので悔しい。今ならやり直しはききそうだけど…

でもまぁそういうときのためにナゾーバがいるわけで。
ただ問題の場所が分からなかったのが悔しいなぁ。

ちなみにその他の問題は難しくないように思った。今日はここまでにしよう。

#2010.5.2追記。
No.52でここに来る人がいるようなのでこっちにリンク貼っとこう。ちょっと意地悪だったしね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

祝!1万アクセス

さっきアクセス解析画面見たら累計アクセス数が1万を超えていた。
先月末の時点で、このペースだと年内突破は無理だろうなぁと思っていたのだけど…
10日であっさり超えてしまいました。すごいぞレイトン教授。

やはり大ヒットゲームのことを旬な時期に書くと注目されるのかなとも思ったけど、まぁ答えとか解答とか書いてるからでしょうな。でも答えそのものを知って何が楽しいんだか。
せめてヒントコインを必死で集めて、ヒント見ればいいのに。
見る直前でセーブして、見た後はそのままリセットすれば減らないはずなんだけどなぁ。

ともあれ、こうして見に来てくださるのが継続更新の励みになってるのは確かなわけで。
素直に感謝。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

iMac EFI ファームウェアアップデート1.2

職場のCore2DuoiMacのソフトウェアアップデートで、結構前からファームウェアアップデートが出ていたのだけど、完全バックアップ取ってからやろうと思ってずるずると今日まで来てしまっていた。

ついに思い立ってバックアップを取り、アップデートソフトウェアをダウンロード。実行してパスワード入力後、システム終了。パワースイッチ長押ししてパワーランプ点滅後、ピーーーと鳴るのを確認してスイッチを離す………普通に起動したぞ。あれ?
スイッチから指を離すタイミングをランプ点滅直後に離したり、ピーと鳴ってもそのままにしていたり…いずれも結果は同じ。

そういえば、去年も同じようにアップデートしたっけ。確か年末だったからココログじゃなくてGoogleのBloggerに書いたかなぁと思ったけど、会社から確認できないし、普通にググってみたけどひっかからなかった。!そうだ掲示板だ!というか検索語を替えたら掲示板がヒットした。

で、ヒントになることはないか…と思ったら「純正のキーボードとマウスを使った」ってのがあった。
それまでサンワサプライのキーボードSKB-M109UHとマイクロソフトのLaser Mouse 8000を使ってたのを、付属していた真っ白キーボードとマイティマウスに替えて同じことをしてみた。

…あっさり成功。

当たり前のことを当たり前にやっただけなのだけど。ちょっと拍子抜け。

ほんとはこの勢いでLeopardにしようかとも思ったのだけど、プリンタドライバの関係でこっちは断念。でも、富士ゼロのサイト見たら来年1月には公開予定らしいことが判明。楽しみだ。

ちなみにBootcampのほうはLeopardのDVDを入れてドライバを書き換え、正式版に。
これでWindowsの起動失敗が直ると良いんだけど、まぁ再インストールするしかないんだろうなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Chakuwikiにはまる

今日はたまりにたまりまくったTV録画を観るはずだったのだけど、ふと
電車が走っていない県
でググってみたくなり、答えは知ってたけど検索してみた。
なんでそう思いついたかは覚えていない。何だっけ。

そこでまぁ検索結果に「Chakuwiki」というサイトを見つけた。見つけたというよりも名前は知ってたけど見たことがなかった。どうやらWikipediaによく似たシステムで、悪くいえばくだらない情報をまとめてあるサイトである。
驚いたのは「徳島」のカテゴリが異常に充実していること。
まぁほとんどが検索に引っかかった「電車が走っていない」ことをに代表されるように、田舎であることを自嘲的に書いているネタが多いのだけど、結構見入ってしまった。

んで香川、三重…とか見ていたらTV見る時間がほとんどなくて、HDDの容量もほとんどないから消化しないといけないのに、今週早起きしないといけないのに、こんな時間だ。
もう寝よう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

