« 逆転裁判 蘇る逆転:終わらないよぉ | トップページ | ラッシュアワー3 »

ベクシル -2077日本鎖国-

公式サイト

今から60年後の2067年、日本は世界中のロボット産業を独占しているらしい。でも、国連が日本を野放しにできんので国際協定を決めようとしたら、なんと日本は国連を脱退。日本の領海周辺に特殊なシールドを張り、日本からは人、物は出入りできるけど外からは一切人は入れないし衛星カメラにも映らないという「ハイテク鎖国」を実施した…ってのがこの話の設定なんだけど…
その頃には当然食料は基本的に自給自足できてるんやろな?そんな一方的な経済封鎖して困るのは日本の方ではないの?…と最初に思った。

ま、そんな心配は杞憂だったみたいだけど思いっきりネタバレになるので詳しくは書かない。
とりあえず「主人公は」生き残る話だったので後味は悪くないはずだったんだけど…やっぱり何となく悪い?

それと、主演は黒木メイサだったけど、ベクシルの顔が似すぎ。ていうかこれ黒木メイサありきの作品だったんでは?あと、準主役が谷原章介だったけど、TVドラマ連続出演記録更新中(大抵どっかの局のドラマに出てる)の忙しさなのにいつ映画のアフレコなんかやったんだ?と思ってたら…3年前にV6が吹き替えやったサンダーバードで思った疑問と同じでした。見た人ならどういうことか分かるはず。

あとね、人物の姿が「3Dライブアニメ」という技法で描かれとるらしいんだけど、要するにモーションキャプチャーしたデータでトゥーンシェーディングした輪郭の線の強いキャラクターを動かすってことでしょ?セガのゲーム風に言えば「ジェットセットラジオ」のキャラクターで「シェンムー」を遊ぶとこうなるのかな?(ちょっと強引)ちなみに映画「アップルシード」でも同じ手法使ってるらしいですが見てません。個人的にはこの画風は好きじゃないかも。

つうわけでそれなりに映像は迫力もあるし音楽もそれなりにノリもいいのだけど、公開1週間経ってないのにシネコンの一番狭いスクリーンってどういうことですか。金曜の晩なのに客もまばら。やっぱり大人向けアニメって市民権得てないみたいですね。

|

« 逆転裁判 蘇る逆転:終わらないよぉ | トップページ | ラッシュアワー3 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13616/16228847

この記事へのトラックバック一覧です: ベクシル -2077日本鎖国-:

« 逆転裁判 蘇る逆転:終わらないよぉ | トップページ | ラッシュアワー3 »