« Wireless Laser Mouse 8000 | トップページ | 今年も自動車税の時期がやって参りました »

レイトン教授と不思議な町

昨日書いたマウスと一緒に買ったのがこれ。
買おうかどうか迷ってて結局予約でも店頭でも買わなかったけどもっと買いたいものはすでに買ってあったので繰り上げ当選で買うことにした。大泉洋と堀北真希の声が聴ける貴重なゲームだしね。

とはいうものの…これ、紙の代わりに画面に書き込めるパズル本ですよ。一応ストーリーに沿って行動するのでアドベンチャーゲームと言えなくもないけど、割と昔から知られているクイズ・パズル(ゲーム内では「ナゾ」って言ってるけど)をタッチペンを使って解いていくのがメイン。

で、私はこういうパズル本(というか最近はTV番組で出題されたりすることが多い)を昔解きまくったクチなので、昔やったような問題が、タッチペンで書き込んだり物を動かしたりしながら解けるというのはとっても面白いと感じるわけですよ。

でもねー、逆に「ナゾトキ」というキャッチコピーを推理小説みたいに証拠集めて事件を解決するもんだと解釈してしまうと、序盤から「なにこれ?」って投げ出してしまうかも知れない。特にこれ、今時の子供が遊んで楽しいのか?と思ってしまう。お受験には強くなるかも知れないけど。

というわけでこのソフト、親が子供のために買ってあげたけど、結局親の方がはまってしまう…そんなゲームかも知れません。私にゃ子供はいませんし、自分が子供みたいなもんですが。

|

« Wireless Laser Mouse 8000 | トップページ | 今年も自動車税の時期がやって参りました »

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13616/15099095

この記事へのトラックバック一覧です: レイトン教授と不思議な町:

« Wireless Laser Mouse 8000 | トップページ | 今年も自動車税の時期がやって参りました »