レイトン教授と悪魔の箱ナゾトキ日記

今日は病院にも昼飯にもDSを持って行って、ひたすらナゾトキしていた。
それにしても昨日のうちのブログへのアクセスが70以上、今日は何と300以上あったのだけど、いつも一日20あればいい方なのでちょっと異常。で、検索ワードが「レイトン教授と悪魔の箱 解答(答え)」というのがほとんど。あと「ロンドンの休日 リンゴ」てのも多かったな。答えなんか載せてないっつうの。

今気付いたけど、書店にも攻略本売ってないのな。ソフトと一緒に攻略本買う人もそれなりにいるらしいから、そういう人が答え求めてさまよってるわけか。でも何度でも書くけど、自分で考えた方が楽しいぞ、絶対。まー確かにいくつか理不尽な問題もあったので(天才ゴルファーとか)当てずっぽうで答えたこともあったけど、正解しても全然面白くないしなぁ。

さて、序章では4つしかなかったナゾも1章を終えた時点で計26、現在2章の途中で40個を越え、ピカラットがやっと1000を越えたところ。シークレットファイルを開くにはまだまだ時間がかかりそうだ。
今のところ、解けなくて先に進めないナゾはなし。悪魔の箱についての手がかりもなし。
それにしても先に始めたはずのゼルダの伝説、全然やってないや。こっちの方が面白い。
もっというと世界樹と同時期に始めた「すばらしきこのせかい」も止まったままなんだけど…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ボーン・アルティメイタム

公式サイト

ジェイソン・ボーンシリーズ最新作。シリーズを追うごとに主人公が記憶を取り戻し、強くなっていくのと同時に、演技が下手だったマット・デイモン君がリアルにだんだん上手くなっていくのがマッチして本作も楽しみにしてたのであった。

いやほんと、冒頭からずっと追われっぱなしなもんだから観てる方も休む暇ないっすよ。建物(アパートか?)の中や屋上を縦横無尽に走りまくって暗殺者を追いかけるシーン、カーチェイス、楽しかったですねぇ。おかげでSサイズのウーロン茶が早く尽きてしまった。

しかしまぁ悉く仕掛けにひっかかるヴォーゼン局長がとにかく笑える。こんなのがCIAにいて大丈夫なのか?

それと、本作の欠点、やはり続編なので前作を観ておかないと置いてけぼりにされることか。ラストのオチも衝撃の事実!って感じではなかったし。まぁ頻繁に回想シーンが出てくるから想像できるわなぁ。
でもオススメ。もうすぐ公開終了だけど。
とりあえず一番小さいスクリーンではなかったので良かった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

男たちの挽歌

昨日、「パイレーツ・オブ・カリビアン ワールド・エンド」のDVDが届いた。
元々1作目からまとめてみるために買ったのでまだ見てないのだけど、せっかくなので本作のゲスト出演者、チョウ・ユンファの代表作である「男たちの挽歌」を観た。
あ、でも代表作はアカデミー賞取った「グリーン・デスティニー」になるのかな?出世作は間違いなく「男たちの挽歌」だろうけど。

まぁ観たといってもドンパチのシーン、というかテーマ曲のかかるシーンだけ飛ばし観したんだけど。
でも、「パイレーツ・オブ・カリビアン」同様、意外とあっさり死んでしまうよなぁ。
あくまで主役は別の人というか。

でも人気があったからってんで続編で双子の弟として出てきてるけど。その設定は苦しくないか?
とはいえ、ドンパチものとしたら続編の方が面白かったかも。あのテーマ曲もよくかかるし。

設定が苦しいといえば、双子の弟にケンという名前を付けたせいで、前作に出てきたタクシー会社の社長、ケンさんが続編でキンさんに変わってるし。まぁ中国語だと区別の付く同じ読みの名前なんだろうけど、字幕にカタカナで書かれたら名前換えるしかないわなぁ。

