« 全身がかゆい | トップページ | 給油記録(2007年6月1回目) »

こんにゃくゼリーは悪者か

三重・伊勢市のこんにゃくゼリー死亡事故、遺族が提訴

また三重県のニュースである。事故自体は3月の話らしいけど。
7歳の子供がおやつに食べたこんにゃくゼリーを喉に詰まらせて死んだのはメーカーのせいだと親が提訴したそうで。

最初に断っておくけれど、自分でゼリーを作ったことがあるものの、決してメーカーを擁護するわけではない。それでもこの件に関してはメーカーを訴えるのはお門違いではないのか。

この子供、7歳ですよね。ニュースでは保育所って書いてあったけど、就学前の乳幼児を預かる所じゃなくて、小学生を預かるいわゆる児童クラブというやつだそうな。
ということは、育ち盛りの子供ばかりいるわけですよね。
そんな子供になぜ栄養が期待できないこんにゃくゼリーを与えたのか?
百歩譲ってお腹空かせないためだったとして、なぜ、普通のゼリーではなく、敢えてこんにゃくゼリーを選んだのか?
更にもう百万歩譲ってのっぴきならない理由でこんにゃくゼリーを与えざるを得なかったとして、他の食べ物も含めて良く噛んで食べることをなぜ教えていなかったのか?

食べ物って色んな意味で食べ方次第で危険なものっていろいろあるわけですよ。この場合も食べ物の食べ方くらいは分別のある小学生が食べてた上での事故だったわけですよ。

そう考えると、冷静に考えれば一番悪いのは何でも良く噛んで食べることを徹底させていなかった親。
で、次に親が良く噛むことを教えているか確認もせずに、事前に注意もせずに親に無断で硬めの一口ゼリー(子供の食い物じゃないだろっ)を与えた児童クラブの職員。
そして最後にそういう親や施設の職員がいることを想定せずに、硬めの一口ゼリーを不用意に売ってしまったメーカー。

冷静に考えれば、そういうことです。
こんにゃくゼリーという食べ物自体は悪くないし、メーカーも一応の対策はしてあった。

ただし、心情的に考えると訴えてるのは親なので(この時点でおかしいですけどね)、児童クラブを訴えるしかないのだけど、一番賠償能力がありそうなのは名糖を親会社に持つメーカー
(メーカーサイトに繋がらない。閉鎖したか?)
で、仕方なくメーカーが訴えられてしまったと。他に怒りのやり場がないですからね。
子供を亡くしたのは残念だけど、この仕打ちはあんまりじゃないですかね?

あと、ニュースではパッケージの注意書きは幼児・児童・高齢者に禁止する警告が必要ってあったけど、「良く噛め」と書いてあるのに子供に教えなかった(であろう)ことが問題ではないの?子供が自分で買ってきて、注意書きが読めなかったというなら仕方ないけど。

それに、この児童クラブが市営の施設で市にも過失があるって書いてあるけど、市のサイトにもあるとおり、民間の施設なのですよ。なんで行政が悪いの?
その理屈で行くと突き詰めれば全ての事故は国が悪いって事になりかねませんが…

なんかもうね、ニュース記事自体がめちゃくちゃ。これが「入試問題に出る」朝日新聞のクオリティ?

ちなみに自分は昔、鰻丼の鰻の骨を詰まらせたことがあるくらい(あまりに美味くてついがっついてしまった)、あまり噛まない人です。その他、噛み切りにくい食べ物は嫌いです。
いつか死ぬかもな、こんにゃくゼリーで。

|

« 全身がかゆい | トップページ | 給油記録(2007年6月1回目) »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13616/15448314

この記事へのトラックバック一覧です: こんにゃくゼリーは悪者か:

« 全身がかゆい | トップページ | 給油記録(2007年6月1回目) »