« M:i:III | トップページ | ポンジュースグミ »

CrossOver Mac 6.2

確かアップデータが出たのが1か月ぐらい前だったんだけど、何となく書きそびれていたので忘れないうちに書いておく。他に特にネタがなかったのは内緒だ。

さて、今年5月に満を持して発売された…はずだった、Cross Over Mac 6.1 日本語版。
Vistaは発売されたばかりなので、Xpで動くアプリケーションだったら動くんだろう、そう思って買ってみたら(というか、日本語版の評価版がなかった)実は基本的に98を再現しており、XpはOffice2003を動かす時にしか使えないという、いつのソフト?という感じだった。
かんじといえば漢字入力もまともに使えない。とにかく日本語入力モードにすると一切キー入力を受け付けない。そんな感じなので、購入後数日で使わなくなってしまった。

ユーザー登録すると使えるようになる専用掲示板もそのうち誰も書き込まなくなってしまった。
そりゃそうだ。せっかく何とかは使えた、使えなかったと書き込んでもサポセンからの返事は次第になくなり、教えて君が何とかは使えますか?って書き込むだけの状態。つうか、使えるかどうかは自分で買って試せよ。ダメでもBootCampとかで活用できるやんか。

そんな状態がしばらく続いた10月初め、ついにバージョンアップの知らせが届いた。
といっても実際にアップデートしたのはしばらく後だったけど。正直期待してなかったので。

で、入れてみた。自分はUSキーボード派なので、今でも日本語入力切り替えはCommand+Spaceでやるんだけど、確かに切り替えるとちゃんと日本語入力が出来る。おおっ、すげぇ!

…と思ったら、Command+Spaceで戻らないよ!(因みにATOK2006使用)
一応マウスでメニューバーの所を選び直せば切り替わるんだけど、恐ろしく手間が掛かって能率が悪い。正直、まだ使い物になりませんわ。

今のところ、ThunderBirdを入れてWindowsの機種依存文字がたっぷり入ったメールを読んだり印刷するのに使ってはいるけど…これだけのために8400円も出したわけじゃないぞ〜!!!

どうもゲームは割と普通に動くみたいなんだけど、会社じゃ出来ないしなぁ。
さて6.3でどう変わるのか楽しみだ。

それにしても最近BootCampで起動に失敗するようになった。具体的にはログイン後タスクトレイにアイコンが並んでいる途中で不定期にブルースクリーンになり、勝手に再起動が掛かって強制的にスキャンディスクがかかってしまう。ひどいときにはこれが4,5回続き、「深刻なエラーから回復しました」と出てやっと使えるようになる。正直、書類一枚印刷するためだけにBootCamp使おうとしてこうなると辛いものがある。
Leopardが出たので、ベータ版はBootCampアシスタントが使えないくらいだと考えているんだけど、まさかWindowsの起動ができなくなってしまうってことはないよね?

|

« M:i:III | トップページ | ポンジュースグミ »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13616/16938960

この記事へのトラックバック一覧です: CrossOver Mac 6.2:

« M:i:III | トップページ | ポンジュースグミ »