つうわけでこの映画のシリーズ、ぜひボックスで観た方が楽しいのだが、さすがにもう新品では出回ってないみたい。アマゾンの中古でも結構高いし。買っといてよかったぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

レイトン教授と悪魔の箱

公式サイト

071206_0043
ちなみにこれが予約特典のマスコットフィギュア。
レイトン教授とルーク少年の2種類あるらしいけど、
うちには教授が来た。
欲を言えばビシッと指差すポーズの方が格好いいと
思ったけど、おまけなので仕方ないか。
 
 
 
 
さて早速やってみた。まずは本編からではなく、「レイトン教授とロンドンの休日」から。
何でこれを先にやったかというと、夜も遅いしすぐ終わりそうだったのと、どうも前作と本作を繋ぐストーリーらしかったから。前作同様、画面のあちこちをタッチすると現れるナゾを解いていくのだけど、解くと悪魔の箱に関するストーリーが少しずつ明かされるようになっている。

で、最初にいかにもなテーブルの上のリンゴをタッチすると案の定ナゾだったのだけど、スライドパズル(15パズルの3×3版)の変型で、完成時に空白を真ん中に置けという。通常、このパズルって上の段から順番に揃えていけば解けるはずなんだけど、この場合真ん中の段を最後に揃える(真ん中を空白にする)のでちょっと難しかった。一番上の段が揃っているのでそのままでいいように思うけど、ここを少しずらさないと解けないような気がする。
後はまぁカスみたいな問題ですわ。パパッと解けた。

次に本編。おお、ムービーが効果的に使われている。しかもナゾの内容はストーリーにちなんだものばかり。前作はパズル問題をむりやりストーリー仕立てで繋いでただけだからなぁ。ナゾトキ×映画級というキャッチコピーも伊達ではないらしい。
しかしチェルミー警部が出てきてルーク少年が偽者扱いしてたが、あれは前作やってないと全くわけがわからんでしょ?本作から始めた人には分からない楽屋落ち的なネタにはちょっと引いたかな。
まぁ映画でもシリーズものにはありがちですけどね。オーシャンズなんたらとかね。

ちなみにこのソフト、すでに前作を上回って70万本以上売れているらしい。
自分のような映画もパズルも大好きな人にはいいかもなぁ。これから先が楽しみだ。
そういえば、公式サイトではネットでのナゾ解答公開禁止のおねがいが出てたなぁ。
このシリーズからナゾトキを除いたら何が残るんだ?ナゾの隠し場所ならともかく、ナゾそのものの答えを人から聞いて何が楽しいんだか。
というわけで、このブログでは直接の答えは載せないことに決めた。自分でも後で見て面白くないし。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ポンジュースコロン

ポンジュースシリーズ第4弾、というかこれがたぶん一番古いらしいのだけど、昨日職場の近くのうどん屋で見つけたので買ってみた。

071203_2229

6箱入りで630円(税込み)。
一見普通の値段に見えるが、一箱の大きさが200mLの紙パックの牛乳サイズ。高いかも。
 
 
 
 
このお菓子、どうも四国限定らしい。四国といってもまぁ愛媛限定なのだろうけど、なぜに徳島の山奥で売ってるのだ?ちなみにグリコの通販サイトでも買えるらしい。

で、食べてみたけど、ベタベタした甘さやきつい酸味はなく、清涼感が感じられるだけ。みかんの香りは少しはするけど、ポンジュースの名を冠するのはどうかと思うぞ。
でも、ポンジュースロールパンよりは遙かに美味しかった。美味しかったけど、これに630円出すかは微妙だと思う。やはりポンジュースグミ最強。

あ、でも普通のクリームコロンよりいっぱい食べられるような気もするなぁ。少なくともプリンコロンよりは絶対食べやすい。高いけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

