« 古い考え方? | トップページ | Wireless Laser Mouse 8000 »

CrossOver Mac

職場のiMacはCore2Duo版が発売されてすぐに買ったため、アプリケーションがほとんど対応しておらず、不本意ながらBootCampとWindowsXPとMSOfficeをインストールして使っていた。

最近はWindowsでないとできない仕事が減ったのとMacのアプリやドライバ周りも対応してきてMacメインに使っているのだけど、それでもやっぱり時々必要になってしまう。でも時々だと再起動が面倒に感じるもの。

たまにレッツ君を持ってきているのでそれを使ってもいいんだけど、最近Parallels Desktop for Macがバージョンアップしたらしいので、動かしてみようと思い立ったわけです。何やらBootCamp用にインストールしてあるOSやアプリがそのまま使え、前より安定&高速に動くらしい。でも、さすがにWindowsOSを少しだけ書き換えてしまうのでBootCampを使う際に不具合がないとは言えないらしい。

うーん、どうしようか?と思っていたら今度は表題のCrossOver Macの日本語版が出るらしい。
こいつはWindowsOSがなくてもWindows用アプリが使えるらしいのだけど、使い物になるの?
そう思ってまずは英語版の30日体験版をインストール。
でもここで気付いた。アプリケーションは一から追加し直さないといけない。BootCamp用のインストール済のファイルは使えないのだ。ま、これはParallelsも同じらしいけど。
とりあえずOfficeをインストールしてみた。おお!Macのウインドウの中にWindowsアプリのウインドウが出現!BootCampほどバカッ速ではないけど家のiMacG5に入れてあるVirtualPCと段違いのスピード。

ただ、今回動かしたかったエクセル用VBAスクリプトは動かず、そもそも日本語表示がおかしい。
日本語対応版は今週末に発売らしいけど大丈夫なんかな?
とりあえず今のところ購入は保留中。やはりMSOfficeをまともに使うためにはやはりBootCampが一番確実か?

|

« 古い考え方? | トップページ | Wireless Laser Mouse 8000 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13616/15075939

この記事へのトラックバック一覧です: CrossOver Mac:

« 古い考え方? | トップページ | Wireless Laser Mouse 8000 »