« 守護神 | トップページ | 日立の樹 »

松阪牛

久々にニュース記事から。
「松阪牛」定義取り消し求め提訴 旧大内山村の畜産業男性

うちの地元の話なんでピックアップ。
なんでも、以前松阪牛として売ってたものが売れなくなったので賠償しろと。
確かに、数年前に松阪牛の定義がきちんとなされてから、地元の肉屋も焼き肉屋も松阪肉ときちんと書かれたものは同じ部位でも別メニューで倍近い値段が付いてるわけです。
そりゃー生産者の売り上げも全然違ってくるでしょう。全く同じ出自の仔牛を、同じ育て方しても、その場所が決められた住所じゃないだけで松阪牛と呼べないのですから、怒るのも無理ないと思います。
ていうか正直消費者にとってもデメリット大きいでしょう。安くて美味しいのが一番なわけで。

でもね。
規制緩和しすぎるといいかげんな業者が出てくるのはあらゆる業界でよくあること。
お互いズルしないように監視し合う必要があると思うのです。それには、あまりに広い範囲だと目が届かないと思うので、やっぱりある程度地域を限定した方がいいのかなと思うのです。

それには、住所もそうですけどニュースにもあるように雲出川と宮川に挟まれた区域、これって地名が変わっても変わらない条件なのでいいんじゃないかと思うのです(って言ったら川を勝手に埋め立てる人が出てきそうだけど)。
で、訴えてる人は大紀町、私の場合大内山村といった方が通りがいいのですが、ちょうど宮川の南側で外れてるところなんですよね。でも、ここは大内山牛乳で有名なところ。所詮ローカルな人気の牛乳より全国区ブランドで儲けようと考えたのかも知れませんが…

個人的には松阪牛の生産地に「(平成大合併前の)津市」が入ってるのが気になりますがね。
これって津の有名精肉店のために設けた「大人の事情」ってやつなんでは?
実は20年くらい前から思ってたことなんですよね。なんで津で堂々と松阪肉の名前で売ってるんだ?って。

それと何より、特に関東のメディアの人に多いのですが「松坂牛」と書く人の多いこと。しかも読み方も「まつざかぎゅう」と読む人の多いこと。
これはもう東京のど真ん中にある名古屋系某有名百貨店の名前が影響してるとしか思えないのですが、このあたり、松阪牛ブランドもまだまだだなぁと思います。

|

« 守護神 | トップページ | 日立の樹 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13616/14119255

この記事へのトラックバック一覧です: 松阪牛:

« 守護神 | トップページ | 日立の樹 »