車が戻ってきた

実は土曜日の話だったのだけど、一通り走ってみてから書こうと思ってたので今日になった。
2週間サニーに乗っていて、急にティーダに乗り換えたらシートの硬さと高さの違いにびっくり。
アクセルとブレーキの踏み込み具合も全然違う。一応、直前まで乗ってたサニーは平成14年型で時期的にティーダの出る2年前なのでほぼ最終モデルと言っていいかも知れない。それがこの変わりよう。

さて、土曜日は会社の近くのディーラーに車を取りに行ったので、帰りが初峠道となったわけだけども、まだ慣れてないって感じで従来の自分のペースで走れてなかったように思った。
そして今日、行き帰りにティーダを使ったわけだけど、ちょっとまだ発進時の踏み込みで躊躇してしまう感じ。でも走り出してしまうとようやく普通に走ることが出来た。一応真っ直ぐ走れているか気をつけて走ってみたつもりだけど…多分大丈夫かな。

あ、ちなみに代車のサニーの燃費も計算してみた。なんせレンタカーだったので満タン返しだったし。
なるべく安いところで入れておこうといつもの店でまず満タン。
走行距離:271km
給油量:19.19L
燃費:14.1km/L ガソリン単価は137円/L
次に昼飯を食べに行きつつ会社に寄り、しばらくしてからディーラーの最寄りのセルフスタンドで追加。
走行距離:26km
給油量:3.48L
燃費:7.5km/L ガソリン単価は143円/L
多分最初のが本来の燃費になるんだろうけど、少量継ぎ足しはよくないなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大阪モーターショーに行ってきた

今日は早起きして大阪モーターショーに行ってきた。
2年ごとにやってるので今年はまだ5回目なのだが、確か第2回から行ってるのでもう6年になる。
あの時はGT-R conceptが発表された年だったと思うんだけど、やっと今年で完成版の発表になる。
比べてみようと思って写真を探してみたが、2001年の写真がない。デジカメは持ってたはずだけど?
というか写真は撮った記憶があるんだけど、バックアップを取った記憶もない。2002年にPowerBookG3からiBookに替えてるのでその時に紛失したか?今のiMacのデータ、基本的にiBookの中身だし。

というわけで2005年版との比較。なんか昨日から比較ネタ続くなぁ。
Pict0006Imgp0008
左が2005年発表のGT-R、
右が今日撮ってきたばかりのGT-R。
見た目も少し違うなぁ。
 
 
さて日産ブースを見た後は…一応全てのメーカーのブースを見て回ったはずなのだけど、とにかく中が暑くて頭も痛くて正直良く覚えていない。一応写真は撮れるものは撮ってきたんだけど。
でも一通り見て、欲しい車があったか?と聞かれたら、デミオかフィット?と答えてしまう小市民な自分がいる。見てて楽しいものと所有したいものとは別の話って事か。

結局5時間弱会場を回った後は、へとへとになってでんでんタウンに行き、食玩あさりをした後、ジャンジャンでホルモン喰って帰るという、ある意味非常に濃い一日であった。
つーか、まだ頭痛い。風邪ひいたか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

徹底比較!WiiとWee

この前、WiiそっくりのパッケージのDVDプレイヤー「Wee」というのがあるのを知った。
そっくりのパッケージ、というのは本体は微妙に形状が違うからである。
リモコンに至っては言わずもがな。

楽天の期間限定ポイントが余っていてどうしようか迷っていて、金額で考えるとオークションで買った方が安いんだけど代引きにしたくないし(受け取りが面倒)、結局全額ポイントで買ってしまった。
…あ、よいこは真似しないように。

071201_1139
まずはパッケージ。
うーん、ロゴがクリソツ(死語)。
お値段は標準的なものでWiiが25000円、Weeが4980円。
8割引のWiiだと思って買う人いそうだなぁ。ガンプラ買いに行ってガンガル買うような人が。
 
071201_1143
次、本体。
上下に重ねてみた。Weeは本体に操作ボタンがあるのでその分幅が広い。
ただし厚さは薄かったりする。その代わり、Wiiが全面白一色なのに、Wiiは下部がグレー。
 

071201_1146さてこれがリモコン。
左がおなじみWiiリモコン。右がWeeリモコン。
写真で見ると、Wiiリモコンが厚みがあるので長さが長いように見えるのだけど、実は同じ!
名前や本体カラーだけでなくリモコンの全長までパクッていたとは!
恐るべしWee!

