« 土曜日の渋滞の理由 | トップページ | らほねら・レッツノート編 »

ファイルの復元

昨日は早めに帰宅したのだけど、会社から電話があった。MacからWindowsの共有フォルダ内のファイルを削除してしまったらしい。「削除してしまった」ということは、当然必要なファイルである。

通常、職場でサイズの大きなファイルをやりとりするのに共有フォルダを使っているのだけど、基本的にはローカルで作業して、いじらなくていいものを共有フォルダに送る、という使い方をしていたはずなのに、どうも共有フォルダ内を直接いじって作業して、ローカルにコピーしてから共有フォルダのファイルを削除したら、後からローカルにコピーできていなかったのに気付き、その時には当然共有フォルダからも消えていた…ということらしい。

電話があった時点ではネットワークドライブ上のファイルを削除したら即消去されることを知らなくて、調べて分かったのだけど、まぁ当然ですわな。幸い、共有フォルダのあるパソコンは上書きされないようにそのままにしておくように伝えてあったので、今日復元ソフトをダメ元で試したのです。

使ったのは「ファイナルデータ2006特別復元版」。大容量のUSBメモリにインストールして使ってみました。
以前、デジカメのメモリカードがおかしくなって読めなくなったので買ったものです。撮影した写真は全てではありませんが取り込めました(というか撮影中におかしくなったみたいで、どこまで記録されてたかは不明)。

さて、長時間かけてハードディスクをフルスキャンしてまで試してみましたが…だめでした。
というか、後から気付いたのですが、LANケーブルが刺さったままで、WindowsUpdateをしていたようです…救えてたかも知れませんが、確実に上書きしてました。ダメだこりゃ。

|

« 土曜日の渋滞の理由 | トップページ | らほねら・レッツノート編 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

うちの会社では、部署ごとにファイルサーバが立ってますね。深夜にテープで自動バックアップしてます。
1日〜1週間前くらいまではさかのぼれるようです。
個別PCでの共有フォルダは、セキュリティ面からもあまり良くないですね。
情報システムの管理部署にお願いしてみたらどうでしょう。
ちなみに部署ごとのサーバは、鍵がかかる会社のサーバルームにまとめてあります。

投稿: ぼてねこ | 2007.06.21 01:07

確かにセキュリティ面から見れば、こんな使い方してること自体勧められたもんじゃありませんが、こういうことに予算が出ないのもまた事実。職員数が少ないので各自でどうにかできればいいのですが。導入済みのサイ某ズの文書管理機能を使うことも考えたのですが、遅くて使い物になりませんでした。どうしたものか…

投稿: KDP | 2007.06.21 02:47

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13616/15494686

この記事へのトラックバック一覧です: ファイルの復元:

» ハードディスククラッシュ復旧顛末記 [ハードディスククラッシュ復旧顛末記]
ハードディスクが調子悪くなって、入れ替え、データの読み出しに苦労してしまいました。同じような境遇の方にご参考になれば。 [続きを読む]

受信: 2007.06.28 23:51

« 土曜日の渋滞の理由 | トップページ | らほねら・レッツノート編 »