ちなみにWeeリモコンのボタンは蛍光処理がしてあって、暗闇でも目立つ。
目立つんだけど、ご覧の通り方向ボタン以外全く同じボタンがおびただしく並んでいるので、暗いとどれがどれだかわからない。意味ねぇぇぇ。
 
 
それと、実際に使おうと思って付属の電池を取り出し、よく見たら…
071201_1907
期限切れてやんの。
ネットの一部で話題になったのが今年の9月のようなので、その時点で期限切れの電池を入れて売っていたことになる。
赤福かっ!!!(苦笑)
 
あと、実際に起動して起動時の画面でも比較しようと思ったんだけど、Weeの場合ブルースクリーンに「ディスクなし」とか画面左上に表示されるだけのシンプルなものだったのでやめた。
 
 
当たり前だけどリモコンを取り替えると双方とも操作できませんでした。

以上、報告終わり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ゼルダの伝説 夢幻の砂時計冒険日記(1)

公式サイト

確か予約して買ったはずのこのゲーム、なぜか未開封だった。年末であんまりやる暇があるとも思えないのだけど、唐突にやりたくなったので始めてみた。
さて、物語は幽霊船にゼルダ姫が連れ去られ、追いかけようとするも届かず、気付いたら海岸に打ち上げられていた所から始まった。
流されてきたためか武器はなし。でも帽子はかぶっているのね。というツッコミはおいといて。
まず幽霊船の話を聞くために港町に行く必要があるのだけど、途中の橋が落ちてしまい、通れない。山道を通ればいいがモンスターがいるので通れない。ではどうするか。やっぱり武器の調達だった。
武器を手に入れたら早速草刈りをしまくって金稼ぎ。といっても現時点で店などないんだけど。

さて武器を手に入れ、山の洞窟を通ったら…鍵を持ったネズミが倒せず、先に進めない。
おいおい、一番最初のダンジョンでハマリか?この先大丈夫か?
結構時間掛けたけど、どうしても倒せない。巣穴が2つに、穴を塞げそうなブロックが1つ。どう考えても一つは穴を塞ぐんだろうということはわかるのだけど、もう一方の穴の前で待ちかまえても出てこない(一定距離離れてないと出てこない)。どうにも途方に暮れてしまい、最後の手段、ネット検索という暴挙にでた。だって、終盤なら自分で何とか終わらせようと思うけど、序盤で止めたらもったいないでしょ?
ま、正解は穴の開いた部屋から出てきたネズミを塞いである方に追い込み、戻ってきた所を倒す。
当たり前のような気がするが気付かなかったなぁ。

こうして洞窟を抜け、買い物を済ませ、船に乗ったら一路占い師のいる火の島へ。
ここのダンジョンは色々トラップが仕掛けてあるのだけど、今回の新しい武器である「手で書いたとおりに飛ぶブーメラン」もいきなり大活躍。ボスキャラを倒すのにも必要だった。

さてボスキャラは火を使う魔法使い。いきなり3体に分裂する。剣を振り回してもダメージ受けてないみたい。これはブーメランを使うんだろうと思って、一筆書きのように分裂体を線で結んでみた。
あんまり手応えがないんだけど、何回かすると元の体(一体)に戻った。そしたら剣でダメージが与えられてクリア。

とりあえず元の島まで戻って神殿に行き、サブタイトルにもある砂時計を手に入れたところで終了。
ていうか、もう朝やんか。寝よう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »